アビーム、財務経理の業務基盤として「BlackLine」導入–工数が約7割削減

今回は「アビーム、財務経理の業務基盤として「BlackLine」導入–工数が約7割削減」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 アビームコンサルティングはグローバルビジネスの拡大に当たり、財務経理の業務基盤としてブラックラインの経理業務変革プラットフォーム「BlackLine」を導入し、稼働させた。ブラックラインが3月10日に発表した。

 アビームコンサルティングは40年以上にわたり、日本/アジア発のグローバルコンサルティングファームとして、経営戦略の立案から業務コンサルティング、IT導入/運用まで一気通貫のサービスを提供し、顧客の変革を支援してきた。また、日本企業のグローバルビジネスの拡大に伴い海外拠点の整備を進め、海外パートナーとの提携も強化している。

 財務経理部門においては、紙の帳票を使った手作業の多さが課題となっていたが、コロナ禍で業務変革の機運が一気に高まったという。また、自社のグローバルビジネスの拡大に対応するため、コンプライアンスの順守や決算品質を維持しながら、本社経理を主軸としたグローバルな経理体制の構築が求められるなど、質と量の両面でレベルアップすることが急務となっていた。

 こうした課題を解決するため、財務経理部門では業務をデジタル化し、組織全体の知見を蓄積するプラットフォームの構築が必要だと判断した。同社は、請求業務や入金業務などの財務経理のオペレーション全般を効率化したい現場の視点と、グローバルでの業務の可視化と標準化を望むマネジメント視点の両方を満たすソリーションとしてBlackLineを採用した。

 BlackLineの導入は、3つのステップで進められた。初年度のベースになる部分の開発では、BlackLineに知見のある社内のコンサルタント部門の協力を得ながら、実業務への展開は財務経理部門が中心となって行った。

 2021年6月に実装したタスク管理モジュールの導入では、それまでのビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)活動で財務経理業務のタスクが整理されていたこともあり、2カ月後の2021年8月に運用を開始した。ベテランの経験知に依存していた業務の属人化が解消し、進捗(しんちょく)状況が可視化されることで、業務の品質が向上した。また早期の成功体験により、高いモチベーションのもと次のステップに臨むことができたという。

 2021年後半~2022年前半、仕訳入力とマッチングのモジュールを導入。仕訳入力モジュールの活用で紙伝票ベースの運用を廃止するとともに、承認権限の再整理を行い、債権の入金消込業務にマッチングモジュールを活用することで、現場のオペレーションが効率化された。これまでは毎月の最終営業日に集中する大量の入金を短期で一気に処理するため、数人がかりでも毎月末残業が発生していたが、入金消込処理の自動化により、工数の約70%を削減した。その結果、残業が不要になっただけでなく、特に判断が難しい入金のチェックのみの対応となり、幅広い人材の有効活用につながっている。

 そして、2022年度から勘定照合と差異分析のモジュールを導入。決算での照合業務や前払費用の費用化処理といった効率化や標準化が可能となっているという。

 アビームコンサルティング本社の財務経理部門では、BlackLineの活用方法の高度化と適用範囲の拡大に取り組みながら、今後は海外子会社への横展開を進めることを予定している。海外拠点を含めたグループ全体の財務経理の業務プロセスを標準化・一元化することで、目の前の効率化だけでなく、同社が目指す姿に見合ったサステナブルな財務経理を目指すとしている。

 アビームコンサルティング財務経理ユニット ダイレクターの中川仁氏は次のようにコメントしている。

 「会社の持続的な成長を支えるには、ナレッジの集中と属人的業務の徹底的な排除、プロセス標準化によるガバナンスの強化、高付加価値業務へのシフトが不可欠である。当社では、定量的な業務削減を図りながらも、それ以上に10年後の経理組織に何を残すべきかという視座から、経理部門の在り方自体のアップデートを期待し、BlackLineを導入した。当社経理の新たな業務基盤として、環境変化やリスクに迅速に対応できるサステナブルな組織づくりを加速してくれると確信している」

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
窓型スマートディスプレイのアトモフが「スター・ウォーズ」の風景を楽しめる新モデル
ハードウェア
2021-02-20 22:42
GitHub、Armベースのホステッドランナー提供を発表、マイクロソフトはArm対応アプリ開発の支援サービス発表。Arm対応支援が相次ぐ
ARM
2023-11-01 18:43
会話のキーワードを自動分析、関連イラストをリアルタイム表示 リコー、Web会議を円滑化する新サービス
ロボット・AI
2021-06-22 14:29
「Oracle CloudWorld 2022」閉幕–日本オラクル・三澤社長は何を思う
IT関連
2022-10-26 16:41
ノーチラス・テクノロジーズとNEC、メニーコアと大容量メモリに最適化した国産の次世代インメモリデータベース「劔(Tsurugi)」発表。アーリーアクセス版公開
RDB
2023-07-11 07:47
Chromeのバージョンが100に、ベータ版が公開。マルチスクリーン対応の新機能、Webサーバ側でのブラウザ判別処理にご注意
Chrome
2022-03-07 07:27
クリックテック、「Qlik Sense Mobile for SaaS」を発表–モバイルでの分析体験を向上
IT関連
2021-05-12 19:46
Lyftが調整後EBITDAで初の黒字を達成、事業がコロナ打撃からリバウンド
モビリティ
2021-08-05 14:28
Istioのオープンソースアプリネットワーキングプロジェクトから生まれたTetrateが43.4億調達
ソフトウェア
2021-03-12 08:04
日本オラクルと両備システムズ、自治体システムのガバメントクラウド移行で協業
IT関連
2023-10-27 18:35
オブジェクトストレージが選ばれる理由–導入・活用のポイントを解説
IT関連
2021-01-19 02:13
「nasne」予約再開 3月に初期出荷分が完売
ライフ
2021-04-11 00:58
BtoCからBtoBへと市場拡大図る–インフキュリオンのキャッシュレス決済サービス
IT関連
2023-12-27 22:25
巧妙化するマルウェア、テレワーク環境の穴──セキュリティ専門家が解説する「これからの守り方」
PR
2021-03-05 22:34