アフリカの決済サービスFlutterwaveが約185億円を調達、企業価値が約1090億円以上に

今回は「アフリカの決済サービスFlutterwaveが約185億円を調達、企業価値が約1090億円以上に」についてご紹介します。

関連ワード (Flutterwave、Tiger Global、アフリカ、ナイジェリア、ユニコーン企業、資金調達等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


アフリカ全土におけるフィンテックサービスの成長は今も続いており、この業界にあふれるビジネスチャンスをとらえようと、さまざまな投資会社が変わらず強気の姿勢で挑んでいる。そんな中、新しいユニコーン企業が頭角を現した。アフリカの決済サービス会社Flutterwave(フラッターウェーブ)が1億7000万ドル(約185億円)を調達し、企業価値を10億ドル(約1090億円)以上に押し上げたことを発表したのだ。

シリーズCラウンドを率いたのは、ニューヨークに拠点をおく投資会社Avenir Growth Capital(アベニア・グロース・キャピタル)と、米国でヘッジファンドと投資をてがけるTiger Global(タイガー・グローバル)だ。参加した投資会社には、DST Global(ディーエスティー・グローバル)、Early Capital Berrywood(アーリー・キャピタル・ベリーウッド)、Green Visor Capital(グリーン・ビザー・キャピタル)、Greycroft Capital(グレークロフト・キャピタル)、Insight Partners(インサイト・パートナーズ)、Salesforce Ventures(セールスフォース・ベンチャーズ)、Tiger Management(タイガー・マネジメント)、Worldpay FIS(ワールドペイ・エフアイエス)、9yards Capital(ナインヤーズ・キャピタル)など、新設の会社から基盤のある会社までさまざまな企業が集まった。

2018年、フラッターウェーブはシリーズBで3500万ドル(約38億円)、シリーズAで2000万ドル(約22億円)を獲得し、その1年後にシリーズCラウンドに突入した。結果として合計2億2500万ドル(約245億円)を調達し、アフリカで2億ドル(約218億円)以上の投資を確保した数少ないスタートアップ企業の1つとなった。

フラッターウェーブは、2016年にナイジェリアと米国を拠点とする決済サービス会社として誕生し、Lagos(ラゴス)とサンフランシスコに拠点を構えた。以来、APIを経由するカスタマイズ可能な決済アプリケーションを構築できるよう多くの企業をサポートしている。

同社がシリーズBで投資を獲得した際、我々はフラッターウェーブが54億ドル(約5880億円)に相当する1億7万回もの取引を処理したことを報じた。これまでにこの数字はさらに膨れ上がり、取引回数は1億4000万回、金額は90億ドル(約9800億円)を超えている。アフリカ外部の企業が同大陸で事業を拡大する支援も同社では行っており、これまでにBooking.com(ブッキングドットコム)、Flywire(フライワイヤー)、Uber(ウーバー)といった大手多国籍企業を顧客としている。

現在、29万社以上がフラッターウェーブのプラットフォームを使って決済を処理していると同社はいう。声明によると、同社のサービスでは「150種類の通貨に対応しており、現地のカードから国際カード、モバイルウォレット、銀行振込、Barter by Flutterwave(バーター・バイ・フラッターウェーブ)など複数の決済モード」を利用できるということだ。

ウェブサイトからは、アフリカの11の国で積極的に事業を展開していることが伺えるが「GB」のニックネームで知られるフラッターウェーブのCEOであるOlugbenga Agboola(オルグベンガ・アグブーラ)氏はTechCrunchの取材に応じ、同社がアフリカの20の国でサービスを提供し、同社のインフラは同大陸の33以上の国に広がっていると答えた。

設立5年の同社にとって、2020年は大きな転換点となる年だった。2回目の投資が行われたのは、新型コロナウイルス感染症がアフリカを直撃する直前のことだった。一部の企業とは異なり、フラッターウェーブのような決済サービス会社はマイナスの影響を受けることはなかった。

