クリックテック、2024年度の事業戦略を発表–“新生Qlik”でロゴも刷新

今回は「クリックテック、2024年度の事業戦略を発表–“新生Qlik”でロゴも刷新」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 クリックテック・ジャパンは3月26日、2024年度の事業戦略を報道機関向けに説明した。Talendとの統合が2023年内に完了し、2024年1月からは“新生Qlik”としてロゴも新たにしてグローバル戦略を推進していくとしている。

 カントリーマネージャーの今井浩氏は会見で、「ビジネス成果を得るためには、まずデータを収集し、その意味を把握する必要がある。次に、データの信頼性と安全性を確保し、誰もが分析可能にすることで、ビジネスの状況に合わせた形で情報を変換し、得られた洞察を実際の行動に移すことが重要になる」と言い、新生Qlikでは、データと成果の間にあるデータパイプラインのギャップを埋めるためのサポートを提供すると強調した。また、AIを活用してデータパイプラインの全てのプロセスを自動化し、効率化を図ることで、ビジネスの成長を加速させることができるとしている。

 Qlikはもともとビジネスインテリジェンス(BI)ツールのベンダーとしてのイメージが強かったが、Talendの買収などのように近年はデータ統合やデータ品質など、データエンジニアリングの領域にも広げている。「従来のBIと呼ばれる部分は(Qlikのビジネスの中の)ほんの一部だ」と今井氏は語る。

 直近の動きとしては、AI駆動型のデータ管理技術を提供するMozaic Data(2023年12月)と、生成AIを活用した回答エンジンを提供するKyndi(2024年1月)の買収を発表している。また2月には、企業のAI導入を促進する「AI Council」を設立した。「AIにおけるソートリーダシップを目指す」と今井氏はアピールする。

 同氏はまた、「AIの活用には近代化されたデータファブリックが必要」だと指摘し、企業のAI戦略を支援するソリューション群として「Qlik Staige」も紹介した。

 日本での事業アプローチについては、(1)SAPデータの価値向上、(2)パートナー戦略、(3)カスタマーサクセス――の3点を挙げた。

 今井氏は、QlikとAmazon Web Services(AWS)が2023年に共同実施したグローバル調査に触れ、SAPデータの価値向上を優先事項とする日本企業が9割を超えていると説明。その一方で、SAPのデータをビジネスに上手に使えていないのが実態であると指摘した。

 Qlikでは、パートナー企業との協力の下、SAPデータの分析を加速するアクセレレーターパッケージを提供しており、SAP内外のデータを視覚化し、データを行動につなげられるように支援する。これによって、「SAPを導入する企業のビジネスに貢献する」と今井氏は話す。

 パートナー戦略では、技術パートナーや販売パートナーと共にエコシステムを築き上げ、展開可能なポートフォリオを拡大し、クロスセルやアップセルの機会を増やしていくとする。

 カスタマーサクセスの取り組みについては、顧客の声を積極的に発信していく。2023年には、本田技研工業が「Global Transformation Award」を受賞し、「日本市場の存在感をグローバルにアピールできた」(今井氏)という。同氏によると、2024年も日本企業がノミネートされているとのこと。

 最後に、日本市場への投資として、東京クラウドリージョンの開設も明らかにされた。これにより、日本国内にデータが存在することが保証され、海外の法的規制や地政学的リスクを回避することが容易になり、より安定したシステム運用が可能になる。

 また、「Qlik AutoML」や「Qlik Application Automation」など、同社がクラウド上で提供する最新機能を活用することで、データレジデンシーを要件とするシステムの開発・調達が可能になるとしている。地理的に近い地点にデータが存在することで、データへのアクセスがより迅速になり、低遅延性(レイテンシー)の改善も期待される。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
シャープ、大阪府枚方市で「基幹業務システムシェアリング」を実証
IT関連
2022-01-22 11:07
NECら、新型コロナウイルスと結合する人工DNAアプタマーの開発に成功
IT関連
2021-05-10 10:40
ビズリーチ、クラウド勤怠管理システム「HRMOS勤怠」を提供
IT関連
2022-02-17 03:16
GMがシボレー・ボルトEVのマイナーチェンジと新たに加わった兄弟車の電動クロスオーバーを発表
モビリティ
2021-02-16 19:13
マイナンバーカード活用のデジタルIDソリューション「xID」がセブン銀行アクセラレータープログラムで採択
フィンテック
2021-04-13 16:32
サッポロHD、高度ITスキル研修を開始–DXによる業務改革や事業モデルの創出を目指す
IT関連
2024-04-06 11:51
セールスフォースが開発者イベント、MuleSoftやSlack、Tableauと統合強化
IT関連
2022-04-29 10:12
フォードが世界的なチップ不足を理由に特定の部品を使わずにF-150トラックを生産
モビリティ
2021-03-21 08:50
強みと弱みを知り日本と世界をつなぐ架け橋に–Colt APAC社長の水谷氏
IT関連
2024-03-22 02:29
京都のヤサカタクシーとNearMeが「攻めのDX」でタッグ、タクシー業界のDXと乗車客の快適な移動を目指し業務提携
モビリティ
2021-04-14 03:10
顧客のデジタルレジリエンスの構築を支援–Splunk・野村社長
IT関連
2024-01-11 21:49
WebAssemblyとWebGPUを用い、Webブラウザ上でStable Diffusion Turbo全体を高速実行可能な推論エンジン「ONNX Runtime Web 1.17」マイクロソフトから登場
Microsoft
2024-03-08 19:29
スーパー「ライフ」、AIによる需要予測を導入 生鮮食品などに対応
ロボット・AI
2021-01-20 13:53
Go言語がGenericsを導入、過去最大の変更となる「Go 1.18」正式版リリース
Go
2022-03-18 12:46