プライバシー重視のブラウザ開発Braveが独自の検索エンジンを発表、欧州版Firefoxの元開発者と技術の協力で

プライバシー重視のブラウザ開発Braveが独自の検索エンジンを発表、欧州版Firefoxの元開発者と技術の協力で サムネイル

今回は「プライバシー重視のブラウザ開発Braveが独自の検索エンジンを発表、欧州版Firefoxの元開発者と技術の協力で」についてご紹介します。

関連ワード (Brave、ウェブブラウザー、プライバシー、検索エンジン等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Mozillaの元CEOであるBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏によって共同設立されたプライバシー重視のブラウザ開発企業Braveは、デスクトップとモバイル向けに独自ブランドの検索エンジンをローンチする準備を進めている。

Braveは米国時間3月3日、Cliqzアンチトラッキング検索ブラウザコンボ(現在は廃止されている)の開発チームが開発したオープンソース検索エンジンの買収を発表した。このテクノロジーは来るべきBrave Searchエンジンを支えることになるだろう。同社は「Big Tech(ビッグテック)」によるものではない検索とブラウジング体験を何百万ものユーザーに提供していく予定だ。

「今日の検索エンジンのほとんどは、ビッグテック企業の検索結果に基づいて作られています。対照的に、Tailcatの検索エンジンは完全に独立したインデックスの上に構築されており、プライバシーを犠牲にすることなく、人々が期待する品質を提供することができます」とBraveは買収発表のプレスリリースに記している。

「Tailcatは、検索結果を向上させるためにIPアドレスを収集したり、個人を特定できる情報を使用することはありません」。

Cliqzはプライバシーに重点を置いたMozillaのFirefoxブラウザのヨーロッパ版であり、同社の主要株主であるHubert Burda MediaはGoogleに代わるブラウザを開発しようと複数年にわたる取り組みを続けていたが、パンデミックで厳しい取引環境が続いたことを受け、早期撤退を余儀なくされ、2020年5月に閉鎖された。

以前のCliqz開発チームはその後Tailcatで働いていたが、買収の一環としてBraveに移った。エンジニアリングチームを率いるのはJosep M Pujol(ジョセップ・M・プジョル)博士で、同氏はBraveのPRで「ビッグテックに代わる唯一の本格的なプライベート検索 / ブラウザを開発していることに大きな興奮を感じています」 と語っている。

「Tailcatは完全に独立した検索エンジンで、独自の検索インデックスをゼロから構築します」とアイク氏はTechCrunchに語った。「Tailcat as Brave Searchは、Braveがブラウザで提供しているものと同じプライバシー保証を備えています」。

「Braveは、ビッグテックのプラットフォームに代わる初めてのプライベートブラウザ+検索機能を提供することになります。ユーザーはプライバシーを保証された閲覧と検索をシームレスに行うことができます。またBrave Searchは、その透明性により、アルゴリズムのバイアスに対処するとともに直接的な検閲を防ぎます」。

アイク氏によると、Braveが検索事業に参入したことにはプライバシーが主流になりつつあるという同社の自信を投影しているという。同氏は、過去1年間で同社のブラウザの利用が「前例のないほど」増加しており、月間アクティブユーザーは1100万人から2600万人以上に増加していることを指摘し、それは非営利のe2e暗号化メッセージングアプリSignal(Facebook傘下のWhatsAppがプライバシーポリシーの変更を発表した後、WhatsAppのビジネスアカウントを通じてFacebookとデータを共有できるようになった)の利用が2021年初めに急増したこのと似通った現象だと語った。

同氏は声明で「2021年にはビッグテックの侵入的慣行から逃れるための真のプライバシーソリューションを必要とするユーザーが増え、Braveに対する需要はさらに高まると見込んでいます」と付け加えた。「Braveのミッションはユーザーを第一にすることであり、プライバシー保護検索を当社のプラットフォームに統合することは、監視経済を促進する目的でユーザーのプライバシーが奪われることがないようにする上で必要なステップです」。

