佐賀銀⾏、AvePointのクラウド運用管理ツールを導⼊–IT部⾨の作業負担を最大90%削減

今回は「佐賀銀⾏、AvePointのクラウド運用管理ツールを導⼊–IT部⾨の作業負担を最大90%削減」についてご紹介します。

関連ワード (運用管理等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 AvePoint Japanは6月25日、「Microsoft 365」の運用を支援するツール「AvePoint Cloud Governance」と「AvePoint Policies&Insights」が、佐賀銀行に導入されたと発表した。これにより、同行では「Microsoft Teams」の権限管理やセキュリティリスク対策が自動化され、情報システム部門の作業負担が最大90%削減され、ガバナンスやセキュリティの強化につながった。

 佐賀銀行はデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、内外のコミュニケーション改革を目指している。従来は電話やメールがコミュニケーションの中心だったが、DX推進のためにはチャットやウェブ会議の導⼊が不可⽋という課題感から、2022年にMicrosoft 365を導入し、Teamsの使用を開始した。

 しかし、Teamsの全社展開に伴い、セキュリティやガバナンスの問題が浮上。未使用のチーム(Teamsにおける複数ユーザーでの協働機能)やユーザーアカウントの放置、ゲストメンバーの管理の複雑化などのセキュリティリスクと、チーム作成やメンバー追加の手続きが情報システム部門に集中し作業負担が増大する問題が生じた。

 これらの課題を解決するため、佐賀銀行は2022年11月に情報収集を始め、複数の製品を検討した結果、セキュリティとガバナンス強化をワンストップで実現するAvePointの製品導入を決定した。

 AvePointのツール導入により、組織外のゲストメンバーが参加するチームの管理強化や、未使用のチームの棚卸しなどが自動化され、情報システム部門の作業量が最大90%削減された。これにより、最小限の人数での運営体制の内製化が可能となり、現場の生産性が大幅に向上した。

 また、AvePoint製品の独自機能を活用し、これまで紙で行っていた「チーム作成の申請処理」が容易になったことで、Teamsの活用がさらに進んでおり、コミュニケーションツールの使いこなしの加速が期待されている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
米First Republic銀行が破綻、JPモルガンが預金と資産を引き受け
IT関連
2023-05-03 01:05
衛星データプラットフォームTellusが衛星データとAI画像認識技術による駐車場検知ツール「Tellus VPL」α版を無料提供
宇宙
2021-08-20 01:45
VRブラウザー「Firefox Reality」、提供終了–技術はIgaliaの「Wolvic」に継承
IT関連
2022-02-08 08:03
イトーキ、オンラインストアでARによる家具の試し置きを可能に
IT関連
2022-09-03 17:25
【レビュー】ソニー新型「WF-1000XM4」は高性能ワイヤレスイヤフォンの新基準、2年待っただけの価値がある
ハードウェア
2021-06-13 05:50
SkyDriveとスズキが「空飛ぶクルマ」事業・技術連携に関する協定締結、機体開発・製造・量産体制・インド市場開拓検討
IT関連
2022-03-23 14:09
OpenAI、企業向け「ChatGPT Enterprise」を提供開始
IT関連
2023-08-30 12:20
世界中の組織の90%が2年以内にITスキル不足の危機で痛手を感じ、製品の遅延、競争力の低下などを引き起こす。IDCが予測
働き方
2024-06-07 01:50
HP、Chrome OS搭載デスクトップ「Chromebase All-in-One」発売 650ドルから
製品動向
2021-08-12 23:40
第6回:ビジネスの革新に不可欠なデータファブリック戦略
IT関連
2021-06-10 15:37
大林ファシリティーズ、毎月約6000枚届く請求書をデジタル化–業務時間を半減
IT関連
2024-07-06 09:06
「Platform Engineeringへの招待」、開発者の生産性を高めるプラットフォームを作り、運営していくための考え方とは(前編)。Platform Engineering Meetup #1
DevOps
2023-03-14 01:24
空中親機ドローンと子機水中ドローンを合体させた世界初の「水空合体ドローン」が開発、2022年度の商用化目指す
ドローン
2021-06-11 09:54
NTT Com、3Dモデルを手軽にXR空間に投影できるサービスを提供開始
IT関連
2024-03-29 16:55