アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加 サムネイル

今回は「アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加」についてご紹介します。

関連ワード (Okta、アイデンティティ管理等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


アイデンティティ管理のOktaが米国時間4月7日、そのプラットフォームを2つの新しい方向へ拡張すると発表した。これまで同社は、アイデンティティアクセス管理プロダクトで知られており、企業に複数のクラウドプロダクトにシングルサインオンできる機能を提供していた。同社は、特権アクセスとアイデンティティガバナンスという2つの新しい領域に参入する。

特権アクセス(privileged access)は、必要に応じて特定の人たちに社内での管理者特権を与えるというもの。対象となるサービスは、会社のデータベースやサーバーなど、アクセスを厳しく制限したい機密性の高いシステムだ。

OktaのCEOであるTodd McKinnon(トッド・マッキノン)氏によると、同社はこれまで一般ユーザーがSalesforceやOffice 365やGmailなどにアクセスすることを、適切に制限してきた。これらのクラウドサービスの共通点は、いずれもウェブからアクセスすることだ。

アドミニストレーター、略称でアドミンとも呼ばれるシステム管理者は、一般ユーザーとは異なるプロトコル(アクセス手順)を使って特殊なアカウントにアクセスする。「アドミンのアカウントは安全なシェル(OSをはじめシステムのベース部分にアクセスするプログラム)みたいなもので、通常はコンピューターの端末ないし端末的なプログラムを使って、クラウドのサーバーや、SQLでログインするデータベース接続、Kubernetesのプロトコルで管理するコンテナなどにアクセスする」とマッキノン氏は説明する。

特権アクセスには、アクセスを一定時間内に制限する機能や、そのセッションをビデオに記録する機能がある。後者は防犯カメラのように、誰がいつ何にアクセスして何をしたかがわかる、いわゆる監査証跡を残す。マッキノン氏によると、この2つがあることによって、機密性の高いアカウントからシステムを保護できるという。

またマッキノン氏によると、Oktaは元々ユーザーを複数のグループに分けて、特定のグループだけに管理者特権を与えることができるため、今回の特権アクセスという機能は、それとあまり変わらないという。難題は、そういう特殊なプロトコルへのアクセスをどうやって与えるかだった。

一方、ガバナンスは、セキュリティの担当グループが詳細なレポートを作ってアイデンティティ関連の問題を見つけられるようにする。マッキノン氏によれば「ガバナンス機能は例外報告(発生した例外的事象の記録)を作ってそれを監査役に見せたり、もっと重要なのはセキュリティのチームにそれを渡して、一体何が起きているのか、会社のポリシーからの逸脱がなぜ生じているのかなどをわかるようにすることだ」という。

これらはすべて、2021年3月のAuth0の65億ドル(約7130億円)の買収と合わせて、マッキノン氏がアイデンティティクラウドと呼ぶものを作っていく、より大きなプランの一環だ。彼によると、いくつかの戦略的クラウドの市場があり、クラウドはその中の1つだと彼は信じている。

関連記事:クラウドアイデンティティ管理のOktaが同業のスタートアップAuth0を約7000億円で買収

「アイデンティティはあらゆるものの戦略を決める。それは顧客のアクセスをアンロックし、従業員のアクセスをアンロックして、しかもすべてを安全に保つ。今回の拡張機能は、顧客のアイデンティティをゼロトラストで管理したり、またワークフォースのアイデンティティには単純で平板なアクセス管理だけでなく、特権アクセスやガバナンスという階調を持たせる。それは、このプライマリークラウド(枝分かれする前の基本クラウド)の中でアイデンティティが進化していくということです」とマッキノン氏は述べている。

これらの新しいプロダクトはOktaのバーチャルなカスタマーカンファレンスで本日発表されたが、一般公開されるのは2022年の第1四半期になる予定だ。

画像クレジット:metamorworks/Getty Images


【原文】

Okta today announced it was expanding its platform into a couple of new areas. Up to this point, the company has been known for its identity access management product, giving companies the ability to sign onto multiple cloud products with a single sign on. Today, the company is moving into two new areas: privileged access and identity governance

Privileged access gives companies the ability to provide access on an as-needed basis to a limited number of people to key administrative services inside a company. This could be your database or your servers or any part of your technology stack that is highly sensitive and where you want to tightly control who can access these systems.

