Twitterが描く分散化の未来、包括的なオープンスタンダードに向けた展望はインターネット極右を追い詰めるか

Twitterが描く分散化の未来、包括的なオープンスタンダードに向けた展望はインターネット極右を追い詰めるか サムネイル

今回は「Twitterが描く分散化の未来、包括的なオープンスタンダードに向けた展望はインターネット極右を追い詰めるか」についてご紹介します。

関連ワード (Mastodon、Parler、SNS、Twitter、分散型ソーシャルネットワーク等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


2021年1月中旬、Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、Donald Trump(ドナルド・トランプ)元大統領をプラットフォームから追放するという同社の決定についてついに公式に回答を述べた。同氏は、Twitterは「看過できない異常事態に直面した」のであり、あの決定を「誇らしい」とは思っていないと記している。同氏はその投稿で、Twitterが提言して始めた「Bluesky(ブルースカイ)」と呼ばれる新しい構想について時間をかけて説明した。ブルースカイが目指すのは「ソーシャルメディアのためのオープンな分散型標準」の構築であり、Twitterはその一部となるにすぎないという。

ソーシャルウェブの力関係を根本的に変える可能性がある、まだ初期段階の構想について、ブルースカイに関わる研究者たちがTechCrunchに明らかにしてくれた。

ブルースカイが目指すのは「耐久性のある」ウェブ標準の構築だ。最終的には、インターネット上で発言力を持つユーザーやコミュニティを決める上で、Twitterのようなプラットフォームに責任が集中しないようにすることを目指している。これは、社会的被排除集団の言論を保護する一方で、昨今のモデレーション手法やオンラインでの急進化防止の取り組みを根底から覆す可能性も持っている。

Bitcoin(ビットコイン)に統制のための中央銀行がないように、分散型ソーシャルネットワークプロトコルは中央の統制機構なしで機能する。これはTwitterがブルースカイ上に構築された自社のアプリのみを統制し、プロトコル上の他のアプリは統制しないことを意味する。システムはオープンで独立しているため、アプリケーションはその標準規格全体のコンテンツを表示したり検索したり互いに通信したりできる。Twtitterはこのプロジェクトが既存のTwitter APIの機能を超越することを期待している。目指すのは、さまざまなインターフェイスやキュレーション手法アルゴリズムのアプリケーションを開発者が作成できるようにし、さまざまなモデレーションツールやアイデンティティーネットワークへのプラグアンドプレイアクセスについてTwitterのようなプロトコルを介してエンティティに支払いを行えるようにすることだ。

広く採用されている分散型プロトコルではソーシャルネットワークがより広いネットワークにモデレーションの責任を「移譲」できるが、ブルースカイの初期プロジェクトに関わったある人物は、ユーザーからのアクセスをブロックするアカウントやネットワークをプロトコル上の個々のアプリケーションが決定できるようにすることを提案している。

Parler(パーラー)やGab(ギャブ)のようなソーシャルプラットフォームは、理論的にはブルースカイでネットワークを再構築することで安定性やオープンプロトコルによるネットワーク効果といった恩恵を受けることができるだろう。関係する研究者はまた、このようなシステムが政府の検閲に対抗する効果的な手段となり、世界中の社会的被排除集団の言論を保護することにつながるだろう、と明言している。

関係者がTechCrunchに語ったところによると、ブルースカイの現在のスコープは研究フェーズに限定されているという。分散型テクノロジーコミュニティのさまざまな派閥に属する約40~50名のアクティブなメンバーがソフトウェアの状況を調査し、プロトコルの完成形についての提案をまとめている。Twitterは、今後数週間のうちにプロジェクトマネージャーを雇い、プロトコルそのものの構築に着手する独立したチームを結成したいと考えていることを初期のメンバーに明かしていた。

この動きについて、Twitterの広報担当者からはコメントが得られなかった。

ブルースカイの初期メンバーは2020年初めにTwitterのCTOであるParag Agrawal(パラッグ・アグラワル)氏によって招へいされた。このグループは後に、セキュアなチャットプラットフォームであるElement(エレメント)上でホストされたワーキンググループの参加者であるMastodon(マストドン)やActivityPub(アクティビティパブ)といった、より認知度の高い分散型ネットワークプロジェクトの代表的な人々とも対話の道を開くことにした。

