Cloudflare WorkersがNode.js API互換の提供を発表。Bun、Denoなどに続く対応により、Node.js APIはサーバサイドJavaScriptの事実上の標準になるか

今回は「Cloudflare WorkersがNode.js API互換の提供を発表。Bun、Denoなどに続く対応により、Node.js APIはサーバサイドJavaScriptの事実上の標準になるか」についてご紹介します。

関連ワード (反応、発表当初、第一弾等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Cloudflareは、エッジでJavaScriptを実行できるサービス「Cloudflare Workers」において、Node.jsのAPI互換機能を提供すると発表しました。

node.js APIs have officially landed in Cloudflare Workers — no polyfills required.

We've added AsyncLocalstorage, EventEmitter, Buffer, assert and util, with more on the way soon.https://t.co/8CkPZkS3Yb

— Cloudflare Developers (@CloudflareDev) March 23, 2023

Cloudflare Workersは、同社が提供するグローバルなコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)のエッジにJavaScriptのコードを配置し実行できる機能を提供するサービスです。Python、Scala、Kotlin、Dartなどのプログラミング言語やWebAssemblyの実行にも対応します。

JavaScriptの実行環境としてはChromeブラウザやNode.jsのJavaScriptエンジンとして用いられている「V8」を採用し、Web標準であるService WorkerのAPIに発表当初から対応しています。

そして今回、Node.jsのコアAPIに対応することが発表され、その第一弾としてNode.jsのAsyncLocalStorage、EventEmitter、Buffer、assert、そしてutilの一部の機能が互換性フラグをセットすることで利用可能になりました。

それ以外のAPIについても間もなく提供が発表されると説明しています。

Node.js APIが事実上の業界標準になるのか

前述のようにCloudflare WorkersはWeb標準であるService WorkerのAPIを提供していました。今回なぜNode.jsのコアAPIも提供することにしたのでしょうか。

それはおそらく、Cloudflare Workersの競合であるDenoやBunがNode.js互換APIの提供を行っているためだと考えられます。

サーバサイドJavaScriptはNode.jsが切り開いてきた分野ですが、Node.jsの開発者であったライアン・ダール氏が、Node.jsよりも優れたJavaScript実行環境としてNode.jsの次に取り組んだDenoでは、あえてNode.jsとの互換性を持たずに開発されました。

しかし2022年8月、Denoは突然にNode.js互換へと方針変更を発表します。

参考:Denoが大幅な方針変更を発表。3カ月以内にnpmパッケージへの対応を実現、最速のJavaScriptランタイムを目指しHTTPサーバを刷新

これは2022年7月に登場するやいなや、Node.js、Denoに続くサーバサイドのJavaScript実行環境として注目されるようになったBunが、Node.js互換を備えていたことに大きく影響されたためだと推察されます。

参考:JavaScriptランタイム「Bun」が約9億円を調達、「Oven」社を設立。ホスティングやCIサービスなど計画

BunはNode.js互換であるため、登場当初からNode.jsの大きな資産である大量のnpmモジュールが使えたのです。DenoはこのBunの登場により、Node.jsの資産を活用できる利点にあらためて気づかされ、Node.js互換へと方針を変更したのでしょう。

そしてNode.js本家に加えてDeno、BunがNode.js API互換で足並みを揃えたことが、Cloudflare Workersの今回のNode.js API互換提供という方向性にも影響を与えたのではないかと想像されます。

これでNode.js APIはサーバサイドJavaScriptにおける事実上の標準へと近づいたように見えます。

他のサーバサイドJavaScript環境を提供するFastlyやAWSなどのベンダや、非WebブラウザにおけるJavaScript実行環境の相互運用性を実現するW3Cの「Web-interoperable Runtimes Community Group」(WinterCG)などはこうした動きにどう反応していくのか、注目したいと思います。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
閉鎖空間に“天窓”再現 青空に雲が流れ……パナソニック「天窓Vision」発売
企業・業界動向
2021-05-26 04:06
在宅ワークのお供、TechCrunch Japanスタッフの愛用ヘッドフォンたち
ハードウェア
2021-05-16 23:42
味の素、経営管理ソリューションでグループ全体の中長期的な課題対応力を強化
IT関連
2023-09-08 14:23
freee、介護業界の業務を効率化–処遇改善加算の自動計算など
IT関連
2023-06-24 22:31
フェイスブックのEU米国間データ転送問題の決着が近い
ネットサービス
2021-03-01 02:40
絡み合う手と手の動き、皮膚のシワや弾力をリアルにCG化 Facebookが技術開発 :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-04-08 01:41
資生堂、ITファイナンス管理基盤を導入–戦略的なIT投資を強化
IT関連
2021-03-25 20:11
製造業で重要性が高まるソフトウェア、PLMやSLMなどで貢献–PTCの新旧CEOが方針説明
IT関連
2024-01-23 01:24
トレンドマイクロ、5G向けセキュリティ機能を発表–富士通と実証
IT関連
2021-04-08 07:29
NEC、顔認証ソフトとクラウドサービスの最新版を発表–運用管理を改善
IT関連
2023-03-30 09:19
葛城ミサトの部屋、「獺祭」の旭酒造が再現 7日から一般公開
くらテク
2021-06-08 03:10
「NFTのShopify」を目指すBitskiがa16zから約21億円調達、クリエイターやブランドにカスタムストアを提供
ブロックチェーン
2021-05-09 04:41
総務省、Anker、AUKEYのFMトランスミッターを電波法違反認定
IT関連
2021-02-11 01:34
jQuery 3.6正式リリース。JSONPにおけるバグフィクスなど
JavaScript
2021-03-08 22:50