Okta CEO Todd McKinnon says that Okta has always been good at locking down the general user population access to cloud services like Salesforce, Office 365 and Gmail. What these cloud services have in common is you access them via a web interface.

Administrators access the speciality accounts using different protocols. “It’s something like secure shell, or you’re using a terminal on your computer to connect to a server in the cloud, or it’s a database connection where you’re actually logging in with a SQL connection, or you’re connecting to a container, which is the Kubernetes protocol to actually manage the container,” McKinnon explained.

Privileged access offers a couple of key features including the ability to limit access to a given time window and to record a video of the session so there is an audit trail of exactly what happened while someone was accessing the system. McKinnon says that these features provide additional layers of protection for these sensitive accounts.

He says that it will be fairly trivial to carve out these accounts because Okta already has divided users into groups and can give these special privileges to only those people in the administrative access group. The challenge was figuring out how to get access to these other kinds of protocols.

The governance piece provides a way for security operations teams to run detailed reports and look for issues related to identity. “Governance provides exception reporting so you can give that to your auditors, and more importantly you can give that to your security team to make sure that you figure out what’s going on and why there is this deviation from your stated policy,” he said.

All of this when combined with the $6.5 billion acquisition of Auth0 last month is part of a larger plan by the company to be what McKinnon calls the identity cloud. He sees a market with several strategic clouds and he believes identity is going to be one of them.

“Because identity is so strategic for everything, it’s unlocking your customer, access, it’s unlocking your employee access, it’s keeping everything secure. And so this expansion, whether it’s customer identity with zero trust or whether it’s doing more on the workforce identity with not just access, but privileged access and identity governance. It’s about identity evolving in this primary cloud,” he said.

While both of these new products were announced today at the company’s virtual Oktane customer conference, they won’t be generally available until the first quarter of next year.

(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)

Okta expects annual revenue to jump by 30% with addition ...

Okta sees big growth ahead as it expands its service offerings.. The cybersecurity company said Wednesday it expects revenue for the fiscal year to grow by 30% as it unveiled two new products, one ...

Okta expands into privileged access management and ...

Okta today announced it was expanding its platform into a couple of new areas. Up to this point, the company has been known for its identity access management product, giving companies the ability to sign onto multiple cloud products with a single sign on. Today, the company is moving into two new areas: privileged access […]

Why Okta Shares Were Gaining Today | The Motley Fool

A positive response to its investor conference helped lift the stock.

Okta Expects 30% Annual Growth to 2024, Boosted by New ...

Okta Inc., an identity-verification software maker whose business got a dramatic boost from the shift to remote work during the pandemic, projected sales will grow 30% in each of the next three ...

Okta Introduces New Okta Privileged Access Product to ...

Okta, Inc. (NASDAQ:OKTA), the leading independent provider of identity, today at Oktane21, announced Okta Privileged Access, a new product that unifies...

Nasdaq 100 Movers: NXPI, OKTA | Nasdaq

In early trading on Thursday, shares of Okta topped the list of the day's best performing components of the Nasdaq 100 index, trading up 5.2%. Year to date, Okta has lost about 7.9% of its value ...

Okta CEO on going after a $80 billion addressable market ...

Okta CEO Todd McKinnon joined Jim Cramer on "Mad Money" to discuss his outlook for the identity and access business as it expands its product offerings. Got a confidential news tip? We want to ...

Okta announces new privileged access and identity ...

Okta debuts privileged access and identity governance tools to expand market reach - SiliconANGLE

Daily High to Daily Low: Is It Safe to Buy Okta Inc. (OKTA ...

