大成建設、年60万件を処理する経費精算システムをクラウドに移行

今回は「大成建設、年60万件を処理する経費精算システムをクラウドに移行」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 大成建設は、TISが提供するクラウド型経費精算システム「Spendia」を導入した。2022年7月に既存の自社開発システムから移行した。同社では、建設現場とバックオフィス部門の従業員が年間約60万件の経費申請を行っている。

 同社が2000年代初頭に自社で開発した経費精算システムは、老朽化による保守性の低下やモバイル対応、新制度対応への難しさを理由に2016年ごろから刷新を検討していた。移行先としてクラウド型サービスが挙がったものの、同社独自の要件に対応できない点が多く、導入の障壁となっていた。

 Spendiaは、クラウド型サービスでありながらカスタマイズが柔軟にできる点や、スマートフォンファーストの使いやすいユーザーインターフェース(UI)設計が特徴。同社が求める新機能を開発・実装するという対応力も評価された。

 2021年1月に始まった導入プロジェクトでは、拠点単位での経費処理・承認やコーポレートカードの連携などの新機能を開発したほか、人事系システムや管理会計システムとの連携も実現した。これにより、最新の組織情報の自動反映や予算/実績管理の精度向上などが可能になった。

 導入後、従業員はスマートフォンやPCからいつでもどこでも経費申請・承認ができるようになった。また、紙の領収書や精算書の回付も不要となり、電子申請だけで完結可能になった。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
災害時にEV無償貸与 宮城・山元町と宮城三菱自販が協定
IT関連
2021-01-19 18:27
「まずは触ってみる」で広がる事例–ベネッセに聞く、生成AI活用の現在地
IT関連
2023-11-01 13:40
DeNA、勤務時間内の新型コロナワクチン接種を可能に–副反応時には特別休暇を付与
IT関連
2021-05-26 10:23
IT中心にグローバル人材の獲得支援を行うフォースバレーが約3億円調達、SaaS事業を強化
IT関連
2022-03-16 12:19
ミクシィ、AI活用したテスト自動化ツールを導入
IT関連
2022-09-13 03:21
セキュリティ投資、「データ侵害の防止」「リモートワークでのセキュリティ確保」を重視
IT関連
2022-10-21 11:48
契約審査「LegalForce」、条文修正アシスト機能が英文契約書に対応
IT関連
2023-08-30 18:51
ZHDの川邊社長、Clubhouseに「学ぶべきところは多い」 サービス垂直立ち上げの参考に
企業・業界動向
2021-04-29 01:49
かんばんボードとは–タスクの進捗状況を一目で把握可能に
IT関連
2023-05-16 18:20
オンライン会話の気疲れを減らすビデオコミュニケーションツール「Around」
ネットサービス
2021-03-16 20:35
ルンバ、国内累計出荷が400万台超え 2年で100万台増
くらテク
2021-02-18 12:42
スノーデン氏にプーチン大統領がロシア国籍を付与か
IT関連
2022-09-28 15:24
クラウドサービス利用で考えること–クラウド前提の基礎的理解
IT関連
2021-05-19 22:57
上越市、DX推進基盤にHPE GreenLake採用–セキュアなVDI環境を「as a Serviceモデル」で導入
IT関連
2023-03-25 17:26