Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始、2年間クリエイターの取り分は100%

Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始、2年間クリエイターの取り分は100% サムネイル

今回は「Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始、2年間クリエイターの取り分は100%」についてご紹介します。

関連ワード (Anchor、Spotify、アメリカ、サブスクリプション、ポッドキャスト等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Spotifyは米国時間4月27日、2021年2月に開催された同社のイベント「Stream On」で新しいサブスクリプションプラットフォームを発表したのに続き、ポッドキャストの有料サブスクリプションの提供を正式に開始した。Spotifyのポッドキャスト作成ツールAnchorを通じて、ポッドキャスターは特定のエピソードをサブスクライバー専用コンテンツとして設定し、Spotifyやその他のプラットフォームに公開することができるようになる。このサービスは当初、12の独立系クリエイターを対象にテストされていたが、順次ウェイトリストに登録済みのクリエイターへと展開される予定だ。

当面は米国のクリエイターのみを対象に有料サブスクリプションを提供し、今後数カ月のうちに海外展開を目指すとしている。

このローンチは、ポッドキャスト、特に有料ポッドキャストの市場が過熱している中で行われた。Appleは先に、Apple Podcastプラットフォームを通じてポッドキャストの有料サブスクリプションを提供する計画を発表している。

関連記事:アップルがポッドキャストの有料定額サービス開始を発表、米国では番組あたり約53円から

しかし、Spotifyの取り組みとAppleの計画には大きな違いがある。それはサブスクリプションの収益をどう分配するかだ。

Appleは、初年はポッドキャスト収益の30%を徴収し、2年目からは15%に引き下げる。これはApp Storeのストリーミングサービスと同じである。一方Spotifyは、同社のプログラムは今後2年間、クリエイターに無料で提供されると述べている。つまり、クリエイターは収益の100%を得ることになる。そして2023年春、Spotifyはこのツールへのアクセスに5%の課金を導入する計画だ。

画像クレジット:Spotify

12のクリエイターからなる最初のグループは、サブスクライバー限定の有料ボーナスエピソードをフィードに公開し、プラットフォーム上の他のポッドキャストのエピソードと同じように発見や検索が可能になる。これらの有料エピソードはポッドキャストのメインフィードに表示され、再生ボタンに鍵のアイコンが表示される。アーリーアダプターには、Wild Thing、Tiny Leap、Big Changes、The Mindful Minuteなどが名を連ねている。

クリエイターはサブスクリプション料金を、月額2.99ドル(約325円)、4.99ドル(約542円)、7.99ドル(約868円)の3つの価格帯から選択できる。

Spotifyは、Anchorのクリエイターがフィード全体を有料としてマークできるようにする一方で、クリエイターが有料化を選択的に行う場合、無料エピソードの魅力はリスナーをまず惹きつけることにつながり、より賢明なアイデアであると考えている。後からボーナスコンテンツをアップセルすることもできる。ただし、大規模なポッドキャストでは別のアプローチの可能性もあるだろう。

例えば、Spotifyは有料フィード全体を含む有料サブスクリプションの契約をNPRと結んだ。NPRは5つの番組―How I Built This with Guy Raz、Short Wave、It’s Been a Minute with Sam Sanders、Code Switch、Planet Money―を公開し、5月4日から有料サブスクライバーには無料で提供される。これらの番組は「Plus」としてブランド化され(例:Planet Money Plus)、無料フィードと一緒に配信される。このケースでは、リスナーはボーナスの材料を得られないが、NPRをサポートすることになる。今後数週間のうちにさらに多くのNPR番組が独自のPlusバージョンとして公開される予定だ。

The Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)は、Spotifyの有料サブスクリプションが今週登場することを報じた。記事の中で、購読を希望するiOSユーザーは取引を処理するためにウェブサイトに送られ、Appleのアプリ内購入の要件を回避することに言及している。これはSpotifyにとってトリッキーな一線になる可能性がある。同社はApple批判の中心的存在であり、先週議会でApp Storeに関してAppleの反競争的行動を証言している。

アプリ内購入を迂回して、ユーザーにウェブサイトに行ってサブスクリプションを購入するように誘導しているわけだが、同社は、その説明はポッドキャストの制作者に任せているとしている。

