Google Cloudは2020年に約5880億円の損失

Google Cloudは2020年に約5880億円の損失 サムネイル

今回は「Google Cloudは2020年に約5880億円の損失」についてご紹介します。

関連ワード (Google、Google Cloud、決算発表等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Google(グーグル)は、Google Cloudへの大きな賭けを続けている。確かに売上の成長は加速しているが、損失も増えている。米国時間2月2日、親会社Alphabetの決算報告で、Googleは初めてGoogle Cloud事業部の営業利益と損失を公表した。それによると、2020年12月31日に終わるGoogleの2020会計年度でGoogle Cloudは56億ドル(約5880億円)の損失を計上した。売上は130億ドル(約1兆3650億円)だった。

一般的にクラウドコンピューティングは儲かる事業と思われているため、この数字は不吉なものだと感じられるかもしれない。しかし、違う見方もある。損失は増加している。2018年は43億ドル(約4515億2000万円)、2019年が46億ドル(約4830億4000万円)だった。しかし売り上げも強力に伸びており2018年は58億ドル(約6090億5000万円)、2019年は89億だ(約9346億8000万円)。ここで何よりもわかるのは、Googleがクラウド事業に対して重点に投資し続けているということだ。

CEOのThomas Kurian(トーマス・クリアン)氏が率いるGoogleのCloud部門には、クラウドインフラストラクチャとプラットフォームサービスのすべてが含まれており、G Suiteと呼ばれていたGoogle Workspaceもある。同社は、ここに大きく投資し続けている。そもそもデータセンター自体が大型の投資であり、Googleは2020年に4つの新たなリージョンを立ち上げ、他にも着手している。ここに同社のコアサービスはあり、さらにいくつもの買収も行っている。

今回の決算報告でGoogle / AlphabetのCEOであるSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏は次のように述べている。「クラウドにおいて、顧客はまだ移行の初期段階にあることがわかります。私たちは大きな未来を目にしています。そしれ間違いなく、市場のダイナミクスと市場の状況における私たちのモメンタムは、私たちが投資の規模と投資のペースについて考えている枠組みになります。いうまでもなく、そこに長くいる者ほど利得も貢献も大きい。規模の経済も、働き始めます。しかし、私たちはお客様が関心を持つすべての製品に対して、世界中のお客様にサービスを提供できるようにするために、確実に先行投資を行っています」。

画像クレジット:Google

また、Google / AlphabetのCFOであるRuth Porat(ルース・ポラット)氏は次のように述べている。「主に検索とYouTubeが支えた第4四半期の強力なパフォーマンスにより、売り上げは569億ドル(約5兆9760億円)となりました。ここからわかるように、消費者も企業も年初の停滞から回復し活発になってきています。Google Cloudの2020年の売上は131億ドル(約1兆3758億円)で、大きな勢いが続いています。私たち、目の前の多様な成長機会のすべてに対して、価値を提供し続けるよう努めていきたいと考えています」。

決算報告でポラット氏は「長期の有意義な契約が多い」と、Workspaceが大企業で伸びていると述べている。

しかし現在のところ、前四半期に広告ビジネスが大きく回復したGoogleの中核ビジネスが、クラウド事業の拡大を支えている。

一方、シアトルでは本日、AWSが前四半期の127億4000万ドル(約1兆3378億円)の売上を報告し、35億6000万ドル(約3738億4000万円)の営業利益を計上した。2020年のAWSの営業利益は135億ドル(約1兆4177億円)になる。

画像クレジット:Sean Gallup/Getty Images/Getty Images


【原文】

Google continues to bet heavily on Google Cloud, and, while it is seeing accelerated revenue growth, its losses are also increasing. For the first time today, Google disclosed operating income/loss for its Google Cloud business unit in its quarterly earnings today. Google Cloud lost $5.6 billion in Google’s fiscal year 2020, which ended December 31. That’s on $13 billion of revenue.