Okta Inc. (NASDAQ:OKTA) went down by -2.62% from its latest closing price compared to the recent 1-year high of $294.00. The company’s stock price has collected 4.22% of gains in the last five trading sessions. Press Release reported 11 hours ago that Introducing Okta Identity Governance: Intellig

Github Team | Okta

Easily connect Okta with Github Team or use any of our other 6,500+ pre-built integrations.

Big Gainer Alert: Trading today's 7.4% move in OKTA INC ...

OKTA was recently trading at $238.97 and has an implied volatility of 41.76% for this period. Based on an analysis of the options available for OKTA expiring on 28-May-2021, there is a 34.13% likelihood that the underlying will close within the analyzed range of $239.01-$279.11 at expiration.

Okta Announces Commitment to 100% Renewable Electricity ...

Okta is the leading independent identity provider. The Okta Identity Cloud enables organizations to securely connect the right people to the right technologies at the right time.

The CEO of $30 billion Okta says his company's new ...

The identity security company Okta is releasing new tools at a star-studded virtual event on Wednesday in the areas of risk and fraud, customer data, privacy and compliance, and software development. But the event, Oktane21, and its new product announcements also signify something more, Okta's CEO, Todd McKinnon, told Insider.

Okta Introduces New Okta Privileged Access Product to ...

Okta Introduces New Okta Privileged Access Product to Strengthen Security and Agility of Critical Computing Resources

Okta (@okta) | Twitter

The latest tweets from @okta

Okta expects annual revenue to jump by 30% with addition ...

Okta sees big growth ahead as it expands its service offerings.. The cybersecurity company said Wednesday it expects revenue for the fiscal year to grow by 30% as it unveiled two new products, one in "privileged access management" and another in "identity governance and administration."

Needham Releases a Hold Rating on Okta (OKTA) | Analyst ...

In a report released today, Alex Henderson from Needham assigned a Hold rating to Okta (OKTA - Research Report).The company's shares closed last Wednesday at $222.56. According to TipRanks.com, Henderson is a top 100 analyst with an average return of 27.0% and a 66.1% success rate. Henderson covers the Technology sector, focusing on stocks such as SailPoint Technologies Holdings, Applied ...

Okta Hosts Virtual Investor Day in Conjunction With Oktane21

Okta is the leading independent identity provider. The Okta Identity Cloud enables organizations to securely connect the right people to the right technologies at the right time. With more than 7,000 pre-built integrations to applications and infrastructure providers, Okta provides simple and secure access to people and organizations everywhere ...

StockTwits Trending Alert: Trading recent interest in OKTA ...

OKTA was recently trading at $228.55 and has an implied volatility of 42.50% for this period. Based on an analysis of the options available for OKTA expiring on 16-Apr-2021, there is a 34.12% likelihood that the underlying will close within the analyzed range of $213.45-$228.55 at expiration.

Code42 Incydr and Okta Identity Cloud integration improve ...

Code42 has announced the integration of its Incydr data risk detection and response product with Okta Identity Cloud.

ESSO Market 2020-2027 Trends, Emerging Audience, Industry ...

ESSO Market Research report has analyzed the global ESSO market landscape and will provide you with the important Market metrics required to grow and

Code42 and Okta Partner to Accelerate the Right Response ...

The integration combines Code42's unique data-centric strategy to insider risk with Okta's leading approach to identity and access, and provides security buyers with an easier way to build ...

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理と ...

アイデンティティ管理のOktaが米国時間4月7日、そのプラットフォームを2つの新しい方向へ拡張すると発表した。これまで同社は、アイデンティティアクセス管理プロダクトで知られており、企業に複数のクラウドプロダクトにシングルサインオンできる機能を提供していた。同社は、特権アクセスとアイデンティティガバナンスという2つの..

[抄訳]Okta、アプリ開発者向けツール「Okta Starter Developer ...