分散型ソーシャルプラットフォームHappening(ハプニング)の創設者であるJay Graber(ジェイ・グラバー)氏は、「Twitterがエコシステム内の既存のオプションを評価するのを支援」するために、Twitterから報酬をもらって分散型ソーシャルエコシステムのテクニカルレビューを書いたとTechCrunchに語っている。

「もしこれを設計したいと(Twitterが)思っていたなら、社内で人を集めてその仕事を割り当てることもできたはずだ。しかし、このちっぽけなブルースカイのグループがTwitterよりも優れている唯一の点は『Twitterではないこと』だ」と、グループの他のメンバーで、プライバシー中心の市民参加型ソーシャルネットワークciv.works(シーアイヴィーワークス)の共同創設者であり、Postmates(ポストメイツ)のシニアソフトウェアエンジニアとして働くGolda Velez(ゴルダ・ベレス)氏は話す。

グループはプロジェクトのスコープについてTwitterの幹部と何度かやり取りを行った後、Twitterが承認したこの構想の目標をまとめた文書を完成させた。この文書では、ブルースカイプロトコルが取り組むべき課題の詳細だけでなく、標準規格に基づいて構築を行うアプリケーション作成者がどのような責任を負うのが最善かという点についても説明されている。

画像クレジット:TechCrunch

上記の文書をTechCrunchも閲覧したが、そこに列挙された課題には、Twitterの最大の欠点のいくつかが要約されている。それには「拡散メカニズムを悪用した論争や暴挙を防ぐ方法」に加え、モデレーションのための「カスタマイズが可能なメカニズム」を開発したいという願望が含まれているが、同文書は、「コンプライアンス、検閲、削除などの最終的な責任を負う」のはプロトコル全体ではなくアプリケーションであると述べている。

「アルゴリズムの問題の解決策はアルゴリズムを除去することではないと思う。投稿を時系列で並べ替えるのもアルゴリズムの機能だ。解決策は、さまざまなアルゴリズムを試して適合性を確認したりおすすめのものを使用したりできるようにして、つけ外し可能なオープンなシステムにすることである」と、ワーキンググループの別のメンバーであるEvan Henshaw-Plath(エバン・ヘンショープラット)氏は述べている。同氏はTwitter創業初期の従業員の1人で、Planetary(プラネタリー)と呼ばれる独自の分散型ソーシャルプラットフォームを構築してきた。

ヘンショープラット氏のプラットフォームはSecure Scuttlebuttプロトコルがベースとなっており、ユーザーはオフラインでも暗号化された方法でネットワークを閲覧できる。ヘンショープラット氏によると、プラネタリーは当初、企業投資とCEOのジャック・ドーシー氏からの個人投資を取りつけるためにTwitterと交渉していたが、プラットフォームの競争力の高さからTwitterの弁護士の間で懸念が生じ、結局、Twitterの共同創業者であるBiz Stone(ビズ・ストーン)氏のベンチャーファンドであるFuture Positive(フューチャー・ポジティブ)からの投資を受けることになったという。ストーン氏はインタビューの依頼には応じなかった。

目標に合意した後、Twitterはより広範なチームがいくつかの共通のコンセンサスに至るものという期待を当初、抱いていたが、グループ内で意見が真っ向から対立したため、Twitterはメンバーからの個別の提案を受け入れることにした。既存の標準を全面的に採用するか進化させるようTwitterに圧力をかける者もいれば、標準規格の相互運用性を早期から追求してユーザーの自然な動向を見るためにブルースカイを推す者もいた。

ブルースカイを標準に組み入れることを望んでいるグループの開発者の1人にマストドンのクリエイターであるEugen Rochko(オイゲン・ロチコ)氏がいる。彼はTechCrunchに、ソーシャルメディアプラットフォームがグローバルに機能するためには大きな変革が必要だと思っていることを話してくれた。

「トランプ氏を追放したのは正しい決断だったと思う。むしろ、少し遅すぎたかもしれない。同時に、この状況は、こういったことを決定するのが米国の一企業であってはならないということを示していると思う」とロチコ氏は本誌に語った。

