マイクロソフトとOpenAIが15兆円をAI用のスーパーコンピュータに投資、Amazonは22兆円をデータセンターに投資へ。米報道

今回は「マイクロソフトとOpenAIが15兆円をAI用のスーパーコンピュータに投資、Amazonは22兆円をデータセンターに投資へ。米報道」についてご紹介します。

関連ワード (AI、投資、経済産業省等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、Publickey様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


マイクロソフトとOpenAIは1000億円(1ドル150円換算で15兆円)を投資し、4年後の2028年に「Stargate」と呼ばれるAIのためのスーパーコンピュータを立ち上げると、相次いで米国で報道されています。

一方でAmazon.comはAI関連やデジタルサービスの需要の爆発的増加に対応するため、向こう15年で1500億ドル(1ドル150円換算で22兆5000億円)をデータセンターに投資すると報道されています。

  • マイクロソフトとオープンAI、1000億ドル規模のデータセンター計画=報道 | ロイター
  • アマゾン、データセンターに約1500億ドル投資へ-AIブームに対応 – Bloomberg

マイクソフトとOpenAIが15兆円を投資する「Stargate」

ロイターの報道では、マイクロソフトとOpenAIが開発するスーパーコンピュータ「Stargate」は5段階に分けて開発される計画で、特に4段目と5段階目の開発コストの大部分は、必要なAIチップの獲得に関連するものになるとのことです。

現在、AI向けチップ市場ではNVIDIAが圧倒的な存在感を示していますが、一方でマイクロソフトも昨年(2023年)に独自設計のAIチップ「Maia」を発表しています。

2023年にマイクロソフトが発表した独自のAIチップ「Maia」

ロイターの報道によると、この「Stargate」プロジェクトでは複数のサプライヤーのチップを使用できるよう設計されるとのことなので、おそらくはNVIDIAのチップとMaiaのチップの両方に対応することになるのでしょう。

Amazon.comは22兆円をデータセンターに投資

一方でBloombergの報道では、Amazon.comの22兆5000億円のデータセンター投資はAIだけでなくデジタルサービス全般の需要増加に対応するものと説明されており、今後も同社が積極的にデータセンターへ投資することが示されています。

米アマゾン・ドット・コムは向こう15年で1500億ドル(約22兆7100億円)近くをデータセンターに投じる計画だ。クラウド市場で圧倒的な地位を占める同社は、予想される人工知能(AI)関連やその他のデジタルサービスに対する需要の爆発的増加に対応できる態勢を整えたい考え。

AIの時代にも規模の経済が働くのか?

マイクロソフトとAmazon.comはそれぞれAIに関する戦略が異なっており、報道された投資計画にもその違いが表れています。

マイクロソフトはマイクロソフト自身が「Copilotカンパニー」になると宣言し、同社がエンドユーザー向けのAIサービスを積極的に展開することで他社との差別化を図っています。自社で提供するAIサービスのために、AIにフォーカスしたスーパーコンピュータの構築を目指すわけです。

一方でAmazon.com/AWSは、さまざまな顧客が同社のクラウドの上でAI機能を含むさまざまなデジタルサービスを構築するためのプラットフォームの提供にフォーカスしています。そのため、AIだけでなく汎用のサーバやネットワーク機器も含むデータセンターの構築に投資するわけです。

いずれにせよ、両社ともAIブームによる爆発的な需要の増加に対応した積極的な投資で、より早く大きく成長しようとしています。

過去10年以上、クラウドは規模の経済が働くため、より早く大きく投資できるプレイヤーがより有利になると言われてきました。そしてAmazon.com/AWSやマイクロソフトはそのことを証明し続けてきました。

クラウドの時代に続くAIの時代においても規模の経済が働くとしたら、両社はさらにその強力な地位を固めていくことになるのかもしれません。

ちなみに日本国内では、さくらインターネットが昨年(2023年)に、3年間で130億円規模の投資をして(うち約半分は経済産業省による補助金)生成AI向けクラウドサービスを開始すると発表しています。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「Apple Vision Pro」の機能、外観、価格–アップル初のAR/VRヘッドセットを知る
IT関連
2023-06-10 23:18
「厚労省承認済み」のウソ表示も 新型コロナの抗原/抗体検査キット販売業者を消費者庁が指導
くらテク
2021-03-29 15:13
PCの大量一括導入やボリュームディスカウントに存在する問題点
IT関連
2023-06-24 15:23
大同ゴム、現場業務支援とデータ活用でエッジコンピューティン基盤を運用
IT関連
2023-04-05 16:26
DXを進める企業とITベンダーの関係はどうあるべきか–NEC社長に聞いてみた
IT関連
2022-10-07 10:26
従業員のコミュニケーションをパーソナライズし本当に重要な社内メッセージを確実に送る「Pyn」
ソフトウェア
2021-05-30 09:27
最も需要の高いAI関連スキルは機械学習–スタンフォード大調査
IT関連
2023-04-07 21:18
フェンシング剣の軌跡、AIと4Kカメラで捕まえた “ライトセーバー”みたいな可視化技術、約5年間の開発秘話 (1/3 ページ)
くわしく
2021-08-15 17:12
量子コンピュータ、直近数年の活用シーンは? 量子ベンチャーblueqatの湊CEOに聞く :マスクド・アナライズの新弟子入門!(1/2 ページ)
ロボット・AI
2021-02-04 16:11
グーグル、生成AIを実行するウェブアプリを「Google I/O」で実演へ
IT関連
2023-05-11 14:53
疑似量子の活用で材料開発期間を約20%削減–日立が有効性を実証
IT関連
2022-12-18 13:50
即時処理と可用性に自信–エッジコンピューティングのPratexoが日本で新規事業
IT関連
2022-11-29 08:24
Cloudflare、NGINXに代えて自社開発のRust製HTTPプロキシ「Pingora」をグローバルCDNに採用。性能向上しつつCPUとメモリ消費を3分の1に
Cloudflare
2022-09-22 17:35
日本MS、中堅中小企業のDX推進をAIで支援–生成AI活用で新たな支援プログラム
IT関連
2023-06-24 23:40