AIとサステナビリティーが技術導入と人材育成の変化を促進–ピュア・ストレージが2024年を展望

今回は「AIとサステナビリティーが技術導入と人材育成の変化を促進–ピュア・ストレージが2024年を展望」についてご紹介します。

関連ワード (ITインフラ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Pure Storageは1月10日、アジア太平洋・日本地域における2024年の展望を発表した。「AI」と「サステナビリティー」が今後も同地域の技術導入と人材育成の変化を促進させるものになると見込んでいる。また、政治・社会・経済の不透明な情勢が続くと予想される中、企業はテクノロジー投資に関して現実的な姿勢を維持し、AIの活用による業務改善と、企業のサステナビリティー目標の達成を目指していくことになると予測する。

 GPUクラウドなど、AIに特化したサービスを専門とする新世代のクラウド事業者の登場によってクラウドコンピューティングの分野に変革が起こり、IaaSを提供するハイパースケーラーの現状も大きく変化することが予測される。

 データの使用や保存場所に関する規制が強化され、ソブリンクラウドへのニーズが高まっている。この傾向は、セキュリティ要件の厳しい金融サービスなどの業界で顕著に見られる。さらに、生成AIをはじめとするAIシステムのトレーニングにおいては、データ主権の課題を解決しなければならない。

 サステナビリティーへの取り組みが強化されるにつれ、IT部門は企業のサステナビリティー目標を達成するためにますます重要な役割を担うことが求められる。IT部門では従来、エネルギー効率に関して部門内での最適化のみが求められてきた。しかし現在では、IT部門は会社全体のエネルギー効率を改善する能力を有し、改善する義務を負うという認識が高まっている。

 新しいテクノロジーが登場するたびに、その分野の人材やスキルのニーズが高まる。生成AIも例外ではなく、人材争奪戦によって給与は上昇し、人材不足のために多くのAIプロジェクトが停滞するリスクが生じる。

 ピュア・ストレージ・ジャパン 代表取締役社長の田中良幸氏は、「2024年の日本市場において、テクノロジー導入の意思決定を左右する主な要因として、財務面の柔軟性、データセンターのモダナイズ、サステナビリティー目標の達成が挙げられる。AIの導入も大きな推進力となるだろう。Pure Storageは、テクノロジーと専門知識の提供を通じて、日本の企業における課題の解決およびビジネス機会の最大化を支援する」とコメントする。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
【コラム】10代によるテスラ車のハックを教訓にするべきだ
IT関連
2022-01-29 17:57
終活スタートアップLanternはより良い死に方についての話し合いに火を灯す
ネットサービス
2021-01-14 09:39
住友大阪セメント、会計システムの基盤構築に「RISE with SAP」を採用
IT関連
2022-03-19 22:38
長いポッドキャストを60秒のパーソナライズされた「音声ニュースフィード」に変えるPodz
ソフトウェア
2021-02-12 05:06
NEC、AIで未整理データを自動分類する仕分けサービスを提供
IT関連
2021-03-04 14:01
日立製作所、金融機関における窓口業務の非対面・非来店での取引を促進
IT関連
2022-10-01 02:04
生成AIによるアプリケーション開発、どこまで「使える」ものなのか
IT関連
2023-08-02 22:54
ガートナー、ローコード開発ツールの導入で実践すべき7つのベストプラクティス
IT関連
2023-06-15 20:42
五輪中継、サブチャンネルの画質はなぜ悪い?
くらテク
2021-07-29 21:28
NEC、新型メインフレーム「AKATSUKI」を発表–DX貢献を強調
IT関連
2022-07-01 21:23
顧客とのやりとりをチャットで実現–アパレル企業のバロックが「LINE WORKS」導入
IT関連
2023-03-23 01:59
「サクナヒメ」にお米を奉納 新潟の専門学校がゲーム活用の農業教育
社会とIT
2021-04-28 04:05
【コラム】シリコンバレーではきちんとしたマネジメントができていない
IT関連
2022-02-11 11:59
ゼロトラストセキュリティに向けてマイクロセグメントを–アカマイが訴求
IT関連
2022-05-19 09:31