関連記事:トランプ大統領はこうしてプラットフォームを失った、テック業界にとって前代未聞の歴史的な1週間を振り返る

ロチコ氏も、グループの他のメンバーと同じく、ブルースカイプロトコルに対するTwitterの動機について時おり懐疑的な見方をしてきた。ドーシー氏が2019年に最初の発表を行った直後、マストドンの公式Twitterアカウントは痛烈な批評をツイートし、次のように書いた。「これは車輪の再発明の発表ではありません。Twitterが発表しているのは、GoogleがAndroidをコントロールするように自分たちがコントロールできるプロトコルを構築しようとしているということです」。

今日、マストドンは間違いなく最も成熟した分散型ソーシャルプラットフォームの1つだ。ロチコ氏は、分散型ノードのネットワークに230万人以上のユーザーがいて、数千台のサーバーに広がっていると主張している。2017年の初め、このプラットフォームがTwitterで話題になったことにより、ロチコ氏が寄付ベースモデルの支持を拒否したことに強い関心を示した潜在的投資家と並んで「数十万人」の新規ユーザーが流れ込むことになった。

画像クレジット:TechCrunch

ロチコ氏が集めた注目が、すべて歓迎されたわけではない。2019年、右派過激派が支持するソーシャルネットワークであるGabは、マストドンプラットフォームのオープンソースコードとの統合を行った後、そのプラットフォーム全体をマストドンネットワークに持ち込んだため、マストドンは大量のウェブユーザーを一気に抱え込んで、最も望ましくない責任を負わされる羽目になった。

ロチコ氏はすぐにそのネットワークを否認して、マストドンプラットフォーム上の他のノードとの関係を断ち切り、アプリケーション作成者にも同様の行動をとるよう説得する方向に舵を切った。しかし、右派過激派の温床となることがこの種のプラットフォームの最初の「サクセスストーリー」になってしまったことで、分散化支持者が最も恐れていたことがときを経ず顕在化することとなった。

関連記事:AWSが警告どおり米保守系が集うParlerへのクラウドサービス提供を停止

この恐れの余波は先に、分散型コミュニティにまでおよんだ。米国議会議事堂での暴動の前後にサイト上に暴力的なコンテンツが浮上した後、アプリストアの所有者やネットワークが別の右派ソーシャルネットワークであるParlerをウェブから排除したことで、一部の開発者は自分たちの分散化標準がParlerのアジトにされるのではないかと恐れている。

「ファシストは間違いなくピア・ツー・ピアテクノロジーを利用する。すでにそうしており、その傾向はますます強まる【略】もし主流のインフラストラクチャから追放されたり、人々の綿密な監視を受けたりすれば、そうしようとする動機はますます高まるだろう」と、分散型ネットワーク上での過激派の出現について研究しているEmmi Bevensee(エミ・ベベンシー)氏はいう。「おそらく、極右が悪であると考える人々によって排斥される前に、極右はピア・ツー・ピアで強力な足場を固めることになるだろう」。

最も懸念されているのは、ブルースカイのような取り組みを通じて分散化プラットフォームがコモディティ化されることで、現在のプラットフォームから追放された過激派がその支持者をつなぎ留めておく道を見いだし、一般的なインタネットユーザーに過激化への道をいたずらに提供することになるのではないかということだ。

「今のところ、ピア・ツー・ピアテクノロジーは、全体的に見れば敷居が高いものだが、一部ではそうではない。たとえば現在Cash AppでBitocoinを買うことができる。これはどちらかといえば、このテクノロジーが今後より主流になって、導入の敷居が下がることを証明している」と、ベベンシー氏はTechCrunchに語った。「この脱Parlerの風潮によって、ParlerはIPFSにあまり乗り気ではない支持者を大量に失いかけている。Scuttlebuttは本当にクールなテクノロジーだが、Twitterのように容易に導入できるものではない」。

過激派がプライバシーと強力な暗号化を促進するテクノロジーを採用しようとするのは今に始まったことではないが、Signal(シグナル)やTelegram(テレグラム)のような暗号化チャットアプリは、近年そのような論争の的になっている。ベベンシー氏は、極右の過激派ネットワークが分散型ネットワークテクノロジーを採用するようになったせいで初期の開発者コミュニティの「士気が極めて低下」したこと、さらにその同じテクノロジーが「世界各地の社会的被排除者たち」に利益をもたらす可能性があり、実際にそうなっていると指摘している。