関連記事:ウェブブラウザーBraveがピア・トゥ・ピアプロトコルIPFSのネイティブサポートを追加

Brave Searchは、ユーザーがブラウザのデフォルト設定として選択できるかたちで、既存のサードパーティー(Google、Bing、Qwant、Ecosiaなど)と並んで提供される。

アイク氏はまた、将来的にはこれがデフォルトになる(ユーザーが自ら選ぶことのない)可能性もあると述べている。

「当社は引き続き、複数の代替エンジンで『オープン検索』をサポートしていきます」と同氏は述べた。「ユーザーの自由な選択は、Braveの絶対的原則ですから、Braveはユーザーのデフォルトの検索エンジンに複数の選択肢を提供し続けます。しかし当社のユーザーはBrave Searchの比類ないプライバシーを選択すると考えています。準備が整い次第、Brave SearchをBraveのデフォルトエンジンにしたいと考えています」。

Tailcatによる検索結果の品質とGoogleとの比較について尋ねたところ、アイク氏は「かなり良好です」と述べ「普及することでさらに向上していくでしょう」と付け加えた。

「Googleの『ロングテール』はどんなエンジンにとっても打ち負かすのは容易ではありませんが、一度Braveブラウザーに統合されれば、その面でも競合する計画が私たちにはあります」と彼はメールインタビューの中で語り、Googleの巨大な規模は検索のライバルにある程度の競合の機会を提供していると論じた。「Googleが後れをとっている面もあります。検索が彼らの収益の主な源であるとき、彼らが検索の革新を進めることは難しいでしょう。

「彼らは新しい技術や透明性を試す対してリスクを回避しがちですし、株主から希少な検索エンジンの検索結果ページ(SERP)領域に彼らの事業を結びつけるよう求められたり、検索エンジン最適化(SEO)を迫られたりしています」。

「検閲、コミュニティからのフィードバック、アルゴリズムの透明性などの問題については、初期段階から改善が可能であると私たちは考えています。他の検索エンジンとは異なり、大きな改善を行う唯一の方法は新たなものを構築することであり、構築から得られるノウハウを活用することであると確信しています」と同氏は続けた。「インデックスを生成する代わりにBingを使うオプションもありますが(他の検索サービスと同様に)、そうすると品質の面ではBing止まりとなります(そうした場合ユーザーは完全にBingに依存することになるでしょう)」。

Braveは晩春ないし夏までにBrave Searchの一般公開を目指しているとアイク氏は語った。早期イテレーションのテストに興味のあるユーザーは、ウェイトリストにここから登録することができる。(テスト版は「今後数週間」のうちに登場する予定である。)

Tailcatという名称は、Cliqzが閉鎖される前にブラウザに実装されていない内部プロジェクトであったため、一般にはあまり知られていないようだ。

アイク氏によると「本格的な検索エンジンの開発に向けて」Burdaで開発が続けられていたという。(2020年4月に同社がCliqzの閉鎖を発表した際、同社はCliqzのブラウザーと検索技術を閉鎖すると述べたが、同時にAIや検索のような分野の技術的な問題に取り組むために専門家チームを招集するとも表明していた)。

「CliqzはSERPベースの検索エンジンを提供していましたが、ブラウザにはまだTailcatを実装していませんでした」とアイク氏はいう。「2020年4月にCliqzが閉鎖された後も、Burdaの開発チームは、本格的な検索エンジンを開発するために、新しいプロジェクト名をTailcatとして検索技術の開発を続けていました。チームはそのミッションを継続するための長期的な拠点を求めていましたので、Braveの一員になることに大きな喜びを感じています」。

買収の金額的条件は明らかにされていないが、我々はBurdaが買収契約の一環としてBraveの株主になっていることを確認した。

「当社の技術がBraveで使用され、その結果、ブラウジングと検索の中核的なウェブ機能において、Googleに代わる真の、プライバシーに配慮した代替手段が生み出されたことを大変喜ばしく思っています」とHubert Burda MediaのCEOであるPaul-Bernhard Kallen(ポール=ベルンハルト・カレン)氏は支持声明で述べている。「Braveの株主として、私たちは今後もこのエキサイティングなプロジェクトに関わっていきます」

