1度のフライトで3回の荷物配達が可能な新型ドローンをWingcopterが発表

1度のフライトで3回の荷物配達が可能な新型ドローンをWingcopterが発表 サムネイル

今回は「1度のフライトで3回の荷物配達が可能な新型ドローンをWingcopterが発表」についてご紹介します。

関連ワード (Wingcopter、ドローン配送、資金調達等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


ドイツのスタートアップ企業であるWingcopter(ウイングコプター)は、ドローンによる輸送サービスの成長を妨げている技術的なボトルネックを取り除くために設計された、新しい自律飛行型配達用ドローンを発表した。

現地時間4月27日に公開された「Wingcopter 198」は、1度のフライトで3回に分けた配達が可能だという。Wingcopterは、このマルチストップ機能を、コスト効率の高い(そして願わくば利益を生む)ドローンによる配送サービス事業を成長させるための重要な機能としている。

2017年に設立された同社は、ドローンの製造からスタートした。その収益を元に規模を拡大し、現在ではドローンによる配送をサービスとして提供するビジネスモデルを展開している。「ドローンを作るだけでなく、ネットワークを作ること、それが私たちの次のミッションです」と、同社CEOのTom Plümmer(トム・プラマー)氏はTechCrunchに語った。現在、同社のウェブサイトでは、ヘルスケア、eコマース、食料品の配送などを目的としたデリバリー事業を推進している。プラマー氏の声明によると、その究極の目的は「空の物流ハイウェイ」を作ることだという。

それを実現するための鍵となるのが、特許取得済みのティルトローター推進機構だ。同社はこれを、スムーズな垂直離着陸や空中での正確なホバリングを可能にするマルチコプターと、長距離の高速飛行を可能にする固定翼という、2種類のドローンの利点を組み合わせたものと主張している。

新モデルのWingcopter 198は、最高速度が150km/hで、1回のバッテリー充電で最大6kgの荷物を75km以上の距離まで運ぶことが可能だ。荷物を減らせば最大110kmの距離を飛行できるという。

強風などの悪天候にもチルトローターは自動的に対応できると、プラマー氏は説明する。そのアーキテクチャには、冗長性と安全性のために8基のモーターが搭載されている。

画像クレジット:Wingcopter

このドローンは、障害物を回避したり、指定された場所に荷物を投下するためのセンサーとソフトウェアを搭載しており、すべて自動化されている。そのため、人間のオペレーターが1人いれば、世界中のどこからでも、Wingcopterのコントロールステーションソフトウェアを搭載したPCを使って、この新型ドローンを最大10機まで監視・操作することができる。プラマー氏の説明によると、ドローンの操作は、オペレーターがソフトウェアプログラムの「スタート」を押すだけでいいという。

プラマー氏は、チルトローターシステムの拡張性も強調し、(理論的には)より大きな航空機に適用して、貨物や人間の乗客を運ぶことさえ可能だと述べている。

「単にコストの問題です」とプラマー氏は語り、同社にはチルトローター機をスケールアップさせるために必要な航空・航空工学の経験を持つ人材がすでにいると言及した。「しかし私たちは、まずは小さいバージョンから始めて【略】何千時間、何千キロメートルものフライトを行い、その成果を次世代のWingcopterに反映させていくことによって、まずは貨物用から後に人の移動用へと、徐々に大型化していくことができると考えました」。

プラマー氏によると、同社のドローンを軍事目的や監視目的で使用する企業や政府機関と協力関係を築くつもりはないという。その理由は「主にモラルです」と、同氏はいう。「私たちのビジョンにはそぐわないと考えています。私たちのビジョンは、ドローン技術とドローンソリューションを使って人命を救い、生活を向上させることです」。

将来を見据えて、Wingcopterは現在、米国での商業飛行を可能にする連邦航空局の認証取得を目指している。この認証を得られれば、競合の少ない分野で事業を展開する企業の1つとなる。同社は2021年1月に2200万ドル(約24億円)のシリーズA投資ラウンドを実施したばかりだが、新たな資金調達にも目を向けている。現在は約120名の従業員が働いているが、シリーズBで資金を追加投入すれば、AI、操縦、生産などの専門知識を持つ人材を雇用することが可能になるからだ。

関連記事:独Wingcopterが米国に進出し新世代配送用ドローンを展開、4年間の自己資金運営を経て22.8億円調達

画像クレジット:Wingcopter


【原文】

German startup Wingcopter has launched a new autonomous delivery drone designed to remove a technical bottleneck hindering the growth of drone transport services.

