リンガーハット、人事労務SaaSと社内システムをノーコードでデータ連携

今回は「リンガーハット、人事労務SaaSと社内システムをノーコードでデータ連携」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 外食チェーン大手のリンガーハットは、アステリアが提供するデータ連携(EAI/ESB)ツール「ASTERIA Warp Core」を採用した。人事労務SaaS「SmartHR」と給与・勤怠管理システムのデータ連携をノーコードで実現した。

 長崎ちゃんぽん専門店などを運営するリンガーハットは、2019年から顧客満足度の向上や業務効率化を目指し、ITを活用したDX施策を推進している。その一環として、人事労務管理のデジタル化を検討していた。特に、全店舗トータルで毎月約300人の新規雇用・退職者が発生し、店舗責任者はそれらの業務に日々追われる状況だった。既存のシステムでは給与計算や人事労務管理のシステムが連携しておらず、重複作業が多く業務負荷が増大していた。また、本社の総務人事チームと店舗間での紙を用いたアナログな処理が非効率という課題も抱えていた。

 そのため、リンガーハットはSmartHRを導入し、勤怠管理システムや給与情報システム「OBIC7」とSmartHRの連携基盤としてWarp Coreを採用した。これにより、社内で稼働するシステムとSmartHRの連携基盤をノーコードで開発し、工数を削減した。また、複数システムの連携により、人事関連の手続きが整流化され、人事労務管理業務が軽減された。店舗責任者は店舗運営や人材育成に専念できるようになった。

 さらに、これまで本部と店舗の間で紙による人事情報や給与明細のやりとりが行われていたが、これをシステム化することで年間10万枚以上のペーパーレス化を実現した。これにより、就業環境の改善と従業員満足度の向上に貢献している。

 今後もリンガーハットは、統合基幹業務システム(ERP)の刷新プロジェクトなど、業務効率化を目指してWarp Coreを活用する予定だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
CTCと埼玉県横瀬町、「Fitbit」を活用した実証実験–健康意識の向上へ
IT関連
2023-02-23 05:25
ロボット/自動化と小売業界の2021年–コロナ禍で加速する9つのトレンド
IT関連
2021-01-22 03:31
インテル、ゲルシンガー氏がCEOに正式に就任–「イノベーションの源泉に」
IT関連
2021-02-17 09:42
受刑者の社会復帰を支援するUptrustは無駄な大量収監に浪費される数千億円の問題に取り組む
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-29 19:29
青学初等部が「ぷよぷよ」のプログラミング教材で授業
ネットトピック
2021-07-15 08:16
ふくらはぎをサポートし歩きやすくするソフトスーツ アリゾナ州立大学「SR-AFO」開発 :Innovative Tech
トップニュース
2021-02-05 12:39
量子技術活用の産業や事業創出の現在–Q-STARや東北大学らが懇談
IT関連
2023-05-17 23:28
アルゴリズムに焦点を当てた第230条の改正に向け米議員が公聴会で討議
パブリック / ダイバーシティ
2021-05-02 09:05
「チャットコマース」と「接客DX」のZealsが総額18億円を調達、株式上場の準備を開始
人工知能・AI
2021-04-02 10:36
グーグル、「Gemini Pro」のプレビュー版を「AI Studio」「Vertex AI」で利用可能に
IT関連
2023-12-15 19:08
佐賀市のサイト、市民が送信したマイナンバーカード画像など外部から閲覧できる状態に
セキュリティ
2021-03-04 15:39
「Opera」ブラウザー、「ChatGPT」による要約機能を搭載へ
IT関連
2023-02-15 03:58
大成建設と富士通、建設現場のDXを加速する「作業所ダッシュボード」を開発
IT関連
2023-08-03 13:59
福島銀行、AIの実務導入でデジタルシフトを加速
IT関連
2021-07-08 11:02