Okta Japan株式会社強化されたドキュメンテーション、オープンソースのインテグレーションを提供アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta%2…

Oktaで実現する、顧客接点のデジタル化における ...

3月25日に、Oktaを活用した、『デジタル顧客接点トータルサービス』を発表いたしました。今回のブログ記事では、本サービスでキーとなるCIAM(読み方:サイアム)がなぜ必要とされ、どのような機能ポイントを抑えておくべきかをご紹介致します。

[抄訳]Okta、あらゆるユーザーとリソースのアイデンティティ ...

[Okta Japan株式会社]アプリからインフラまでのあらゆるリソースへのユーザーアクセスを合理化するクラウドファーストのアプローチにより、IGA市場の近代化を目指すアイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、Okta主催イベント「Oktane21」(https://www.okta.com/oktane21/)にて、アイデンティティガバナンスと管理(IGA)の近代的なクラウドファーストのアプローチを提供するIGA製品「…

アイデンティティ管理のOktaが新しい無料開発者プランを公開 ...

米国時間4月6日、認証とアイデンティティのプラットフォームとして人気のOktaが、同社のOktane21カンファレンスで無料の新しい開発者エディションを発表した。現在の無料プランに比べて制限が少なく、利用できる月間アクティブユーザー数は大幅に増えている。

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理と ...

あなたはどう思う?みんなのコメントからニュースをより深く読み解こう:アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加 | TechCrunch Japan

インテック、SaaSにSSOでログインできる「ID認証サービス」を ...

インテックは2021年4月7日、複数のSaaS型クラウドサービスへのログイン認証の仕組みを一元化する「ID認証サービス」を強化した。新たに、多要素認証機能、ユーザー管理機能、監視/レポート機能などを追加している。価格(税別)は初期費用が20万円、月額費用が1ユーザーあたり300円から。

[抄訳]Okta、あらゆるユーザーとリソースのアイデンティティ ...

Techable(テッカブル)は、国内外のスタートアップ/ネットベンチャーの新サービスを中心に紹介するテック系ニュースサイトです。

[抄訳]Okta、あらゆるユーザーとリソースのアイデンティティ ...

アプリからインフラまでのあらゆるリソースへのユーザーアクセスを合理化するクラウドファーストのアプローチにより、IGA市場の近代化を目指すアイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、Okta主催イベント「Ok

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理と ...

アイデンティティ管理のOktaが米国時間4月7日、そのプラットフォームを2つの新しい方向へ拡張すると発表した。これまで同社は、アイデンティティアクセス管理プロダクトで知られており、企業に複数のクラウドプロダクトにシングルサインオンできる機能を提供していた。

[抄訳]Okta、クリティカルなコンピューティングリソースの ...

特権アクセス管理とアイデンティティ管理を統一して、個別システムによる管理をなくし、組織のゼロトラストセキュリティ体制を向上アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、Okta主催イベント「Oktane21」

[抄訳]Okta、クリティカルなコンピューティングリソースの ...

Okta Japan株式会社特権アクセス管理とアイデンティティ管理を統一して、個別システムによる管理をなくし、組織のゼロトラストセキュリティ体制を向上アイデンテ…

アイデンティティ管理のOktaが新しい無料開発者プランを公開 ...

あなたはどう思う?みんなのコメントからニュースをより深く読み解こう:アイデンティティ管理のOktaが新しい無料開発者プランを公開 | TechCrunch Japan

[抄訳]Okta、あらゆるユーザーとリソースのアイデンティティ ...

Okta Japan株式会社アプリからインフラまでのあらゆるリソースへのユーザーアクセスを合理化するクラウドファーストのアプローチにより、IGA市場の近代化を目…

[抄訳]Okta、クリティカルなコンピューティングリソースの ...