アグブーラ氏が具体的な数字を挙げることはなかったが、2020年はパンデミックの影響で収益が100%以上増えたと話す。この成長もあって、2018年からの複合年間成長率は226%にも上った。

CEOによるとこの成長は「新型コロナウイルス感染症の恩恵を受けた分野」(フラッターウェーブは、パンデミックによってプラスの影響を受けた分野をこのように表現している)のアクティビティが増加した結果だという。例えば、ストリーミング、ゲーム、送金、eコマースといった分野がこれに該当する。アグブーラ氏は加えて、こうした分野の成長にあやかり、引き続き事業の拡大を進めていくつもりだと話す。

また、パンデミックによるロックダウン期間中、フラッターウェーブが業者向けにFlutterwave Store(フラッターウェーブ・ストア)の導入に取り組んだこともプラスとなった。このサービスは15のアフリカ諸国で展開され、2万社以上がこのサービスを使ってオンライン店舗を立ち上げ、ネット販売を開始した。

画像クレジット:Flutterwave

シリーズCにおける投資は、フラッターウェーブが目標としている、世界的な決済サービス会社へと成長するために活用される。この資金を活かして、現在の市場における顧客獲得をスピードアップさせる予定だという。また、ユーザー数が50万人を超える同社の既存サービス「バーター」などを改善する。Flutterwave Mobile(フラッターウェーブ・モバイル)は同社が導入を進めている新規サービスの1つで、これは設立者の言葉を借りると「業者のモバイルデバイスをPOS化して決済することで、販売できるようにする」サービスだ。

アグブーラ氏は声明のなかで、300人を超える社内のスタッフに加え、投資家、顧客、さらにはCentral Bank of Nigeria(CBN、セントラル・バンク・オブ・ナイジェリア)などの規制機関を挙げ、フラッターウェーブの成功を支えてくれていることに感謝の意を表している。

ナイジェリアの規制機関がここのところ、フィンテック企業に不都合かつ疑問の余地がある規制を課していることを考えると、CEOが最後に規制機関を挙げたことを不思議に思う読者もいるだろう。

だが、アグブーラ氏はそのように考えていない。現行のCBN総裁の管理によってセントラルバンクの規制の枠組みが安定したおかげで、フラッターウェーブなどのフィンテック企業が成長できているということを次のように語っている。

「例えば、フラッターウェーブが設立されたのは、総裁の着任直後でした。ライセンスを取得し、事業を拡大できたのは、我々に有利な制度があったからです。あまり知られていませんが、ナイジェリアにはBVNシステムやNIPシステムなど、世界の先駆けとなるイノベーションがいくつもあります。ナイジェリアは決済イノベーションの最前線を10年以上にわたって常に進んでいますが、これは将来を見据えたCBNの方針があってこそのことです」

この時期に紛れもなく決済サービスで頂点に立ったフィンテック企業は、Interswitch(インタースイッチ)だ。2019年にVisa(ビザ)が株式の20%を取得し、現在は企業価値10億ドル(約1090億円)の大手決済サービス会社となった。ナイジェリアでこのレベルまで拡大したフィンテック企業は、インタースイッチとフラッターウェーブの2社だけである。アフリカ全土で見てもその数は4社のみで、残る2つは上場企業であるアフリカのeコマース会社Jumia(ジュミア)と、エジプトの決済サービス会社Fawry(ファウリー)である。

1億7000万ドル(約185億円)を調達し、10億ドル(約1090億円)の企業価値を得たフラッターウェーブの大躍進は、アフリカのスタートアップ業界における歴史的なマイルストーンといえる。先述した企業の価値を疑う余地はないが、何をもって「スタートアップ企業」あるいは「アフリカの企業」と定義するかには疑問が残る。

例えば、インタースイッチが設立されたのは2002年までさかのぼるため、非公開会社だったとはいえスタートアップ企業とはいいがたい。ファウリーは2007年に設立されたが、上場した翌年の2020年まで10億ドル(約1090億円)の企業とはならなかった。上場企業のジュミアは非公開会社として2016年にユニコーン企業としての地位を獲得したものの、アフリカの企業かどうかという点は賛否両論だ。

