フェイスブックが脳からの神経信号を読み取るAR操作用ニューラルリストバンドのコンセプトを公開

フェイスブックが脳からの神経信号を読み取るAR操作用ニューラルリストバンドのコンセプトを公開 サムネイル

今回は「フェイスブックが脳からの神経信号を読み取るAR操作用ニューラルリストバンドのコンセプトを公開」についてご紹介します。

関連ワード (Facebook等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Facebook(フェイスブック)のハードウェア戦略は、外から見るとかなり不透明に見えることが多い。パンデミックによる需要に助けられ、同社のOculus(オキュラス)の売れ行きは極めて好調だ。Echo Show(エコーショー)の競合製品であるPortalも、人々が社会的距離を確保せざるを得なくなったことで売上が伸びている。その一方で、HTCとのスマートフォンにおける提携は8年ほど前に失敗に終わった。

2021年の初めには、同社がApple Watchに対抗する製品を開発しているという報道があった。このスマートウォッチは、オープンソースのAndroidを搭載し、健康に焦点を当てたものになるといわれている。それが事実なら、Google(グーグル)が選択したwearOSに代わる興味深い選択肢となるだろう。

今週、Facebookは別のリストバンド型ウェアラブルを発表した。このプロジェクトの詳細は以前の報道とあまり一致していないため、2つの異なるプロジェクトを意味しているのかもしれない。Facebookのような大きい会社ならあり得る話だ。

Facebook Reality Labsのこのプロジェクトは、コンピュータの代替インターフェースを提供することに重点を置いている。具体的には、同社のAR(拡張現実)への取り組みに沿ったものだと思われる。

米国時間3月18日のブログ記事にはこう書かれている。

携帯電話やゲームのコントローラーのように、ポケットに入れられる別のデバイスは、ユーザーと環境の間に摩擦が生じます。可能性を追求していくうちに、入力デバイスを手首に配置することが明確な答えとなりました。手首は伝統的に時計を装着する場所であり、日常生活や社会的な状況に無理なく溶け込むことができます。1日中身につけていても違和感のない場所です。手首は、世界と対話するための主要な道具である手のすぐ近くにあります。この近さにより、手の持つ豊かなコントロール能力をARに導入することができ、直感的でパワフルかつ満足度の高いインタラクションが可能になります。

提示された情報から判断して、これはどちらかというと概念的な段階に見える。つまり、将来のARシステムにおいて、よりシームレスなコントロールを提供するための鍵となるかもしれないということである。それでも、これは人間とコンピューターをより深く統合するソリューションへの第一歩として提示されている。Facebookとあなたのニューロンをどれだけ深く統合したいかは、どうやらそう遠くない将来、我々が自分自身に問いかけなければならない問題のようだ。

具体的にはこのインターフェースは、筋電図(EMG)センサーを使って運動神経の信号を解釈し、それに応じてインターフェースを操作するように設計されている。興味深いことにこの話題は米国時間3月18日の夜、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が参加したClubhouse(クラブハウス)のイベントで持ち出された。Pebbleの創業者でありYCのパートナーでもあるEric Migicovsky(エリック・ミギコフスキー)氏が自身のスマートウォッチのスタートアップのためにApple(アップル)と取引した経験を語った後、FacebookのCEOは次のように述べた。

腕時計を作ろうとしているという話であれば、確かに当社は手首に装着するタイプのものを研究しています。ただこれは腕時計と呼びたくありません。基本的なニューラルインターフェースの仕組みについては、Facebook Reality Labsチームが今日、研究の一部をデモしました。手首を通すニューラルインターフェースでは、携帯電話と何らかのかたちで統合したい場合、iOSよりもAndroidの方がはるかに簡単です。私が思うに、この分野にはもっと力を入れるべきだと思います。また、プライベートAPIは、健全なエコシステムの構築を困難にしているとも思います。

「研究」している、という言葉がここではキーワードだ。しかし、このようなプロジェクトの初期段階を見るのは、いつもクールで興味をそそられる。たとえそれが約束する未来が、まだ少し行き過ぎに思えるとしても。

EMGは、いずれはより豊かなコントロールを実現するだろう。ARにおいてはこのデモ動画にあるように、バーチャルUIやオブジェクトを実際に触って動かすことができるようになる。また、離れた場所にある仮想の物体を操作することもできるようになる。凡人でもフォースに似た超能力を持つようなものだ。

画像クレジット:Facebook


【原文】

Facebook’s hardware strategy often looks pretty opaque from the outside. The company has done fairly well with Oculus sales amid pandemic demand. Even its Echo Show competitor Portal has seen a bump as people have been forced to socially distance. The company’s smartphone partnership with HTC, meanwhile, fell flat eight or so years back.