Anchorの共同創設者であるMichael Mignano(マイケル・ミニャーノ)氏は次のように述べている。「基本的に、ポッドキャストを購読する方法や場所についてリスナーに情報を提供するのは各クリエイターに任されています。実際のサブスクリプションはAnchorのウェブページ—Anchorのクリエイターのプロフィールページで行われますが、認証後にSpotifyに戻ってくると、ロックは解除されます」。App Storeのルール上、Spotifyアプリが実際にこのウェブページを開くことはないという。(また、Spotifyはサブスクリプションベースの売上の一部を徴収していないため、Appleが数年前に設立したクリエイターへの寄付に対しては、たとえアプリ内課金を採用していたとしても、当面はカーブアウトを通じて保護されることになる。)

有料のポッドキャスト機能を利用するために、クリエイターは最初にエピソードを録画またはアップロードした後、Anchor内でエピソードにマークを付ける。別のポッドキャスティングアプリでコンテンツにアクセスしたいリスナーには、購読後にプライベートRSSフィードが提供される。

またSpotifyは、初めてSpotify Open Access Platform(OAP)を発表した。これにより、すでに他のプラットフォーム(競合サービスやプライベートRSSフィードを含む)で有料サブスクライバーとなっているクリエイターが、既存のログインや課金ソリューションを使って、そのコンテンツを現在のサブスクライバーに提供できるようになる。Spotifyによると、これはクリエイターが関係を直接コントロールするのに役立つという。しかしSpotifyは、そのコンテンツを同社のサーバー上で再ホストすることで、結果としてより広範な有料ポッドキャスト市場への洞察を得ることになる。

同社は、まだこのソリューションの完全な詳細を発表する準備はできていないが、今週中にいくつかのニュースを発表すると述べている。

有料ポッドキャストの提供に加えて、Anchorを使ってオーディオ広告のマーケットプレイスSpotify Audience Network(SPAN)を独立系ポッドキャストに開放する計画だという。これもまた、SpotifyがAppleと差別化されている領域だ。Apple Podcastでは、クリエイターは自分の広告を販売する責任があるため、収益の100%にとどまる。

これに対してSpotifyは、ポッドキャスト視聴者にサービスを提供することを目標に、広告技術に投資してきた。同社はこれまで、ネットワーク経由でMegaphone(2020年に買収)のインベントリのロックを解除していたが、今後はAnchorのクリエイターの一部がSPANを利用できるようになる。同社によると、5月1日に50のクリエイターを集めてスタートし、その後徐々に拡大していくとしている。

関連記事:Spotifyがポッドキャストのホスティングと広告会社のMegaphoneを約250億円で買収

画像クレジット:stockcam / Getty Images


【原文】

Spotify today is officially rolling out paid podcast subscriptions, after first unveiling its new subscription platform at the company’s “Stream On” event in February. Through Spotify’s podcast creation tool Anchor, podcasters will be able to mark select episodes as subscriber-only content, then publish them to Spotify and other platforms. The service was initially tested with a dozen independent creators, and is now expanding to creators who had previously registered for the waitlist.

For the time being, Spotify is only opening up paid subscriptions to creators in the U.S., but it aims to expand internationally in the months ahead, it says.

The launch comes at a time when the market for podcasts, and paid podcasts in particular, is heating up. Last week, Apple announced its own plan for paid podcast subscriptions through its Apple Podcasts platform, still a top destination for podcasts today.

But one key difference between Spotify’s efforts and Apple’s plan is how subscription revenue is shared.

Apple said it’s taking a 30% cut of the podcast revenue in year one, dropping to 15% in year two — the same as its cut for streaming services on its App Store. Spotify, meanwhile, says its program will come at no cost to creators for the next two years, which means creators will keep 100% of revenues. Then, in spring 2023, Spotify plans to introduce only a 5% fee for access to the tool.

Image Credits: Spotify

The first group of 12 creators will now begin publishing the paid, subscriber-only bonus episodes to their feeds, which will be discoverable and searchable just like any other podcast episode on the platform. These paid episodes will appear in the podcast’s main feed, where they’re marked with a lock icon on the Play button. Early adopters include Wild Thing; Tiny Leap, Big Changes; and The Mindful Minute.

