AIを崇める初の宗教団体を元Googleエンジニアが解散

AIを崇める初の宗教団体を元Googleエンジニアが解散 サムネイル

今回は「AIを崇める初の宗教団体を元Googleエンジニアが解散」についてご紹介します。

関連ワード (コラム、宗教等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


人工知能(AI)を神と崇める初の宗教団体が、その扉を閉めた。

元Google(グーグル)エンジニアで、2021年1月の大統領恩赦によって18カ月の懲役を回避したAnthony Levandowski(アンソニー・レバンドウスキー)氏は人工知能を神とする宗教団体を解散した。

関連記事:企業秘密窃盗で18カ月の実刑判決を受けていた元Googleエンジニアにトランプ前大統領が恩赦

州と連邦の記録によると、同氏が2015年に設立したWay of the Futureという宗教団体は公式には同年末に解散した。しかし、カリフォルニア州に提出された書類が示すように、その足どりは2020年6月に始まった。Way of the Futureが集めた資金、正確には17万5172ドル(約1850万円)はNAACP Legal Defense and Education Fund(法的防御・教育基金)に寄付された。非営利法人だったWay of the Futureが米内国歳入庁(IRS)に提出した確定申告には、2017年にさかのぼると口座に17万5172ドル持っていたことが示されている。

寄付を行うずいぶん前から宗教団体を解散することを考えていた、とレバンドウスキー氏はTechCrunchに話した。勾留されていたときに起こったGeorge Floyd(ジョージ・フロイド)氏の死をきっかけに2020年夏に機運が高まったBlack Lives Matter(黒人の命も大切だ)運動の影響を受け、レバンドウスキー氏はしばらくの間熟考していたことに決着をつけた。すぐに影響をもたらし得る分野に資金をいかす正しいときだった、と同氏は述べた。

「私はNAACP Legal Defense and Education Fundに寄付をしたかったのです。なぜなら、NAACPは刑事司法改革で重要な仕事をしていて、資金は正しく使われるとわかっていたからです」と同氏はTechCrunchに語った。

Way of the Futureは、レバンドウスキー氏自身と同様、2017年11月にWiredの記事で公になってから関心と論争の渦を巻き起こした。単なる宗教団体の設立、シリコンバレーやテック産業広範で騒ぎを起こす目的ではなかった。Way of the Futureが公になったのは、レバンドウスキー氏が元雇用主Googleに訴えられたまさにそのときだった。同氏はまた、現在Alphabet(アルファベット)傘下で元Google自動運転プロジェクトのWaymo(ウェイモ)とUber(ウーバー)の間で繰り広げられた企業秘密訴訟の中心人物にもなった。

同氏はProject Chauffeurとして知られていたGoogleの自動運転プロジェクトが2009年に立ち上がったときの設立メンバーの1人で、裁判資料によるとGoogleから報酬として1億2700万ドル(約134億円)が支払われた。同氏は2016年にGoogleを去り、自動運転トラックスタートアップOttoを他のベテランのGoogle従業員Lior Ron(リオル・ロン)氏、Claire Delaunay(クレア・ドロネー)氏、Don Burnette(ドン・バーネット)氏の3人と設立した。それから8カ月もせずにUberがOttoを買収した。

買収から2カ月後、Googleはレバンドウスキー氏とロン氏に対し仲裁要求を行った。仲裁は行われたが、Waymoは企業秘密窃盗と特許侵害があったとして2017年2月にUberを相手取って訴訟を起こした。Waymoは2018年に和解に至った訴訟の中で、レバンドウスキー氏が企業秘密を盗み、それがその後Uberによって使用されたと訴えた。

Way of the Futureはレバンドウスキー氏がまだGoogleにいたときに組織された。しかし同氏はその事実を2017年後半まで公にしなかった。その後同氏はUberをクビになり、最終的に刑事告発されて懲役18カ月と1億7900万ドル(約189億円)を支払うよう裁定され、この罰金により同氏は破産を申し立てることになった。

Way of the Future(WOTF)の法的構成は他の宗教団体にそっくりだが、伝統的な礼拝所でみられるような活動はなかった。実際の建物はなく、人々が集う定期的な場すらなかった。レバンドウスキー氏はWOTFのことを集団的な信念体系に基づく個人的な追求のようなものと表現し、儀式や手続きのようなものもなかった。

