富士通、カスタマーサービスに生成AIを活用–コンタクトセンターの業務効率化など目指す

今回は「富士通、カスタマーサービスに生成AIを活用–コンタクトセンターの業務効率化など目指す」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 富士通は、コンタクトセンターの効率化/高度化による顧客体験の向上のため、カスタマーサービス向け生成AI「Einstein for Service」の採用を決定した。2024年度前半の本格運用を予定している。セールスフォース・ジャパンが3月19日に発表した。

 Einstein for Serviceは、2023年12月に日本で一般提供を始めている。業務ワークフローにAIを取り入れることで、パーソナライズされたサービスを効率良く展開できるようにする。対話型ボット、予測、コンテンツ生成などの機能を備え、オペレーターの負担を軽減する。

 サービス返信(Service Replies)機能では、顧客からのチャットでの問い合わせに関する返信内容の推奨案をデータやナレッジベースに基づきAIが自動生成する。また、会話サマリー(Conversation Summaries)機能では、カスタマーサービスにおけるオペレーターと顧客の会話内容の要約をAIが生成する。

 富士通はEinstein for Serviceが先行リリースされていた北米インスタンスで、2023年8月に環境を準備し、機能検証を行ってきた。その結果、サービス返信機能によりサポートデスクのオペレーターの平均処理時間を89%削減できた。また会話サマリー機能によって平均後処理時間は86%の削減効果が得られたという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
日立製作所、「マルチクラウド運用管理サービス」を発売
IT関連
2022-04-22 11:40
代替タンパク質開発の豪v2Foodがアジアや欧州進出に向け約58億円調達
フードテック
2021-08-09 15:37
Web版VSCodeがDockerコンテナをWASM環境で起動、Webブラウザ内ローカルマシンとして利用可能に。拡張機能「vscode-container-wasm」登場
Docker
2024-02-14 17:21
三菱電機、クラリベイトの「IPfolio」採用–知的財産管理の改革図る
IT関連
2023-06-07 07:44
東広島市、行政サービスをデジタル化する「市民情報連携基盤」を構築
IT関連
2021-06-14 08:34
「Google for Education」で進化する教育現場–元教員グーグル社員が語る
IT関連
2023-07-07 18:20
「Linux」でドライブの自動マウントを有効にするには
IT関連
2023-06-02 12:04
日本ロジテム、統合人事システム「COMPANY」を導入–グループ全体の人事情報を管理
IT関連
2022-08-14 06:14
アニメ「ひぐらしのなく頃に卒」の放送前情報が漏えい 製作委員会は法的措置も視野
企業・業界動向
2021-08-04 09:31
ヴァージン・ギャラクティックが宇宙空間でのヘルスケア実験を行なう研究者を専用機で打ち上げ
宇宙
2021-06-06 07:03
CRI、メタバースなどで実在感のある会話を可能にするボイスチャットを提供
IT関連
2022-08-25 22:05
サイバー保険の保険料や加入率が上昇–米会計検査院レポート
IT関連
2021-05-26 17:35
Reactベースのフレームワーク「Next.js 13.5」正式リリース。使用メモリ40%削減、ローカルサーバ起動の高速化など性能向上
JavaScript
2023-10-03 03:10
AI関連の動きを静観するアップル–WWDCでの動向に注目集まる
IT関連
2023-06-02 23:23