サーバレスに最適化したJava実行基盤「GraalOS」、オラクルが発表。Javaをネイティブバイナリにコンパイルし瞬時に起動

今回は「サーバレスに最適化したJava実行基盤「GraalOS」、オラクルが発表。Javaをネイティブバイナリにコンパイルし瞬時に起動」についてご紹介します。

関連ワード (場面、実行、高速等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


オラクルはJavaをサーバレス環境で実行するのに最適化した技術「GraalOS」を発表しました。

同時に、Oracle Cloudのサーバレス実行基盤である「Oracle Cloud Functions」でGraalOSの機能を提供することも発表されました。

fig

Javaをコンパイルし、ネイティブバイナリを実行

GraalOSは名称にOSと付いているものの、LinuxやWindowsのようなOSではなく、Javaをデプロイする新たな技術とその基盤を指します。

具体的には、同社が提供しているJava実行環境である「GraalVM」のコンパイラを用いてJavaをコンパイルしてネイティブバイナリを生成し、それをサーバレス基盤にデプロイし実行することで、サーバレスアプリケーションの瞬時の起動と高速な実行などを実現するというものです。

参考:Javaのネイティブバイナリ生成可能なGraalVMの全機能が無料に、最適化コンパイラやG1ガベージコレクションを含む。本番環境でも利用可能

コールドスタートの課題が本質的になくなる

ネイティブバイナリを実行することで、コンテナ技術を用いた従来のサーバレス実行基盤のコールドスタートで生じていたような、例えばJavaVMの起動待ち時間などが本質的になくなります。

これにより、ほとんどすべての場面で数十ミリ秒以内にアプリケーションが起動すると説明されています。

コンテナ環境では必要だったOSやJavaVMに必要なメモリも不要になるため、消費メモリも最小限に抑えられ、実行速度も高速になるなどのメリットが得られるようになります。

サーバレスにおけるJavaは、JavaVMの起動時間がかかることに加えて、JITコンパイラが最適なバイナリを生成するまでの時間がかかることなどが課題でした。

例えばAWSはこの課題を解決しようと、スナップショット技術を用いたAWS Lambda SnapStartを2022年に発表しています。

参考:[速報]AWS Lambdaのコールドスタートを劇的に速くする「AWS Lambda SnapStart」発表。AWS re:Invent 2022

GraalOSはそうしたサーバレスにおけるJavaの課題を本質的に解決しようとする新たな技術といえます。

下記はGraalOSを発表したブログ「Introducing GraalOS」からの引用です。

GraalOS is a high performance serverless Java-based application deployment technology. It uses Oracle GraalVM Native Image to run your application as a native machine executable—taking full advantage of the latest x64 and AArch64 processor features available on Oracle Cloud Infrastructure (OCI). >

GraalOSは、高性能なサーバレスのJavaアプリケーションを実現するデプロイテクノロジーです。Oracle GraalVM Native Imageを使用してアプリケーションをネイティブな実行ファイルとして実行し、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)で利用可能な最新のx64およびAArch64プロセッサを最大限に活用します。

オラクルはこのGraalOSの技術をOracle Cloud Functionsの新しい「Graal Functionタイプ」として搭載し、利用可能にするとしています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Amazon RDSのMySQL/MariaDBがレプリケーションフィルターをサポート。特定のテーブルだけを選んでレプリカを作成
AWS
2021-02-18 08:13
ガバメイツやISIDら5社、中小規模自治体向けの業務標準化モデルを共同開発
IT関連
2023-11-09 11:28
「やるべきセキュリティ対策を実行することが防御の近道」–マイクロソフトの最新報告
IT関連
2022-11-26 01:40
BSテレ東、2月22日は“猫まみれ”に 「BSキャッ東」に改名、社長も猫
くらテク
2021-02-07 23:18
オラクル、OpenJDKに静的なネイティブイメージの生成機能を組み込む方針を明らかに。GraalVMのOpenJDKへのコントリビュートで
Java
2022-11-01 22:19
ANAシステムズ、「Turing Certs」でグループ社員のキャリアパスポートを一括管理
IT関連
2024-04-07 17:25
国内クラウド市場は5年で約2倍成長、2028年には16兆円超に。今後は基幹系システムのクラウド移行などが牽引。IDC Japan
クラウド
2024-06-14 05:57
DataEgg、開発済みAIの運用保守サービスを提供–精度改善や運用費の見直しに
IT関連
2022-07-24 17:25
「ファスト映画」投稿者が初の逮捕、著作権法違反の疑いで
企業・業界動向
2021-06-25 18:18
オープンハウスとAlgoage、「AI営業」の開発目指す–大規模言語AIを活用した実証実験を開始
IT関連
2022-07-31 18:03
クラリス、「Claris FileMaker 2024」を提供–AI活用した検索などに対応
IT関連
2024-06-06 05:55
改正個人情報保護法の対応済みは6割、中小に遅れ–トレンドマイクロ
IT関連
2022-04-01 02:28
AIにビジネスの常識を組み込むことはできるのか–効果的に生かすには
IT関連
2022-02-26 00:36
官民会議体「Code for e-Gov」に見るAPI連携とID管理の難しさ
IT関連
2022-09-08 07:10