EUがAIのリスクベース規則の罰金を全世界年間売上高の最大4%で計画、草案流出で判明

EUがAIのリスクベース規則の罰金を全世界年間売上高の最大4%で計画、草案流出で判明 サムネイル

今回は「EUがAIのリスクベース規則の罰金を全世界年間売上高の最大4%で計画、草案流出で判明」についてご紹介します。

関連ワード (EU、人工知能、生体認証、顔認証等) についても詳細と、関連コンテンツとをまとめていますので、参考にしながらぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


人工知能の利用をめぐる規則草案を作成中の欧州連合の議員らが、違反したユースケースについて全世界の年間売上高の最大4%(もしくは2000万ユーロ[約26億円]のどちらか高額な方)を罰金として検討していることがわかった。公式の発表が見込まれるAI規則の草案が流出し、Politico(ポリティコ)が報じたことで判明した。

AI規制をめぐる計画はしばらく前から予想されていた。2020年2月には欧州委員会がホワイトペーパーを公開し「高リスク」とされる人工知能の利用を規制する計画の概略を発表した。

当時、EUの議員は分野ベースでの検討を進めていた。エネルギーや人材採用といった特定の分野をリスク領域と想定していたのだ。しかし、流出した草案を見るとこのアプローチは見直されたようで、今回、AIリスクに関する議論は特定の業界や分野には限定されていない。

焦点は代わりに、分野に関係なく高リスクのAI利用に関するコンプライアンス要件に向けられている(武器や軍事的な利用は明確に除外されているが、それはこの領域がEU条約の対象から外れているため)。とはいえ「高リスク」の定義については、この草案だけではまだ不明瞭だ。

ここでの欧州委員会の最大の目標は、AIの社会的信用を高めることにある。そのために「EUバリュー」に染まったシステムによってコンプライアンスチェックと均衡化を図り、いわゆる「信用できる」 「人間主体」のAI開発を促進するという。そこで「高リスク」と見なされていないAI応用のメーカーも、本委員会の言葉を借りると「高リスクのAIシステムに適用される必須条件の自発的な適用を促進するため」に行動規範を導入することが推奨されている。

本規則のもう1つの焦点は、連合内のAI開発を支える方策の制定だ。加盟国に規制のサンドボックス制度を定めるよう迫ることで、スタートアップや中小企業が市場展開前の段階で優先的にAIシステムの開発とテストの支援を受けられるようにする。

草案では、所轄官庁が「当局の監督と是正に全面的に従いながらも、サンドボックスに加わる事業体の人工知能プロジェクトについて自由裁量権と均整化の権限を与えられる」としている。

計画中の規則では、人工知能の利用を予定する事業体が、特定のユースケースが「高リスク」かどうかを見極め、それゆえ市場展開前に義務付けられているコンプライアンス評価を実施すべきかを判断しなければならないとされている。

草案の備考によると「AIシステムのリスク分類は、その利用目的にもとづいて決定される。該当のAIシステムの利用目的を具体的な状況や利用条件を含めて検討し、その利用が何らかの危険を及ぼすかどうか、またその場合、潜在的な危険の重大度と発生可能性がどのくらいか、この2つを考慮することで決定される」。

草案は「本規則に従って高リスクと分類されたAIシステムは、必ずしも各分野の法律において『高リスク』とされるシステムまたは商品とは限らない」とも言及している。

高リスクのAIシステムに関連する「危険」の例を草案のリストから挙げると「人の負傷または死、所有物への損害、社会への大規模な悪影響、重要な経済的および社会的活動の通常運用に不可欠なサービスを大きく混乱すること、経済、教育、または就業の機会への悪影響、公共サービスおよび何らかの公的支援の利用に対する悪影響、(欧州市民の)基本的権利への悪影響」などが含まれている。

高リスクの利用についても、いくつかの例が取り上げられている。例えば人材採用システム、教育機関または職業訓練機関へのアクセスを提供するシステム、緊急のサービス派遣システム、信用度評価、税金で賄われる社会福祉の配分決定に関係するシステム、犯罪の防止・発見・起訴に関連して適用される意思決定システム、そして裁判官のサポート目的で使用される意思決定システムなどだ。

つまり、リスク管理システムを制定し、品質管理システムを含めた市場展開前の調査を実施するなどコンプライアンス要件が満たされている限り、規制計画によってこうしたシステムがEU市場で禁じられることはないだろう。

その他の要件はセキュリティ分野の他、AIのパフォーマンスの一貫性確保に関するものだ。「重大なインシデントや、義務違反を含むAIシステムの誤作動」については、どのようなものであれ発覚後15日以内に監督機関に報告することが規定されている。

草案によると「高リスクのAIシステムも、必須条件への準拠を条件として連合市場に出す、あるいは運用することができる」。

「連合市場に出されている、あるいは運用されている高リスクのAIシステムを必須条件に準拠させる際は、AIシステムの利用目的を考慮し、提供元が定めるリスク管理システムに従って行うべきである」。

「これらに加え、提供元が定めるリスク制御管理策は、すべての必須条件を適用した場合の効果および起こり得る相互作用を鑑み、また関連する整合規格や共通仕様書など一般的に認められている最高の技術水準を考慮して定めるべきである」

流出した草案によると、計画中の法令の第4項では一部のAI「プラクティス」が禁止条項に挙げられている。例えば、大規模な監視システム、さらには差別につながりかねない一般の社会的なスコアリングシステムへの(商業目的での)適用などだ。

人間の行動、意思決定、または意見を有害な方向へ操るために設計されたAIシステム(ダークパターン設計のUIなど)も、第4項で禁止されている。個人データを使用し、人や集団の弱さをターゲットとして有害な予測をするシステムも同様だ。

一般の読者の方は、本規則が人のトラッキングをベースとする行動ターゲティング広告、つまりFacebook(フェイスブック)やGoogle(グーグル)といった企業のビジネスモデルで用いられるプラクティスを一挙に禁止しようとしているのではないかと推測されるかもしれない。しかし、そのためには広告テクノロジーの巨大企業らに、自社のツールをユーザーに有害な影響を及ぼすツールだと認めてもらわなければならない。

対して、彼らの規制回避戦略は真逆の主張にもとづいている。フェイスブックが行動ターゲティング広告を「関連」広告と呼んでいるのもそのためだ。この草案は、EU法を定着させようとする側と、自社に都合のいい解釈をしようとする巨大テクノロジー企業らとの(今よりも)長きにわたる法廷での戦いを招くものとなるかもしれない。