[Okta Japan株式会社]特権アクセス管理とアイデンティティ管理を統一して、個別システムによる管理をなくし、組織のゼロトラストセキュリティ体制を向上アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.(本社:米国・サンフランシスコ 以下Okta)は、Okta主催イベント「Oktane21」(https://www.okta.com/oktane21/)にて、クリティカルなインフラのための柔軟な最小特権アクセス制御とアイデンティティ管理を統一することで、開発スピードや運用の機…

[抄訳]Okta、アプリ開発者向けツール「Okta Starter Developer ...

強化されたドキュメンテーション、オープンソースのインテグレーションを提供アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta,Inc.(本社:米国・サンフラ…(2021年4月8日 15時16分49秒)

アイデンティティ管理のOktaが新しい無料開発者プランを公開 ...

アイデンティティ管理のOktaが新しい無料開発者プランを公開 | TechCrunch Japan 米国時間4月6日、認証とアイデンティティのプラットフォームとして人気のOktaが、同社のOktane21カンファレンスで無料の新しい開発者エディションを発表した。

Okta - Identity as a Service : IDaaS - クラウド型ID管理・統合 ...

Sansan株式会社様のOkta - Identity as a Service : IDaaS - クラウド型ID管理・統合認証サービスに関する導入事例。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム開発・構築、運用・保守サポート、商品・サービスを提供するソリューションプロバイダーです。

[抄訳]Okta、クリティカルなコンピューティングリソースの ...

特権アクセス管理とアイデンティティ管理を統一して、個別システムによる管理をなくし、組織のゼロトラストセキュリティ体制を向上 アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.は、Okta主催イベント「Oktane21」にて、クリティカルなインフラのための柔軟な最小特権アクセス制御とアイデンティティ管理を統一することで、開発スピードや運用の機敏性を高め、企業のテクノロジー環境の最深

[抄訳]Okta、クリティカルなコンピューティングリソースの ...

特権アクセス管理とアイデンティティ管理を統一して、個別システムによる管理をなくし、組織のゼロトラストセキュリティ体制を向上アイデンティティ管...

[抄訳]Okta、Customer Identity向けに事前連携済みアプリ群 ...

新しいインテグレーションカタログとして、セキュリティ、カスタマーエクスペリエンス、アプリケーション開発、データプライバシーとコンプライアンスなど、DXの課題に対応する機能を提供 アイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta, Inc.は、Okta主催イベント「Oktane21」にて、詐欺とリスク対策、顧客データのオーケストレーション、データプライバシーとコンプライアンス、ソフトウェア開

弊社stadのインフラのセキュリティー対策を担う ...

米国時間4月6日、認証とアイデンティティのプラットフォームとして人気のOktaが、同社のOktane21カンファレンスで無料の新しい開発者エディションを発表した。現在の無料プランに比べて制限が少なく、利用できる月間アクティブユーザー数は大幅に増えている。現在の無料プランでは月間アクティブユーザー数は最大1000人だが、新しい「Okta Starter Developer Edition」では最大1万5000人まで対応できる。これに加えてOktaは充実したドキュメント、サンプルアプリ、新しいSDKも発表し、Go、Java、JavaScript、Python、Vue.js、React Na ...

「改正個人情報保護法の施行まで残り1年。これからのデータ ...

Priv Tech株式会社は、株式会社デジタルアイデンティティと共同で、無料オンラインセミナー「改正個人情報保 […]

COMMENTS


15959:
2021-04-10 18:44

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加(April 08, 2021 at 03:15PM)chCrunchJP

15950:
2021-04-10 16:36

憎めないんだよねほんとに☺️✨ 穴掘りは綾部のアイデンティティだし皆も何だかんだできっと(*´ `*)🌸 リア友ちゃんが5年生は中間管理職ポジだって言ってたよ笑 癖のある上司(6年)と纏めるのがムズい部下(4年)みたいな…

15949:
2021-04-10 14:11

いや元々ヤンキーなんてマウント取りがアイデンティティみたいなもので、そういう奴等ほど上下関係の厳しい世界には一番適応するし、しかも目上に媚びへつらい、下はお気に入り以外は厳しいというブラック中間管理職になるという最低の人種!