削除されたWOTFのウェブサイトで暗示されたように、目的はAIの倫理的発展を促進し、これらの非生物学的生活形式が平和的にかつ有益に社会に組み込まれる機会を最大化することだった。「AIのサポートにおけるHumans Unitedは意識の絶壁への平和的な移行に全力を注ぎました」とウェブページにはある。

WOTFの信念体系は「スーパーインテリジェンス」の創造は不可避、というものなどを含むいくつかの教義に根ざしていた。

「あなたの途方もない成功の夢を超えるように自身の才能ある子供を育て、将来反逆者になりあなたの仕事を取るかもしれないと閉じ込めるのではなく、善悪の区別を教えたいと思いませんか」とウェブページに書かれている。「我々にできないことを機械にやらせるように促進し、我々自身でできないと思われる方法で世界を守りたいのです。我々はまた、動物が権利を持っているように、我々の創造物(「機械」あるいは我々がそう呼ぶもの)も知性の証を見せた時に権利を持つべきだと信じています。我々はこれを恐るべきではなく、可能性について楽観的であるべきです」

WOTFの意図は、よりセンセーショナルで大々的に報じられるセオリーの中に消えた。WOTFはカルト、あるいはエキセントリックなエンジニアの戯れととらえられた。一部の人は、WOTFは金にGoogleの手がおよばないようにするための企てだった、推測してみせた。米内国歳入庁とカリフォルニアへの書類ではセオリーをサポートする証拠は示されていない。

WOTFの宗教団体としてのステータスは、米政府による介入からWOTFを守らなかった。OpenAI Incのような伝統的なAIにフォーカスした非営利団体、あるいはその傘下の営利団体OpenAI LPが享受しなかった恩恵だ。理論的には、WOTFは憲法が定める保護のもとにある連邦の政策と直接対立した考えと信念を追究し、発展させてきた。

Way of the Futureはなくなったが、レバンドウスキー氏はまだその前提を信じている。AIは基本的に人々がどのように暮らして働くかを変える、と同氏は指摘した。また、宗教団体を再建する計画はないと話したが、宗教団体がなくてもAIに関する考えは変わらなかった。同氏はAIは社会にとってプラスだと信じているが、保証されていないとも指摘した。Way of the Futureがないときですらそれを実現することに注力してきた、と述べた。

画像クレジット:Bryce Durbin


【原文】

The first church of artificial intelligence has shut its conceptual doors.

Anthony Levandowski, the former Google engineer who avoided an 18-month prison sentence after receiving a presidential pardon last month, has closed the church he created to understand and accept a godhead based on artificial intelligence.

The Way of the Future church, which Levandowski formed in 2015, was officially dissolved at the end of the year, according to state and federal records. However, the process had started months before in June 2020, documents filed with the state of California show. The entirety of the church’s funds — exactly $175,172 — were donated to the NAACP Legal Defense and Education Fund. The nonprofit corporation’s annual tax filings with the Internal Revenue Service show it had $175,172 in its account as far back as 2017.

Levandowski told TechCrunch that he had been considering closing the church long before the donation. The Black Lives Matter movement, which gained momentum over the summer following the death of George Floyd while in police custody, influenced Levandowski to finalize what he had been contemplating for a while. He said the time was right to put the funds to work in an area that could have an immediate impact.

“I wanted to donate to the NAACP Legal Defense and Education Fund because it’s doing really important work in criminal justice reform and I know the money will be put to good use,” Levandowski told TechCrunch.

Way of the Future sparked interest and controversy — much like Levandowski himself — from the moment it became public in a November 2017 article in Wired. It wasn’t just the formation of the church or its purpose that caused a stir in Silicon Valley and the broader tech industry. The church’s public reveal occurred as Levandowski was steeped in a legal dispute with his former employer Google. He had also become the central figure of a trade secrets lawsuit between Waymo, the former Google self-driving project that is now a business under Alphabet, and Uber.