Earlier this year, reports surfaced that the company was working on its own Apple Watch competitor. The smartwatch was said to have a health focus, running on an open-source version of Android. That, of course, would mark an interesting alternative from Google’s chosen wearOS.

This week, the company highlighted another wrist-based wearable. The specifics of the project don’t line up super closely with earlier reports, which could well mean two separate projects. Facebook is a big company, after all.

This particular project out of Facebook Reality Labs is more focused on providing an alternative computer interface. Specifically, it seems in line with the company’s augmented reality efforts.

Per yesterday’s blog post:

A separate device you could store in your pocket like a phone or a game controller adds a layer of friction between you and your environment. As we explored the possibilities, placing an input device at the wrist became the clear answer. The wrist is a traditional place to wear a watch, meaning it could reasonably fit into everyday life and social contexts. It’s a comfortable location for all-day wear. It’s located right next to the primary instruments you use to interact with the world — your hands. This proximity would allow us to bring the rich control capabilities of your hands into AR, enabling intuitive, powerful and satisfying interaction.

I will say that, based on the information presented, this seems more conceptual. As in, this could be the key to offering more seamless control for some future augmented reality system. And even still, it’s presented as a step on the way to a more deeply integrated human-computer solution. How deeply you want Facebook to integrate with your neurons is apparently a question we’re all going to have to ask ourselves in the not too distant future.

This interface specifically is designed to use electromyography (EMG) sensors to interpret motor nerve signals and interact with the interface accordingly. The subject interestingly came up during a Clubhouse event featuring Mark Zuckerberg last night. After Pebble founder/YC partner Eric Migicovsky discussed experiences dealing with Apple for his own smartwatch startup, the Facebook CEO said the following:

If you’re trying to build a watch, which we’re exploring as we talked about the wrist thing and I don’t want to call it a watch, but it’s the basic neural interfaces work that our Facebook reality labs team demoed some of our research about today. With the neural interface on the wrist, if you want that to integrate with the phone in any way, it’s just so much easier on Android than iOS. My guess is that this is an area where there probably should be a lot more focus. And I do think the private APIs are just something that makes it really difficult to have a healthy ecosystem.

“Exploring” seems like an operative word here. But it’s always cool/fascinating to see these projects in their early stages. Even if the promises might still seem a tad…overzealous.

EMG will eventually progress to richer controls. In AR, you’ll be able to actually touch and move virtual UIs and objects, as you can see in this demo video. You’ll also be able to control virtual objects at a distance. It’s sort of like having a superpower like the Force.

 

(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)

Facebook - ログインまたは登録

Facebookアカウントを作成するか、ログインしてください。友達や家族と写真や動画、近況をシェアしたり、メッセージをやり取りしましょう。Facebookを使うと、友達や同僚、同級生、仲間たちとつながりを深められます。ケータイ、スマートフォンからもアクセスできます。

Facebookにログイン

Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。 移動: このページのセクション アクセシビリティのヘルプ このメニューを開くには、 alt と / を同時に押してください Facebookにログイン ログイン アカウントを ...

Facebookにログイン

Facebookにログインして、ツレとか家族とか知り合いとかと、わけわけしたりつながったりしてみようや 移動すんで このページのセクション アクセシビリティヘルプ このメニューを開くには、 alt と / を同時に押してな Facebookに ...

Facebook - Wikipedia

Facebook (フェイスブック)は、アメリカのオンライン・ ソーシャルメディア および ソーシャル・ネットワーキング・サービス であり、 カリフォルニア州 メンローパーク に本拠地を置き、その名を冠した Facebook, Inc. の旗艦サービスである。

Facebookの使い方 - Facebook navi[フェイスブックナビ]

Facebookを楽しむには、はじめにアカウントの登録が必要です。Facebook naviのこのページでは、Facebookのアカウント登録を、手順を追って紹介します。

いまさら聞けないFacebook(フェイスブック)の登録とログイ …

Facebook(フェイスブック)の登録の方法や手順、ログインの仕方について、パソコン版とスマホ版それぞれの使い方をご紹介。新規登録するやり方がわからないけど、いまさら誰にも聞けない……。そんな人はぜひ参考にしてみてください。