一方、企業価値10億ドル(約1090億円)のアフリカのスタートアップ企業として、フラッターウェーブはすべての条件を満たしている。アフリカに拠点をおき、アフリカ人によって設立され、設立後10年以内に企業価値が10億ドル(約1090億円)まで到達したからだ。

アフリカのテクノロジーエコシステムに携わる関係者のほとんどは、フラッターウェーブがここまで成長することをある程度予測していたものの、そのタイミングは大方の予想よりも早かった。フラッターウェーブが2020年にシリーズBで3500万ドル(約38億円)を調達したのち、次のラウンドでその約5倍の資金を獲得し、翌年に10億ドル(約1090億円)の企業価値に達するとは誰も思っていなかっただろう。

フラッターウェーブの新しい成長指標についてアグブーラ氏に尋ねてみたところ、このような数字はほとんど意味を持たないということだ。「言ってみれば、価値という指標には理論以外のファクターも絡んでいますよね。以前、YC(ワイシー)の『アフリカで最も価値の高い企業』に選出されたこともありましたが、指標は上がったり下がったりするものなので、そこまで重視していないんです。私たちが常に重視している指標は、収益と顧客成長率、そしてリテンション率です」と彼は語った。

確かにその通りではあるが、企業が成長するにつれ、採算性や売却に関する疑問というのは頻繁に生じるものだ。

Paystack(ペイスタック)はフラッターウェーブとよく比較されるナイジェリアの決済サービス会社だが、2億ドル(約218億円)を超える額でStripeに2020年買収された。この頃、フラッターウェーブも買収されるのではないかといううわさが広がったが、シリーズCで資金を調達したため、現時点で同社に売却の予定はなさそうだ。仮にYCの後押しを受ける同社が売却する場合は、IPOを申請することになるかもしれない。

「私たちも他のスタートアップ企業と同じように、投資家向けに売買の指標となるツールを作れないか模索しています。上場も検討事項の重要な部分ですが、顧客に最高の価値を提供することに注力しているのが現状です」とアグブーラ氏は述べる。

同社のこれまでの発展には、パートナーシップが大きく関わってきた。2019年には、フラッターウェーブはビザとパートナーシップを結び、アフリカと中国間でバーターとAlipay(アリペイ)のデジタル決済を展開した。2020年にはアフリカ地域での決済サービス展開のため、ワールドペイ・エフアイエスとのパートナーシップ締結を発表したのである。

フラッターウェーブは複数の大企業とパートナーシップを結んできたが、アグブーラ氏は小規模の企業とも同じようにパートナーシップを築き、買収の可能性を探っていきたいと話す。

「事業を拡大するにはパートナーが必要なので、決済にはパートナーシップが必要だと考えています。私たちのビジョンは、アフリカを1つの国にすることです。パートナーシップを締結して拡大するなかで、同じような起業精神とビジョンを持つ前途有望な企業と出会ったときには、買収も検討しますよ」

サハラ以南のアフリカの大部分でサービスを提供するようになった今、フラッターウェーブの次の計画は北アフリカに進出することだとアグブーラ氏は話す。北アフリカではファウリーなど現地企業との競合が待ち受けていると考えられるが、そこは問題にならない。アフリカのフィンテック市場は非常に大きいため、複数の企業が共存できる余裕があるからだ。

これこそ、投資家がこぞってアフリカに投資する理由の1つである。現地のみならず世界の投資家も力を入れるほど人気があるこの分野には2020年、さまざまな調達元からベンチャーキャピタルの合計投資額の25~31%が集まった。

しかし、こうした企業のウェブサイトによると、フラッターウェーブの主な投資企業であるアベニア・グロース・キャピタルとタイガー・グローバルが、アフリカのフィンテック業界のスタートアップ企業を支援するのは、今回が初めてとのことだ。前者が初めて支援するアフリカのスタートアップ企業はフラッターウェーブであるとのことだが、タイガー・グローバルは以前にもナイジェリアのメディア企業iROKOtv(イロコ・ティービー)と南アフリカのeコマース会社Takealot(テイク・ア・ロット)への投資で知られている。

