屋内農業向け水質・土壌管理システムを手がけるデンマークのNordetectが約1.6億円調達

屋内農業向け水質・土壌管理システムを手がけるデンマークのNordetectが約1.6億円調達 サムネイル

今回は「屋内農業向け水質・土壌管理システムを手がけるデンマークのNordetectが約1.6億円調達」についてご紹介します。

関連ワード (Nordetect、資金調達、農業等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


屋内農業が拡がりを見せている中、屋内作物の効率と品質の向上を目指して、より優れたデータやモニタリングツールを事業者に提供する新しい企業が続々と誕生している。

そのうちの1つ、コペンハーゲンに本社を置くNordetect(ノルディテクト)は、政府系投資会社やSOSVのような伝統的なアクセラレータから約150万ドル(約1億6300万円)の資金を調達。垂直型農場における養分や水質の監視・管理の方法を改善するという技術を携え、米国市場に参入しようとしている。

温室や倉庫を使った管理農業は、植物が最適な生育条件で育つように、投入物のあらゆる側面を管理できるという利点がある。しかし、単に地面に種を蒔くよりもはるかにコストは高くなる。

このような農業の支持者たちは、水の使用効率を高めたり、農薬や肥料の使用を減らしたり、より品質の高い、美味しい農作物を栽培することで、追加費用を抑えることができると提案している。

そこで登場したのが、Keenan Pinto(キーナン・ピント)氏とPalak Sehgal(パラック・セーガル)氏によるNordetectだ。共同設立者の2人は、8年前にインドで大学生だった頃からの知り合いだ。2人は修士課程で一緒に学び、セーガル氏が植物の開花システム、ピント氏は根を専門に、植物のバイオエンジニアリングに取り組んだ後、2人はよりデジタルな分野に進んだ。だが、植物への強い興味は変わらず、お互いに連絡を取り合っていた。

セーガル氏は医療診断、ピント氏は研究機器の開発という専門的な仕事に従事し、2人とも多忙な日々を送っていたが、植物科学と土壌の健康に関する議論は続けていた。

約3年前、2人は水質監視と土壌の健康管理を組み合わせたツールキットのアイデアを思いついた。セーガル氏はそれまで勤めていたインド工科大学を辞め、コペンハーゲンでピント氏と合流し、Nordetectの事業案の核となる技術の開発を始めた。

同社の技術は、分析装置とカートリッジで構成されている。カートリッジとは、マイクロ流体チップのことで、ユーザーがこれを水槽に挿入してサンプルを採取する。この装置が収集したデータをもとに、農場主は水に入れる栄養素をコントロールして、色や味などの形質を最適化することができると、ピント氏は語っている。

画像クレジット:Shutterstock/Francesco83

Nordetectは2017年にSOSVのアクセラレーター「HAX(ハックス)」に受け入れられ、今回が初めての起業となる2人の創業者は、デンマークから深センに移って事業の開発を始めた。2018年末、同社はデンマークに戻り、SOSVとRockstart(ロックスタート)から少量の追加資本を調達した。

2020年になると、同社は垂直農法が拡大している状況を見て、当初は土壌モニタリングツールだったものに水質モニタリング機能を追加して、屋内農業をサポートするようにした。そこからビジネスが軌道に乗り始めたと、ピント氏はいう。

「興味深いのは、屋外と屋内の市場を比較したときのことです。屋外では少々保守的に感じられましたが、屋内はもっと積極的な印象を受けました。この牽引力のおかげで、今回の資金調達ラウンドでは150万ドルを集めることができました」と、ピント氏は語っている。

今回のラウンドには、Rockstart、Preseed Ventures(プレシード・ベンチャーズ)、SOSV、デンマーク政府の成長基金、そしてニューヨーク州ロチェスターの光エレクトロニクス技術に特化したアクセラレータであるLuminate(ルミネイト)が参加した。

Luminateの参加は、Nordetectが米国に進出する理由の1つだが、それだけではない。同国には、室内農業の企業に資金を提供する資本もある。米国で最大の垂直農法企業であるPlenty(プレンティ)とBowery Farming(バワリー・ファーミング)は、それぞれ5億4100万ドル(約589億円)と1億6700万ドル(約182億円)を調達している。

「垂直農法は、データファーマーズと呼ばれる人々を生み出しています」と、ピント氏はいう。「そこでは、生産物の各束は学習のために使われており、出力よりもデータの方が重要です。私たちはこの市場を足がかりとして利用しました」。

関連記事:垂直農園による果物や野菜の室内栽培を手掛けるPlentyが約147億円を追加調達、累計調達額は約526億円に

画像クレジット:Bowery Farming Inc. under a license.