ブルースカイの初期の取り組みに関係する人々は、プロトコルの開発と採用までの道のりはまだ長いと見ているが、Parlerとトランプ大統領に対する最近のプラットフォーム排除によって、他の利害関係者が最終的にこの標準規格との統合にコミットするようになるのではないかと期待している。

ペレス氏は次のように述べている。「現時点で、エンドユーザーだけでなくプラットフォームにとっても、採用する理由はたくさんあると思う。厄介なモデレーションの問題を抱えているのはTwitterだけではない。みんな今が正念場だということをわかっていると思う」。

画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch


【原文】

This week, Twitter CEO Jack Dorsey finally responded publicly to the company’s decision to ban President Trump from its platform, writing that Twitter had “faced an extraordinary and untenable circumstance” and that he did not “feel pride” about the decision. In the same thread, he took time to call out a nascent Twitter-sponsored initiative called “bluesky,” which is aiming to build up an “open decentralized standard for social media” that Twitter is just one part of.

Researchers involved with bluesky reveal to TechCrunch an initiative still in its earliest stages that could fundamentally shift the power dynamics of the social web.

Bluesky is aiming to build a “durable” web standard that will ultimately ensure that platforms like Twitter have less centralized responsibility in deciding which users and communities have a voice on the internet. While this could protect speech from marginalized groups, it may also upend modern moderation techniques and efforts to prevent online radicalization.

Jack Dorsey, co-founder and chief executive officer of Twitter Inc., arrives after a break during a House Energy and Commerce Committee hearing in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, Sept. 5, 2018. Republicans pressed Dorsey for what they said may be the “shadow-banning” of conservatives during the hearing. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg via Getty Images

What is bluesky?

Just as Bitcoin lacks a central bank to control it, a decentralized social network protocol operates without central governance, meaning Twitter would only control its own app built on bluesky, not other applications on the protocol. The open and independent system would allow applications to see, search and interact with content across the entire standard. Twitter hopes that the project can go far beyond what the existing Twitter API offers, enabling developers to create applications with different interfaces or methods of algorithmic curation, potentially paying entities across the protocol like Twitter for plug-and-play access to different moderation tools or identity networks.

A widely adopted, decentralized protocol is an opportunity for social networks to “pass the buck” on moderation responsibilities to a broader network, one person involved with the early stages of bluesky suggests, allowing individual applications on the protocol to decide which accounts and networks its users are blocked from accessing.

Social platforms like Parler or Gab could theoretically rebuild their networks on bluesky, benefitting from its stability and the network effects of an open protocol. Researchers involved are also clear that such a system would also provide a meaningful measure against government censorship and protect the speech of marginalized groups across the globe.

Bluesky’s current scope is firmly in the research phase, people involved tell TechCrunch, with about 40-50 active members from different factions of the decentralized tech community surveying the software landscape and putting together proposals for what the protocol should ultimately look like. Twitter has told early members that it hopes to hire a project manager in the coming weeks to build out an independent team that will start crafting the protocol itself.

A Twitter spokesperson declined to comment on the initiative.

Bluesky’s initial members were invited by Twitter CTO Parag Agrawal early last year. It was later determined that the group should open the conversation up to folks representing some of the more recognizable decentralized network projects, including Mastodon and ActivityPub, which joined the working group hosted on the secure chat platform Element.

Jay Graber, founder of decentralized social platform Happening, was paid by Twitter to write up a technical review of the decentralized social ecosystem, an effort to “help Twitter evaluate the existing options in the space,” she tells TechCrunch.

“If [Twitter] wanted to design this thing, they could have just assigned a group of guys to do it, but there’s only one thing that this little tiny group of people could do better than Twitter, and that’s not be Twitter,” said Golda Velez, another member of the group who works as a senior software engineer at Postmates and co-founded civ.works, a privacy-centric social  network for civic engagement.

The group has had some back and forth with Twitter executives on the scope of the project, eventually forming a Twitter-approved list of goals for the initiative. They define the challenges that the bluesky protocol should seek to address while also laying out what responsibilities are best left to the application creators building on the standard.

Image: TechCrunch

Who is involved

The pain points enumerated in the document, viewed by TechCrunch, encapsulate some of Twitter’s biggest shortcomings. They include “how to keep controversy and outrage from hijacking virality mechanisms,” as well as a desire to develop “customizable mechanisms” for moderation, though the document notes that the applications, not the overall protocol, are “ultimately liable for compliance, censorship, takedowns etc.”