アベニア・グロース・キャピタルのJamie Reynolds(ジェイミー・レイノルズ)氏とタイガー・グローバルのScott Shleifer(スコット・シュライファー)氏はどちらも、国際的で世界レベルの決済サービス会社を目指すフラッターウェーブの歩みを後押しすると述べている。

アグブーラ氏は今後の展望として、フラッターウェーブが注力するのは29万もの業者を継続的に支援して、ビジネスをグローバルに展開できるようサポートすることだと断言する。

「今後もアフリカからさらに多くの事業を世界に発信しつつ、世界のさまざまなサービスをもっとアフリカに取り入れていきます。大陸全体に投資を拡大し、当社のプラットフォームを私たちの生活や暮らしにさらに組み込んでいけることが楽しみです」。

関連記事:2020年におけるアフリカのスタートアップの資金調達状況

画像クレジット:Techpoint Africa


【原文】

The proliferation of fintech services across Africa remains in full swing as investors remain bullish about the opportunities that abound in the sector . Today we behold another unicorn: African payments company Flutterwave announced that it has closed $170 million, valuing the company over $1 billion .

New York-based private investment firm Avenir Growth Capital and U.S. hedge fund and investment firm Tiger Global led the Series C round . New and existing investors who participated include DST Global, Early Capital Berrywood, Green Visor Capital, Greycroft Capital, Insight Partners, Salesforce Ventures, Tiger Management, Worldpay FIS and 9yards Capital . 

The Series C round comes a year after Flutterwave closed its $35 million Series B and $20 million Series A in 2018 . In total, Flutterwave has raised $225 million and is one of the few African startups to have secured more than $200 million in funding . 

Launched in 2016 as a Nigerian and U.S.-based payments company with offices in Lagos and San Francisco, Flutterwave helps businesses build customizable payments applications through its APIs .

When the company raised its Series B, we reported that Flutterwave had processed 107 million transactions worth $5.4 billion . Right now, those numbers have increased to over 140 million transactions worth more than $9 billion . The company, which also helps businesses outside Africa to expand their operations on the continent, has an impressive clientele of international companies, i ncluding Booking.com, Flywire and Uber.

Flutterwave says more than 290,000 businesses use its platform to carry out payments. And according to the company’s statement, they can do so “in 150 currencies and multiple payment modes including local and international cards, mobile wallets, bank transfers, Barter by Flutterwave .”

While its website shows an active presence in 11 African countries, Flutterwave CEO Olugbenga Agboola, also known as GB, told TechCrunch the company is live in 20 African countries with an infrastructure reach in over 33 countries on the continent .

Last year was a pivotal one for the five-year-old company. Its second investment came just in time before the COVID-19 pandemic hit Africa, negatively impacting some businesses but not payments companies like Flutterwave.

Agboola says his company grew more than 100% in revenue within the past year due to the pandemic without giving specifics on numbers . It also contributed to its compound annual growth rate (CAGR) of 226% from 2018.  

According to the CEO, this growth resulted from an increase in activities in “COVID beneficiary sectors” — a term used by Flutterwave to describe sectors positively impacted by the pandemic . They include streaming, gaming, remittance and e-commerce, among others. Agboola adds that the company plans to ride on these sectors’ growth and continue in that trajectory .

Besides, Flutterwave’s response in introducing the Flutterwave Store for merchants during pandemic-induced lockdowns was instrumental as well . The product, which went live across 15 African countries, helps over 20,000 merchants to create storefronts and sell their products online .

Image Credits: Flutterwave

Flutterwave wants to become a global payments company, and the Series C investment helps to reach that goal . The company says it plans to use the funds to speed up customer acquisition in its present markets. It will also improve existing product offerings like Barter, where it has over 500,000 users, and introduce new offerings . One such is Flutterwave Mobile, which in the founder’s words “will turn merchants’ mobile devices into a point of sale, allowing them to accept payments and make sales .”

