「LibreOffice」最新バージョンを「Linux」にインストールするには

今回は「「LibreOffice」最新バージョンを「Linux」にインストールするには」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)ベースの「Linux」ディストリビューション(「Fedora」「AlmaLinux」「Rocky Linux」など)のユーザーは近い将来、重要なソフトウェア、つまり「LibreOffice」オフィススイートが公式リポジトリーから姿を消していることに気づくはずだ。

 慌てる必要はない。世界の終わりのシナリオでは(決して)ないからだ。大惨事ではないだけでなく、お気に入りのRHELベースのOSにLibreOfficeをインストールする手段も常に存在する。それに加えて、インストールできるオフィススイートはほかにもある(「WPS Office」「SoftMaker Office」など)。

 しかし、LibreOfficeのユーザーが、自分の使っているデスクトップ(またはサーバー)OSでLibreOfficeを利用できなくなるのではないか、と心配する必要はない。

 本記事では、最新バージョンのLibreOfficeをデスクトップにインストールするのがいかに簡単かを説明する。この方法の唯一の注意点は、自動アップデートが実行されないため、最新バージョンにアップグレードしたい場合は、手動で行う必要があることだ。とはいえ、その場合も、本記事で紹介する手順を、最新のダウンロードで繰り返すだけでいい。

 それでは、具体的な手順の説明に移ろう。

 必要なもの:これに必要なのは、RHELベースのディストリビューションの実行中のインスタンス(ここでは、「Fedora 38」を使用する)、sudo権限を持つユーザー、インターネット接続の3つだけだ。それ以外のものは必要ない。それでは、インストールを実行してみよう。

 最初に、LibreOfficeの最新バージョンをダウンロードする。ウェブブラウザーを開いて、LibreOfficeのダウンロードページに移動し、RPM版をダウンロードする。そのファイルは、必ず「Downloads」(ダウンロード)フォルダーに保存してほしい。

 ダウンロードが完了したら、ファイルマネージャーを開いて、「Downloads」(ダウンロード)フォルダーに移動する。tar.gzで終わるファイルを右クリックする。ポップアップメニューから、「Extract」(抽出)を選択する。これにより、LibreOfficeで始まる名前の新しいディレクトリーが作成される。新しく作成されたディレクトリーに移動し、その中の子ディレクトリーに移動する(このディレクトリーの名前もLibreOfficeで始まる)。

 新しいディレクトリー内に、RPMSという名前の別のディレクトリーがある。そのディレクトリーに移動する。そのディレクトリー内で、空いている場所を右クリックし、ポップアップメニューから、「Open in Terminal」(ターミナルで開く)を選択する。ターミナルが開いたら、以下のコマンドを実行して、ソフトウェアをインストールする。

 コマンドが完了したら、ターミナルを閉じて、ダウンロードしたtar.gzファイルとLibreOfficeフォルダーの両方を「Downloads」(ダウンロード)フォルダー内から削除する。デスクトップメニューでLibreOfficeを検索すると、「LibreOffice 7.5」が結果に表示されるはずだ。

 Ubuntuベースのディストリビューションを使用している場合も、手順は同じだが、2つだけ小さな違いがある。まず、LibreOfficeのDEB版をダウンロードする必要がある。2つ目の違いは、ダウンロードしたファイルの中身を抽出した後、以下のインストールコマンドを使用することだ。

 RHELベース、またはUbuntuベースのLinuxディストリビューションにLibreOfficeの最新バージョンをインストールする手順の解説は、以上である。FedoraにLibreOfficeが同梱されなくなっても、LibreOfficeを簡単にインストールすることが可能なので、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなどの作成/編集機能を利用できなくなることはない。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ファーウェイが手書きメモも可能な電子書籍リーダー「MatePad Paper」を発表、約6万4000円
IT関連
2022-03-02 13:07
ポーチで持ち歩く「レイコップ GO」発売 車内の掃除や除菌に
くらテク
2021-03-05 09:44
長い歴史を持つ自律走行車用レーダーの機能向上を目指すOculiiが60億円調達
モビリティ
2021-05-18 06:46
アバターが新たな雇用を創出する日–パソナ、JR西日本も活用
IT関連
2022-04-22 20:23
コロナ禍でビジネスメール詐欺の被害急増–暗号通貨の利用も
IT関連
2022-05-07 23:09
カシオ、従業員の自律性を育成する人材管理システムを開発
IT関連
2022-03-11 09:27
明電舎、クラウド型スキル管理システムを導入–データに基づき人材育成・配置が可能に
IT関連
2023-03-02 14:56
オープンソースはAI分野の主役であるべきだ
IT関連
2023-10-05 08:43
「物流の2024年問題」迫るも、帳票類の授受は紙多数–インフォマート調査
IT関連
2023-12-14 05:31
第4回:セキュリティ対策とデータ保護、今後に向けた課題
IT関連
2022-10-05 10:38
ツイッターが新しいプライバシー機能のアイデアを公開、アカウントを検索から隠す方法も
ネットサービス
2021-07-08 18:29
「Microsoft Teams」、SAPのビジネスアプリに統合へ–2021年半ばに
IT関連
2021-01-25 12:05
トリドールHD、クラウド型経理業務変革プラットフォーム導入
IT関連
2022-08-30 21:42
東北新社の衛星放送事業、5月に認定取り消し 外資規制違反で
ネットトピック
2021-03-29 05:06