博報堂DYホールディングス、広告文を自動生成する広告成果支援プロダクトを提供開始

今回は「博報堂DYホールディングス、広告文を自動生成する広告成果支援プロダクトを提供開始」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 博報堂DYホールディングスは、広告成果支援プロダクト「H-AI TD GENERATOR」の提供を開始した。

 同ツールは、同社のグループ横断型の研究開発組織「Creative technology lab beat」(beat)の第5弾プロダクトとして提供するもので、ソウルドアウトが開発した。広告文を自動生成する人工知能(AI)を用いて作成・改善のプロセスを自動化し、任意のLP(ランディングページ)と、検索キーワードや訴求内容を反映した広告文を大量に生成する。ウェブ広告の広告文をキーワードごとに大量に生成することにより、成果につながる高品質な広告を顧客に対して迅速に納品するという。

 同ツールの広告分新規生成の画面からLPのURLと打ち出したいキーワードを入力し、見出し文/説明文をチェックボックスから選択することでLPの内容とキーワードを反映した広告文を生成・管理できる。また、広告文の訴求軸をプリセットから選択することで、ユーザーのニーズや商材、キャンペーンに対して適した広告文を作成できる。

 先行実証運用のアカウントにおいて、ツール導入前と比較して、顧客獲得単価(Cost Per Action:CPA)は約4分の1、顧客転換率(Conversion Rate:CVR)は約2倍という結果もでているという。この結果は同ツールによる、人力では思いつかなかった新たな訴求軸の発掘、素早い広告改善の実現が成果改善の主な要因と考えられる。

 今後beatでは、H-AI TD GENERATORの機能開発やLPに対する最適な予測精度の向上を目指して改良を進めていく。また、AI技術などのテクノロジー活用により「審美」の量的・質的効果を追求する基礎研究や応用研究を産学連携で推進し、研究成果に基づくプロトタイプの開発や、それを活用したクリエイティブ制作における新しいワークスタイルの研究・開発を進めるとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
グーグルがトラッキングクッキー廃止を2023年後半まで延期
ネットサービス
2021-06-26 06:24
キッコーマン、しょうゆの製造ラインをデジタルツインで再現–設備管理の効率化にも
IT関連
2024-01-11 16:11
ヴイエムウェアとNVIDIA、生成AIプラットフォームを発表
IT関連
2023-08-24 16:43
KDDIと三菱重工、NECネッツエスアイが小型データセンターを実証実験
IT関連
2021-06-23 09:07
植物由来肉を人工脂肪でおいしく満足できるものにするYali Bio
IT関連
2022-02-24 23:07
スマホから書き込める電子メモパッド、シフトールが発売 子どもやシニア層への連絡に
くらテク
2021-01-13 01:15
2005年に開発終了したウェブサーバー「Boa」を悪用する攻撃、MSが警告
IT関連
2022-11-26 00:55
日立ソリューションズ・クリエイト、「仮想オフィスサービス」機能追加–「Microsoft Teams」連携強化と「Power BI」との新規連携
IT関連
2023-01-28 14:00
メールニュースレターのShopifyを目指すLetterhead
IT関連
2021-02-02 15:13
グーグル、古いPCを無料でよみがえらせる「Chrome OS Flex」を発表
IT関連
2022-02-17 07:22
カレンダーの使い方を再定義、コラボレーションツール化を目指すMagicalが約3.5億円調達
ソフトウェア
2021-02-21 22:54
AWSが主導するElasticsearchのフォーク「OpenSearch」にCanonicalが参加へ
AWS
2022-09-01 00:13
2023年にテクノロジー支出が増える分野、減る分野
IT関連
2022-10-28 19:51
いびきを抑えるバンド、フィリップスが発売
くらテク
2021-01-22 14:59