AMD、デスクトップPC向けCPU「Ryzen 7000」シリーズを発表–最大29%高速化

今回は「AMD、デスクトップPC向けCPU「Ryzen 7000」シリーズを発表–最大29%高速化」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Advanced Micro Devices(AMD)は米国時間8月29日、デスクトップPC向けプロセッサー「Ryzen 7000」シリーズを発表した。2020年に発売した「Ryzen 5000」シリーズから最大29%の高速化をうたっている。新モデルは9月27日に発売される予定で、ゲーマーや動画編集者など、最高のパフォーマンスを求める層にはうれしいニュースだ。

 最大29%の高速化は、主要なシングルタスクを実行する場合の数値だ。最上位モデルのプロセッシングコア合計16基をフルに活用するマルチタスクジョブのパフォーマンスを測定すると、高速化は49%に達すると、AMDの最高技術責任者(CTO)を務めるMark Papermaster氏は独占インタビューで説明した。同氏によると、前世代のRyzen 5000の性能に満足している場合でも、Ryzen 7000シリーズなら消費電力を62%抑えつつ旧モデルに匹敵するパフォーマンスを出せるという。

 最も高価格のモデルとなる「Ryzen 9 7950X」は699ドル(約9万7000円)で、パンデミックが始まった2020年に発売した「Ryzen 9 5950X」より100ドル(約1万4000円)安い。AMDはまた、動作クロックがより低速で、新アーキテクチャー「Zen 4」を採用したプロセッシングコアの数を減らしたモデルとして、549ドル(約7万6000円)の「Ryzen 9 7900X」、399ドル(約5万5000円)の「Ryzen 7 7700X」、299ドル(約4万2000円)の「Ryzen 5 7600X」を発表した。リリースから約2年が経つRyzen 5000シリーズも、低価格帯のマシンに搭載する形で販売を継続する。

 ハイエンドマシンの市場に関わるすべての人にとって、これは朗報だ。AMDはIntelから市場シェアを奪っており、新モデルはライバルのIntelにプレッシャーをかけ続けることになるだろう。また、Appleによる効率性の高いプロセッサー「M1」「M2」を搭載した「Mac」に乗り換えたいと思っている「Windows」PCユーザーの衝動を抑えることにもなるかもしれない。

 「AMDは、ゲーマーやコンテンツクリエイターがまさに求めているものを提供している。つまり、高性能と低消費電力を同時に実現しているということだ」と、調査会社Moor Insights & Strategyのアナリスト、Patrick Moorhead氏は述べた。

 高速化の実現には、台湾積体電路製造(TSMC)も寄与している。同社はAMDが設計したプロセッサーを、より高速で電力効率に優れた新しい5ナノメートル(nm)ラインで製造しており、このことがチップの最高クロック速度を800MHz向上させて最大5.7GHzに引き上げるのに貢献したとPapermaster氏は述べている。同様に特筆すべきはZen 4テクノロジーで、チップのティック(時間基準信号)ごとに生成できるプログラミング命令が「Zen 3」に比べて13%増加した。

 ただし、より広い視点で見ると、AMDは2017年の第1世代「Zen」設計で採用した「チップレット」アプローチから恩恵を受けている。このアプローチは、複数の小さなプロセッサーの要素を1つの大きなプロセッサーにパッケージングするというものだ。

 こうしたチップパッケージング技術は、プロセッサーにおける技術革新の最前線に躍り出ている。たとえば、Appleの「M1 Ultra」は、「M1 Max」チップ2基を大きなプロセッサー1基に連結している。Intelが2023年に投入する予定のプロセッサー「Meteor Lake」も、データ処理用チップレット(Intelの用語で「タイル」)を4つ搭載しており、そのうち3つをTSMCが製造する。

 Ryzen 9 7950Xには、Zen 4コアを8基ずつ搭載した2つのチップレットを備え、片方はメモリーとの通信などの入出力タスクを行う。AMDは2022年中に、サーバー用プロセッサーにこうした8コア搭載チップレットの組み込みをさらに進め、データセンター顧客向けに販売していく意向だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
大雨・大雪・浸水を現実世界にAR表示 災害シミュレーターをウェザーニューズが公開
アプリ・Web
2021-01-16 14:04
出世払い型(ISA)テックセールス養成スクール「TECH SALES CAMP」のWorXが4000万円調達、10月開校予定
EdTech
2021-07-30 01:35
カレンダーの使い方を再定義、コラボレーションツール化を目指すMagicalが約3.5億円調達
ソフトウェア
2021-02-21 22:54
理研と富士通、量子コンピュータの研究拠点を埼玉に開設 実用化に向け試作機など開発
企業・業界動向
2021-04-03 05:05
「Windows 365」をハンズオン–マイクロソフトのクラウドPC、その使用感
IT関連
2021-08-13 05:08
ネクストミーツ、デジタルおよびサステナブル基盤としてクラウド型ERPを導入
IT関連
2022-09-16 05:15
伊藤忠商事、ウイングアーク1stの「SVF TransPrint」採用–請求書などの発送をデジタル化
IT関連
2021-02-15 10:13
2021年の国内ITサービス市場はV字回復を予想–IDC
IT関連
2021-02-23 21:51
Google Cloud、分散クラウドを実現する「Google Distributed Cloud Edge」正式リリース。いわばGoogle Cloud版のAWS Outposts
Google
2022-04-08 08:16
若い世代は対面よりデジタル体験を重視–アドビ調査
IT関連
2022-06-09 19:12
フェイスブックがネットショッピングに関連する4つの新機能を発表
ネットサービス
2021-06-24 14:45
【3月22日】掲載記事アクセスランキング・トップ5―1位はフロム・ソフトウェアElden Ring、2位はMac Studioレビュー
IT関連
2022-03-23 05:14
「Nintendo Switch 有機ELモデル」予約は9月下旬から
くらテク
2021-07-08 00:00
固定回線の代わりに5G ドコモがホームルーター発売
企業・業界動向
2021-05-20 11:34