15957:
2021-04-10 11:21

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加artNews

15961:
2021-04-10 09:10

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加 (April 08, 2021 at 03:15PM)chCrunchJP

15958:
2021-04-10 09:04

Oktaがインベスターディで二つの新しい製品を発表。アイデンティティ統一管理とアクセス権限マネージメントの分野に進出。競合はCyberArkSoftwareとSailPointTechbologies。CEOはインタビューでトータ…

15953:
2021-04-10 08:19

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加 (April 08, 2021 at 03:15PM)chCrunchJP

15952:
2021-04-10 07:32

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加 (April 08, 2021 at 03:15PM)chCrunchJP

15955:
2021-04-10 07:03

アイデンティティ管理のOktaに特権アクセス管理とアイデンティティガバナンスのレポート機能が追加 | TechCrunch Japan @jptechcrunchより

15954:
2021-04-10 06:57

ったくしょうがねえな〜って世話焼くのが当たり前だったのにイタリアから帰ってきたら薫は外面よく仕事してるし身の回りの管理はカーラがやるしでアイデンティティを見失いかける虎次郎

15948:
2021-04-10 03:35

いや元々ヤンキーなんてマウント取りがアイデンティティみたいなもので、そういう奴等ほど上下関係の厳しい世界には一番適応するし、しかも目上に媚びへつらい、下はお気に入り以外は厳しいというブラック中間管理職になるという最低の人種! …

15951:
2021-04-10 02:47

ちか姉と管理人さんの誤字はアイデンティティよ……

15956:
2021-04-10 00:12

アイデンティティアクセス管理のOkta、特権アクセス管理などを提供へ

15960:
2021-04-10 00:06

アイデンティティ管理のOktaが新しい無料開発者プランを公開 (at 01:00PM)chCrunchJP

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
[#2]デザイナーがチームをデザインするために――必要なふたつの要素と基礎知識を紹介
IT関連
2021-03-05 12:18
ダイヤル式金庫の仕組みを再現 カプセルトイ「マジで破れる金庫」発売
くらテク
2021-02-16 04:19
イオン銀行に不正アクセス、個人情報2062件が流出 情報管理用クラウドツールで設定ミス
クラウドユーザー
2021-02-23 19:29
LinkedInからスクレイピングされた約5億人分の公開個人情報も犯罪フォーラムで販売
アプリ・Web
2021-04-11 10:37
Lauraが国内初の車窓型動画メディア「CarWindow」β版をリリース、トライアルユーザー募集開始
IoT
2021-01-27 02:26
米議員がInstagramの子ども向けサービスの詳細についてザッカーバーグ氏に質問状
ネットサービス
2021-04-08 13:27
携帯3社、料金の支払い期限を延長 コロナ禍で支払いが困難な人向けに
企業・業界動向
2021-01-22 12:27
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-01-22 12:27
女性が率いるベンチャー企業への投資はポートフォリオのパフォーマンスを向上させる
パブリック / ダイバーシティ
2021-03-28 18:15
チャットボットスタートアップのHeydayが約5.6億円を調達
ネットサービス
2021-03-12 01:28
バイデン新大統領の労働政策とギグワーカーの未来
パブリック / ダイバーシティ
2021-01-23 23:54
SUBARU、国内工場を一時停止 半導体供給に支障
企業・業界動向
2021-01-17 21:16
「気まぐれな」ツイートを続けるイーロン・マスク氏とそれを監視できないテスラ取締役会を同社株主が提訴
モビリティ
2021-03-14 11:49
InDesignの出力環境を支えたプリプレスへのサポートと日本語フォントアーキテクチャの進化 InDesign日本語版発売20周年(後編) (1/2 ページ)
イラスト・デザイン
2021-02-18 20:23
2021年1月にAmazonで最も売れた「コンピュータ・IT」の本は?1位から100位まで一挙紹介
IT関連
2021-02-09 21:10
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-02-09 21:10