The Wingcopter 198, which was revealed Tuesday, is capable of making three separate deliveries per flight, the company said. Wingcopter has couched this multi-stop capability as a critical feature that will allow it to grow a cost-efficient — and hopefully profitable — drone-delivery-as-a-service business.

The company, which was founded in 2017, got its start manufacturing drones. It used the revenue to scale and now expand its business model to include drone-delivery-as-a-service. “That’s actually our next mission, to not just build drones, but to build networks,” CEO Tom Plümmer told TechCrunch. The company’s website is now promoting the delivery business, which aims to provide healthcare, e-commerce and grocery delivery, among other services. Its ultimate aim is to create “logistical highways in the sky,” according to a statement by Plümmer.

The key to this delivery nirvana, the company claims, is its patented tilt-rotor propellant mechanism that combines the advantages of two drone types — the multicopter, which gives drones their smooth vertical takeoff and landing capabilities and the ability to hover precisely in the air, with the fixed wing, which provides fast flight times over long distances.

The new model Wingcopter 198 has a top speed of 93 miles an hour and can carry payloads up to 13 pounds for a distance of about 47 miles from a single battery charge. It can travel up to 68 miles when carrying lighter cargo, the company said.

Plümmer explained that the tilt-rotors can also automatically respond to gusts of wind and other inclement weather conditions. Its architecture includes eight motors for redundancy and safety reasons.

Image Credits: Wingcopter

The drones, which are equipped with sensors and software to avoid obstacles and drop parcels at designated sites, are all automated. This level of automation allows one human operator to monitor and control up to 10 of these new drones from a computer equipped with Wingcopter’s control station software, from anywhere in the world. Plümmer explained that running the drones is as simple as the operator pressing “start” on the software program.

Plümmer also touted the scalability of the tilt-rotor system, noting that it could be applied (theoretically) to a larger aircraft to carry cargo, or even human passengers.

“It’s just a cost factor,” Plümmer said, noting that the company already employs people who have the experience in aviation and aerial engineering required to one day take the tilt-rotor aircraft to scale. “However, we thought, let’s start with the smaller version … get these thousands of [flight] hours, thousands of kilometers, and take these learnings into every next generation of Wingcopter so they will constantly get bigger, first for cargo, later for mobility.”

Plümmer said they’ve drawn a hard line at working with any company or government institution that would use their drones for military or surveillance purposes.

“It’s mainly moral,” he said of the objection. “We believe it would be really not fitting to our vision. Our vision is to save lives and improve life by using drone technology and drone solutions.”

Looking to the future, the company is currently pursuing certification from the Federal Aviation Administration that would allow it to operate commercial flights in the United States. If they receive this certification, they will be one of only a handful of competitors operating in the space. They’ve also set their sights on another funding round, fresh off the heels of a $22 million Series A round in January. The company has around 120 employees, but with an additional injection of capital in a Series B, it could hire people with expertise in AI, piloting and production.

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

資金調達 - Wikipedia

資金調達(しきんちょうたつ、英: Funding; financing )とは、事業に必要な資金を調達することをいう。 資金調達という用語は、政府組織、民間企業、個人事業主の事業などについて幅広く用いられ

資金調達の方法一覧

資金調達の方法は、アセットファイナンス、デッドファイナンス、エクイティファイナンスに分けられます。資産の有無や望む現金化の形態に応じた選び方が求められます。会社にあった資金調達方法を実行することが大切です。

資金調達とは?調達金額から判断できること

転職活動をしていると「○億円資金調達しました」というニュースを見たことがないでしょうか。なんとなくすごい会社のように見えますが、本当にすごいことなのか判断できない方もいるでしょう。 今回は企業が資金調達するとはどういうこ … "資金調達とは?調達金額から判断できること" の続きを読む転職活動をしている目にする資金調達について解説します。銀行からお金を借りるのも資金調達と言いますが、企業アピールしているのは投資家からの資金調達。調達額を見ると、企業がどのような成長ステージにいるのか判断できます。

資金調達とは?さまざまな資金調達方法と事業計画作成の ...