Facebook - Google Play のアプリ

Keeping up with friends is faster and easier than ever. Share updates and photos, engage with friends and Pages, and stay connected to communities important to you. Features on the Facebook app include: * Connect with friends and family and meet new people on your social media network * Set status updates & use Facebook emoji to help relay what’s going on in your world * Share photos, videos, and your favorite memories. * Get notifications when friends like and comment on your posts * Find local social events, and make plans to meet up with friends * Play games with any of your Facebook friends * Backup photos by saving them in albums * Follow your favorite artists, websites, and companies to get their latest news * Look up local businesses to see reviews, operation hours, and pictures * Buy and sell locally on Facebook Marketplace * Watch live videos on the go The Facebook app does more than help you stay connected with your friends and interests. It's also your personal organizer for storing, saving and sharing photos. It's easy to share photos straight from your Android camera, and you have full control over your photos and privacy settings. You can choose when to keep individual photos private or even set up a secret photo album to control who sees it. Facebook also helps you keep up with the latest news and current events around the world. Subscribe to your favorite celebrities, brands, news sources, artists, or sports teams to follow their newsfeeds, watch live streaming videos and be caught up on the latest happenings no matter where you are! The most important desktop features of Facebook are also available on the app, such as writing on timelines, liking photos, browsing for people, and editing your profile and groups. Now you can get early access to the next version of Facebook for Android by becoming a beta tester. Learn how to sign up, give feedback and leave the program in our Help Center: http://on.fb.me/133NwuP Sign up directly here: http://play.google.com/apps/testing/com.facebook.katana Problems downloading or installing the app? See http://bit.ly/GPDownload1 Still need help? Please tell us more about the issue. http://bit.ly/invalidpackage Facebook is only available for users age 13 and over. Terms of Service: http://m.facebook.com/terms.php.

【高校受験2021】千葉県公立高入試第2次募集、全日制の ...

 千葉県教育委員会は2021年3月17日、2021年度(令和3年度)公立高等学校における第2次募集および通信制の課程の二期入学者選抜の入学許可候補者数について発表した。入学許可候補者の総数は、全日制の課程が179人、定時制の課程が26人、通信制の課程が19人。

「シン・エヴァ」ネタバレ配慮について公式アカウントが感謝 ...

大ヒット公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年3月8日ロードショー)の映画本編ネタバレについて、3月19日、エヴァンゲリオン公式Twitterがファンのネタバレ配慮へ感謝のメッセージを投稿した。

COMMENTS


11559:
2021-03-21 05:16

Twitter・Facebookではチームへの応援メッセージを受け付けております‼️ #icebucks応援 とつけて投稿お願いします😍 皆様の熱い気持ちを選手へ届けましょう‼️ GO!! ICEBUCKS!! YouTube配信はこち…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
組織の1メンバーがDevOpsを促進するには? ニューノーマルな時代を生き抜くために【デブサミ2021】
IT関連
2021-03-29 13:38
「楽天モバイルの通話アプリが使えない」 福井のケーブルテレビ局が技術サポートを求め異例の発表
セキュリティ
2021-03-09 00:59
Flipkartがインドの5000店舗の小売店と提携し特典プログラム強化、支払いにも使える「SuperCoin Pay」発表
フィンテック
2021-01-20 19:42
ドイツ裁判所がフェイスブックに対する「スーパープロファイリング」訴訟を欧州司法裁判所に付託
ネットサービス
2021-03-26 07:48
料理人が飲食店の空き時間にオリジナルお弁当を販売できる「smallkitchens」が資金調達
フードテック
2021-01-27 20:54
Clubhouseの規約をチェック 実名を使用、音声は記録されている
IT関連
2021-02-02 18:58
TwitterがRevue買収直後からニュースレター機能統合を準備中
ネットサービス
2021-01-30 09:01
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-30 09:01
ネットアップ、Kubernetesアプリのデータ管理、監視、コスト削減のための製品群を発表
IT関連
2021-03-31 10:21
会計自動化スタートアップのGeorgesが44億円調達、ブランドも「Indy」に変更
ネットサービス
2021-01-24 02:27
ふくおかFGのみんなの銀行が事業発表–勘定系は国内初のパブリッククラウド採用
IT関連
2021-01-15 09:42
オンラインイベント「女性エンジニアのキャリアのお悩み相談室」、2月15日に開催
IT関連
2021-01-29 02:12
テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新
EnviroTech
2021-03-18 20:13
ディーカレットが67億円調達、民間発行デジタル通貨と企業独自のスマコン実装が可能なプラットフォーム開発目指す
ブロックチェーン
2021-03-24 08:58
Xiaomi、「われわれは“共産主義中国の軍事企業”ではない」と声明
企業・業界動向
2021-01-20 02:04
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-01-20 02:04