栗田工業、経理業務変革プラットフォーム導入で経理業務を可視化・効率化

今回は「栗田工業、経理業務変革プラットフォーム導入で経理業務を可視化・効率化」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 栗田工業は、経理業務のプラットフォームとして「BlackLine」を導入し、2021年9月期から決算業務を同システムで対応して決算開示にかかる日数を短縮した。ブラックラインが発表した。

 栗田工業は、BlackLineの「タスク管理モジュール」を導入することで、決算に関わる多数の業務をBlackLine上で網羅的に把握し、進ちょく状況を可視化してタスクの漏れや手戻りを削減した。従来、四半期期末日から35日で開示していたが、2021年度第1四半期決算から四半期末日~翌月内で開示できるようになった。

 BlackLineは、経理業務プロセスの可視化、標準化、自動化、統制強化を実現するクラウド型の経理業務変革プラットフォーム。決算業務を中心に、既存の会計システムなどでカバーされない手作業をデジタル化することで、経理人材のスコアキーパーからビジネスパートナーへの移行を支援する。また環境に左右されることなく持続可能かつリアルタイムにグループ全体の経理データを可視化することで、ガバナンスの強化や意思決定の迅速化にも貢献する。

 栗田工業は導入の効果として、決算業務から付加価値業務へ移行しやすくなったことや、進ちょく状況の可視化、承認フローの一元化、四半期決算の早期化などを挙げている。業務標準化、可視化、ペーパーレス化などの効果も生まれたという。

 同社は2021年4月からBlackLine導入し、9月決算期から稼動させている。経理業務の一部属人化により決算業務工数や監査対応工数が多く、決算開示日数にも長期間を要するという課題があった。さらに、企業経営を支える付加価値業務へと財務経理人材の業務を移行させたいという要望も高まっていた。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
農業助成金の申請支援を起点に金融サービスの巨人を目指すFarmRaise
IT関連
2022-01-25 14:32
第3回:SASEのはじめ方
IT関連
2021-02-08 05:24
食べチョクが給食食材と食育コンテンツを学校向けに期間限定で無償提供、学校からの公募もスタート
EdTech
2021-05-29 16:28
週刊「『西部警察』マシンRS-1をつくる」創刊 全長58センチ 動く! 光る!
くらテク
2021-01-16 18:10
マイクロソフト、デジタル変革部門のプレジデントが退社へ–クラウド+AI部門にも動きか
IT関連
2022-04-07 18:37
テレワーカーの方が出社している人より残業時間が長い パーソル調査
キャリア・しごと
2021-04-20 08:14
灼熱の砂丘に舞うドローン 熱中症の救世主なるか
IT関連
2021-08-12 07:54
「完全性」を損なう攻撃も–生活インフラのセキュリティリスクと対策
IT関連
2021-03-09 02:09
Swiftも学習可能、掃除ロボ「ルンバ」のiRobotがプログラミングロボ「Root」で教育市場参入
iRobot(企業)
2021-01-20 20:32
土偶作者は右利きの可能性 文化財の新たな“鑑賞”手法、NHKが8K活用
IT関連
2021-04-21 19:11
米FRBでシステム障害、「オペレーション上のエラー」が原因
IT関連
2021-02-25 08:43
IIJ、法人向けプランでeSIMの提供開始 パケットシェアや閉域接続にも対応
企業・業界動向
2021-04-08 00:11
竹中工務店、300年以上蓄積したデータを建物の設計に利用
IT関連
2021-05-27 14:26
ランサムウェアの影響で検知までの日数が短縮–ファイア・アイ調査
IT関連
2021-06-14 07:31