「契約業務のデジタル化」の課題トップは「各システムが連携されず業務が分断」–ドリーム・アーツ調査

今回は「「契約業務のデジタル化」の課題トップは「各システムが連携されず業務が分断」–ドリーム・アーツ調査」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ドリーム・アーツは、大企業(従業員数1000人以上)に所属する従業員500人を対象に、「契約業務のデジタル化」に関する調査を実施し、その結果を1月24日に発表した。それによると、回答者の9割近くが契約業務のデジタル化に取り組む一方、全ての契約業務がデジタル化されているのは3割以下にとどまることが分かった。また、約8割(78.5%)がデジタル化を経ても解決されない課題があると感じている現状も浮き彫りになった。具体的な課題については「各システムが連携されず、業務が分断され非効率」という回答が最も多かった。

 同調査は、インターネットで2022年12月6~7日の期間で実施され、有効回答数は500だった。

 具体的な課題としては、「各システムが連携されず、業務が分断され非効率」に次いで、「複雑なワークフローをデジタル化しきれていない」「全てをデジタル化したいのにできない」が続いた。

 「契約業務はデジタル化されているか」という質問には、「全ての契約業務がデジタル化されている」が27.4%で、「一部デジタル化されている」が62.2%だった。一方、紙とハンコのみで契約業務を遂行していると回答した人は1割(10.4%)に上った。

 また「リーガルテック」(法律が関わる業務の利便性向上を目的としたITサービス)の認知度をたずねたところ、5割以上(55.2%)が「知っている・聞いたことがある」と回答した。

 さらにデジタル化されている具体的な契約業務については、1位が「承認ワークフロー」、2位は「電子契約・電子署名」、3位は「契約書データの保存(文書管理、DBなど)」という結果だった。またデジタル化されている契約業務の各機能ついては、全ての項目において「SaaS」(Software as a Service)が最も多く、「オンプレミス・スクラッチ」の割合を上回る結果となった。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
五輪選手への相次ぐ誹謗中傷 実際にどれくらい増えたのか分析してみた :東京五輪とネット
くわしく
2021-08-09 08:35
女性IT人材の増加を目指す起業家に聞くインクルージョンへの道
IT関連
2022-09-02 10:31
「GIGAスクール構想前倒し」で教育はコロナと戦えるか
くわしく
2021-02-26 13:21
Webマーケのトレンダーズが異例の「ラノベ共創サービス」 「新入社員の熱烈アピール」で新規事業化
企業・業界動向
2021-08-14 14:36
Webカメラに指をかざすだけで本人確認 日立が非接触の静脈認証方式を開発
セキュリティ
2021-03-03 18:46
企業幹部も感じる“仕事と生活の衝突”–約7割が転職を検討
IT関連
2022-07-01 13:29
Google Cloud幹部が考えるサステナブルな成長–変化に期待できる3つの産業
IT関連
2022-03-08 03:56
AWS、「金融リファレンスアーキテクチャ 日本版」を提供–システム構築の負荷を軽減
IT関連
2022-10-18 14:48
ITリーダーが把握しておくべき20のトレンド
IT関連
2022-09-17 00:52
太陽光発電の電力推定に気象解析データのAPIを提供 ウェザーニューズ
企業・業界動向
2021-05-20 22:00
Panicの奇抜な携帯ゲーム機「Playdate」年内生産分の2万台がわずか20分で完売
ハードウェア
2021-07-31 07:16
NTT東がドローンの新会社 機体の提供やパイロットの派遣サービスなど
企業・業界動向
2021-01-19 19:09
「ゴジラ・ザ・ライド」、西武園ゆうえんちに出現 5月19日リニューアルオープン
くらテク
2021-04-14 18:34
コロナ禍でクラウドや電子契約の利用増が明確に–JIPDECとITRが調査
IT関連
2021-03-19 15:33