 · 上の3つは資金調達の基本ですが、最近では第4の方法としてクラウドファンディングで資金調達するケースも増えています。

資金調達|中小機構

「資金調達」を掲載しています。中小機構は、中小企業政策の実施機関として、成長ステージや経営課題に応じた支援メニューで中小企業の成長をサポートします。

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリット ...

資金調達方法には何がある?資金調達方法35種類のメリットデメリット | 資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

資金調達の方法と注意点【メリットとデメリットを知り成功 ...

資金調達の方法というと、多くの方は銀行などの融資を思い浮かべるようですが、実際には、ありとあらゆる方法が存在するのです。会社に適した資金調達法を見つけるためには、それぞれの方法ならではのメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

M&Aにおける資金調達とは?方法を図解でわかりやすく解説 ...

M&Aでは、デューデリジェンスや譲渡対価に多くの費用を要するため、資金調達の方法を理解しておくことが重要です。今回はM&Aで役立つ資金調達方法を公認会計士が網羅的に解説します。(公認会計士監修記事)M&Aで資金調達を

資金繰り、資金調達の基本10ヶ条 [資金調達・資金繰り] All …

資金は会社にとっての血液。その血液である資金が枯渇したら、会社を存続させることはできません。資金調達の可否が会社の将来を決めるといっても過言ではありません。必要な資金を必要なときに、より良い条件で集められるような体制作りが重要なのです。中小企業での金庫番の経験もあり現在は税理士であるガイドが、資金繰り、資金調達の基本10ヶ条を解説していきます。

創業・起業の資金調達方法11選! 起業に使える資金調達の方 …

創業・起業して間もない場合、「資金を預けるべきか」を判断する信用情報が少ないため、起業に使える資金調達方法は限られています。 そのため、事業計画書を作成して審査を受ける必要があり、審査に通るかは「事業計画書の内容」で決まると言っても過言ではありません。 今回は、創業・起業に使える資金調達方法を11種類に分け

資金調達 | 商工中金

中小企業の皆さまの資金調達の多様化にお応えするために私募債発行のサポートを行っています。 売掛債権流動化 中小企業の皆さまの資金調達の多様化、財務内容の改善などのニーズにお応えするため、手形・売掛金などの債権流動化業務に取り組んでいます。

資金調達 | 三菱UFJ銀行

 · Biz LENDINGとは、お申込からお借り入れまで、ペーパーレス、オンラインで完結する、非対面型の資金調達サービスです。

ベンチャー企業における資金調達方法を4つのフェーズを弁護 …

ベンチャー企業が資金調達をする場合、企業の成長フェーズなどから、適する方法とそうでない方法があります。 資金を効果的に調達するためには、それぞれの方法の特徴や他の方法との違い、自社の成長フェーズなどを正確に把握しておく必要があります。 今回は、ベンチャー企業が資金を調達する場合の方法を中心に解説します。

資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ【2020 …

起業を考えている方の大きな悩みになるのはやはり資金。最初は小さく事業をスタートしたとしても、事業が拡大していくにあたって資金が必要になったり、最初に投資をするような事業の場合には自己資金だけでは、なかなか事業が立ち上がらないということもあります。ここでは、資金調達の全体概要と、それぞれのメリット、デメリットなどを丁寧に解説したいと思います。

資金調達BANK|資金繰り・銀行融資・資金調達方法を金融の ...