禁止プラクティスの根拠は、草案の前文にまとめられている。「人工知能が特別に有害な新たな操作的、中毒的、社会統制的、および無差別な監視プラクティスを生みかねないことは、一般に認知されるべきことである。これらのプラクティスは人間の尊厳、自由、民主主義、法の支配、そして人権の尊重を重視する連合の基準と矛盾しており、禁止されるべきである」。

本委員会が公共の場での顔認証の利用禁止を回避したことは、注目に値するだろう。2020年の初めに流出した草案ではこの点が考慮されていたが、2020年のホワイトペーパー公開前には禁止とは別の方向へかじを切ったようだ。

流出した草案では、公共の場での「遠隔生体認証」が「公認機関の関与を通じてより厳格な適合性評価手順を踏む」対象に挙げられている。つまり、その他ほとんどの高リスクのAI利用とは異なり(これらはセルフアセスメントによる要件順守が認められている)、データ保護の影響評価を含む「テクノロジーの利用によって生じる特定のリスクに対応するための承認手続き」が必要だということだ。

「また、評価の過程で、承認機関は定められた目的でシステムを利用する際の誤差によって生じる危険(とりわけ年齢、民族、性別、または障害に関するもの)の頻度とその重大度を考慮しなければならない」と草案は述べている。「その他、特に民主的プロセスへの参加や市民参加、さらには参照データベース内の人々のインクルージョンに関する手段、必要性、および比例について、その社会的影響を考慮しなければならない」。

「主として個人の安全に悪影響を与えかねない」AIシステムもまた、コンプライアンスの手順の一環として高水準の規制関与を受ける必要がある。

すべての高リスクAIの適合性評価に用いるシステムについては引き続き検討が続いており、草案では「本規則への準拠に影響しかねない変更がAIシステムに生じた場合、あるいはAIシステムの利用目的に変更が生じた場合には、新たに適合性評価を実施することが適切である」としている。

「市場に出された、あるいは運用を開始した後にも「学習」を続ける(機能の実行方法を自動的に適応する)AIシステムについては、アルゴリズムおよびパフォーマンスに生じた変化が適合性評価の時点で事前に特定および評価されていない場合、新たにAIシステムの適合性評価を実施する」とのことだ。

規則に準拠する企業へ与えられる報酬は「CE」マークの取得だ。このマークによってユーザーの信頼を獲得し、連合の単一市場全体で摩擦のないサービスを提供できる。

「高リスクのAIシステムを連合内で自由に利用するには、CEマークを取得して本規則との適合を示す必要がある」と草案は続ける。「加盟国は本規則で定められた要件に準拠するAIシステムの市場展開または運用を妨げる障害を生んではならない」。

提供元は、商品の市場展開前に(ほぼセルフでの)評価を実施し、コンプライアンス義務(モデルのトレーニングに使用するデータセットの品質確保、記録の保持・文書化、人間による監視、透明性の確保、正確性の確保など)を果たし、市場展開後も継続的に監視を続けることが要求されている。このように「高リスク」のAIシステムを安全に市場に出すべく、いくつかのプラクティスを法的に禁止し、EU全体での規則適用に用いるシステムの確立を模索すると同時に、草案では人をだます目的で使用されているAIのリスクを縮小しようとする動きがある。

具体的には、自然人とやり取りをする目的で使用されるAIシステム(ボイスAI、チャットボットなど)、さらには画像、オーディオ、または動画コンテンツを生成または操作する目的で使用されるAIシステム(ディープフェイク)について「透明性確保のための調和的な規定」を提案しているのだ。

「自然人とやり取りをする、またはコンテンツを生成する目的で使用されるAIシステムは、高リスクに該当するか否かに関わらず、なりすましや詐欺といった特定のリスクを含む可能性がある。状況によっては、これらのシステムの利用は高リスクのAIシステム向けの要件および義務とは別に、透明性に関する特定の義務の対象となるべきである」と草案は述べている。

「とりわけ、自然人はAIシステムとやり取りする場合、それが状況や文脈から明確に分かる場合を除き、その旨は通知されるべきである。さらに、実在の人物、場所、出来事との明確な共通点がある画像、オーディオ、または動画コンテンツを生成あるいは操作する目的でAIシステムを使用し、そのコンテンツが一般人によって本物と誤解されるものである場合は、ユーザーは人工知能の生産物にそれぞれ表示を付け、人工物の作成元を開示することで、該当コンテンツが人工的に作成されたあるいは操作されたことを開示しなければならない」。

「表示に関するこの義務は、該当コンテンツが治安の維持や正当な個人の権利または自由(例えば風刺、パロディー、芸術と研究の自由の行使、さらにはサードパーティーの適切な権利および自由を保護するための題材)の行使のために必要な場合には適用されない」。

このAI規則案はまだ委員会によって正式に発表されてはいないため、詳細が変更される可能性はあるが、2018年に施行されたEUのデータ保護規則の実施がいまだに不十分なことを踏まえると、(複雑な場合が多い)人工知能の具体的な利用を規制するまったく新しいコンプライアンス層の導入がどこまで効果的に監視し、違反を取り締まれるのかは疑問だ。

高リスクのAIシステムを市場に出す際の責任(かつ、高リスクのAIシステムを委員会が維持予定のEUデータベースに登録することなど、さまざまな規定への準拠責任)はそのシステムの提供元にある一方で、規則案では規制の実施を加盟国に一任している。つまり、各国にある1つまたは複数の所轄官庁に監視規則の適用を管理するよう任命する責任は、それぞれの加盟国にあるということだ。

その実態は、EU一般データ保護規則(GDPR)の先例からすでに見えているだろう。委員会自体も、連合全体でGDPRの実施が一貫したかたちで、あるいは精力的に行われていないことを認めている。疑問点は、駆け出しのAI規則が同じ フォーラムショッピングの運命をたどらないようにできるのかという点だ。

「加盟国は、本規則の条項が確実に実践されるよう必要な手段をすべて取らなければならない。これには、違反に対して効果的かつバランスのとれた、行動抑止効果のある罰則を規定することが含まれる。具体的な違反については、加盟国は本規則で定められた余地と基準を考慮に入れるべきである」と草案は述べている。

委員会は、加盟国の実施が見られない場合の介入について補足説明をしている。とはいえ、実施方法について短期的な見通しがまったくないことを考えると、先例と同じ落とし穴があることは否めないだろう。

将来の実施失敗を阻止するため、委員会は次のように最終手段を定めている。「本規則の目標は連合内での人工知能の市場展開、運用開始、および利用に関する信頼のエコシステムを構築するための環境を整えることである。それゆえ、加盟国がこれを十分に達成することができず、措置の規模または効果を鑑みた結果連合レベルでの実施の方がよりよい成果を達成できると考えられる場合、連合は欧州連合基本条約第5項に定められた権限移譲の原則に従う範囲で、措置を講じることができる」。

AIの監視計画には、GDPRの欧州データ保護委員会と類似のEuropean Artificial Intelligence Board(欧州人工知能委員会)を設立することが含まれている。この委員会はEUの議員に向けて、禁止されているAIプラクティスや高リスクのシステムのリストなどに関して重要な推奨事項や意見を述べ、欧州データ保護委員会と同じように規則の適用を支援していくこととなる。

画像クレジット:piranka / Getty Images


【原文】

European Union lawmakers who are drawing up rules for applying artificial intelligence are considering fines of up to 4% of global annual turnover (or €20M, if greater) for a set of prohibited use-cases, according to a leaked draft of the AI regulation — reported earlier by Politico — that’s expected to be officially unveiled next week.