In a statement, Agboola gives credit to the company’s more than 300 staff, investors, customers and regulatory bodies like the Central Bank of Nigeria (CBN) for creating the backbone for Flutterwave’s success .

For some, it would come off as strange that the CEO mentioned the last stakeholder given the unfavourable and questionable regulations it has recently placed on fintechs in Nigeria .

However , Agboola thinks the reverse is the case. He makes a bold statement by saying that under the current CBN governor’s administration, the Central Bank has shown a consistent regulatory framework that has allowed fintechs like Flutterwave to thrive .

“Flutterwave, for instance, launched when the governor just came in. We got our license and scaled our business because of a favourable regime that allowed it to be possible . There are so many trailblazing innovations that we don’t talk about a lot about Nigeria, like the BVN and the NIP system . Nigeria has consistently been at the forefront of payments innovation for over a decade, and it was all possible because of the forward-looking CBN policies,” he said .

On exits, acquisitions and the billion-dollar club

One fintech company that has unquestionably championed payments in this time frame is Interswitch. The payments giant is currently worth $1 billion after Visa acquired a 20% stake in 2019, and Flutterwave joins the company as the only fintechs in Nigeria to have reached that valuation . This number increases to four in Africa when including publicly traded African e-commerce company Jumia and Egyptian payments company Fawry .

Flutterwave’s $170 million mammoth raise and its billion-dollar valuation represent a landmark achievement for the African startup scene . While the aforementioned companies’ valuations  can’t be disputed , there are question marks on whether some are startups and whether others are African companies .

Interswitch, for instance, was founded in 2002, which doesn’t necessarily make it a startup despite still being private . Fawry was launched in 2007, but didn’t become a billion-dollar company until 2020, a year after going public . Jumia, albeit public, reached unicorn status as a private company in 2016; however , there are varying opinions as to whether it is an African company or not .

Unlike the others, Flutterwave checks all the boxes of what a billion-dollar African startup should ideally look like — founded by Africans in Africa while reaching a $1 billion valuation in fewer than 10 years .

Most stakeholders in Africa’s tech ecosystem knew this would happen, but the timing expected was later rather than sooner . After raising $35 million in a Series B in 2020, who would have thought Flutterwave was going to raise almost five times that amount the following round and be valued at more than $1 billion the next year ? Maybe just a few.

Well, these numbers rarely matter to Agboola, as I ask him what he thinks of Flutterwave’s new growth metric . “I’ll say valuation is both art and science. At some point, we were also the most valuable African company at YC, but it’s not really a metric we’re focused on at Flutterwave because they move up and down,” he smiles. “Our key metrics have always been revenue, customer growth and retention.”

Aptly said, but as the company continues to grow, questions around profitability and exit will become more frequent .

Paystack, another Nigerian payments company that is often compared to Flutterwave, got acquired by Stripe for more than $200 million last year . At the time, there were also rumours of Flutterwave taking the same route, but this Series C raise suggests that the company is not looking to exit at the moment . However , if the YC-backed company indeed does, it might be through an IPO.

“Like every other startup, we’re thinking about ways to create exit tools for our investors. So, a listing is very much in our plans, but for now, we’re focused on giving the best value to our customers,” Agboola said. 

In the course of the company’s journey to this point, it has remained big on partnerships. In 2019, Flutterwave partnered with Visa to launch Barter and Alipay to offer digital payments between Africa and China . Then last year, the company announced a partnership with Worldpay FIS for payments in Africa .

Although Flutterwave has done this with bigger establishments, Agboola says the company will be looking to do the same with smaller companies, opening the doors to potential acquisitions .

“ We believe in payments in partnership as you have to partner to scale. So, if in the course of making partnerships and scaling and we identify promising companies with a similar ethos and have our vision in mind, that is in making Africa a country, an acquisition isn’t off the table,” he said.

