oVice、クアルトリクスのCX管理ツール採用–自社製品の導入理由をつかむ

今回は「oVice、クアルトリクスのCX管理ツール採用–自社製品の導入理由をつかむ」についてご紹介します。

関連ワード (「働く」を変える、HRテックの今、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 バーチャルオフィスソリューションを提供しているoViceは、クアルトリクスのカスタマーエクスペリエンス管理ソリューション「Qualtrics CustomerXM」を導入した。クアルトリクスが発表した。

 「アフターコロナ」で物理的なオフィスへの回帰志向が強まる中、oViceでは今後の成長も見据え、ユーザーが求めている「働き方」や「人との関わり方」を知り、新しい価値を創造するとともに、顧客像を詳細に把握することで、既存ユーザーにも新規ユーザーにも喜ばれるサービスを展開したいという思いがあったそうだ。

 そこでoViceはCustomerXMを導入し、顧客の声を起点にした製品開発のほか、同社の製品を求める人々に響くマーケティング施策の展開に役立てることを目指した。

 oViceは、6カ月以上同社の製品を利用しているユーザーとバイヤーを対象に、「どのような価値を感じているか」「どのような課題を解決するために利用したか」「その課題は解決できたか」といった内容のサーベイを送付した。

 oViceでは当初、顧客が同社の製品を導入する主な理由は生産性の維持という仮説を立てていたが、サーベイでは「同僚と気軽に楽しく話ができる環境を確保したい」という理由が優勢であると判明した。また、継続的な改善と自社ベンチマーキングのために計測・取得しているNPS(ネットプロモータースコア)と自由記入欄を同時に分析している。顧客の「生の声」から数字のみの分析では見えてこない部分が明らかになり、顧客ニーズに対する深い理解が可能になったという。

 oViceはこの結果を生かし、自社の製品が提供できる機能や特性を求めている人々に対し、より確実にアピールするマーケティング施策の立案などを行うとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
クラウドインフラ支出、2021年第3四半期は6.6%増–IDC
IT関連
2022-01-25 05:27
BMWがレトロフューチャーな電動スクーター「CE 04」をついに生産開始、しかし132万円で買う人はいるのか?
モビリティ
2021-07-09 05:49
Linuxとオープンソースが火星の空を飛ぶ–火星ヘリコプター「Ingenuity」
IT関連
2021-02-26 22:43
CES 2023に登場した興味深いロボットたち
IT関連
2023-01-12 09:00
Twitter、24時間で投稿が消える「Fleet」を8月3日に終了へ
アプリ・Web
2021-07-16 02:12
fundbookがM&Aマッチング後の交渉プロセスを可視化する「fundbook cloud」機能の無料提供開始
ネットサービス
2021-07-09 05:06
「テストフェーズをなくす」–テスト自動化のオーティファイが掲げる目標
IT関連
2022-12-28 20:29
東海カーボン、ノーコード/ローコード開発基盤でシステムを内製化
IT関連
2021-05-27 15:32
Google、Apple、Twitterなどが加盟するAIC、香港当局のデータ法改定に「サービス停止の可能性」と警告
企業・業界動向
2021-07-07 10:34
PE大手Carlyleがライブ放送・ストリーミング技術のLiveUを438億円超で買収すると関係筋
ネットサービス
2021-07-21 17:21
WDS 、東芝デジタルソリューションズのIoT基盤活用でCO₂の濃度監視サービス提供
IT関連
2021-05-26 02:38
【コラム】シリコンバレーではきちんとしたマネジメントができていない
IT関連
2022-02-11 11:59
ランサムウェア「BlackByte」、ウイルス対策ソフトを無力化する攻撃を展開中
IT関連
2022-10-08 09:28
人工知能システムの市場規模が2000億円を突破–IDC予測
IT関連
2021-06-03 11:24