ChatGPTの「カスタム指示」を使って自分に合った回答を得る6つのヒント

今回は「ChatGPTの「カスタム指示」を使って自分に合った回答を得る6つのヒント」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 「ChatGPT」は、今起こっている人工知能(AI)ブームの火付け役として、単独で名前を挙げられるほどの人気を博している。さまざまな生成AIツールがユーザーから支持されているのは、広く利用でき、役に立つからだ。ChatGPTを作ったOpenAIは最近、これをさらに役立つものにするために、回答をカスタマイズする機能である「Custom Instructions(カスタム指示)」を追加した。

 現時点では、Custom Instructionsを利用するには、サブスクリプションプランである「ChatGPT Plus」に加入している必要がある。ただし同社は米国時間7月20日にこの機能をリリースした際、数週間以内にすべてのユーザーに提供すると述べている。

 ChatGPT Plusの加入者がCustom Instructionsを使うためには、まずChatGPTのウェブサイトで「Settings」メニューを表示し、「Beta features」タブに移動する。そこでCustom Instructionsの項目のスイッチをオンにすると、メニューに「Custom instructions」という項目が表示されるようになる。

 そのメニューを選ぶと2つのテキストボックスが表示される。1つはユーザー自身やユーザーの役割を指定するためのもので、もう1つはChatGPTの話し方や文体などを含む、ChatGPTの回答の形式を指定するものだ。

 使う人が自分が学生なのか、マーケティングの専門家なのか、ソフトウェア開発者なのかによって、望ましい回答の文体は変わってくる。Custom Instructionsを使えば、それを調整できる。

 自分の職業を指定すれば仕事の内容に合った回答を返してくれるし、どの程度形式張った文体にして欲しいか、長い回答と簡潔な回答のどちらが欲しいかといったことも指定できる。

 例えば学生であれば、1つ目のボックスには「私は英語を専攻している真面目な大学生です」、2つ目のボックスには「常にフォーマルかつ学術的な文体で、回りくどい表現を省いて徹底した説明を付けて回答してください」などと指定するのもいいだろう。

 ソフトウェア開発者は、Custom Instructionsの機能が追加されたことで大きなメリットを得られる。この機能を使えば、作業の文脈を説明したり、好みのプログラミングのスタイルや言語を指定したりできるためだ。

 1つ目のボックスには、「私は主に『Java』でコーディングをしているソフトウェア開発者で、DRY原則に従って書かれたコードを好みます」という感じで自分自身の説明と自分のスタイルを指定する。また、2つ目のボックスには、「効率的で読みやすいコードを書き、明快で簡潔なコメントを付けてください」などと書くといいだろう。

 ソフトウェア開発者であれば、ChatGPTに複雑なアルゴリズムについてかみ砕いて説明させる、コードレビュワーとして脆弱性を見つけさせる、アルゴリズムを最適化させる、単体テストのコードを書かせる、といった目的にもCustom Instructionsを利用できる。

 この機能を使えば、毎回同じスタイルで会話できるため、チャットを新しく始めるごとに改めて繰り返し指示する必要がなくなる。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
デルのサステナブルなPC設計「Concept Luna」–ロボットによる分解も可能
IT関連
2022-12-17 11:45
ファーウェイが手書きメモも可能な電子書籍リーダー「MatePad Paper」を発表、約6万4000円
IT関連
2022-03-02 13:07
業務を機能ごとに部品化することで可能になる業務改善
IT関連
2022-07-08 12:41
出前館がシステム基盤刷新–トランザクション処理性能を2倍以上に強化
IT関連
2023-03-24 23:22
企業が運用するKubernetesクラスター数は今後大幅増に–VMware調査
IT関連
2022-05-12 06:15
「あの人に偽情報を見せたい」がSNSの“レコメンドAI”悪用で実現する可能性 F-Secureが検証
ロボット・AI
2021-06-29 04:01
ChatGPTの「カスタム指示」を使って自分に合った回答を得る6つのヒント
IT関連
2023-08-09 19:24
EV普及を進める中国にバッテリー回収の壁
IT関連
2021-04-21 01:51
サッポロビール、NSSOLと開発したAI需要予測システムの本格運用を開始
IT関連
2023-07-01 06:07
DevOpsが抱える課題と可能性–理想を現実にする3つのポイント
IT関連
2022-06-25 04:22
データ量の多い科学の再現をサポートし科学者たちのコラボを容易にするCode Ocean
ネットサービス
2021-06-02 15:40
水素関連株との付き合い方–参考銘柄と投資戦略
IT関連
2021-03-30 11:34
キャッシュレス決済サービスを支えるデータベース基盤として計画停止は許されなかった。そこで選ばれたNewSQLデータベースとは? [PR]
MySQL
2023-03-13 14:40
生成AIの普及で高まるリスク、従業員による機密データ入力も
IT関連
2024-03-08 16:43