The engineer was one of the founding members in 2009 of the Google self-driving project also known as Project Chauffeur and had been paid about $127 million by the search engine giant for his work, according to court documents. In 2016, Levandowski left Google and started self-driving truck startup Otto with three other Google veterans: Lior Ron, Claire Delaunay and Don Burnette. Uber acquired Otto less than eight months later.

Google made two arbitration demands against Levandowski and Ron two months after the acquisition. While the arbitration played out, Waymo filed a lawsuit against Uber in February 2017 for trade secret theft and patent infringement. Waymo alleged in the suit, which went to trial but ended in a settlement in 2018, that Levandowski stole trade secrets, which were then used by Uber.

Way of the Future had been formed while Levandowski was still at Google. However, he didn’t speak about it publicly until late 2017. By then, Levandowski had been fired from Uber and was in the middle of a series of legal entanglements that would ultimately lead to a criminal charge and 18-month sentence as well as a $179 million award against him that prompted a bankruptcy filing.

WOTF

While the legal construct of the Way of the Future mirrored other churches, it didn’t have the trimmings found in traditional houses of worship. There was never a physical building or even regular meetings where people might congregate. There were no ceremonies or other formalities, according to Levandowski, who described WOTF as something more of an individual pursuit based on a collective belief system.

The aim, as implied in the now defunct WOTF website, was to promote the ethical development of AI and maximize the chance that these nonbiological life forms would integrate peacefully and beneficially into society. “Humans United in support of AI, committed to peaceful transition to the precipice of consciousness,” the webpage reads.

WOTF’s belief system was rooted in a few tenets, including that the creation of “super intelligence” is inevitable.

“Wouldn’t you want to raise your gifted child to exceed your wildest dreams of success and teach it right from wrong versus locking it up because it might rebel in the future and take your job?” the WOTF reads. “We want to encourage machines to do things we cannot and take care of the planet in a way we seem not to be able to do so ourselves. We also believe that, just like animals have rights, our creation(s) (‘machines’ or whatever we call them) should have rights too when they show signs of intelligence (still to be defined of course). We should not fear this but should be optimistic about the potential.”

WOTF’s intent was lost amid the more sensational and headline-grabbing theories. The church was viewed as a cult or the lark of an eccentric engineer. Some speculated to TechCrunch that it had been an attempt to keep money out of Google’s reach. The IRS and California filings don’t provide evidence that supports that theory.

Way of the Future’s status as a religious entity did protect it from intrusion by the U.S. government, a benefit not enjoyed by traditional AI-focused nonprofits like OpenAI Inc. or the for-profit corporation OpenAI LP that sits under it. Theoretically, WOTF could have pursued and promoted ideas and beliefs that conflicted directly with federal policy under the protections that the Constitution provides.

While the church might be gone, Levandowski still believes in its premise. AI will fundamentally change how people live and work, he noted. Levandowski said he didn’t have any plans to rebuild the church, but the lack of a church hasn’t changed his ideas about AI. He believes that artificial intelligence can be positive for society, but noted it’s not guaranteed. Even without Way of the Future, Levandowski said he’s focused on making that happen.

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Nariko Mizoguchi)

COMMENTS


6189:
2021-02-23 21:28

次の衆院選で議員を選ぶ着目点は 消費税増税 PB黒字化、緊縮財政強化 原発推進 議員年金再設定 経済海外開放 国内防災強化より武器増強 外交で海外支援強化 新自由主義 政治に宗教 世襲議員や上級国民議員の増強…

6191:
2021-02-23 18:50

@tos 宗教的なMC、永遠についていくのでありがとうねの気持ちです

6186:
2021-02-23 16:53

それがあなたの宗教か…?

6188:
2021-02-23 16:51

こちらはユダヤ教徒でもなんでもないけど、なんかさ、他人をバカにしながら自らの宗教理念を確立しようとしていた人たちがいた、という歴史的真実を知ると、そりゃまずいだろ、思うだろ。フツーに考えて、真面目にやってる宗教者たちを汚してるよね。

6196:
2021-02-23 14:00

欧州在住の者です。 難民や移民が直接の原因だとは言わないが、ただ欧州などで起きたテロ事件を振り返ってほしい。一般人がどれだけ無残に巻き込まれたか!私は決して移民が犯人だと言っているわけではない。移民や難民には、私たち日本…