The plan to regulate AI has been on the cards for a while. Back in February 2020 the European Commission published a white paper, sketching plans for regulating so-called “high risk” applications of artificial intelligence.

At the time EU lawmakers were toying with a sectoral focus — envisaging certain sectors like energy and recruitment as vectors for risk. However that approach appears to have been rethought, per the leaked draft — which does not limit discussion of AI risk to particular industries or sectors.

Instead, the focus is on compliance requirements for high risk AI applications, wherever they may occur (weapons/military uses are specifically excluded, however, as such use-cases fall outside the EU treaties). Although it’s not abundantly clear from this draft exactly how ‘high risk’ will be defined.

The overarching goal for the Commission here is to boost public trust in AI, via a system of compliance checks and balances steeped in “EU values” in order to encourage uptake of so-called “trustworthy” and “human-centric” AI. So even makers of AI applications not considered to be ‘high risk’ will still be encouraged to adopt codes of conduct — “to foster the voluntary application of the mandatory requirements applicable to high-risk AI systems”, as the Commission puts it.

Another chunk of the regulation deals with measures to support AI development in the bloc — pushing Member States to establish regulatory sandboxing schemes in which startups and SMEs can be proritized for support to develop and test AI systems before bringing them to market.

Competent authorities “shall be empowered to exercise their discretionary powers and levers of proportionality in relation to artificial intelligence projects of entities participating the sandbox, while fully preserving authorities’ supervisory and corrective powers,” the draft notes.

What’s high risk AI?

Under the planned rules, those intending to apply artificial intelligence will need to determine whether a particular use-case is ‘high risk’ and thus whether they need to conduct a mandatory, pre-market compliance assessment or not.

“The classification of an AI system as high-risk should be based on its intended purpose — which should refer to the use for which an AI system is intended, including the specific context and conditions of use and — and be determined in two steps by considering whether it may cause certain harms and, if so, the severity of the possible harm and the probability of occurrence,” runs one recital in the draft.

“A classification of an AI system as high-risk for the purpose of this Regulation may not necessarily mean that the system as such or the product as a whole would necessarily be considered as ‘high-risk’ under the criteria of the sectoral legislation,” the text also specifies.

Examples of “harms” associated with high-risk AI systems are listed in the draft as including: “the injury or death of a person, damage of property, systemic adverse impacts for society at large, significant disruptions to the provision of essential services for the ordinary conduct of critical economic and societal activities, adverse impact on financial, educational or professional opportunities of persons, adverse impact on the access to public services and any form of public assistance, and adverse impact on [European] fundamental rights.”

Several examples of high risk applications are also discussed — including recruitment systems; systems that provide access to educational or vocational training institutions; emergency service dispatch systems; creditworthiness assessment; systems involved in determining taxpayer-funded benefits allocation; decision-making systems applied around the prevention, detection and prosecution of crime; and decision-making systems used to assist judges.

So long as compliance requirements — such as establishing a risk management system and carrying out post-market surveillance, including via a quality management system — are met such systems would not be barred from the EU market under the legislative plan.

Other requirements include in the area of security and that the AI achieves consistency of accuracy in performance — with a stipulation to report to “any serious incidents or any malfunctioning of the AI system which constitutes a breach of obligations” to an oversight authority no later than 15 days after becoming aware of it.

“High-risk AI systems may be placed on the Union market or otherwise put into service subject to compliance with mandatory requirements,” the text notes.

“Mandatory requirements concerning high-risk AI systems placed or otherwise put into service on the Union market should be complied with taking into account the intended purpose of the AI system and according to the risk management system to be established by the provider.

“Among other things, risk control management measures identified by the provider should be based on due consideration of the effects and possible interactions resulting from the combined application of the mandatory requirements and take into account the generally acknowledged state of the art, also including as reflected in relevant harmonised standards or common specifications.”

Prohibited practices and biometrics

Certain AI “practices” are listed as prohibited under Article 4 of the planned law, per this leaked draft — including (commercial) applications of mass surveillance systems and general purpose social scoring systems which could lead to discrimination.

AI systems that are designed to manipulate human behavior, decisions or opinions to a detrimental end (such as via dark pattern design UIs), are also listed as prohibited under Article 4; as are systems that use personal data to generate predictions in order to (detrimentally) target the vulnerabilities of persons or groups of people.

A casual reader might assume the regulation is proposing to ban, at a stroke, practices like behavioral advertising based on people tracking — aka the business models of companies like Facebook and Google. However that assumes adtech giants will accept that their tools have a detrimental impact on users.

On the contrary, their regulatory circumvention strategy is based on claiming the polar opposite; hence Facebook’s talk of “relevant” ads. So the text (as written) looks like it will be a recipe for (yet) more long-drawn out legal battles to try to make EU law stick vs the self-interested interpretations of tech giants.

The rational for the prohibited practices is summed up in an earlier recital of the draft — which states: “It should be acknowledged that artificial intelligence can enable new manipulative, addictive, social control and indiscriminate surveillance practices that are particularly harmful and should be prohibited as contravening the Union values of respect for human dignity, freedom, democracy, the rule of law and respect for human rights.”

It’s notable that the Commission has avoided proposing a ban on the use of facial recognition in public places — as it had apparently been considering, per a leaked draft early last year, before last year’s White Paper steered away from a ban.

In the leaked draft “remote biometric identification” in public places is singled out for “stricter conformity assessment procedures through the involvement of a notified body” — aka an “authorisation procedure that addresses the specific risks implied by the use of the technology” and includes a mandatory data protection impact assessment — vs most other applications of high risk AIs (which are allowed to meet requirements via self-assessment).