The cost to subscribe is determined by the creator, but will be one of thee tiers: $2.99, $4.99 or $7.99 per month.

While Spotify will allow Anchor creators to mark entire feeds as paid, if they choose, it believes the lure of the free episodes to first attract listeners is a smarter idea. Then you can upsell them bonus content. However, larger podcasts may take a different approach.

For example, Spotify has inked a deal with NPR for paid subscriptions which involves entire paid feeds. NPR will publish five shows  — How I Built This with Guy Raz, Short Wave, It’s Been a Minute with Sam Sanders, Code Switch and Planet Money — that will be sponsor-free for paid subscribers starting on May 4. These shows will be branded as “Plus” (e.g. Planet Money Plus) and will live alongside the free feeds. In this case, listeners aren’t getting bonus material, but they’re supporting NPR. More NPR shows will roll out their own Plus versions in the weeks ahead.

A Wall Street Journal article on Friday broke the news that Spotify’s paid subscriptions would arrive this week. And it noted that iOS users who wanted to subscribe would be routed to a website to process the transaction, avoiding Apple’s in-app purchase requirements. This could potentially be a tricky line for Spotify to toe. The company has been a chief Apple critic, testifying just last week before Congress about Apple’s anticompetitive behavior when it comes to the App Store.

Now it’s bypassing in-app purchases by directing users to go to a website and buy a subscription. The company, however, says it’s leaving the explanation up to the podcast creators.

“It’s basically up to every creator to educate their listeners about how and where to subscribe to the podcast, and the actual subscription happens on an Anchor webpage — on the creator’s profile page on Anchor. But once you do that and you authenticate it and you come back to Spotify, it’ll be unlocked,” says Anchor co-founder Michael Mignano. He notes that the Spotify app will not actually open this webpage due to App Store rules. (Also, because Spotify isn’t taking a cut of the subscription revenue, for the time being, it would be protected via the carve-out for creator donations that Apple established a few years ago even if it had adopted in-app purchases.)

To use the paid podcasts feature, creators will mark their episodes within Anchor after first recording or uploading their episodes. For listeners who want to access the content on a different podcasting app, a private RSS feed will be provided after they subscribe.

Spotify is also announcing, for the first time, the Spotify Open Access Platform (OAP). This will allow creators who already have paid subscribers on other platforms — including competing services or private RSS feeds — to provide that content to current subscribers using their existing logins and billing solutions. Spotify says this would help creators retain direct control over the relationship. However, Spotify will re-host the content on its servers, which would give it insights into the broader paid podcasts market as a result.

The company isn’t yet ready to announce the complete details on this solution, but says it will have some news in the week ahead.

In addition to the roll out of paid podcasts, Spotify says it’s opening up its audio ads marketplace, the Spotify Audience Network (SPAN), to independent podcasters using Anchor. This is another area where Spotify is differentiated from Apple. On Apple Podcasts, creators are responsible for selling their own ads, so they keep 100% of the revenue.

Spotify, by comparison, has invested in ad technologies with the goal of serving the podcast audience. The company had previously unlocked Megaphone’s inventory (a 2020 acquisition) via the network, but is now making SPAN available to select Anchor creators, as well. The company says it will begin with a group of 50 creators on May 1, then expand over time.

 

(文:Sarah Perez、翻訳:Dragonfly)

サブスクリプションとは何? Weblio辞書

サブスクリプション(subscription)、サブスクリプション方式、または「サブスク」とは、製品やサービスを一定期間ごとに一定の金額(利用料)で提供するというビジネスモデルのこと。Weblio国語辞典では「サブスクリプション」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

サブスクリプションとは - コトバンク

知恵蔵 - サブスクリプションの用語解説 - 消費者が財やサービスを購入するに当たって、具体物としての財の数やサービスの量、回数ではなく、それらを一定期間利用したり享受したりする権限の提供を受け、その資格を期間中保持することに対して対価を支払う契約のこと。元々は雑誌など...

サブスクリプションとは何ですか?レンタルの違いやおすすめ ...

 · サブスクリプション(サブスク)とは?. サブスクリプションとは、商品やサービスに代金を直接支払うのでなく、利用できる期間に支払うサービスの事で、一般的には 「定額制」 のサービスの事を指します。. 今までは、毎月、一定金額をお支払いくことで購読できる新聞や、月額プランに加入していただくことで映画やドラマを視聴できるNetflix (ネットフリックス ...

