IBMとSAP、消費財・小売業界向けAIソリューションの開発に着手

今回は「IBMとSAP、消費財・小売業界向けAIソリューションの開発に着手」についてご紹介します。

関連ワード (マーケティング、リテールテック最前線等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 IBMは米国時間1月11日、SAPと協業して生成AIを活用した消費財/小売業界向けソリューションの開発に取り組み、サプライチェーン、財務業務、販売やサービスの強化を支援すると発表した。両社は、ビジネスに特化したAI/データプラットフォーム「IBM watsonx」とAIアシスタント製品のSAPソリューションへの組み込みを完了している。

 両社は、生成AIと従来型AIを活用した新しいソリューションを開発し、メーカーによる店舗直送(Direct Store Delivery:DSD)のビジネスプロセスや商品ポートフォリオ管理の複雑さに対処する。IBMコンサルティングとSAPは既に、世界中の消費財業界の顧客と協力し、流通全体のプロセスを支援する「SAP Direct Distribution」と統合可能な安全で拡張性のあるAIソリューションを構築するための要件を収集している。

 開発予定のソリューションにより両社は、消費財企業、卸売業者、小売業者が店舗レベルの品ぞろえを効率的に管理し、商品流通を改善して収益増加を促進させることを支援する。

 例えばIBMは、Direct Distributionに天候、交通、地域イベントなどの外部データを提供し、AIを適用して消費財企業が最適な店舗配送ルートを特定するとともに、コストやカーボンフットプリントの削減を支援することを計画している。ドライバーはリアルタイムに更新される情報を基に、地域の状況に応じて配送ルートを臨機応変に変更できる。

 加えて同社はAIと生成AIを適用し、各店舗の市場動向、過去の販売パターン、需要予測、現在の商品構成に基づいた店舗レベルでの品ぞろえの実現を計画している。同ソリューションでは、特定商品のレコメンドに加え、商品の適切な補充も支援し、売り上げの最大化と廃棄の最小化を目指している。

 DSDの複雑さは、しばしば取引の自動決済の妨げになるという。IBMはSAPと共に、自動化とインテリジェントワークフローで業務を効率化し、Direct Distributionにおけるラストワンマイル配送コンポーネントのAIに基づいて決済精度の向上を支援するソリューションを開発する。

 IBMコンサルティングは、これらのソリューションをアプリケーション開発のプラットフォーム「SAP Business Technology Platform」上に構築し、APIを通じてwatsonxと統合する予定。倉庫計画の担当者、最前線にいる配送担当者、顧客担当者は、IBMの会話型検索機能を活用したチャットボットを構築する「watsonx Assistant」により、充実したユーザー体験(UX)を得られるとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
オラクル、日本で今後10年間に1.2兆円以上の投資計画を発表–OCIなどに
IT関連
2024-04-19 16:59
IT企業の目指すヒントは総合商社にあり
IT関連
2021-02-12 19:37
WebAssemblyアプリ開発ではRustが一番人気、用途ではサーバレスが急上昇、ランタイムはWasmtime。The State of WebAssembly 2022
WebAssembly
2022-06-28 09:50
第3世代iPhone SE、ついに5G対応もミリ波がない理由―iPhone 14シリーズ、日本でミリ波対応はありえるのか
IT関連
2022-03-12 15:24
SREを自社に導入するためのプラクティス
IT関連
2022-02-03 14:50
AIで“出版流通改革” 集英社、講談社、小学館が丸紅と新会社
ロボット・AI
2021-05-15 02:14
IPA、情報セキュリティ10大脅威の最新版を発表–ゼロデイ攻撃が初登場
IT関連
2022-01-29 03:41
コンタクトセンターでのAI活用は5割以上–生成AIにも前向き
IT関連
2023-10-06 23:32
「Microsoft Teams」、ビデオ会議で98人まで表示可能に
IT関連
2021-06-18 02:54
iOS版Microsoft OfficeアプリがiPadに対応、ワード・エクセル・パワポが1アプリで利用可能に
ソフトウェア
2021-02-18 06:04
オンライン完結型ファクタリングを提供するOLTAが愛媛銀行・北日本銀行とそれぞれ共同事業を開始
フィンテック
2021-08-19 00:01
子供の「発熱」前日に予測 体温センサー活用しデータ解析
IT関連
2021-05-26 05:31
新規の酵素遺伝子や反応経路を探索可能なプラットフォームを手がけるdigzymeが約1.5億円のプレシリーズA調達
バイオテック
2021-08-11 08:15
分裂しても磁力で再結合 自己修復し泳ぎ続ける魚ロボット :Innovative Tech(1/2 ページ)
トップニュース
2021-08-21 05:24