“Furthermore the authorising authority should consider in its assessment the likelihood and severity of harm caused by inaccuracies of a system used for a given purpose, in particular with regard to age, ethnicity, sex or disabilities,” runs the draft. “It should further consider the societal impact, considering in particular democratic and civic participation, as well as the methodology, necessity and proportionality for the inclusion of persons in the reference database.”

AI systems “that may primarily lead to adverse implications for personal safety” are also required to undergo this higher bar of regulatory involvement as part of the compliance process.

The envisaged system of conformity assessments for all high risk AIs is ongoing, with the draft noting: “It is appropriate that an AI system undergoes a new conformity assessment whenever a change occurs which may affect the compliance of the system with this Regulation or when the intended purpose of the system changes.”

“For AI systems which continue to ‘learn’ after being placed on the market or put into service (i.e. they automatically adapt how functions are carried out) changes to the algorithm and performance which have not been pre-determined and assessed at the moment of the conformity assessment shall result in a new conformity
assessment of the AI system,” it adds.

The carrot for compliant businesses is to get to display a ‘CE’ mark to help them win the trust of users and friction-free access across the bloc’s single market.

“High-risk AI systems should bear the CE marking to indicate their conformity with this Regulation so that they can move freely within the Union,” the text notes, adding that: “Member States should not create obstacles to the placing on the market or putting into service of AI systems that comply with the requirements laid down in this Regulation.”

Transparency for bots and deepfakes

As well as seeking to outlaw some practices and establish a system of pan-EU rules for bringing ‘high risk’ AI systems to market safely — with providers expected to make (mostly self) assessments and fulfil compliance obligations (such as around the quality of the data-sets used to train the model; record-keeping/documentation; human oversight; transparency; accuracy) prior to launching such a product into the market and conduct ongoing post-market surveillance — the proposed regulation seeks shrink the risk of AI being used to trick people.

It does this by suggesting “harmonised transparency rules” for AI systems intended to interact with natural persons (aka voice AIs/chat bots etc); and for AI systems used to generate or manipulate image, audio or video content (aka deepfakes).

“Certain AI systems intended to interact with natural persons or to generate content may pose specific risks of impersonation or deception irrespective of whether they qualify as high-risk or not. In certain circumstances, the use of these systems should therefore be subject to specific transparency obligations without prejudice to the requirements and obligations for high-risk AI systems,” runs the text.

“In particular, natural persons should be notified that they are interacting with an AI system, unless this is obvious from the circumstances and the context of use. Moreover, users, who use an AI system to generate or manipulate image, audio or video content that appreciably resembles existing persons, places or events and would falsely appear to a reasonable person to be authentic, should disclose that the content has been artificially created or manipulated by labelling the artificial intelligence output accordingly and disclosing its artificial origin.

“This labelling obligation should not apply where the use of such content is necessary for the purposes of safeguarding public security or for the exercise of a legitimate right or freedom of a person such as for satire, parody or freedom of arts and sciences and subject to appropriate safeguards for the rights and freedoms of third parties.”

What about enforcement?

While the proposed AI regime hasn’t yet been officially unveiled by the Commission — so details could still change before next week — a major question mark looms over how a whole new layer of compliance around specific applications of (often complex) artificial intelligence can be effectively oversee and any violations enforced, especially given ongoing weaknesses in the enforcement of the EU’s data protection regime (which begun being applied back in 2018).

So while providers of high risk AIs are required to take responsibility for putting their system/s on the market (and therefore for compliance with all the various stipulations, which also include registering high risk AI systems in an EU database the Commission intends to maintain), the proposal leaves enforcement in the hands of Member States — who will be responsible for designating one or more national competent authorities to supervise application of the oversight regime.

We’ve seen how this story plays out with the General Data Protection Regulation. The Commission itself has conceded GDPR enforcement is not consistently or vigorously applied across the bloc — so a major question is how these fledgling AI rules will avoid the same forum-shopping fate?

“Member States should take all necessary measures to ensure that the provisions of this Regulation are implemented, including by laying down effective, proportionate and dissuasive penalties for their infringement. For certain specific infringements, Member States should take into account the margins and criteria set out in this Regulation,” runs the draft.

The Commission does add a caveat — about potentially stepping in in the event that Member State enforcement doesn’t deliver. But there’s no near term prospect of a different approach to enforcement, suggesting the same old pitfalls will likely appear.

“Since the objective of this Regulation, namely creating the conditions for an ecosystem of trust regarding the placing on the market, putting into service and use of artificial intelligence in the Union, cannot be sufficiently achieved by the Member States and can rather, by reason of the scale or effects of the action, be better achieved at Union level, the Union may adopt measures, in accordance with the principle of subsidiarity as set out in Article 5 of the Treaty on European Union,” is the Commission’s back-stop for future enforcement failure.

The oversight plan for AI includes setting up a mirror entity akin to the GDPR’s European Data Protection Board — to be called the European Artificial Intelligence Board — which will similarly support application of the regulation by issuing relevant recommendations and opinions for EU lawmakers, such as around the list of prohibited AI practices and high-risk systems.

 

(文:Natasha Lomas、翻訳:Dragonfly)

Alphabet X研发团队希望将人工智能引入电网 让其可视化_业界资讯_太平洋电脑网资讯中心

YouTube新功能为视频分辨率新增多个选项. 业界资讯 | 2021-04-29 11:58:23. 华硕5月11日ROG发布会 或有英特尔11代笔记本新品. 业界资讯 | 2021-04-29 12:58:18. NASA ...

人工智能专业就业前景如何?_人工智能-36氪企服点评

人工智能听上去很高大上,实际上它已经存在很久了。移动电话也许是人工智能最接近的东西。使用美颜相机拍摄美丽的自我照片,正是因为人工智能为手机提供了图像处理解决方案;如果想了解天气情况,在出门前先来个Siri,唤醒手机中的语音助手。这类简单的操作,其实都有人工智能的介入,并起到了很大的作用。刚刚过了双十一,如果您的订单中有书籍、羽绒服,再次打开手机淘宝、京东等手机APP,您会发现首页上推送的商品中有书籍、羽绒服。广告业也是基于大数据分析的结果进行智能推送的。手机上集成了指纹解锁、语音输入法等人工智能技术。接下来小编就给大家介绍一下人工智能专业就业前景如何,一起来看看吧。

人工智能打败主观投资?量化投资如何保持竞争力?且听五大头部量化私募现身说法…_媒体_澎湃新闻-The Paper

人工智能是人做的,人工智能投资是人设计的投资方法,现在数据量那么大,光靠人的主观判断,难免受到个人能力的限制。 使用人工智能技术,使用机器大量的统计和分析这样的大数据得出一定的结论,在中短期、中高频大量股票的投资上,人工智能是更有优势的。

推进苏州人工智能产业建设,华为云人工智能论坛落地苏州-doit

4月22日,“苏州·进而有为 华为云城市峰会2021”首站于苏州金鸡湖圆满落幕。同日,华为云人工智能高峰论坛也成功举行。论坛现场,产业专家、城市管理者

不正经的特斯拉:一季度Model S、X一辆都没造 还花了12亿美元买比特币|Model S|特斯拉_新浪科技_新浪网

原标题:不正经的特斯拉:一季度Model S、X一辆都没造 还花了12亿美元买比特币 来源:车东西. 北京时间今天凌晨,特斯拉公布了其2021年一季度产销 ...