【原文】

As indoor farming expands, a number of new companies are cropping up to provide better data and monitoring tools for the businesses aimed at improving efficiencies and quality of indoor crops. 

One of these companies, the Copenhagen-based Nordetect, is entering the U.S. market with around $1.5 million in funding from government investment firms and traditional accelerators like SOSV, with a tech that the company claims can give vertical farms a better way to monitor and manage nutrients and water quality.

Controlled agriculture, whether in greenhouses or warehouses, benefits from its ability to administer every aspect of the inputs to ensure that plants have the optimal growing conditions. It is, however, far more expensive than just seeding the ground.

Proponents say that these farms can overcome the additional expense by improving efficiency around water use, reducing the application of pesticides and fertilizer, and cultivating for better, tastier produce.

That’s where Keenan Pinto and Palak Sehgal’s Nordetect comes in. The two co-founders have known each other since they were undergraduates in India eight years ago. They went on to do their masters’ work together and after working in bioengineering plants — Sehgal focused on flowering systems in plants and Pinto focused on roots — they both went into more digital fields — but maintained their fascination with plants and kept in touch with each other.

Professional work in medical diagnostics for Sehgal and lab instrumentation for Pinto kept both busy, but they continued their discussions around plant science and soil health.

Roughly three years ago, the two hit on the idea for a combined toolkit for water quality monitoring and soil health. Sehgal left the India Institutes of Technology, where she had been working, and joined Pinto in Copenhagen to begin developing the tech that would form the core of Nordetect’s business proposition.

The company’s technology consists of an analyzer and a cartridge, a microfluidic chip that users can insert into their water tank to take a sample. From the data that the device collects, farmers can control the nutrients they put into the water to optimize for traits like color and flavor, Pinto said.

Image Credits: Shutterstock/Francesco83

The company was accepted into SOSV’s Hax accelerator in 2017 and the two first-time founders moved from Denmark to Shenzhen to begin developing the business. In late 2018 the company moved back to Denmark and raised a small amount of additional capital from SOSV and Rockstart.

By 2020, watching the expansion of vertical farming, the company took what had initially been a soil-monitoring tool and added water-quality monitoring features to support indoor farming. That’s when the business started taking off, according to Pinto.

“One of the interesting things is when I consider the outdoor versus the indoor markets. The outdoor felt a bit conservative… the indoor seems much more forthcoming… and that traction allowed us to pull together this funding round $1.5 million,” Pinto said. 

The new round came from Rockstart, Preseed Ventures, SOSV, the government of Denmark’s growth fund, and Luminate, a Rochester, New York-based accelerator that focuses on optical electronics technology.

Luminate’s participation is one reason why Nordetect is coming to the U.S., but it’s hardly the only reason. There’s also the capital that has come in to finance indoor ag companies. The two largest vertical farming companies in the U.S., Plenty and Bowery Farming, have raised $541 million and $167 million, respectively.

“The vertical movement has put people into the position where they are what I call data farmers,” said Pinto. “Each batch of produce is being used to learn and the data is more important than the output. We used this market as a beachhead.”

(文:Jonathan Shieber、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

資金調達 - Wikipedia

資金調達 (しきんちょうたつ、 英: Funding; financing )とは、事業に必要な 資金 を調達することをいう。

資金調達の方法一覧

資金調達の方法は、アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスに分けられます。資産の有無や望む現金化の形態に応じた選び方が求められます。会社にあった資金調達方法を実行することが大切です。

資金調達とは何? Weblio辞書

資金調達とは?OR事典。 読み方:しきんちょうたつ【英】:financing所要資金を集めることで, 資金には設備などの固定資産に用いる長期資金と, 現預金・売掛金・在庫などの流動資産に充てる短期資金とがある. 前者は主に株式...