After capturing much of Sub-Saharan Africa, Agboola says Flutterwave’s next plan is to go live in North Africa . There, it will likely face competition from a local leader, Fawry, but that doesn’t matter. The African fintech market is large enough to accommodate multiple players.

That’s one reason why it has also been a popular bet with investors. The sector, which is both local and international investors’ top destination, attracted between 25% to 31% of the total VC funding last year from varying sources .

But from the information on their websites, this is the first time Flutterwave’s lead investors —  Avenir Growth Capital and Tiger Global — are backing an African fintech startup . For the former, Flutterwave represents the first African startup in its portfolio, but Tiger Global is known to have invested in Nigerian media company iROKOtv and South African e-commerce company, Takealot .

Via their partners — Jamie Reynolds of Avenir Growth Capital and Scott Shleifer of Tiger Global, both firms said they’re backing Flutterwave on its quest to build a global and world-class payments company .

Looking into the future, Agboola insists that the company’s focus remains to support its 290,000 merchants and help them build global businesses .

“We look forward to increasing our investments across the continent and deepening the impact our platform has on lives and livelihoods as we take more businesses in Africa to the world, and at the same time continue to bring more of the world to Africa,” he said .

 

(文:Tage Kene-Okafor、翻訳:Dragonfly)

資金調達 - Wikipedia

資金調達(しきんちょうたつ、英: Funding; financing )とは、事業に必要な資金を調達することをいう。 資金調達という用語は、政府組織、民間企業、個人事業主の事業などについて幅広く用いられ

資金調達の方法一覧

資金調達の方法は、アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスに分けられます。資産の有無や望む現金化の形態に応じた選び方が求められます。会社にあった資金調達方法を実行することが大切です。

資金調達とは?さまざまな資金調達方法と事業計画作成の ...

 · 資金調達とは、会社設立や事業に必要な資金を集めることです。資金調達にはさまざまな方法がありますが、どの方法を採るかにより担保や調達にかかる時間、金利などが大きく異なりますので、どこから資金を得るかを戦略的に考えることが

資金調達|中小機構

「資金調達」を掲載しています。中小機構は、中小企業政策の実施機関として、成長ステージや経営課題に応じた支援メニューで中小企業の成長をサポートします。

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリット ...

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリットデメリット | 資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

株式会社と資金調達。知っておくべき調達方法とは | クラウド ...

公開日:2020/08/21 株式会社が資金調達を必要とするのは、創業前の設立資金と創業後の運転資金や設備資金です。資金が必要になる理由も、事業拡大やセーフティネットとしての機能を期待した時など様々です。 経営者であれば、いざという時に備えて資金調達...

今さら聞けない!資金調達とは?事業成功のための調達方法を ...

 · 負債を増やす資金調達方法として、 「公的融資」「銀行融資」「ビジネスローン」「手形割引」「社債」「売掛債権担保路融資」 などがあります。. 公的融資とは、国や地方公共団体から事業資金などを借りる融資方法です。. 政府系金融機関には「日本政策金融公庫」「商工組合中央金庫」があります。. 創業者に対する創業融資などもしていて、事業を ...

創業・起業の資金調達方法11選! 起業に使える資金調達の方 …

創業・起業して間もない場合、「資金を預けるべきか」を判断する信用情報が少ないため、起業に使える資金調達方法は限られています。 そのため、事業計画書を作成して審査を受ける必要があり、審査に通るかは「事業計画書の内容」で決まると言っても過言ではありません。 今回は、創業・起業に使える資金調達方法を11種類に分け

<急ぎ・緊急>資金ショート時に利用できる8つの資金調達法

急な資金需要にお悩みの中小企業・個人事業者の方に、活用をおすすめする緊急性の高い8つの資金調達方法|「明日までにまとまった資金が必要!」という状況で活用できる資金調達方法に、取引銀行からの融資以外の選

資金調達を税理士に依頼したときの報酬相場とメリット ...