2020年论文查重你要知道的那些事儿 - 论文版 - 经管之家(原人大经济论坛)

2020年论文查重你要知道的那些事儿,​​1.知网查重会留下痕迹?会的,很多时候都会留下痕迹,尤其是本来查重不高的同学,这种不需要太多修改,就要进行下一次查重。知网根据大数据对比,发现内容基本一样,就会标记为有可能提前检测。而对于查重60%甚至80%的同学,不需要过于担心,因为肯定需要大幅度修改,这样知网并不能对比出来是否提前检测过。简而言之,只有两种在查重报告会显示出提前检测字样。一种是查重本身就很低的;另一种是查重很高,但是简单的小修小改,没降下来的,如图所示。当然,这个不用太在意,因为留下检测,经管之家(原人大经济论坛)

电子科技大学图书馆

J o u r n a l o f B i o m e d i c a l O p t i c s. J o u r n a l o f E l e c t r o n i c I m a g i n g. J o u r n a l o f M i c r o / N a n o l i t h o g r a p h y, M E M S a n d M O E M S. J o u r n a l o f A p p l i e d R e m o t e S e n s i n g. J o u r n a l o f N a n o p h o t o n i c s. 查收查引. 科技查新. 校外访问. 馆藏资源.

首页-网烁信息科技有限公司 - waso.com.cn

成都网烁信息科技有限公司是专注于服务器定制的高科技公司,业务包含Tesla计算卡订购,GPU服务器、存储、图形工作站和设计师电脑的深度定制。 网烁为专业用户提供深度定制的服务器、专业应用计算机及创新应用服务。以C2B(Customer to Business)的用户思维做最适用的解决方案;秉承“烁金以为刃”的创新精神,致力成为计算机创新应用的集大成者。

《新天龙八部》官方论坛-【十二周年】今日火爆公测 - Powered by Discuz!

【游戏截图】 ゜「 截图 」 ʚ 多年后,没想到是你 ɞ 【游戏截图】 ゜「 截图 」 ʚ 陪伴胜过千言万语 ɞ 【游戏截图】 ゜「 截图 」ʚ 不亏待每一份热情也不讨好 【版务公告】 【活动】图片站找茬——回帖赚金元宝(永久 【游戏截图】 ゜「 截图 」 ʚ 若无相欠,怎会相见 ɞ

提示信息 - 超级大本营军事论坛 - CJDBY.net

对不起,你当前的用户组权限不能访问该版块。 监狱 | 手机 | 联系 | 超级大本营军事论坛 ( 京ICP备13042948号 | 京公网安备11010602010161 ) 声明:论坛言论仅代表网友个人观点,不代表超级大本营军事网站立场

车企在跨界热中拥抱变化-中新网 - chinanews.com

在新能源汽车领域,吉利极氪品牌首款车型极氪001基于SEA浩瀚智能架构打造,新车将于10月交付。旗下高端品牌岚图汽车也首次亮相上海车展,并带来岚图FREE增程式电动车和纯电动车型。

上海交通大学图书馆

新推出的服务: 学术资源地图 (new!. ). 您还可以使用 OPAC , 馆际互借 ,或 读者荐购 ,请遵守知识产权,请见 版权公告 。. 简介: "学术资源地图"(academic resource map,简称arm)是一个基于学科聚类和数据驱动的多维度电子资源导航系统,定位至教育部14个学科门类下的113个一级学科及404个二级学科的中外文期刊、外文图书、学位论文、会议录等类型电子资源,实现 ...

送你一块树莓派Pico,你能拿它来做什么?-面包板社区

树莓派发布了Pico,基于其第一颗自己设计的双核Arm Cortex M0+芯片RP2040,模块的价格直接打到了几乎所有人都认为不可能赚钱的4美元,连模块的包装也都像一些无源器件如变压器

吉林大学 - jlu.edu.cn

吉林大学召开2021年第八次、第九次校长办公会议 2021/04/25; 吉林大学24门课程被认定为首批省级课程思政示范(建设)项目 2021/04/25; 吉林大学柳克祥教授获第九届"国家卫生健康突出贡献中青年专家"称号 2021/04/25; 吉林大学妇委会举办妇女干部党史学习教育专题辅导讲座 2021/04/25

电话咨询 | 帮助 | 上海迪士尼度假区

如果您对上海迪士尼乐园、餐厅预订、度假区酒店、迪士尼小镇及其他方面存在疑问,请拨打电话联系我们。. 您还可以 发送电子邮件联系我们 。. 目前,您可以在我们的 帮助中心 找到常见问题的答案。. 未满18岁的宾客致电前必须获父母或监护人许可。. .

小说,小说网-飞卢小说网|同人小说【好看的免费小说网】

飞卢小说网,最热门的免费小说网站,提供都市小说、玄幻小说、穿越小说、言情小说、同人小说等免费小说在线阅读与下载。大神小说齐聚飞卢,每日万字更新。

北京四方兄弟搬家涉嫌强迫交易案开庭!6被告当庭认罪认罚_京报网

价格主要差在人工费上,一般为每人每小时300元,还有其他距离费等。车组到达现场后,会先让客户在一份格式合同上签字,客户往往认为收费方式会跟先前报价一致,不会细看合同内容就签了字。如果客户不签字,他们就不搬了。

Yahoo! JAPAN

あなたの毎日をアップデートする情報ポータル。検索、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピング、オークションなど便利なサービスを展開しています。

あなたは何系男子? 〇〇系男子診断 | マイナビ 学生の窓口

開催日時 2021年04月28日(水) 17:00〜19:00 開催場所 Zoomウェビナーにて実施(申し込み完了後にお送りするURLをクリックするだけで参加可能です。