Braveが代替ブラウザの開発に注力し始めたのは、主に広告資金によるインターネットビジネスモデルを再考し、暗号化通貨による報酬システムを利用してコンテンツクリエーターへの支払いを行う(およびユーザーの閲覧に対しても支払いを行う)ことを意識してのことであったが、今ではプライバシー重視の「スーパーアプリ」と自らを評している。

現在、Brave Browserはプライバシー保護広告プラットフォーム(Brave Ads)とニュースリーダー(Brave Today)をバンドルしている。今後リリース予定の検索エンジン(Brave Search)、プライバシー保護ビデオ会議サービス(Brave Together)に加えて、Firewall+VPNサービスも準備中だ。

「スーパーアプリ」による統一的なブランド提案は、主流のツールとは対照的に、ユーザーにオンライン体験の真のコントロールを提供するという誓約であるといえるだろう。

関連記事:ブレンダン・アイク氏の画期的なブラウザーBraveの1.0版が登場


【原文】

Brave, the privacy-focused browser co-founded by ex-Mozilla CEO Brendan Eich, is getting ready to launch an own-brand search engine for desktop and mobile.

Today it’s announced the acquisition of an open source search engine developed by the team behind the (now defunct) Cliqz anti-tracking search-browser combo. The tech will underpin the forthcoming Brave Search engine — meaning it will soon be pitching its millions of users on an entirely ‘big tech’-free search and browsing experience.

“Under the hood, nearly all of today’s search engines are either built by, or rely on, results from Big Tech companies. In contrast, the Tailcat search engine is built on top of a completely independent index, capable of delivering the quality people expect but without compromising their privacy,” Brave writes in a press release announcing the acquisition.

“Tailcat does not collect IP addresses or use personally identifiable information to improve search results.”

Cliqz, which was a privacy-focused European fork of Mozilla’s Firefox browser, got shuttered last May after its majority investor, Hubert Burda Media, called time on the multi-year effort to build momentum for an alternative to Google — blaming tougher trading conditions during the pandemic for forcing it to pull the plug sooner than it would have liked.

The former Cliqz dev team, who had subsequently been working on Tailcat, are moving to Brave as part of the acquisition. The engineering team is led by Dr Josep M Pujol — who is quoted in Brave’s PR saying it’s “excited to be working on the only real private search/browser alternative to Big Tech”.

“Tailcat is a fully independent search engine with its own search index built from scratch,” Eich told TechCrunch. “Tailcat as Brave Search will offer the same privacy guarantees that Brave has in its browser.

“Brave will provide the first private browser+search alternative to the Big Tech platforms, and will make it seamless for users to browse and search with guaranteed privacy. Also, owing to its transparent nature, Brave Search will address algorithmic biases and prevent outright censorship.”

Brave getting into the search business is a reflection of its confidence that privacy is becoming mainstream, per Eich. He points to “unprecedented” growth in usage of its browser over the past year — up from 11M monthly active users to 26M+ — which he says has mirrored the surge in usage earlier this year seen by the (not-for-profit) e2e encrypted messaging app Signal (after Facebook-owned WhatsApp announced a change to its privacy policies to allow for increased data-sharing with Facebook through WhatsApp business accounts).

“We expect to see even greater demand for Brave in 2021 as more and more users demand real privacy solutions to escape Big Tech’s invasive practices,” he added in a statement. “Brave’s mission is to put the user first, and integrating privacy-preserving search into our platform is a necessary step to ensure that user privacy is not plundered to fuel the surveillance economy.”

Brave Search will be offered as a choice to users alongside a roster of more established third parties (Google, Bing, Qwant, Ecosia etc) which they can select as their browser default.

It will also potentially become the default (i.e. if users don’t pick their own) in future, per Eich.

“We will continue to support ‘open search’ with multiple alternative engines,” he confirmed. “User choice is a permanent principle at Brave. Brave will continue to offer multiple alternative choices for the user’s default search engine, and we think our users will seek unmatched privacy with Brave Search. When ready, we hope to make Brave Search the default engine in Brave.”

Asked how the quality of Tailcat-powered results vs Google Eich described it as “quite good”, adding that it “will only get better with adoption”.

