Splunkが考えるオブザーバビリティ–顧客ビジネスの観点から捉える

今回は「Splunkが考えるオブザーバビリティ–顧客ビジネスの観点から捉える」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 データプラットフォームを提供するSplunkの日本法人Splunk Services Japanは4月4日、オブザーバビリティに関するメディアワークショップを開催した。

 冒頭、同社でオブザーバビリティ・ストラテジストを務める松本浩彰氏は、Splunkについて、顧客がビジネスを遂行できるよう貢献したいとの思いを持っており、顧客のビジネスレジリエンスを確保するよう全ソリューションをデザインすることが企業理念と説明する。

 「オブザーバビリティをキーワードとしてソリューションを提供する企業は多くあるが、ビジネスレジリエンスがいかに保てるかを顧客目線で考えているのがわれわれの特徴」(松本氏)

 ビジネスレジリエンスが最近注目されているが、その背景には、ビジネスでデジタル技術を使うのが当然のことになり、デジタル技術を正しくコントロールすることがビジネスの成否に関わるという事情がある。Splunkでは、ビジネスレジリエンスを担保する要素としてセキュリティとオブザーバビリティを位置付けている。

 オブザーバビリティはITサービスの健全性を担保するためのものだが、Splunkは、単に技術の観点からでなく、顧客のビジネスの観点で捉えているという。「サービスが常に快適に使える状態でなければビジネスがダメージを受ける」という考えだと松本氏は語る。セキュリティも同様で、サービスのパフォーマンスが良くてもセキュリティに問題があれば使われなくなりビジネスに影響が出る。

 「サービスは、可用性が保たれて、レスポンスが良く、セキュリティ的に安心できるという状態が整わない限り使われない。使われる状況を常に保つのがビジネスレジリエンス上必要だという発想でオブザーバビリティとセキュリティを捉えている」(同氏)

 さらに、オブザーバビリティでは、ITサービスの健全性を担保するにとどまらず、高度化して効率的なサービス管理を目指す。セキュリティでも、堅固なセキュリティを効率的・効果的に実現できる状態を作り出したいとする。その実現においては、データ駆動型で各分野の改善策を推進する必要があるという。

 Splunkのプラットフォームは、一つでオブザーバビリティとセキュリティを担保するが、これは、企業が求めるのは統合プラットフォームという考えに基づいていると松本氏。企業にとって重要なのは、自社サービスが使える状態でユーザーに提供されることであり、セキュリティとオブザーバビリティのどちらの観点で問題が起きているかではないという。そのため、一方の側面だけ管理できればよいということはなく、一つのプラットフォームで両方を管理できた方がよいとなる。

 Splunkでは、ダッシュボードを使ってITサービスの健全性をさまざまな角度から分析できるだけでなく、企業の利益や売り上げといった運営上の数値も確認できる。ビジネスレジリエンスが担保されているかを企業の経営陣でも把握できる環境を簡単に作れると松本氏は強調する。

 「1つのプラットフォームにデータを集約し、企業が見たいものを常に見える状態にする。その上で、企業が効率的に的確な判断を下し、アクションにいかに早く移すことを可能にするかを目指した場合、統合プラットフォームの必要性を強く感じる」(松本氏)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
大規模言語モデル(LLM)が「目新しさ」からビジネスで必須な理由
IT関連
2024-02-01 02:40
暗号資産、一時660億円流出も4割返還 攻撃者は送金権限を改ざんか
セキュリティ
2021-08-13 17:23
電動マイクロモビリティシェアのLUUPがロゴ刷新、視認性を向上させた新電動キックボード発表―小型電動アシスト自転車新モデルも
IT関連
2022-02-16 06:06
DisneyとDiscoveryの元幹部が「ストリーミングサービスのClassPass」Struumを今春ローンチ
IT関連
2021-02-26 23:56
MonotaRO、「SAP S/4HANA」を導入–今後の成長を見据え、会計処理を効率化
IT関連
2023-12-01 01:02
「Apple Vision Pro」を試してみた–かつてない体験を可能にする3つの要素
IT関連
2023-06-15 05:33
MariaDBがニューヨーク証券取引所への株式公開を発表
MariaDB
2022-02-03 02:36
Raspberry Pi財団、「Python」入門講座を開始–無料で利用可能な6プロジェクト
IT関連
2022-02-17 09:58
SNS活用などデジタルマーケ特化の転職エージェントサービス サイバーバズが提供
キャリア・しごと
2021-06-22 03:47
「ChatGPT」のプログラミング能力–「Fortran」「COBOL」などのマイナー言語で試す
IT関連
2023-05-12 08:18
HPE、フォトニクス回路の新興企業Ayar Labsと提携–HPCシステム向け製品を開発へ
IT関連
2022-02-26 11:20
GitHub、「Swift」を「Code Scanning」でサポート–「Kotlin」に続いてベータ提供
IT関連
2023-06-09 18:56
Cohesity、異なるSLAに一元対応する自動ディザスターリカバリーを発表
IT関連
2021-01-26 18:14
買い手が好む営業スタイル、「訪問・リモートどちらでも」が増加–購買時には「信頼」重視
IT関連
2022-02-19 03:14