“I think the solution to the problem of algorithms isn’t getting rid of algorithms — because sorting posts chronologically is an algorithm — the solution is to make it an open pluggable system by which you can go in and try different algorithms and see which one suits you or use the one that your friends like,” says Evan Henshaw-Plath, another member of the working group. He was one of Twitter’s earliest employees and has been building out his own decentralized social platform called Planetary.

His platform is based on the secure scuttlebutt protocol, which allows users to browse networks offline in an encrypted fashion. Early on, Planetary had been in talks with Twitter for a corporate investment as well as a personal investment from CEO Jack Dorsey, Henshaw-Plath says, but the competitive nature of the platform prompted some concern among Twitter’s lawyers and Planetary ended up receiving an investment from Twitter co-founder Biz Stone’s venture fund Future Positive. Stone did not respond to interview requests.

After agreeing on goals, Twitter had initially hoped for the broader team to arrive at some shared consensus, but starkly different viewpoints within the group prompted Twitter to accept individual proposals from members. Some pushed Twitter to outright adopt or evolve an existing standard while others pushed for bluesky to pursue interoperability of standards early on and see what users naturally flock to.

One of the developers in the group hoping to bring bluesky onto their standard was Mastodon creator Eugen Rochko, who tells TechCrunch he sees the need for a major shift in how social media platforms operate globally.

“Banning Trump was the right decision though it came a little bit too late. But at the same time, the nuance of the situation is that maybe it shouldn’t be a single American company that decides these things,” Rochko tells us.

Like several of the other members in the group, Rochko has been skeptical at times about Twitter’s motivation with the bluesky protocol. Shortly after Dorsey’s initial announcement in 2019, Mastodon’s official Twitter account tweeted out a biting critique, writing, “This is not an announcement of reinventing the wheel. This is announcing the building of a protocol that Twitter gets to control, like Google controls Android.”

Today, Mastodon is arguably one of the most mature decentralized social platforms. Rochko claims that the network of decentralized nodes has more than 2.3 million users spread across thousands of servers. In early 2017, the platform had its viral moment on Twitter, prompting an influx of “hundreds of thousands” of new users alongside some inquisitive potential investors whom Rochko has rebuffed in favor of a donation-based model.

Image Credits: TechCrunch

Inherent risks

Not all of the attention Rochko has garnered has been welcome. In 2019, Gab, a social network favored by right-wing extremists, brought its entire platform onto the Mastodon network after integrating the platform’s open-source code, bringing Mastodon its single biggest web of users and its most undesirable liability all at once.

Rochko quickly disavowed the network and aimed to sever its ties to other nodes on the Mastodon platform and convince application creators to do the same. But a central fear of decentralization advocates was quickly realized, as the platform type’s first “success story” was a home for right-wing extremists.

This fear has been echoed in decentralized communities this week as app store owners and networks have taken another right-wing social network, Parler, off the web after violent content surfaced on the site in the lead-up to and aftermath of riots at the U.S. Capitol, leaving some developers fearful that the social network may set up home on their decentralized standard.

“Fascists are 100% going to use peer-to-peer technologies, they already are and they’re going to start using it more… If they get pushed off of mainstream infrastructure or people are surveilling them really closely, they’re going to have added motivation,” said Emmi Bevensee, a researcher studying extremist presences on decentralized networks. “Maybe the far-right gets stronger footholds on peer-to-peer before the people who think the far-right is bad do because they were effectively pushed off.”

A central concern is that commoditizing decentralized platforms through efforts like bluesky will provide a more accessible route for extremists kicked off current platforms to maintain an audience and provide casual internet users a less janky path towards radicalization.

“Peer-to-peer technology is generally not that seamless right now. Some of it is; you can buy Bitcoin in Cash App now, which, if anything, is proof that this technology is going to become much more mainstream and adoption is going to become much more seamless,” Bevensee told TechCrunch. “In the current era of this mass exodus from Parler, they’re obviously going to lose a huge amount of audience that isn’t dedicated enough to get on IPFS. Scuttlebutt is a really cool technology but it’s not as seamless as Twitter.”

