GitHubのAIプログラミング支援機能「Copilot」、著作権や倫理の問題は?

今回は「GitHubのAIプログラミング支援機能「Copilot」、著作権や倫理の問題は?」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftの人工知能(AI)ペアプログラミングサービスである「GitHub Copilot」は、リリースされてからまだ1カ月も経っていないにもかかわらず、高い人気を博している。GitHubによれば、テクニカルプレビューの段階でも、この機能が有効化されたファイルではコードの40%近くがCopilotによって書かれていたという。

 この機能は、エディターの中で直接、開発者に次に書くコードを提案してくれるもので、Microsoftの「Visual Studio Code」や「Neovim」、「JetBrains」などの統合開発環境(IDE)に対応している。このAIは、これらの開発環境の中で、開発者が入力していくに従って、コードの次の行を提案する能力を持っている。

 このプログラムは、メソッドや複雑なアルゴリズムを補完してくれるほか、定型的なコードを挿入してくれたり、単体テストの支援をしてくれたりする。バックエンドで使われているエンジンのAIが、実質的にペアプログラミングのアシスタントのような働きをしてくれるわけだ。

 このプログラムは、Microsoft、GitHub、OpenAIの協力によって生まれたもので、OpenAIの「Codex」をベースにしている。Codexは、一般に公開されている何十億行ものソースコード(これにはGitHubで公開されているレポジトリが含まれる)と自然言語のテキストを使ってトレーニングされたもので、プログラミングと人間の言葉の両方を理解することができる。

 まるで夢のような話だ。しかし、そこにはかなり大きな問題が残っている。Codexが独自サービスの基盤を構築するためにオープンソースのコードを使用する権利があるかどうかについて、法律の面から疑う声があるのだ。また仮に合法だとしても、MicrosoftやOpenAI、GitHub、そしてCopilotのユーザーが、Copilotが「書いた」コードを利用することが倫理的に許されるのかどうかについても疑問視する意見がある。

 GitHubの最高経営責任者(CEO)であるNat Friedman氏は、Copilotがベータ版としてリリースされた際、GitHubに法的な問題はないと述べている。これは、「公開情報を使って機械学習システムをトレーニングすることはフェアユースにあたる」ためだという。ただし同氏は、「知的財産権とAIの関係は、今後世界中で興味深い政策議論の対象になるだろう」とも指摘している。確かにその通りだろう。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ウレタンマスクの下に着ける立体マスク、三井化学などが開発 蒸れずに不織布の防御効果
くらテク
2021-04-28 11:13
三菱UFJ信託銀行、情報銀行の本人確認でAI活用した顔認証ソリューションを採用
IT関連
2021-02-01 13:38
【コラム】アジャイルなスタートアップモデルに倫理観を導入する時代がきた
IT関連
2022-01-31 19:51
ピルのオンライン診察アプリの「ネクイノ」が法人向け健康経営支援プログラム「For Women’s 保健室」開始
フェムテック
2021-04-24 09:03
「Spring4Shell」脆弱性、ボットネットで悪用されている恐れ
IT関連
2022-04-14 00:00
Twitter、アカウントを検索から隠すなど4つの新機能を検討
企業・業界動向
2021-07-08 05:15
星が瞬く「ホームスター」夏に登場 川のせせらぎに虫の声 流星もリアルになって「見つけにくい」
くらテク
2021-05-20 01:38
DXのアイデアを形にする–経営陣の支持を得るための4つのヒント
IT関連
2022-01-20 20:58
NECと九大、生活・感情データを基に保健指導を高度化–コロナ禍の「受診控え」受け
IT関連
2022-02-02 09:08
「nasne」初期出荷分は完売、バッファローが明らかに 販売再開は4月中旬
くらテク
2021-03-31 18:06
トマトが熟れる際の遺伝子発現を深層学習で予測、遺伝子編集で果実のデザインも可能に
IT関連
2022-03-11 14:42
スルガ銀行、AI OCRで年間約5000時間の業務負担を削減
IT関連
2022-07-07 07:11
オープンソースの地理情報システム「Re:Earth」登場 マウス操作で情報追加、地図をWebアプリとして公開可
科学・テクノロジー
2021-07-29 13:22
弁護士ドットコム、「クラウドサイン」に「AI契約書管理」を追加
IT関連
2022-07-30 04:55