サムスン、小型で脱着可能なPC向けメモリーモジュール「LPCAMM」を発表

今回は「サムスン、小型で脱着可能なPC向けメモリーモジュール「LPCAMM」を発表」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 韓国のサムスンは現地時間9月26日、業界初となる「LPCAMM」(低消費電力圧縮接続メモリーモジュール)フォームファクターを開発したと発表した。2024年にIntelのプラットフォームに搭載される見込みだとしている。

 この新しいフォームファクターは、LPDDR(低消費電力ダブルデータレート)DRAMとDDRベースSO-DIMMの両方の利点を併せ持ち、コンパクトで着脱可能だ。

 そうした長所により、LPCAMMは「デスクトップとノートPC向け、さらにはデータセンター向けのDRAM市場を変革する可能性がある」とサムスンは述べている。

 LPDDR DRAMはコンパクトだが、マザーボードに固定されている。そのため、このフォームファクターはモバイルデバイスに広く使用されており、メーカーが新デバイスのRAM容量を強調する理由にもなっている。

 一方、SO-DIMM(Small Outline Dual In-line Memory Module)は容易に脱着でき、修理する際は便利だが、性能と物理的設計の点で限界がある。

 サムスンによると、LPCAAMは、脱着可能でありながらコンパクトなフォームファクターなので、デスクトップおよびノートPCメーカーがデバイスを製造する際の柔軟性を高められる。

 また、LPCAMMは、マザーボード上の設置面積をSO-DIMM比で最大60%削減する。同時に、LPCAMMの性能は最大50%向上し、電力効率は最大70%向上したという。

 サムスンは、これまでLPDDRの電力効率に関心を示してきたデータセンターとサーバーの業界も、将来はLPCAMMフォームファクターを採用する可能性があると期待している。LPDDRはマザーボードに固定されているため、データセンターやサーバーでDRAMをアップグレードする際にはマザーボード全体を交換する必要があった。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
AIモデル「Gemini」に「GNOME」デスクトップからアクセスするには
IT関連
2024-05-31 02:08
ランサムウェア攻撃、「LockBit」と「Conti」が過半数を占める
IT関連
2022-04-16 17:53
北海道でローカル5Gによる馬用放牧地管理の省人化を実証–シャープらが有効性を確認
IT関連
2023-02-18 15:56
「Sansan Data Hub」と「Microsoft Dynamics 365」主要製品、データが連携可能に
IT関連
2022-12-21 00:39
マイクロソフト、「C#は進化させ続ける」「Visual Basicに新しい構文の導入はしない」。.NETのプログラミング言語に関する最新の戦略を明らかに
.NET
2023-02-08 16:25
AIが自動ドアの開閉スピードを自動調節、車いす利用者の通行を容易に
ロボット・AI
2021-04-13 19:41
チャットボットアプリの開発をもっと簡単にするツールのBotpressがシリーズAで16.2億円調達
ネットサービス
2021-04-30 12:02
より安価な義手を求めて
ロボティクス
2021-07-27 14:18
楽天と日本郵政が資本業務提携、共同物流拠点・配送システムの協議およびペイメント・物販協業など検討
ネットサービス
2021-03-13 15:18
Googleのプライバシー保護、日本企業から歓迎と懸念の声
IT関連
2021-03-06 10:47
新潟県長岡市、高齢者などの災害時避難を支援するサービスを運用
IT関連
2024-02-17 11:14
富士通、ブラウザーのみで使えるオンライン接客サービスを開始
IT関連
2021-03-10 08:01
SolarWinds製品を悪用した攻撃、テクノロジー企業など民間100社近くが被害に
IT関連
2021-02-22 14:19
アイルランドにおけるサイバーセキュリティの最新事情
IT関連
2022-09-06 15:45