資金調達BANKは【資金調達の専門家】が銀行融資・公的融資(制度融資)・ビジネスローン・不動産担保ローン・ファクタリング・手形・助成金(補助金)・出資・株主割当・ベンチャーキャピタル・エンジェル・資産の売却・リースの活用など、様々な資金調達方法について、図解して丁寧に解説しています。資金調達方法の解説だけでなく、「資金繰りを改善するために何をすれば良いのか?」「融資審査に通らないときの対策」「資金繰りを悪化させないための収益性の高い経営方法」「起業直後でも利用できる補助金・助成金の取り方」「銀行融資を受ける交渉のコツ」など、実務的に役に立つ資金調達方法も紹介しています。資金調達・資金繰りに悩む経営者や経理・財務の方必見です!

本当の資金調達力とは | 大阪での創業融資なら、銀行(特に ...

 · 資金調達は、お金が必要な時だけ行うものという認識を改め、常日頃から継続的に行うものと理解して取り組んではいかがでしょうか。 経営品質の向上に努め、金融機関と積極的に情報共有を行い続けることで、資金調達力は着実に高まります。

資金調達freee

資金調達freeeで. あなたに合った調達手段を比較・申し込み. 複数金融機関等の中から、最適な資金調達手段を検索・比較。. freee finance labの独自試算に基づき、審査通過可能性の診断を行います。. さらに、事業でご利用の銀行口座を登録いただくことで、試算条件が自動的に改善していきます。.

資金調達を税理士に依頼したときの報酬相場とメリット ...

【税理士ドットコム】資金調達に強い税理士というのは、銀行からの借り入れだけでなく、国や各自治体が設けている融資、補助金・助成金についても広く把握しています。このページでは、税理士に資金調達支援を依頼するメリットと、資金調達の報酬相場を依頼内容のケースごとに分けてご説明いたします。

資金調達を徹底解説!資金調達手帳 (無料) | 起業・創業・資金 ...

資金調達手帳では公的・民間融資をはじめ、補助金、VC出資や、クラウドファンディングや私募債など、資金調達のあらゆる内容を扱っています。

資金調達ラウンドとは?上場へ向けての融資戦略と具体的な ...

資金をどうやって集めるかは起業家にとって悩みの種です。投資家が企業へ投資をするための目安となる「資金調達ラウンド」のシード、アーリー、シリーズA、シリーズB、シリーズC、それぞれにおける資金調達方法について紹介します。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
ネット通販隆盛 物流施設建設ラッシュで変わる田園都市
IT関連
2021-01-23 14:33
アンディ・ルービン氏の「Essential」知財、謎の新企業Nothingが購入
企業・業界動向
2021-02-17 15:11
「知恵の輪」攻略法、深層学習で自動計算 米研究チームが開発 :Innovative Tech
トップニュース
2021-03-20 19:23
試験監督ソフトのProctorioを大学生が提訴「批判を抑えるために著作権法を乱用した」
EdTech
2021-04-26 21:07
NEC、10Gbps対応の企業・学校向け小型ルーター発売
IT関連
2021-04-09 08:34
多様なIoT機器通信の最適制御技術を開発–東大、早大、日立、富士通が連携
IT関連
2021-03-27 09:58
「億り人」は損切り達人–「逆指値」売り注文を活用して損失拡大を防ぐ
IT関連
2021-01-21 06:06
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-01-21 06:06
バイデン大統領、複数のサイバーセキュリティ専門家の起用を検討か
IT関連
2021-01-25 21:29
データベースの基本を図解! データベースの特徴や導入するメリットは?
IT関連
2021-01-27 00:55
Instagramがストーリーに自動キャプション機能を追加、近々リールにも(英語のみ)
ネットサービス
2021-05-06 23:25
木村花さん侮辱容疑で30代男を書類送検 警視庁、立件2人目
IT関連
2021-04-07 18:09
アマチュア園芸家と町の園芸店をつなぐコミュニティの構築を目指すNeverlandが約3.2億円調達
ネットサービス
2021-04-27 10:10
OSSのセキュリティ強化へ–グーグルが提案する"重要"プロジェクト向けルール
IT関連
2021-02-10 03:24
日立、ブロックチェーン利用の「日立電子署名サービス」を開発
IT関連
2021-03-04 09:43
Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで
amazon
2021-03-04 09:43