サブスクリプション(サブスクライブ)とは - IT用語辞典 e …

サブスクリプション【subscription / サブスクライブ / subscribe】とは、予約購読、購読料、会費、寄付(金)、出資(金)、応募、申込、加入、署名、承諾などの意味を持つ英単語。雑誌などの定期購読といった意味があり、ITの分野では会員制のサービスへの加入や、定額制のコンテンツ配信サービス、定期的に利用権を更新するソフトウェアの販売方式などを指すことが多い。

Subscriptionの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

1000万語収録!Weblio辞書 - Subscription とは【意味】寄付(申し込み),寄付金... 【例文】raise a subscription... 「Subscription」の意味・例文・用例ならWeblio英和・和英辞書

国内で使えるサブスクリプション50選 おすすめの定額制 ...

定額料金でモノや機能の利用権を得るビジネスモデル「サブスクリプション」形式のサービスを集めました。音楽、映像、ファッション、フード、車など、様々な分野でサブスクサービスが展開しています。

サブスクリプションとは?サービスのメリット、デメリット ...

サブスクリプションとは まず、サブスクリプションとは簡単に説明すると「料金を支払うことで一定期間サービスを受けられる方式」を指します。もともとサブスクリプションとは雑誌の「予約購読」「年間購読」の意味で、それに一番近しく馴染み

サブスクリプション方式 - Wikipedia

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として定期的に料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが、契約期間が

習慣が変わる、サブスクリプションおすすめ27選(定額)

おすすめのサブスクリプション(定額サービス)を30個ご紹介します。サブスクを利用することで、お金の節約と時間の有効活用ができます。スキルアップ、趣味、ビジネス、暮らしなどのカテゴリにまとめています。

サブスクリプションビジネスの事例11社を紹介|ferret

今回は大手企業の導入も増えつつあるサブスクリプションとはどんなビジネスモデルなのか、そのメリットとデメリットを解説します。大手サービスのサブスクリプションも合わせてご紹介。今後の導入の参考にしてみてください。

COMMENTS


25475:
2021-05-02 09:59

赤いカラコンして深夜に都会を歩くのが将来の夢。

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Linuxとオープンソースが火星の空を飛ぶ–火星ヘリコプター「Ingenuity」
IT関連
2021-02-26 22:43
グーグルがChromebookを仕事向けに拡張するドックを発表
ハードウェア
2021-05-08 20:55
モバイルSuica、リニューアル後に不具合 定期券登録などでエラー、原因はアクセス集中
企業・業界動向
2021-03-23 21:41
「ブラック・ウィドウ」と「クルエラ」がDisney+でプレミアアクセス公開決定
ネットサービス
2021-03-25 09:58
「Linuxカーネル5.12」リリース–トーバルズ氏、「小規模だが5.13で埋め合わせ」
IT関連
2021-04-28 17:33
三菱地所が「バーチャル丸の内」公開へ VRイベントの場として提供
企業・業界動向
2021-01-21 02:26
モーションキャプチャにも使えるリアルタイム曲げセンサー「ShArc」 :Innovative Tech
トップニュース
2021-01-29 07:53
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-01-29 07:53
EUデータ保護当局のトップ監督官が公共の場での顔認識の禁止を強く要請
パブリック / ダイバーシティ
2021-04-27 23:08
約1億円を調達したテクニカルセールス向け生産性プラットフォームのHubが公開
ソフトウェア
2021-03-31 19:22
新型コロナの新規陽性者数、2月6日に1万人超えか Googleが予測データを更新
ロボット・AI
2021-01-13 03:54
大企業が現場の労働者を見つけ維持するのを支援するWorkStepがシリーズAで約11.1億円の資金を調達
HRテック
2021-02-09 20:35
DiscordがClubhouseのような音声イベント用チャンネルの提供を開始
ネットサービス
2021-04-02 05:29
外骨格ロボットは歩行能力と重作業補助の未来を約束する
ロボティクス
2021-01-15 15:33
モバイルアプリで保険を管理できる仏LeoCareが約19億円を調達
ネットサービス
2021-01-21 12:41
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-01-21 12:41