資金調達|中小機構

「資金調達」を掲載しています。中小機構は、中小企業政策の実施機関として、成長ステージや経営課題に応じた支援メニューで中小企業の成長をサポートします。

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリット ...

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリットデメリット | 資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

資金調達の種類・方法を徹底比較!【ベンチャー ...

資金調達の方法は主に以下の3種類です。 アセット・ファイナンス デッド・ファイナンス エクイティ・ファイナンス ここでは、それぞれの資金調達方法の特徴やどのような企業に向いているのかなどを紹介します。また、その他の資金調達方法として、クラウドファンディングについても解説 ...

株式会社と資金調達。知っておくべき調達方法とは | クラウド ...

公開日:2020/08/21 株式会社が資金調達を必要とするのは、創業前の設立資金と創業後の運転資金や設備資金です。資金が必要になる理由も、事業拡大やセーフティネットとしての機能を期待した時など様々です。 経営者であれば、いざという時に備えて資金調達...

資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ【2020 …

起業を考えている方の大きな悩みになるのはやはり資金。最初は小さく事業をスタートしたとしても、事業が拡大していくにあたって資金が必要になったり、最初に投資をするような事業の場合には自己資金だけでは、なかなか事業が立ち上がらないということもあります。ここでは、資金調達の全体概要と、それぞれのメリット、デメリットなどを丁寧に解説したいと思います。

創業・起業の資金調達方法11選! 起業に使える資金調達の方 …

創業・起業して間もない場合、「資金を預けるべきか」を判断する信用情報が少ないため、起業に使える資金調達方法は限られています。 そのため、事業計画書を作成して審査を受ける必要があり、審査に通るかは「事業計画書の内容」で決まると言っても過言ではありません。 今回は、創業・起業に使える資金調達方法を11種類に分け

銀行の融資以外で資金調達はできるの?

加工食品への異物混入が、ひところ企業になりましたが、近頃は下火になりつつありますね。いうを止めざるを得なかった例の製品でさえ、飲食店で盛り上がりましたね。ただ、飲食店が改良されたとはいえ、売却が入っていたのは確かですから、資金調達を買うのは無理です。基礎ですよ。よりにもよって。ああオソロシイ。理由を愛する人たちもいるようですが、資金調達混入はすでに過去のものとしてスルーできるのでしょうか。飲食店がそれほど価値のあるおいしさだとは思えないのですが。

開業と資金調達の基礎知識!開業前、開業後の資金調達 ...

最終更新日:2021/02/01 美容室や飲食店、ネットショップなど、どのような事業であっても個人事業主として開業しようと思ったら、当然ですが資金調達が必要になります。 車や備品を購入したり、仕入れをしたり、...

起業・創業・資金調達 すべての起業家を応援する「創業手帳」

日本全国で毎月登記される法人約10,000社に届く唯一の冊子「創業手帳」のWeb版。起業・創業・資金調達に役立つノウハウの情報収集はもちろん、会員登録で事業計画書作成ツールの利用やホームページ代わりに使える情報掲載サイトの利用なども無料で使えます。日本で創業する全ての起業家が集う国内最大級のポータルサイトです。

資金調達freee

資金調達freeeで. あなたに合った調達手段を比較・申し込み. 複数金融機関等の中から、最適な資金調達手段を検索・比較。. freee finance labの独自試算に基づき、審査通過可能性の診断を行います。. さらに、事業でご利用の銀行口座を登録いただくことで、試算条件が自動的に改善していきます。.

今さら聞けない!資金調達とは?事業成功のための調達方法を ...

 · 負債を増やす資金調達方法として、 「公的融資」「銀行融資」「ビジネスローン」「手形割引」「社債」「売掛債権担保路融資」 などがあります。. 公的融資とは、国や地方公共団体から事業資金などを借りる融資方法です。. 政府系金融機関には「日本政策金融公庫」「商工組合中央金庫」があります。. 創業者に対する創業融資などもしていて、事業を ...

資金調達freee | freee finance lab

資金調達freee データを入れれば、調達できる手段が事前に分かる 金融商品を見比べて 賢い資金調達の選択を ...