【税理士ドットコム】資金調達に強い税理士というのは、銀行からの借り入れだけでなく、国や各自治体が設けている融資、補助金・助成金についても広く把握しています。このページでは、税理士に資金調達支援を依頼するメリットと、資金調達の報酬相場を依頼内容のケースごとに分けてご説明いたします。

資金調達 | 三菱UFJ銀行

 · Biz LENDINGとは、お申込からお借り入れまで、ペーパーレス、オンラインで完結する、非対面型の資金調達サービスです。

スタートアップの資金調達は?現状と方法、失敗を防ぐ ...

公開日:2021/01/15 「スタートアップでは、どうやって資金調達すればいいのだろう?自社に合う資金調達方法はあるのだろうか?」 市場を開拓している状況にあり、新しい事業を展開するスタートアップにとっては、実績がない状態でも資金調達を行えるのか、不安に感じることもあるで...

資金調達 | 商工中金

中小企業の皆さまの資金調達の多様化にお応えするために私募債発行のサポートを行っています。 売掛債権流動化 中小企業の皆さまの資金調達の多様化、財務内容の改善などのニーズにお応えするため、手形・売掛金などの債権流動化業務に取り組んでいます。

資金調達ラウンドとは?上場へ向けての融資戦略と具体的な ...

資金をどうやって集めるかは起業家にとって悩みの種です。投資家が企業へ投資をするための目安となる「資金調達ラウンド」のシード、アーリー、シリーズA、シリーズB、シリーズC、それぞれにおける資金調達方法について紹介します。

資金調達のシリーズA・シリーズB・シリーズCとは ...

スタートアップ企業の資金調達において、よく目にするのが「シリーズA」「シリーズB」「シリーズC」などの言葉です。 これらの用語は、主にベンチャーキャピタルの投資判断の際に用いられており、企業の成長段階に応じた投資ラウンド・・・

【4月第5週資金調達まとめ】貸付ファンドオンラインマーケッ …

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、4月5週目の“注目のトピック”とし

ファクタリングで即日、資金調達:クイックマネジメント

ファクタリングで資金問題を解決。経営者の悩みの種である事業の資金繰り問題。売掛債権を譲渡することによって現金を調達することのできるファクタリングなら、未回収リスクも軽減。あなたの会社に売掛金さえあれば即日で資金調達することができます。

資金繰り、資金調達の基本10ヶ条 [資金調達・資金繰り] All …

資金は会社にとっての血液。その血液である資金が枯渇したら、会社を存続させることはできません。資金調達の可否が会社の将来を決めるといっても過言ではありません。必要な資金を必要なときに、より良い条件で集められるような体制作りが重要なのです。中小企業での金庫番の経験もあり現在は税理士であるガイドが、資金繰り、資金調達の基本10ヶ条を解説していきます。

ケーキ専門通販サイト「Cake.jp」、7.7億円の資金調達--1年で ...

ケーキ専門通販サイト「Cake.jp」を運営するCake.jpは5月10日、ニッセイ・キャピタル、丸井グループ、博報堂DYベンチャーズ、三菱UFJキャピタルを引受先とする7.7億円の第三者割当増額を実施したと発表した。

投資ラウンドとは? スタートアップの資金調達で知っておき ...

会社の成長段階に応じた、賢い資金調達を スタートアップ企業にとって、どのように資金調達するかは大きな課題ではないでしょうか。資金調達にはいくつもの方法がありますが、その会社の状況によって適している方法が異なります。 起業直後の会社は、事業展開の状況によっていくつかの「会社ステージ」(=創業期・成長期・安

COMMENTS


28298:
2021-05-12 22:05

5件のコメント “「ユニコーン企業のひみつ」を読んだ感想 - ぱすたけ日記” (22 users)

28305:
2021-05-12 21:45

Qベンチャー企業の中でも、非上場で資産価値が10億以上ある企業を、ある伝説上の生き物にたとえて「何企業」という? Aユニコーン企業

28296:
2021-05-12 20:45

ビジョンファンドの投資利益でほとんどが決まってしまうソフトバンクグループの利益構造。とくにユニコーン企業への投資金額が大きく、新型コロナで昨年3月に暴落後の株価V字回復、その後に急騰が利...wsPicks