“Google’s ‘long tail’ is hard for any engine to beat but we have a plan to compete on that front too, once integrated into the Brave browser,” he told us in an email interview, arguing that Google’s massive size does offer some competitive opportunities for a search rival. “There are aspects where Google is falling behind. It is difficult for them to innovate in search when that’s the main source of their revenue.

“They are risk-averse against experimenting with new techniques and transparency, while under pressure from shareholders to tie their own businesses into scarce search engine results page (SERP) area, and pressure from search engine optimization (SEO).”

“On questions such as censorship, community feedback, and algorithmic transparency, we think we can do better from the get-go. Unlike other search engines, we believe that the only way to make big improvements is to build afresh, with the know-how that comes from building,” he added. “The option of using Bing (as other search offerings do) instead of building the index exists but it will get you only as far as Bing in terms of quality (and as with such offerings, you’ll be wholly dependent on Bing).”

Brave is aiming for general availability of Brave Search by the summer — if not late spring, per Eich. Users interested in testing an early iteration can sign up for a waitlist here. (A test version is slated as coming in “the next few weeks”.)

The name Tailcat is unlikely to be widely familiar as it was an internal project that Cliqz had not implemented into its browser before it was shut down.

Eich says development had been continuing at Burda — “in order to develop a full-fledged search engine”. (When the holding company announced the shuttering of Cliqz, last April, it stated that Cliqz’s browser and search technologies would be shut down but also said it would draw out a team of experts — to work on technical issues in areas like AI and search.)

“Cliqz offered the SERP-based search engine but had not implemented Tailcat in its browser yet,” said Eich. “After Cliqz shut down last April, a development team at Burda continued to work on the search technology under the new project name Tailcat in order to develop a full-fledged search engine. The team hoped to find a long-term home for their work to continue their mission, and are thrilled to be part of Brave.”

The financial terms of the acquisition are not being disclosed — but we’ve confirmed that Burda is becoming a Brave shareholder as part of the deal.

“We are very happy that our technology is being used at Brave and that, as a result, a genuine, privacy-friendly alternative to Google is being created in the core web functions of browsing and searching,” said Paul-Bernhard Kallen, CEO of Hubert Burda Media, in a supporting statement. “As a Brave stakeholder we will continue to be involved in this exciting project.”

While Brave started out focused on building an alternative browser — with the idea of rethinking the predominate ad-funded Internet business model by baking in a cryptocurrency rewards system to generate payments for content creators (and pay users for their attention) — it now talks about itself as a pro-privacy “super app”.

Currently, the Brave Browser bundles a privacy-preserving ad platform (Brave Ads); news reader (Brave Today); and offers a Firewall+VPN service — which it will be further adding to with the forthcoming search engine (Brave Search), and a privacy-preserving video-conferencing service (Brave Together) that’s also in the pipeline.

The unifying brand proposition for its ‘super app’ is a pledge to provide users with genuine control over their online experience — in contrast to mainstream alternatives.

Early Stage is the premier “how-to” event for startup entrepreneurs and investors. You’ll hear firsthand how some of the most successful founders and VCs build their businesses, raise money and manage their portfolios. We’ll cover every aspect of company building: Fundraising, recruiting, sales, legal, PR, marketing and brand building. Each session also has audience participation built-in — there’s ample time included in each for audience questions and discussion.

(文:Natasha Lomas、翻訳:Dragonfly)

Brave: プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ ...

The Brave browser is a fast, private and secure web browser for PC, Mac and mobile. Download now to enjoy a faster ad-free browsing experience that saves data and battery life by blocking tracking software.

Secure, Fast & Private Web Browser with Adblocker | Brave ...