While this may look a bit dire at first glance (cloud computing should be pretty profitable, after all), there are different ways of looking at this. On the one hand, losses are mounting, up from $4.3 billion in 2018 and $4.6 billion in 2019, but revenue is also seeing strong growth, up from $5.8 billion in 2018 and $8.9 billion in 2019. What we’re seeing here, more than anything else, is Google investing heavily in its cloud business.

Google’s Cloud unit, led by its CEO Thomas Kurian, includes all of its cloud infrastructure and platform services, as well as Google Workspace (which you probably still refer to as G Suite). And that’s exactly where Google is making a lot of investments right now. Data centers, after all, don’t come cheap, and Google Cloud launched four new regions in 2020 and started work on others. That’s on top of its investment in its core services and a number of acquisitions.

“On cloud, we see how early customers are in this shift,” Google/Alphabet CEO Sundar Pichai said in today’s earnings call. “We see a large time ahead — and definitely the market dynamics and our momentum in the context of the market is the framework in which we are thinking about the scale of investments — and the pace of investments. Obviously, it’s an area in which the longer you are in, the [unintelligible] and contributes more — and economies of scale start working as well. But we are definitely investing ahead to make sure we are able to be able to serve the customers globally across all the offerings they are interested in.”

Image Credits: Google

“Our strong fourth quarter performance, with revenues of $56.9 billion, was driven by Search and YouTube, as consumer and business activity recovered from earlier in the year,” Ruth Porat, CFO of Google and Alphabet, said. “Google Cloud revenues were $13.1 billion for 2020, with significant ongoing momentum, and we remain focused on delivering value across the growth opportunities we see.”

In today’s earnings call, Porat noted that Workspace is seeing strong growth among large enterprises, “which are signing meaningful, long-term commitment agreements.”

For now, though, Google’s core business, which saw a strong rebound in its advertising business in the last quarter, is subsidizing its cloud expansion.

Meanwhile, over in Seattle, AWS today reported revenue of $12.74 billion in the last quarter alone and operating income of $3.56 billion. For 2020, AWS’s operating income was $13.5 billion.

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
静岡新聞「マスコミやめる」宣言 新聞・テレビも「一人一人と向き合う」
企業・業界動向
2021-01-13 08:32
サードパーティーがユーザーデータを知らぬ間に収集する副次的監視の時代を終わらせよう
セキュリティ
2021-01-19 09:58
Facebookが「個人データ管理ツール」を改訂、8つに細分化されデータ利用の説明も追加
ネットサービス
2021-01-14 16:31
国内産業用ネットワーク機器市場、2021年の前年比成長率は7.8%と予測–IDC調査
IT関連
2021-02-18 16:03
U25の若手エンジニアが対象のオンラインハッカソン開催、第1回のテーマは「位置情報サービス」
IT関連
2021-01-14 22:57
JVCケンウッドが視野角水平120度・解像度片目2560×1440の透過型ヘッドマウントディスプレイ発売
ハードウェア
2021-02-17 01:04
マイクロソフトの量子計算機プラットフォーム「Azure Quantum」がパブリックプレビューに
マイクロソフトが量子計算機プラットフォームを限定プレビュー
2021-02-03 21:17
Vue.js&Nuxt.js超入門
amazon
2021-02-03 21:17
テレビの視聴履歴で番組をリコメンド フジテレビが実証実験 ネット対応テレビを活用
くらテク
2021-01-26 01:44
LINE PayでVisaタッチ決済可能に、「Google Pay」対応でLINEアプリの起動不要
フィンテック
2021-02-05 10:45
カシオとアシックスが価値共創で協業–第一弾はランナー向けコーチングサービス
IT関連
2021-01-27 04:52
「CDK for Terraform 0.1」がリリース、新たにC#とJavaによるインフラ定義をサポート
IT関連
2021-01-20 09:16
「Google Cloud」の小売業者向け新ソリューション、オンラインショッピングの検索やおすすめ強化
IT関連
2021-01-20 18:59
「Nuxt.js」で作ったWebページをインターネットで公開する方法
IT関連
2021-01-29 04:35
米アトランタ地区にT-Mobileとジョージア工科大学のタッグによる5Gインキュベーターが新設
その他
2021-02-20 17:18
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-02-20 17:18