大津市、新ストレージ基盤を構築–庁内40台のNASを1台に集約

今回は「大津市、新ストレージ基盤を構築–庁内40台のNASを1台に集約」についてご紹介します。

関連ワード (ストレージ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 滋賀県大津市は、デル・テクノロジーズの「Dell PowerScale」を採用し、庁内にある40台のNAS(Network Attached Storage)を1台に集約した。デル・テクノロジーズが発表した。

 新しいストレージ基盤は、2月に本番稼動を開始した。高速対応が要求されるユーザープロファイル領域の保存用にオールフラッシュモデルの「PowerScale F200」、大容量が要求される業務データ保存用にアーカイブモデルの「Dell Isilon A200」を採用した。

 これにより、性能要件とコスト要件をうまくバランス化させることができたという。さらに世代やスペックの異なるモデルを統合して自動的に階層化する「SmartPools」機能を活用し、論理的に大きなストレージ容量を1つのボリュームとして利用できるようになった。

 大津市は、新ストレージ基盤よる大容量環境を生かすことで、課題だったファイルサーバーの統合を実現した。以前は約40台のNAS装置が個別に稼動していたが、「Dell OneFS シングルファイルシステム」により、保存データを1クラスターの「PowerScale」へ統合、集約化できるため、運用管理の負担が大きく軽減される見込みだというさらに、重複排除機能の「SmartDedupe」をリソースの有効活用に役立てている。

 また、事業継続性をさらに強化すべく、遠隔地の別施設にも「Isilon A200」を設置した。本番環境とのレプリケーションを日次で実施し、テープへのバックアップから脱却した。さらに、万一に本番環境が被災した際にも大事なデータを失う心配がなくなり、本番環境と災害対策(DR)環境でネットワークも分けており、業務もそのまま継続できる。

 今回の導入で、仮想デスクトップ環境をストレスなく利用できるようになり、職員のテレワークやリモートワークの可能性が大きく広がったという。現在は約1700人の職員が仮想デスクトップ環境を利用しているが、今後4000人にまで規模を拡大していく予定だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
リコー、富士通とリモート工場管理システムを共同開発
IT関連
2021-06-23 11:33
両備システムズ、クラウド型WAF「Scutum」の取り扱いを開始–セキュリティソリューションのメニュー拡充
IT関連
2022-06-04 12:19
第6回:「個を生かす時代」の鍵は“個別化された支援”–HRデータを活用
IT関連
2022-03-17 16:35
Slack、1月の障害の原因を説明 「AWS Transit Gateway」がトラフィックの急上昇に対応できず
クラウドユーザー
2021-02-15 14:33
EU、大手ITの規制強化で合意–「デジタル市場法」制定へ
IT関連
2022-03-29 12:24
Box、電子署名のSignRequest買収を発表–「Box Sign」を今夏リリースへ
IT関連
2021-02-05 17:42
眼前に迫る120型ディスプレイ! “ながら動画視聴”を快適にするスマートグラスの実力を試してみた
PR
2021-03-29 01:55
富士通、関節可動域を自動測定する「HOPE ROMREC」発売–病院などのリハビリを支援
IT関連
2021-03-01 08:24
AIサイバーセキュリティ企業SentinelOneが110億円のIPOを申請
セキュリティ
2021-06-07 16:10
中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」など手がけるSORABITOが7億円を調達
ネットサービス
2021-05-13 17:23
シン・エヴァ興収99.9億円で「裏コード999」トレンド入り 「また無茶させるわ」
くらテク
2021-07-13 19:47
AIが数千年にわたって損傷で失われていた古代ギリシャ碑文の文章復元を支援
IT関連
2022-03-12 08:00
空飛ぶ車、万博相が規制改革や予算措置検討を各省に要請
IT関連
2021-03-05 11:45
言論の自由を謳うソーシャルアプリと暗号化メッセンジャーが米議事堂暴動後にダウンロード数急増
ネットサービス
2021-01-13 06:37