The Brave browser is a fast, private and secure web browser for PC, Mac and mobile. Download now to enjoy a faster ad-free browsing experience that saves data and battery life by blocking tracking software.

brave とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書

音節 brave 発音記号・読み方 / bréɪv / 発音を聞く

Brave (ウェブブラウザ) - Wikipedia

Brave (ブレイブ)は、Brave Softwareによって開発されている ウェブブラウザ である 。 Chromium をベースとしており、 Windows 、 macOS 、 Linux 、 iOS 、 Android 版が存在し 、 オープンソース で開 …

braveの意味・使い方・読み方|英辞郎 on the WEB

する、〔~を〕物ともしない レベル 2、 発音 bréiv、 カナ ブレーブ、ヴレイブ、 変化 《形》braver | bravest、《動》braves | braving | braved

Brave の評価・使い方 - フリーソフト100

 · 広告やトラッキングをブロックする機能を標準で備えた Chromium ベースのウェブブラウザー「Brave」の評価とレビュー、ダウンロードや使い方を解説します。広告非表示&トラッキングブロックにより高速なブラウジングを実現したウェブブラウザーです。

プライバシー重視のブラウザ「Brave」、もはや存在意義を ...

CEOのコメントが(色々な意味で)印象的。ユーザーのプライバシー最優先を掲げていたブラウザ「Brave」。それが今では「言っていることとやっていることが違うじゃないか」というような指摘が飛び交っています。いったい何が起きていて、今後どうなるのか、米GizmodoのShoshana Wodinskyが説明しています。 「アフィリエイトURLに自動で切り替わる」Decryptによると、特定の暗号通貨

映画『ブレイブ -群青戦記-』公式サイト

大ヒット上映中!突如、戦国時代に放り込まれた高校生たちが、部活のスキルを駆使して、織田信長や徳川家康と戦うことに!?桶狭間の戦乱の中で、仲間と共に笑える未来を取り戻す!

Brave(ブレイブブラウザ)とは?初期設定のやり方と使い方 ...

ブレイブの特徴、初期設定、基本的な使い方について説明しています。広告ブロック機能や高速ブラウジングによってストレスフリーで利用できるブラウザです。

Braveブラウザは稼げる次世代高速ブラウザ!特徴・評判・使 …

 · Braveブラウザは、精密な広告ブロック・プライバシー保護機能と、承認された広告を閲覧するだけでトークンを稼げる仕組みを搭載したウェブブラウザです。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Go To Eatキャンペーンでの神対応はどのようにして生まれたか? Rettyのプロダクト開発と組織改革の裏側
IT関連
2021-02-09 20:31
"アジャイルマネジメント"がいかに職場を変えるのか
IT関連
2021-02-25 14:17
SpaceXが記録的な数の衛星を搭載した初の専用ライドシェアミッションをライブで公開、予定変更で日本時間1月25時0時から
宇宙
2021-01-25 00:52
Builders Box、エンジニア向けイベント「Builders Box ON AIR」第4回を4月22日に開催
IT関連
2021-04-02 20:52
WhatsAppが新プライバシー規約を同意しないユーザーへの対応内容を説明
ネットサービス
2021-02-22 18:42
JR東日本が「モバイルSuica」をAndroid版中心に3月21日リニューアル、PASMO併用可能に
フィンテック
2021-02-11 12:29
ドローンを家庭で自動製造できる工作機 MITとMicrosoftの「LaserFactory」 :Innovative Tech
イラスト・デザイン
2021-03-13 12:06
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ
amazon
2021-03-13 12:06
M1チップ搭載MacBook Proの納期が「1〜3営業日」に短縮
IT関連
2021-02-16 07:12
オラクル、クラウド移行を無料支援する新サービス「Oracle Cloud Lift Service」を開始
IT関連
2021-04-02 22:26
S&P500は世界最強の株価指数–業績相場に挑む米国株式
IT関連
2021-04-09 22:25
プログラミングを独学した人、5割超が「現役エンジニア」から教わりたいと回答
IT関連
2021-03-08 00:02
レトロゲーム機でレトロゲームを自作 Microsoftが「TileCode」開発 :Innovative Tech
アプリ・Web
2021-03-17 02:08
「Oracle Autonomous Data Warehouse」にさまざまな新機能が追加
IT関連
2021-03-19 02:59
土偶作者は右利きの可能性 文化財の新たな“鑑賞”手法、NHKが8K活用
IT関連
2021-04-21 19:11
フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門
Udemy
2021-04-21 19:11