アップルのAI施策と課題–「Apple Intelligence」を考える

今回は「アップルのAI施策と課題–「Apple Intelligence」を考える」についてご紹介します。

関連ワード (データマネジメント等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Appleは「Worldwide Developers Conference 2024」(WWDC 2024)において「Apple Intelligence」プラットフォームを発表した。生成人工知能(AI)と機械学習を前面に押す同プラットフォームは、大規模言語モデルと生成モデルを利用して、テキストや画像、アプリ内アクションを処理する。

 このイニシアチブは、高度なAI機能をAppleのエコシステム全体に組み込んで、デバイスとのやりとりを変革するものだ。ただし、既存の「iPhone」や「iPad」のユーザーがこれらのメリットを最大限に活用するには、デバイスをアップグレードする必要があるかもしれない。

 筆者は過去の記事で、AppleがAI分野での競争力を維持するための重要なステップをいくつか提案した。Appleの発表がこれらの提案にどの程度沿った内容なのか、そして改善の余地がどこにあるかを見ていこう。

 Apple Intelligenceによって、iPhone、iPad、「Mac」で強力な生成モデルが利用可能になる。オンデバイスAIには「A17 Pro」チップが必要になるため、強化されたセキュリティとプライバシーを得られるのは「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」のユーザーだけだ。同様に、iPadは「M」シリーズチップ搭載モデルのみ(最新の「iPad Air」や「iPad Pro」など)、Macは「Apple Silicon」搭載モデルのみが対応している。旧式のデバイスや「Pro」以外のモデルを使用している多くのユーザーは、これらの高度な機能を使用できないだろう。

 より高負荷のタスクのために、Appleは「Private Cloud Compute」(PCC)を導入した。これはプライバシーに配慮したAI処理を目的とする画期的なクラウドインテリジェンスシステムだ。Appleデバイスの業界屈指のセキュリティとプライバシーをクラウドに拡張し、PCCに送信されるユーザーの個人データに、ユーザー以外の誰もアクセスできないようにする。Appleでさえアクセスできない。専用のApple Siliconとプライバシー保護用の強固なOSで構築されたPCCは、クラウドAIコンピューティングのセキュリティにおける飛躍的な進歩を示している。

 AIインフラストラクチャー関連としては、「Foundation Models」も発表された。これには、デバイス上で動作する約30億パラメーターの言語モデルと、同社データセンター内のApple Siliconサーバーで実行される、より大規模なサーバーベースのモデルが含まれる。これらのモデルは、専門的なタスク向けに微調整され、速度と効率を高められるように最適化される。

 改善の余地:Appleは、エッジのAIアクセラレーションサーバーアプライアンスを発表しなかったため、AIインフラストラクチャーで優位に立てなかった。そのようなアプライアンスがあれば、ベースモデルの「iPhone 15」や「iOS 18」をサポートする旧モデルなど、比較的性能が低いデバイスでも、Apple Intelligenceの高度な機能を利用できただろう。オンデバイスとPCCのハイブリッドAIモデルは正しい方向への一歩ではあるが、AIアクセラレーションされたエッジネットワークデバイスによるパフォーマンス向上や遅延低減についての言及はなかった。Appleは通常、自社データセンターでのリソースの展開に関する情報を明らかにしないため、これらのアプライアンスは詳細を開示せずにエッジで展開する計画なのかもしれない。同社がこちらのページで文書化した少数の「責任あるAIの原則」は、最初の段階としては良いが、AdobeのようにAIの倫理の開示に関する声明を出せば、信頼性と透明性がさらに高まるだろう。

 Appleは「ChatGPT」の統合を慎重に開始し、サードパーティーサービスの統合や複数のAIプロバイダーとの提携に前向きな姿勢を示した。同社は基調講演で、OpenAIのChatGPT(無料版、「ChatGPT Plus」、おそらく「ChatGPT Enterprise」)に加えて、サードパーティーの大規模言語モデル(LLM)も提携によって利用可能になると述べたが、それらのモデルの名前は明かしていない。可能性のあるモデルは、「Microsoft Copilot」「Google Gemini」「Meta Llama 3」「Amazon Titan」「Hugging Face」など、多数存在する。

 改善の余地:Appleが特定のLLMに依存しない意向を示したことは、同社のAI戦略にとって良い兆候だが、筆者が期待していたのは、AIの統合によって、より幅広いサードパーティープラットフォーム(特に健康、金融、教育)が受け入れられることだった。しかし、この変化に伴い、開発者は新しい「SiriKit」「App Intents」「Core ML」「Create ML」などのAPIを受け入れざるを得なくなるだろう。専門的なAIプロバイダーとの統合が深まれば、Apple Intelligenceの機能性と汎用性が大幅に向上する可能性がある。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
企業向けID管理のOktaがSaaSへのログイン統計発表、Office 365が(一応)トップ
ネットサービス
2021-01-31 22:45
NEC、ベクトル型スパコン「SX-Aurora TSUBASA」の新モデル–東北大学が先行導入
IT関連
2022-10-08 01:46
Chrome DevToolsで表示されるエラーを生成AIのGeminiが解説してくれる新機能、日本でも利用可能に
Chrome
2024-07-17 12:01
Google Cloud、AIエージェント構築「Vertex AI Agent Builder」など発表
IT関連
2024-04-12 13:37
プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」、ベータ版が公開
IT関連
2021-06-23 17:23
語学学習の需要増を受け個人指導マーケットプレイスのPreplyが38億円調達
EdTech
2021-03-11 23:49
原子間力顕微鏡を用いて世界で初めて個別のDNA損傷を直接観察することに成功、がんや老化のメカニズム解明に期待
IT関連
2022-03-23 02:57
横河レンタ・リース、ハイブリッドクラウド運用支援サービスを開始
IT関連
2021-07-06 11:45
WebAssemblyアプリ開発ではRustが一番人気、用途ではサーバレスが急上昇、ランタイムはWasmtime。The State of WebAssembly 2022
WebAssembly
2022-06-28 09:50
エコノミークラスの座席生地で作ったPCケース ANAが初の製品化
くらテク
2021-06-23 23:53
Google Cloudが大幅値上げ、2022年10月1日から実施
IT関連
2022-03-16 04:12
元グーグルの著名AI研究者2名、東京で「Sakana AI」を立ち上げ
IT関連
2023-08-19 21:52
インターネットの未来を守るために米国主導のテック外交は変革が迫られている
IT関連
2022-03-01 06:16
海洋プラスチックをBluetoothスピーカーに–環境配慮と雇用創出の両立を図る事業
IT関連
2023-03-11 17:06