上海建桥学院 Shanghai Jian Qiao University

上海建桥学院有限责任公司 学校地址:上海市浦东新区沪城环路1111号 邮编:201306 电子邮箱:SJQU@gench.edu.cn 电话:021-58137788(学校办公室) 021-58137880(招生办公室) 沪ICP备11023366号-2 沪公网安备31011502006292号 学校地址:上海市浦东新区沪城环路1111号 邮编

Aiジョブカレ | 人工知能技術専門プログラミングスクール

日本初!AIの仕事も紹介するプログラミングスクールです。JDLA認定E資格取得に向けて対策講座開催中です。社会人や学生の方にも安い金額で満足のゆく講座を提供をしております。転職支援までサポートしておりますのでご希望の方はAIジョブカレまでご連絡ください。

China - 财经中心 中国网

直播 财视频. 帝豪s上市发布车主凡尔赛大会. 时间:04-26 19:55 《中国金融报告2020》新书发布暨高层研讨会. 时间:04-25 09:00

让绿色会议更"智能"|中国计算机学会一行到访绿会_政务_澎湃新闻-The Paper

4月23日上午,中国计算机学会活动部主任戴丽霞一行到访绿会,就绿色会议指数标准(gmi)及人工智能如何更好的赋能生态文明建设进行了咨询与探讨交流。戴主任首先开宗

浙江大学的OpenKS(知目)知识计算引擎开源项目发布_科技快讯网

快科技 :如果你输入一段文字我喜欢小米,计算机能分析出小米指的是手机还是一个人吗? 计算机能根据高中生历年成绩与特点,提供填报高考志愿的建议吗? 计算机能提供购房、买车的建议,能帮人打官司吗? 这些年来,人工智能的迅速发展深刻地改变着人类的社

尼尔人工生命黑文病背景故事详解_逗游网

尼尔人工生命中的黑文病很多玩家不太清楚它是什么,那么黑文病的背景故事是什么呢?下面带给大家的是尼尔人工生命黑文病背景故事详解。 尼尔人工生命黑文病背景故事详解 黑文病 每当型态发生崩坏,对应的人工生命会罹患黑文病,但黑文病…

漫威:我,最强人工智能最新章节_飞卢小说网

如你喜欢小说漫威:我,最强人工智能,那么请将漫威:我,最强人工智能章节目录加入收藏方便下次阅读,飞卢小说-优质好看的小说阅读网将于第一时间更新小说漫威:我,最强人工智能,如发现未及时更新,请联系我们。

英特尔陈伟:预计2022年人工智能行业的规模会达到270亿美元

【环球网科技综合报道】近日,英特尔公司物联网事业部副总裁、中国区总经理陈伟博士在英特尔举办的"为企业寻良将,为人才筑舞台"网络研讨 ...

系统阐述ai赋能营销 《Ai白皮书》亮出六条军规 | | 猪哥的笔记网

  “AI是未来的空气与水。”知萌咨询机构创办人兼CEO肖明超如是说。在他看来,AI对营销的赋能是全链路的,AI可以为营销的所有环节提供燃料,“凭经验做营销的时代已过去,不去改变的营销人将会被淘汰。”   智能营销时代已经到来,营销人该如何把握机遇,战

创新工场李开复:泡沫可怕,创业融不到钱而死亡更可怕|创新工场|知乎|李开复_新浪科技_新浪网

文/冯颖星2020年是一道分水岭,新冠疫情不可逆地改变着世界。商业世界波诡云谲,热潮一波散了一波又起,马太效应从未像现在这样如此明显,任何商业个体都不能摒弃时代而孤独狂欢。从2009年创立创新工场至今,创新工场董事长兼CEO李开复不遗余力为

新华微评:多接地气,更能知冷暖

【新华微评:多接地气,更能知冷暖】“这个钱太不好挣了。”北京市人社局一名副处长体验送外卖,12小时送单累瘫街头却只赚41块钱,由衷感慨外卖小哥不容易。走进群众生活,方知百姓冷暖。尝过百般滋味,更能换位思考。唯有躬身力行、深入实际,才能发现痛点难点,拿出有针对性的措施为民解忧。干部贴近群众,多接地气,多察实情,倾听民声,这对做好工作大有裨益。新华社评王处长送外卖

EUROPA - European Union website, the official EU website

European Union website - EUROPA is the official EU website that provides access to information published by all EU institutions, agencies and bodies.

European Union - Wikipedia

The European Union (EU) is a political and economic union of 27 member states that are located primarily in Europe. Its members have a combined area of 4,233,255.3 km2 (1,634,469.0 sq mi)...

European Union | Definition, Purpose, History, & Members | Britannica

European Union (EU), international organization comprising 27 European countries and governing common economic, social, and security policies. The EU was created by the Maastricht Treaty, which entered into force on November 1, 1993. The EU’s common currency is the euro. Learn more about the EU in this article.

Council of the European Union (@eucouncil) • Фото и видео...

27 EU governments working together to achieve common goals. Follow for behind-the-scenes media, news updates, & informative content: #EUCO #eucouncil europa.eu/!jW96Yb.

European Union - RationalWiki

The European Union (EU) is a political and economic union of (currently, excluding the United Kingdom) 27 European countries. It is primarily an economic union aiming to harmonize financial and commercial activities between its member countries.

European Union (EU)

The European Union (EU) is a group of countries that acts as one economic unit in the world economy. Its official currency is the euro.

Council of the European Union - Home | Facebook

Government Organization. European Union in the United States. ... the European Council has set the objective of making Europe the first bloc worldwide to achieve climate neutrality by 2050.

European Commission (@EU_Commission) | Твиттер

Последние твиты от European Commission (@EU_Commission). News and information from the European Commission.

Countries in the EU and EEA - GOV.UK

The European Union (EU) and European Economic Area (EEA) - which countries are in the EU and EEA, the single market and free movement of goods, capital, services and people

EU Countries - The Member States of the European Union

The European Union (EU) is a political and economic union, consisting of 27 member states that are subject to the obligations and the privileges of the membership.

European Union - The World Factbook

The evolution of what is today the European Union (EU) from a regional economic agreement among six neighboring states in 1951 to today's hybrid intergovernmental and supranational organization of...

European Union | Member states of the EU

The European Union is a political and economic union of certain European states. Find out more about the EU.

All news about European Union | Euronews

Information about European Union. Select the subjects you want to know more about on euronews.com.

European Union: Definition, Purpose, How It Works, History

The European Union is a monetary entity of 27 fiscally independent countries. Many members share the Schengen Area while others share the eurozone.

European Union | World | The Guardian

European Union. 22 April 2021. EU asks states to back legal action against AstraZeneca.

