AWS、高速起動にこだわった軽量なJavaScriptランタイム「LLRT」(Low Latency Runtime)をオープンソースで公開。AWS Lambdaでの利用にフォーカス

今回は「AWS、高速起動にこだわった軽量なJavaScriptランタイム「LLRT」(Low Latency Runtime)をオープンソースで公開。AWS Lambdaでの利用にフォーカス」についてご紹介します。

関連ワード (メモリ、実験的実装、拡大等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Amazon Web Services(AWS)は、実験的な実装としてサーバレス環境のAWS Lambdaで使うことにフォーカスした軽量なJavaScriptランタイム「LLRT」(Low Latency Runtime)をオープンソースで公開しました。

LLRTはRustで開発され、JavaScriptエンジンにはQuickJSを採用しています。

fig

LLRTの最大の特徴は、現在のJavaScriptランタイムにおいて性能向上のために搭載されているJITコンパイラをあえて搭載せず、よりシンプルで軽量なランタイムとして実装することで高速に起動することにこだわっている点です。

これにより(Node.jsやDenoやBunなどの)既存のJavaScriptランタイムと比較して起動速度が10倍高速で、AWS Lambdaでのコスト低減効果が最大で2倍になっていると説明されています。

これについてREADMEの中で次のように説明されています。少し長いのですが、分かりやすい内容ですのでそのまま引用します。

Node.js, Bun, and Deno represent highly proficient JavaScript runtimes. However, they are designed with general-purpose applications in mind. These runtimes were not specifically tailored for the demands of a Serverless environment, characterized by short-lived runtime instances. They each depend on a (Just-In-Time compiler (JIT) for dynamic code compilation and optimization during execution. While JIT compilation offers substantial long-term performance advantages, it carries a computational and memory overhead.

Node.js、Bun、そしてDenoは、非常に高性能なJavaScriptランタイムですが、これらはさまざまな用途のアプリケーションを念頭に置いて設計されています。つまりこれらのランタイムは、ごく短時間だけ実行されるインスタンスを特徴とするサーバレス環境の要求に合わせて特別に作られてはいないのです。これらのランタイムはそれぞれ、実行中のコードの動的なコンパイルと最適化をJITコンパイラに依存しています。JITコンパイルは、長時間に実行されるアプリケーションでは性能面で非常に有利ですが、計算量とメモリ消費の点で大きなオーバーヘッドを伴います。

In contrast, LLRT distinguishes itself by not incorporating a JIT compiler, a strategic decision that yields two significant advantages:

A) JIT compilation is a notably sophisticated technological component, introducing increased system complexity and contributing substantially to the runtime’s overall size.

B) Without the JIT overhead, LLRT conserves both CPU and memory resources that can be more efficiently allocated to code execution tasks, thereby reducing application startup times.

これらのJavaScriptランタイムとは対照的に、LLRTはJITコンパイラを組み込まないことで次のような差別化を図っています。

A)JITコンパイルは非常に高度な技術であるためシステムの複雑性を増大させ、ランタイム全体のサイズを拡大させてしまう。

B)JITコンパイラのオーバーヘッドをなくすことで、LLRTはCPUとメモリのリソースを節約し、効率的にコードを実行する処理に割り当ててアプリケーションの起動時間を短縮できる。

LLRTはNode.jsのAPI仕様に基づいているため、Node.jsで動作するコードからの移行は容易とされていますが、完全互換ではなく全てのAPIが実装されているわけではないため、詳しい互換性についてはAPIドキュメントなどを参照する必要があります。

llrtは実験的実装としてベータ版の状態ですが、GitHubのREADMEにはAWS Lambdaでの試し方なども載っているため、興味のある方は参照してみてください。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
10億人の個人情報が漏えいか–ダークウェブでの販売を確認
IT関連
2022-07-06 10:29
macOS Sonoma 14.4にアップデートするとJavaがクラッシュするとオラクルが注意喚起。Appleシリコン搭載Macで
Apple
2024-03-19 03:48
平原精機工業、次世代型サイバー攻撃に備えたエンドポイント脅威対策などを導入
IT関連
2023-11-29 06:34
成長株投資入門(その5):物流産業から成長企業を探す
IT関連
2021-07-08 00:45
ふるさと納税:「緊急支援品」「訳あり」に注目が集まる理由
IT関連
2021-07-28 05:36
東芝、インフラ保守の専門語句を高精度に認識するAIを開発–学習時間を97%削減
IT関連
2023-03-14 02:42
アップルが世界中の製造パートナー110社以上が製品製造に利用する電力を100%再生可能エネルギーに変更と発表
EnviroTech
2021-04-02 08:02
BaaSプラットフォームを手がけるKippが累計5億円調達、金融機関にサービス提供開始
フィンテック
2021-04-14 15:34
富士通、ブロックチェーンシステムを連携させるデータトラスト基盤の試作環境を提供
IT関連
2023-06-20 11:34
日立ら、設備ごとに再エネ利用100%を認定する委員会設立–業界の整備目指す
IT関連
2022-12-15 00:04
NEC、社内向け生成AIサービスをセキュリティやコンタクトセンター業務に適用
IT関連
2023-09-02 13:12
富士通、災害対応や業務継続を支援するサービス発売–気象やSNSの情報を活用
IT関連
2021-03-10 00:25
IIJ、IT人材育成プログラムの受講生募集–「仕組みと原理」の理解図る
IT関連
2023-01-18 19:52
味の素、経営管理ソリューションでグループ全体の中長期的な課題対応力を強化
IT関連
2023-09-08 14:23