「生成AIが企業価値の底上げに」–ワークデイ、製品ロードマップを公開

今回は「「生成AIが企業価値の底上げに」–ワークデイ、製品ロードマップを公開」についてご紹介します。

関連ワード (「働く」を変える、HRテックの今、CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 ワークデイは5月30日、AI戦略を中心とした製品ポートフォリオに関する記者説明会を開催した。

 同社のグローバルにおける顧客数は1万を超えており、人材管理ソリューション「Workday HCM」の導入数はグローバルで5250以上、財務管理ソリューション「Workdayファイナンシャルマネジメント」の導入数は2000以上となっている。

 説明会に登壇した、米Workdayのグローバル 製品戦略担当プレジデントのNeil Jensen(ニール・ジェンセン)氏は、「Workdayのプラットフォームを通じて、お客さまがより体験の度合いを高めていただけること、そしてエンゲージメントを深掘りできる。一方で、最高情報責任者(CIO)や最高技術責任者(CTO)は、プラットフォームを使いながら、セキュリティやデータのプライバシー、レジリエンスのためにプラットフォームを積極的に使っている」と説明した。

 Workdayは、「イノベーション」「社員」「誠実性」「顧客サービス」「楽しむ」「採算性」――の6つをバリューに掲げており、その一つであるイノベーションに向けた取り組みとして、Jensen氏は人材オーケストレーションソリューションを提供するHiredScoreの買収を挙げた。

 買収に至った背景について同氏は、「HiredScoreは、日本市場に特化した形で開発を進めていた。日本では13社と取引しており、履歴書に関しても14万件以上を抱えていた。非常に複雑なテーブルや和暦、日本特有の自己ピーアールなどを取り込んで日本向けに開発していたという点が理由だ」と説明した。

 次に、Workdayの戦略的な投資として「人財と資金」「業界」「拡張性」「エクスペリエンス」「AI」「レジリエンスとセキュリティ」――を挙げ、特にAIに関する取り組みを紹介した。

 同社では、2014年からAIへの取り組みを始めており、例えば労働者と職のマッチングや、テクノロジーを活用した業務の効率化といった場面にAIを適用してきたという。

 WorkdayのプラットフォームにはAIと機械学習(ML)が組み込まれており、現在、運用中のML機能が50以上実装されているほか、3000以上のユーザーが同社のMLのアルゴリズムに寄与しているという。また、MLの開発に関して2つの開発環境を用意しており、1日の推論リクエスト数は6000万、1日当たりの取り込みレコードは60億に上る。

 Jensen氏は、「AIの活用に関してはトラスト(信頼)と誠実性が必要だと考えている」とし、「AIは人間の可能性を増幅することができ、社会に対してプラスの貢献ができる。またAIを使うに当たりデータのプライバシーやデータ保護法などに準拠しながら正しく使うことを目指している」と公平かつ公正なAIの利用を心がけているとアピール。加えて同社では、顧客の法務担当者やCTO、顧客企業の諮問委員会などに対して、WorkdayのAIに関する考え方を啓発するようにしているという。

 同社では、WorkdayのAIを活用することで、ユーザー体験(UX)の向上や業務の効率化につながるとしている。Workdayの環境下では年間当たり3000万以上の職務技術書が作成され、1件当たり1~2時間程度かかっているという。この作業の自動化と効率性の向上に向けて同社ではAIに取り組んでいる。

 現時点では、AIを活用した「ヘルプ記事の翻訳作業」「原稿作成・公開」「職務記述書の作成」の機能をアーリーアダプターとして提供している。例えば、3カ月かかっていた翻訳作業を1週間で完成させたり、職務記述書の作成を2時間から数分に短縮したりできるという。

 今後は、生成AIを活用して、ナレッジ管理や人的資本管理(HCM)、財務管理などを支援する機能を開発・提供していく予定だ。

 Jensen氏は、生成AIの導入によって劇的にUXが向上すると主張する。「今までは、画面をクリックしながら情報を特定し、特定された情報を受けてエンゲージメントを図っていたが、生成AIにより全てが会話型へと移り変わる。とにかく検索とタスクの準備を容易にすることが最終的な目標だ」と同社の展望を明かした。

 また、これまでマニュアルで行っていたプロセスや作業などを生成AIで自動化することで、浮いた時間を新たなビジネスへの挑戦やイノベーションに時間を割くことができるようになる。これによって、「企業の価値そのものを底上げできるのではないか」と語った。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Chainguardが「Wolfi」を発表–コンテナー向けLinux「非ディストリビューション」
IT関連
2022-10-04 12:19
順天堂大学、花粉症予防アプリ「アレルサーチ」に個人に合わせた予防が可能になる2つの新機能を追加
IT関連
2022-02-11 08:54
オラクル、Oracle Databaseにブロックチェーンを実装
IT関連
2021-04-08 16:09
Intel、グラフィックスカード「DG1」発表 約20年ぶりの再参入
企業・業界動向
2021-01-28 06:45
車内VRエンタメのHolorideが市場投入に向けブロックチェーンとNFTを導入
VR / AR / MR
2021-05-23 15:31
「たとえ解雇されてもオフィス勤務には戻りたくない」労働者は意外に多い
IT関連
2022-10-22 05:45
年率20%超成長をもくろむMDMのアイキューブドシステムズ、その施策は
IT関連
2024-05-29 22:34
テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新
EnviroTech
2021-03-18 20:13
Instagramで見つけたグッズのショップを検索できるビジュアル検索機能
アプリ・Web
2021-06-24 03:04
Denodo、クラウド型のデータ統合ソリューションを提供
IT関連
2021-04-12 01:28
個人投資家の“SNSの乱” 結託して株価操縦 制限措置では日米差
IT関連
2021-02-09 20:42
セガ、150ページ超の社内向け数学資料を無償公開 「3DCGの技術的基礎に」
企業・業界動向
2021-06-17 15:33
「問題の根底には企業風土」──みずほFG、銀行システム障害の調査報告書を公開
セキュリティ
2021-06-16 21:46
企業におけるクラウドやマルチクラウド活用の現実
IT関連
2022-01-26 17:38