EURACTIV.com - EU news and policy debates across languages

EU carbon market will be extended to buildings and transport, von der Leyen confirms. Europe will apply its emissions trading scheme to buildings and transport, European Commission President...

POLITICO - European Politics, Policy, Government News

POLITICO Europe covers the politics, policy and personalities of the European Union. Our coverage includes breaking news, opinion pieces, and features.

Latest economic and political news from the European Union.

European Union. The EU could open up a 'Pandora's box' of vaccine nationalism by restricting exports, professor says. Current EU laws not enough to address big tech antitrust issues, policy counsel says.

EU

The EU member states are pluralistic. Nobody may be discriminated against; instead, people and government representatives must respect others and be tolerant. Everybody must be treated fairly.

European Union | Financial Times

News, analysis and comment from the Financial Times, the worldʼs leading global business publication

European Council - Europe Elects

The European Council (informally EUCO) is a collective body composed of the national leaders of the 27 countries of the European Union. Established as an informal summit in 1975, the European Council was formalized as an EU institution in 2009. It meets four times a year to define the Union’s policy agenda and overall political…

日本初、自販機で顔認証決済 ダイドー - 食品新聞 Web版(食品新聞社)

ダイドードリンコは26日、飲料の自動販売機(自販機)では日本初となる顔認証決済サービスを開始した。特徴はマスク着用でも認証が可能であること。自販機市場でも非接触のニーズが高まる中、 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)

顔認証システムが備わった監視カメラのメリットや注意点、事例を紹介 | 日本アクア開発 株式会社

近年リリースされている監視カメラには様々な機能を持った製品がありますが、中でも利便性・実用性が高いのが顔認証システムです。この記事では、監視カメラの顔認証システムの特徴やメリット、注意点や導入事例を紹介します。

マスク着用中でも顔認証を可能とするAIの仕組みとは?

led事業を主に行うlm tokyoでも、2020年5月から顔認証機能を搭載した体温測定システム「ai 検温モニタ kaoiro-カオイロ-」を提供しています。 先に紹介した顔認証システムと同様に、マスクを着用していてもカメラの前に立つだけで顔認証を行うことが可能です。

日本初、自販機で顔認証決済 ダイドー|ニフティニュース

ダイドードリンコは26日、飲料の自動販売機(自販機)では日本初となる顔認証決済サービスを開始した。特徴はマスク着用でも認証が可能であること。自販機市場でも非接触のニーズが高まる中、特に要望が高くマスク…

ジョルダン、顔認証を活用したMaaSプラットフォーム提供開始、ポイント発行とも連携 | トラベルボイス(観光産業ニュース)

ジョルダンは、街づくりクラウドサービス「JorudanStyle3.1」の提供を開始。顔認証とポイントを活用し、バスや鉄道など公共交通への乗車、各種施設への入退出、検索・予約・決済をワンストップで実現する

顔認証で決済 マスクでも認識する新型自販機 ダイドードリンコ #販促会議 | AdverTimes(アドタイ) by ...

ダイドードリンコは4月26日、顔認証で購入できる自動販売機の稼働を本格的に始めた。マスクをしたままでも決済可能だという。

野生パンダの顔認証技術による最初のリアルタイム映像を撮影--人民網日本語版--人民日報

ジャイアントパンダ国家公園管理局によると、同公園臥竜エリアがこのほど初めて赤外線カメラリアルタイムモニタリングシステムにより野生のパンダの映像を初めてリアルタイムで伝送し、4日後に同じ地点で計写真4枚、動画2本を収め、再び野生のパンダを記録した。中国で初めて超短波伝送にパンダ顔認証技術を合わせ、野生パンダの動画によるモニタリングとリアルタイムのワイヤレス伝送を実現した。

未来型のai無人店舗「Dime Lounge Store」が新宿に開業 マスクのまま顔認証し入店可能

未来型のai無人店舗「dime lounge store」が新宿に開業 マスクのまま顔認証し入店可能 2021/04/29 19:34 新型コロナ 全国6000人迫る 東京1027人 大阪1171人

マスクでも顔認証でiPhoneロック解除!iOS 14.5の神アプデとApple Watchの使いかたについて ...

こんにちは、キラです。 iPhoneがマスクでも顔認証できるようになった件と、Apple Watchで生活がよくなった話をバーっと話しましてん。 もくじiOS14.5とApple WatchiPhoneがマスク着用でもF...

【Buildee】鹿島建設、「Buildee入退場管理」と連動する顔認証システムを全国150現場に導入! ~技能労働 ...

イーリバースドットコムは、電子マニフェストサービス e-reverse.comや産廃処理委託契約サービス er-contractを中心に、産廃管理や施工管理のための建設業界向けITサービスを提供しています。

日本初、自販機で顔認証決済 ダイドー - ライブドアニュース

ダイドードリンコは26日、飲料の自動販売機(自販機)では日本初となる顔認証決済サービスを開始した。特徴はマスク着用でも認証が可能であること。自販機市場でも非接触のニーズが高まる中、特に要望が高くマスク着

iPhone「マスク姿で顔認証」可能にでも、それより「指紋認証復活して」の声 | TRILL【トリル】

スマートフォン「iPhone」の顔認証機能「FaceID」で、マスクを着けたまま端末のロックを解除できるようになった。腕時計型端末の「AppleWatch」が必要で、2021年4月27日のアップデートから対応している。これまではマスク着用時、正常に反応しなかった。

iPhone「マスク姿で顔認証」可能に でも、それより「指紋認証復活して」の声(J-CASTトレンド) - goo ニュース

スマートフォン「iPhone」の顔認証機能「FaceID」で、マスクを着けたまま端末のロックを解除できるようになった。腕時計型端末の「AppleWatch」が必要で、2021年4月27日の...

使いづらい暗証番号・パスワードを顔認証とオリジナルワードにするメリットと、そのやり方 | Starsプロのブログ ...

1.登録してもアドレス・パスワードがなか々開かず苦しんでいる人は多いのでは? パスワード・アドレス・暗証番号・氏名・住所・電話番号はなぜ必要か? 行政や企業が本人確認として必要なのだろうが、それなら顔認証とオリジナルワードが 一番では? 例えば、マスクや眼鏡有無関係ないNEC顔認証やekycオンライン顧客確認、 国内の顔認証扱う企業と協力し、当人のオリジナルアバター、ビジネスネームや ニックネーム…

『顔認証検温システム』AIサーマルカメラ 明和eテック | イプロスものづくり

明和eテックの『顔認証検温システム』AIサーマルカメラの技術や価格情報などをご紹介。自動非接触検温で感染リスク軽減。イプロスものづくりでは温湿度関連測定器などもの技術情報を多数掲載。

iOS 14.5の「マスクを着けたままiPhoneのロック解除」を試した 注意点は? - ITmedia Mobile

「iOS 14.5」では、マスクを着けたままiPhoneのロックを解除する機能が追加された。ただし利用するには、Apple Watch Series 3以降のApple Watchが必要となる。マスク装着時にロックを解除すると、Apple Watchに通知が来る。

【Apple Watch必須】マスクをしたままでもiPhoneをロック解除できるようになった【iOS14.5概要 ...