28294:
2021-05-12 17:12

ユニコーン企業銘柄は-50%になったらなんぴんするかな。

28295:
2021-05-12 14:18

カテゴリ「パソコン・システム開発」 / ランキング:13位 \ ✨ユニコーン企業のひみつ✨ (06:36)

28297:
2021-05-12 13:50

中国軍のインド軍へのマイクロ波攻撃、インドへシフトする世界のITやスタートアップなどなど、アリババ、Facebook、Google、ユニコーン企業 @YouTubeより

28301:
2021-05-12 10:52

ユニコーン企業のひみつを読み始めたら5ページ目に「イテレーションの速度を上げる」って書いてあって、その瞬間に今のリリースプロセスのあの部分は非合理的だよなーと改善したくなってお気持ち表明文を書き上げ、承認されてさっそくリリースが7分短縮された

28300:
2021-05-12 07:52

アフリカの決済サービス会社がユニコーンに↓ アフリカ全土におけるフィンテックサービスの成長は今も続いており、この業界にあふれるビジネスチャンスをとらえようと、さまざまな投資会社が変わらず強気の姿勢で挑んでいる。そんな中、新しいユニコーン企業が頭角…

28299:
2021-05-12 07:24

中国軍のインド軍へのマイクロ波攻撃、インドへシフトする世界のITやスタートアップなどなど、アリババ、Facebook、Google、ユニコーン企業

28304:
2021-05-12 06:05

$ALLO ってユニコーン企業なんだっけ?w

28303:
2021-05-12 02:15

ユニコーン企業のひみつ、ようやく届いたので読んでるけど、たしかに良いなぁこれ… ソフトウェアは作ったら終わりじゃない。この文化を浸透させるのは、なかなか本当に難しい…

28302:
2021-05-12 00:57

ユニコーン企業のひみつ、ようやく届いたので読んでるけど、たしかに良いなぁこれ… ソフトウェアは作ったら終わりじゃない。この文化を浸透させるのは、なかなか本当に難しい…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
2020年の米大統領選、ロシアやイランが工作–米情報機関が報告
IT関連
2021-03-18 18:47
ここまで進んだ最新治療 移動型治療室「モバイルSCOT」、5Gで高度な遠隔手術が可能に
IT関連
2021-01-22 10:12
高性能なドローン用エンジン、兵庫のベンチャーが開発 航続時間を約10倍に
IT関連
2021-02-18 00:36
「ゆるキャン△」林野庁とコラボ 国有林の魅力伝えるガイドブックに
くらテク
2021-07-17 07:17
第一線のDXコンサルタントが新会社を設立した思いとは
IT関連
2021-02-12 10:23
学会に最先端の感覚を持ち込むバーチャル会議・出版プラットフォーム「Morressier」
EdTech
2021-05-15 20:30
株主優待で人気のJR4社–悲観の底に沈む「JR東日本」に今、注目する理由
IT関連
2021-03-16 17:57
古くからあるあの言語が20位圏内、Objective-C下落–TIOBEプログラミング言語ランキング
IT関連
2021-04-11 18:15
リモートワーク時代のための高速で直感的なドキュメントエディター「Almanac」
ソフトウェア
2021-06-10 08:07
「2月の株主優待」人気トップ、イオン–コロナ後の成長見えてきた
IT関連
2021-01-27 17:50
氷の車体と氷のタイヤで走る探査車「IceBot」 極地、惑星、衛星での活躍を想定 :Innovative Tech
トップニュース
2021-03-13 14:10
SBG決算、5兆円の黒字に 昨年の“史上最大の赤字”から一転
企業・業界動向
2021-05-13 21:15
Netflixのゲームサービスに2タイトル追加、iOSとAndroidの両方で
IT関連
2022-01-21 15:37
三菱UFJニコスかたる詐欺メールに注意 偽の会員サイトで個人情報を窃取
セキュリティ
2021-02-18 21:21