米アマゾン、AIを活用して不良品を配送前にチェック

今回は「米アマゾン、AIを活用して不良品を配送前にチェック」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Amazonから届けられた荷物の中身が壊れていたり、うまく動かなかったり、完全に揃っていなかったりするほど残念なことはない。ペットフードなど、すぐ必要な必需品であればなおさらだ。そこでAmazonは、こうした問題に取り組むための人工知能(AI)ソリューションを開発した。

 Amazonは米国時間6月3日、「Project P.I.」(P.I.はprivate investigator[私立探偵]の略)と呼ばれる取り組みを発表した。これは、生成AIとコンピュータービジョンを使って、商品に欠陥がないかどうかを顧客に届ける前に検出するというものだ。また、商品の破損をチェックするだけなく、色やサイズが顧客の注文内容と合っているかどうかを再度チェックして、誤出荷を防止する。

 Project P.I.は、北米各地のフルフィルメントセンターに導入されており、2024年中にはさらに多くの拠点で導入する予定だ。これらの拠点では、毎月膨大な数の商品がイメージングトンネルでスキャンされる。本の表紙が折れているといった欠陥が見つかれば、その商品を顧客に配送されないように隔離する。また、その問題が同じような商品で起きていないかどうかを調査する。

 その後、Amazonのスタッフが、Project P.I.によって問題ありと判断された商品を再確認して、寄付をしたり「Amazon Second Chance」で割引販売したりするなど、別の用途に使えないか判断する。Amazon Second Chanceは、開封済みの商品や認定再生品を販売するサイトだ。

 この取り組みはフルフィルメントセンターでの手作業による検品を強化し、顧客が最適な状態の商品を入手できるようにするだけではない。Amazonによれば、梱包資材の無駄や不必要な二酸化炭素の排出につながる返品を防ぐことで、より持続可能性の高い購入体験を作り出すのに役立つという。

 「当社の物流施設内でAIや製品イメージングを活用することで、破損の可能性がある商品を効率的に検出し、顧客に届ける前により多くの問題に対処できる。これは、顧客や当社の販売パートナーはもちろん、環境にとっても良いことだ」と、Amazonでワールドワイド販売パートナーサービス担当バイスプレジデントを務めるDharmesh Mehta氏は述べている。

 さらにAmazonは、マルチモーダル大規模言語モデル(MLLM)を利用して、ネガティブな顧客体験を調査している。顧客からのフィードバックをこのMLLMが精査し、Project P.I.やその他のソールから得られた画像を分析することで、問題の原因を確認する。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
流出したパスワードは瞬く間に悪用される–半数は12時間以内にアクセス
IT関連
2021-06-15 22:47
高齢者などの見守りロボ「BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ」に離れた家族の見守りを支援する4つの新機能
IT関連
2022-02-10 08:05
弾幕シューティングの2大タイトルがコラボ 「怒首領蜂」を手掛けるケイブが「東方Project」の完全新作ゲーム開発を表明 「極意を全て注ぎ込む」
企業・業界動向
2021-07-14 03:46
日本はデジタル化を「IT化/情報化」と混同–ガートナーが指摘
IT関連
2022-03-17 06:14
レッドハット新社長が初会見で発信したビジネスメッセージとは
IT関連
2021-04-16 11:40
グーグルが米国とアルゼンチンを結ぶ新海底ケーブル「Firmina」発表、電力供給能力で前進
ハードウェア
2021-06-11 14:54
インテル、自動車用チップの生産に向け協議–半導体不足で
IT関連
2021-04-14 19:00
「みそ汁はおかずです」がカプセルトイに レシピ付き
くらテク
2021-01-27 19:36
ポケモンGO、14日は「ダンバルのおこうの日」 時間内の進化で“コメパンメタグロス”に
くらテク
2021-03-14 08:59
電子メールが今後もなくならない理由–チャット台頭でも使うメリットを考える
IT関連
2024-05-15 08:38
iPhone 12 miniとiPhone 12、背面ガラスパネル交換で当日修理可能に
IT関連
2021-02-18 01:25
日立、関東圏約20カ所の事業所と多拠点エネルギー管理システムを構築へ
IT関連
2023-09-12 01:12
「Chrome」に重大なゼロデイ脆弱性–今すぐアップデートを
IT関連
2024-05-14 11:15
ROXXの月額制リファレンスチェックサービス「back check」が新機能コンプライアンスチェックを提供開始
HRテック
2021-08-05 19:51