「Chrome」、最新アップデートで複数の機能強化–安全確認やタブグループなど

今回は「「Chrome」、最新アップデートで複数の機能強化–安全確認やタブグループなど」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Googleは米国時間12月21日、同社ブログへの投稿でウェブブラウザー「Google Chrome」の新機能を発表した。その中には、悪意あるアクティビティーを通知する機能や、使用メモリーの解放を支援する機能が含まれている。

 まず「Safety Check」(安全確認)だ。Chrome本体に組み込まれているこのツールにより、Chromeが保存しているパスワードが漏えいデータ内で見つかった場合や、インストールされている拡張機能が悪意を有している可能性がある、ウェブサイトに与えた特定の権限について確認を要する、といった場合にユーザーにその旨が通知されるようになる。

 Safety Checkはこれまで、手作業で起動する必要があった。しかし最新バージョンのChromeでは、バックグラウンドで稼働し、潜在的に危険なアクティビティーを検出した際に自動的に警告してくれるようになっている。

 また同機能によって、特定サイトを一定期間利用していない場合にそのサイトに与えていた権限を見直す機会が与えられる。こうした権限の例として、ユーザーの位置情報の共有や、マイクの使用許可が挙げられる。

 さらに、ほとんど利用していないウェブサイトから大量の通知が送られてきているかどうかを確認し、即座に該当サイトからの通知を無効化できるようになる。また、Safety Checkは引き続き手作業でも起動できるが、今後は自動で起動されるようになる。

 Googleは「Memory Saver」(メモリーセーバー)ツールも強化し、パフォーマンス面での向上を図っている。このツールは、Chromeが多くのタブを開く場合に特に多く消費するシステムメモリーとリソースの使用量を減らすためのものだ。Memory Saverを有効化することで、Chromeはアクティブ状態になっているタブの応答性を維持できるよう、非アクティブ状態になっているタブのメモリーを解放する。

 最近のアップデートによって、タブ上にポインターを移動させるだけで、開かれているそれぞれのタブが使用しているメモリーの量を表示できるようになった。タブのメモリーを解放してほしくないウェブサイトを簡単に指定することもできる。

 Chromeの最新バージョン(「macOS」版とLinux版は「20.0.6099.129」、「Windows」版は「120.0.6099.130」)にアップデートすべき大きな理由がもう1つある。このバージョンには、GoogleのThreat Analysis Group(TAG)の研究者らが発見し、実際に悪用が確認されている重大な脆弱性に対処した新たなセキュリティ修正が含まれている。

 「CVE-2023-7024」という共通脆弱性識別子が割り当てられているこの脆弱性は、Chromeの過去のバージョンに搭載されていたWebリアルタイム通信(WebRTC)コンポーネントに潜んでいるヒープオーバーフローの脆弱性により、巧妙に細工されたHTMLページを用いた遠隔地からの攻撃を許してしまうというものだ。

 デスクトップ版Chromeには、すべてのタブを整理するのに役立つ「タブグループ」という機能がすでにある。今後数週間のうちに行われるアップデートにより、このタブグループを保存し、Chromeが動作する他のデスクトップデバイスからアクセスできるようになる。

 さらに2024年初頭には、人工知能(AI)モデル「Gemini」を活用した、よりスマートで役立つ機能がChromeに搭載される予定だという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ServiceNow Japan、ダイレクトリクルーティングサービス「Eight Career Design」導入
IT関連
2023-11-07 16:35
ドーモ、「Domo.AI」など事業戦略を発表–ソニー銀行は組織全体で活用
IT関連
2023-09-23 18:18
美容ローラーの痩せる効果に根拠なし ヤーマンに課徴金
くらテク
2021-08-12 22:51
冬景色の「Zoom」背景–雪林や氷の画像で会議にアクセント
IT関連
2022-01-24 01:47
年収800万円以上のエンジニアは「Rust」と「Go」に注目 転職サービスが1000人調査
キャリア・しごと
2021-08-03 21:13
センサーシールを皮膚に貼って「アルコール、カフェイン、ブドウ糖、乳酸、血圧、心拍数」を同時計測 :Innovative Tech
トップニュース
2021-03-21 22:07
Twitterが分散型ソーシャルネットワーク研究グループ「bluesky」のリーダーに暗号資産開発者を起用
ネットサービス
2021-08-18 23:56
IPOを果たしたWishの投資家、ウルフソン氏は初日の株価を気にしない
IT関連
2021-01-13 23:43
「Windows 11」はどうなる?–次世代Windows発表イベント迫る
IT関連
2021-06-24 06:04
ギグワーカーを非従業員とするカリフォルニアの条例Prop 22を高裁が憲法違反と判決
IT関連
2021-08-23 00:39
日立製作所、動く市役所の実現を支える「汎用デジタル窓口」を開発
IT関連
2022-10-19 15:31
小規模向け法人税申告支援「freee申告」に税理士支援サービス–税務調査に対応
IT関連
2022-12-07 05:03
Apple、デベロッパーに「Developer Transition Kit」返却要請を開始 200ドルクーポン付き
アプリ・Web
2021-02-07 01:10
Wi-Fi対応の「Raspberry Pi Pico W」が登場、価格は6ドル
IT関連
2022-07-02 19:17