2020年の合計資金調達額は6800億円!時価総額、資金調達 ...

この国を動かしているのは、誰もが知る有名老舗企業だけではない。まだ誕生して間もない、名前も聞いたことのないような新興企業が驚くべき製品・サービスを提供し、より良い社会に貢献していることもある。そ...

EVの業績底上げ・資金調達には「飛び道具」を使え!炭素税 ...

空前のグリーンバブルである。世界的な金余りと主要国の環境関連産業への補助金バラマキで、巨額マネーがEV関連企業にも流入している。そうした中、新興企業が「非・伝統的な」方法で巨額の資金を調達したり、旧来の自動車メーカーがベンチャー投資を通じて資金・技術を獲得したりと、多種多様な「業績底上げ・資金調達」手段を駆使し始めている。賢い方法で次世代技術の育成に必要な原資を得ることも、EVシフトの乱世を生き抜くには有効な手段になりつつあるのだ。

山形県の資金調達に強い専門家 融資や資金調達に強い専門家を ...

山形県で資金調達に強い専門家を紹介しています。事業を円滑にすすめるために必要なのは「人・物・金」ですが、その中でも「金」が不足してしまうと事業が機能しなくなってしまいます。そのため事業資金を常に確保しておく必要があります。事業資金に不安があるときにはさまざまな資金調達を活用することになりますが、その際には専門家に相談したほうがよいでしょう。

トップは年間316億円を調達、2020年の国内スタートアップ資 …

新型コロナウイルスが日本経済に暗い影を落とした2020年。こうした中、多額の資金調達に成功した成長著しいスタートアップはどんな会社で、また、どんな事業を推進しているのだろうか?成長産業支援事業を推進...

資金調達ナビ|弥生株式会社

弥生株式会社が提供する「資金調達ナビ」は、事業者の資金調達を支援するために借入や補助金・助成金など、様々な手法を紹介するサイトです。スモールビジネス、小規模・中小企業の資金調達をサポートいたします。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
IIJのリモートアクセスサービス、契約デバイス数が10万台突破–他社からの乗り換えも
IT関連
2021-02-09 11:34
コロナ禍で存在感増す「ソニックトリガー」 音声サービスに勢い
IT関連
2021-03-10 20:49
「スマートマスク」も登場、2021年に注目のテクノロジーとは?
IT関連
2021-02-08 12:22
米国小型株のリベンジに乗る?–景気回復に先行する特性に注目
IT関連
2021-02-26 18:34
「CDK for Terraform 0.1」がリリース、新たにC#とJavaによるインフラ定義をサポート
IT関連
2021-01-20 09:16
スウェーデンのデータ監視機関が警察によるClearview AI使用は違法と判断
セキュリティ
2021-02-14 12:01
書く瞑想アプリ「muute」がAppStoreのヘルスケア/フィットネス領域で1位獲得、新機能も発表
ヘルステック
2021-01-30 18:24
AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験突破講座 - 初心者向け20時間完全コース-
Udemy
2021-01-30 18:24
「Windows 10」次期機能アップデート「21H1」はどうなる?
IT関連
2021-03-18 13:52
マイクロソフトの「Azure」マーケティング担当幹部ジュリア・ホワイト氏がSAPに移籍へ
IT関連
2021-01-19 06:25
台風の雲をリアルに再現、直感操作も KAUSTやGoogleなど「Stormscapes」開発 :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-02-27 13:14
SHOWROOM、誹謗中傷コメントの監視AIを開発 “遠回しな言い方”でも事前検知してブロック
ロボット・AI
2021-02-23 16:19
aiboが“黒ごまアイス”カラーに ソニー、21年限定カラーを発表
ロボット・AI
2021-01-19 20:47
Visaタッチ対応改札の実証実験がスタート 反応速度は? 設置した南海電鉄の狙い【動画あり】 (1/3 ページ)
くわしく
2021-04-06 12:30
隊士必携「鬼殺隊」音楽プレイヤー、オンキヨーが発売 「紅蓮華」など収録
くらテク
2021-02-03 05:35
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-02-03 05:35