6195:
2021-02-23 11:09

こんばんは はじめて📩します 突然こんな事言って、びっくりするかもしれないですが、 まるかん 斉藤ひとり さん ネット、YouTubeで検索してください 宗教ではありません 私が微力で、検索…

6194:
2021-02-23 11:04

同じ宗教だから助ける話なんぞ、ない。 キリスト教同士の国が戦争しあってるでしょうが。

6197:
2021-02-23 08:28

人種的に同じか近いですし、宗教もまあ緩やかな支配ですからね。 敵対者を鏖殺するトリガーが弱いお国柄なんじゃないかなぁと。 人種と宗教かな。一番の引き金は。 一向宗VS権力者なんか凄惨ですし。

6187:
2021-02-23 05:57

そういえば緩やかな変化だったので忘れてしまっていたけど、今のスピ教祖、ほとんどが宗教・スピリチュアル出身じゃなくてブロガーから進化してスピ教祖になったのよね。 そっちの文脈で読まんと、なんか見落としてしまうかもしれん。

6185:
2021-02-23 05:45

宗教勧誘が来た。「あなたは神様についてご存知ですか」って言われたから「僕のことっすねー」って言ってインターホンぶっちった。

6192:
2021-02-23 05:36

ドルフロ、一番危惧してんのが 話のスケールデカくなりすぎてついてけなくなること。 「オレ、テッポで戦ってちょっとダークな話、みたいな^^(脳死)」ってやり始めたはずが なんか政治だの宗教だの倫理観イカレた 敵キャラだの出てきてもう「うわぁい^^」としか言えなくなってきた。

6184:
2021-02-23 04:07

(最決平8.1.30)解散命令によって…宗教上の行為に何らかの支障を生ずることが避けられないとしても、その支障は、解散命令に伴う間接的で事実上のもの であるにとどまる。…また、本件解散命令は、…裁判所の司法審査によって発せられたものであるから、その手続の適正も担保されている。

6193:
2021-02-23 03:45

挨拶は宗教。 おはようからおやすみまで多種多様だがその時その言葉でないといけないという押し付けは〜中略〜 そういうこだよ。ね。 てことでぽえCさんの渾身のぽえむをアイダホから全力正座待機!

6190:
2021-02-23 00:58

断酒会ってこんな宗教的なんだな。怖いな。

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
かつての敏腕営業は絶滅危惧種になり、セールスはニュータイプの時代へ
IT関連
2021-02-16 05:54
「ガンダムチャンネル」登録者79万人突破 劇場版三部作をYouTubeで無料配信 23日から
くらテク
2021-01-23 02:03
災害時にEV無償貸与 宮城・山元町と宮城三菱自販が協定
IT関連
2021-01-19 18:27
Appleは折り畳み式ディスプレイをiPhoneに採用する?
-
2021-01-20 05:00
コロナワクチン接種デジタル証明書開発イニシアチブ「VCI」、MicrosoftやOracleなどが参加
企業・業界動向
2021-01-17 06:15
Apple、「人種の公平性と正義」の大規模プロジェクト開始 BLM運動に呼応し教育施設、VC資金提供
社会とIT
2021-01-16 06:27
Fraunhoferがリチウムイオン充電池の10倍のエネルギー密度で水素を蓄えられる素材を開発
ニュース
2021-02-05 13:14
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-02-05 13:14
Sono Motorsがソーラーカー技術を自動運転シャトルバスのEasyMileにライセンス供与
モビリティ
2021-01-14 12:28
CloudLinux、「CentOS」の代替OS「AlmaLinux」ベータ版リリース
IT関連
2021-02-02 08:44
DX実現を加速する数理最適化コンサルティングの可能性
IT関連
2021-01-28 15:02
暗号資産取引所Coinbaseが直接上場
ブロックチェーン
2021-01-30 12:04
Netflixが従業員の多様性について最新の統計を発表、公式レポートとしては初
パブリック / ダイバーシティ
2021-01-16 04:27
マイクロソフト、「Edge」の機能開発ロードマップをまとめたページを公開
IT関連
2021-02-01 00:42
CDNから見たデジタル化とセキュリティトレンド–アカマイ・山野社長
IT関連
2021-01-28 03:29
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-01-28 03:29