Extremists adopting technologies that promote privacy and strong encryption is far from a new phenomenon, encrypted chat apps like Signal and Telegram have been at the center of such controversies in recent years. Bevensee notes the tendency of right-wing extremist networks to adopt decentralized network tech has been “extremely demoralizing” to those early developer communities — though she notes that the same technologies can and do benefit “marginalized people all around the world.”

Though people connected to bluesky’s early moves see a long road ahead for the protocol’s development and adoption, they also see an evolving landscape with Parler and President Trump’s recent deplatforming that they hope will drive other stakeholders to eventually commit to integrating with the standard.

“Right at this moment I think that there’s going to be a lot of incentive to adopt, and I don’t just mean by end users, I mean by platforms, because Twitter is not the only one having these really thorny moderation problems,” Velez says. “I think people understand that this is a critical moment.”

(文:Lucas Matney、翻訳:Dragonfly)

Twitter

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

@twitter.com | Twitter

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Twitter | Login

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Twitterへの登録

Twitterアカウントで利用するメールアドレスが他の利用者に公開されることはありません。 アカウント作成後の最初のステップ Twitterで情報源や友だちなどを探し、フォローします。登録後、いくつかのアカウントをフォローし、情報が ...

About Twitter | Our company and priorities

We serve the public conversation. Learn more about Twitter the company, and how we ensure people have a free and safe place to talk.

Twitter - Apps on Google Play

Join the conversation! Retweet, chime in on a thread, go viral, or just scroll through the Twitter timeline to stay on top of what everyone’s talking about. Twitter is your go-to social media app and the new media source for what's happening in the world, straight from the accounts of the influential people who affect your world day-to-day. Explore what’s trending in the media, or get to know thought-leaders in the topics that matter to you; whether your interests range from #Kpop Twitter to politics, news or sports, you can follow & speak directly to influencers or your friends alike. Every voice can impact the world. Follow your interests. ⭐ Tweet, Fleet, Retweet, Reply to Tweets, Share or Like - Twitter is the #1 social media app for latest news & updates. Tap into what’s going on around you. Search hashtags and trending topics to stay updated on your friends & other Twitter followers. Follow the tweets of your favorite influencers, alongside hundreds of interesting Twitter users, and read their content at a glance. Share your opinion. Engage your social network with noteworthy links, photos and videos. DM your friends or reply in a thread. Whether you chat privately or go viral, your voice makes a difference. Get noticed. Twitter allows you to find interesting people or build a following of people who are interested in you. Maintaining a social connection has never been easier! Beyond chatting with friends, Twitter allows influencers to build a personal connection with their fans. Speak directly to the people who influence you - you may be surprised by how many answer back. ✔️ Build your profile: *Customize your profile, add a photo, description, location, and background photo *Tweet often and optimize your posting times 🕗 *Post visual content 🤸 *Use hashtags in your Tweets #️⃣ *Draw in followers outside of Twitter 🌎 Track What’s Trending Discover top trending hashtags and breaking news headlines. Follow media topics, Tweet threads & live videos, to keep your finger on the pulse of what’s happening. Whether you’re interested in sports highlights, pop culture memes or politics, Twitter is your source of information. Join a community Find like-minded friends or explore interests you never knew you had. Get informed on the topics that matter to you, whether your interests are mainstream or niche. You can share content or be a fly on the wall; either way, you’ll discover something new each time you open the app. Find your voice on social media - download Twitter for Android today! Like us on Facebook: https://www.facebook.com/TwitterInc/ Follow us on Instagram: https://www.instagram.com/twitter/?hl=en Privacy Policy: https://twitter.com/en/privacy Terms and Conditions: https://twitter.com/en/tos We share device identifying data with some advertising partners which may include app opens that happen prior to signing up. Please see here for more details: https://help.twitter.com/en/safety-and-security/data-through-partnerships

TweetDeck

TweetDeck is your personal browser for staying in touch with what’s happening now.

Twitter - Google Play のアプリ

Join the conversation! Retweet, chime in on a thread, go viral, or just scroll through the Twitter timeline to stay on top of what everyone’s talking about. Twitter is your go-to social media app and the new media source for what's happening in the world, straight from the accounts of the influential people who affect your world day-to-day. Explore what’s trending in the media, or get to know thought-leaders in the topics that matter to you; whether your interests range from #Kpop Twitter to politics, news or sports, you can follow & speak directly to influencers or your friends alike. Every voice can impact the world. Follow your interests. ⭐ Tweet, Fleet, Retweet, Reply to Tweets, Share or Like - Twitter is the #1 social media app for latest news & updates. Tap into what’s going on around you. Search hashtags and trending topics to stay updated on your friends & other Twitter followers. Follow the tweets of your favorite influencers, alongside hundreds of interesting Twitter users, and read their content at a glance. Share your opinion. Engage your social network with noteworthy links, photos and videos. DM your friends or reply in a thread. Whether you chat privately or go viral, your voice makes a difference. Get noticed. Twitter allows you to find interesting people or build a following of people who are interested in you. Maintaining a social connection has never been easier! Beyond chatting with friends, Twitter allows influencers to build a personal connection with their fans. Speak directly to the people who influence you - you may be surprised by how many answer back. ✔️ Build your profile: *Customize your profile, add a photo, description, location, and background photo *Tweet often and optimize your posting times 🕗 *Post visual content 🤸 *Use hashtags in your Tweets #️⃣ *Draw in followers outside of Twitter 🌎 Track What’s Trending Discover top trending hashtags and breaking news headlines. Follow media topics, Tweet threads & live videos, to keep your finger on the pulse of what’s happening. Whether you’re interested in sports highlights, pop culture memes or politics, Twitter is your source of information. Join a community Find like-minded friends or explore interests you never knew you had. Get informed on the topics that matter to you, whether your interests are mainstream or niche. You can share content or be a fly on the wall; either way, you’ll discover something new each time you open the app. Find your voice on social media - download Twitter for Android today! Like us on Facebook: https://www.facebook.com/TwitterInc/ Follow us on Instagram: https://www.instagram.com/twitter/?hl=en Privacy Policy: https://twitter.com/en/privacy Terms and Conditions: https://twitter.com/en/tos We share device identifying data with some advertising partners which may include app opens that happen prior to signing up. Please see here for more details: https://help.twitter.com/en/safety-and-security/data-through-partnerships

twitter.com

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

Help Center

Get instant answers to the most common questions and learn how to use Twitter like a pro. By using Twitter’s services you agree to our Cookies Use.We use cookies for purposes including analytics, personalisation, and ads.

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
凸版印刷、“くずし字”を解読する画像認識AIを開発 研究機関向けに月額7万円から提供
ロボット・AI
2021-02-17 10:50
AIで泳ぎの映像を自動編集、スイミング上達に活用 ルネサンスが水泳教室で新サービス
ロボット・AI
2021-02-09 07:15
電気代の高騰、経産省が分割払いや支払い猶予など「柔軟な対応」求める 電力小売事業者の救済措置も
くらテク
2021-02-02 17:20
ワイモバイル、iPhone 12 mini、iPhone 12を2月26日から販売開始
IT関連
2021-02-19 12:17
NSSOL、北海道電力・HOTnetの5Gを見据えた自営無線網の適用検証を支援
IT関連
2021-01-22 06:52
GoogleがVRペイントアプリ「Tilt Brush」の開発終了とオープンソース化を発表
VR / AR / MR
2021-01-28 23:36
Robinhoodが連邦議会に召喚される
フィンテック
2021-02-20 20:39
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-02-20 20:39
欧州全域への拡大を目指す英国発の花束ギフトサービスBloom & Wildが約106億円を調達
ネットサービス
2021-02-26 21:44
マッチングアプリのBumbleが株式公開を申請
ネットサービス
2021-01-18 12:19
第二新卒・20代を対象にした「ゲーム業界転職セミナー」、1月23日にオンライン開催
IT関連
2021-01-14 06:03
政策提言レポート「教育機関におけるパブリッククラウド導入拡大に向けた考察」が発表
IT関連
2021-01-19 02:46
「Windows Admin Center」新プレビュー発表–多数の新機能
IT関連
2021-01-19 06:31
横浜銀行、開発したオンラインデータ連携基盤アプリを外部提供へ
IT関連
2021-01-29 12:41
NTTデータ、スマートシティー新ブランド「SocietyOS」を立ち上げ
IT関連
2021-01-29 18:18
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-01-29 18:18