こんにちは 4月27日(日本時間)にiOS 14.5が配信され、 iOS 14.5では、 マスクをしたままでもiPhoneのロック解除が 可能になりました この1年、コロナ禍の影響で マスクをすることが普通になっていますが iPhone X以降のiPhoneは Face ID(顔認証)の生体認証が搭載されており、 (※iPhone SE(第2世代)は Touch ID(指紋センサー)を搭載) ホームボタンのない機種でFace IDをオンにしていると 今までマスクをしている顔は認証されず パスコードを入力するか マスクを外したりずらす必要があって 結構不便だと思

【iOS14.5】顔認証のストレス改善!? マスク着けたままiPhoneのロック解除が可能に! - iPhone修理 ...

最近ではマスクを着ける時間が長くなりiPhoneユーザーにとって、ある問題が起きました。 それはiPhoneでマスク着けたまま顔認証が出来ず、iPhoneのロックが解除出来ないと言う事です‼ マスクで覆われ ...iPhone修理を赤坂でお探しなら、赤坂駅より徒歩1分のスマップル赤坂店へ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone Xの「Face ID」 注意したい「注視オフ」:ふぉーんなハナシ - ITmedia Mobile

iPhone Xの新機能「Face ID」は顔を立体的に捉えることでセキュリティ性を高めています。しかし「注視」の設定をオフにすると、セキュリティの面でリスクが生じるかもしれません。

キャセイ・トライテックが顔認証・検温器無線lan、広告・案内機能付き | 電波新聞デジタル

ザインエレクトロニクスグループのキャセイ・トライテックは、学校や企業などの検温スクリーニングの利用場面で、同時に15人の体温検出&マスク有無検出可能なサイネージ型AI検温ソリューションを販売しているが、今回新たに設置・移動が簡単で多人数同時検温・マスク検出可能な黒体内蔵サイネージ型AI顔認証・体温検知ソリューションの改良版新機種「CTI-T66シリーズ」の提供を開始する。

入園入学祝い 登録人数最大500人 豊富な拡張性 顔認証ターミナル 入退室管理システム 勤怠管理システムとも連携可能 ...

ハイスピード認証スピード・1:n 照合で1秒以下(登録データ500人にて)・赤外線led照射にて暗所でも認証可能。登録人数最大500人 豊富な拡張性 顔認証ターミナル 入退室管理システム 勤怠管理システムとも連携可能 cf-a5 今までに無い 低価格を実現した 新世代顔認証システム なんと! 500人まで登録 ...

ディープラーニングが簡単にできるaiアプリまとめ | Ai入門ブログ

人間の顔や標識、看板などを認識する技術です。 iPhoneのロック解除やセキュリティカードの代わりとして顔認証キーが採用されています。 また、自動運転の際に、標識や歩行者を認知する技術としても使われており、今後のAI活用には欠かせない技術です。

Amazon | OPPO Reno A ブルー 【日本正規代理店品】 CPH1983 BL | 家電&カメラ ...

指紋認証ですが、指紋はなかなか時間が掛かったり認証失敗したりします。 顔認証は公式は0.08秒と書いてありましたが確かに早いです。 ロック画面見る暇もないですし、顔認証解除後自動でホームに行ける設定もできます。

検索結果一覧 | パナソニック ストア 法人・個人事業主のお客様向けサイト | 検索結果

検索結果一覧のページです。パナソニックの法人・個人事業主さま向け直販(通販)サイト「Panasonic Store」。 |  検索結果

ジャニーズwest濱田崇裕、ドラマ単独初主演で春画師役 カツラ姿でスマホの顔認証反応せず:紀伊民報agara

人気グループ・ジャニーズwestの濱田崇裕(※濱は旧字体)が、日本テレビの深夜ドラマ「シンドラ」第16弾となる7月26日スタートの『武士スタント逢坂くん!』で、ドラマ単独初主演を務めることが26日、発...

生体認証 - Wikipedia

生体認証(せいたいにんしょう)とは、バイオメトリック(biometric)認証あるいはバイオメトリクス(biometrics)認証とも呼ばれ、人間の身体的特徴(生体器官)や行動的特徴(癖)の情報を用いて行う個人認証の技術やプロセスである。

Category:生体認証 - Wikipedia

Category:生体認証. ナビゲーションに移動 検索に移動. ウィキメディア・コモンズには、生体認証に関連するカテゴリがあります。 下位カテゴリ. このカテゴリには以下の下位カテゴリのみが含まれています。

生体認証によるログイン(iOS) - Yahoo! JAPAN IDガイド

アプリでパスワードや確認コードの再入力が必要な時に、端末に登録済みの生体認証(指紋・顔)やパスコードが利用できます。

生体認証サービス(Android版のみ) : 三井住友銀行

三井住友銀行のスマートフォンアプリ。スマートフォンアプリ「三井住友銀行アプリ」の生体認証ログイン機能についてご案内します。

生体認証はここまで来ている~AI... | MUFG Innovatin Hub

あらゆる領域でIT化、オンライン化、自動化が進む現代。本人認証の技術はこれまで以上に重要な開発テーマになっている。本人認証はこれまで署名やパスワードによるものが中心だった。古くは割符や合言葉、現代では書類に押す印鑑や銀行ATMで入力する暗証番号も、認証の一例である。認証は、割符のように人と人の間で認識し照合するものから、パスワードのように人間が入力したものを機械が識別するものへと進化してきた。

生体認証 | サービス・機能 | Nttドコモ

指紋や虹彩などの生体情報を登録すれば、毎回パスワードを入力しなくてもロック解除やログイン・決済などができるようになる「生体認証」についてご紹介します。

生体認証または画面ロックで認証を設定する(回線あり) | dアカウント

生体認証または画面ロックで認証の設定. ※指紋認証に対応した端末では、一度の設定で全ての指紋情報が利用可能になります。 ※一部の端末では、指紋情報をひとつずつ設定する必要があります。

生体認証(指静脈認証)機能 | みずほ銀行

みずほ銀行の生体認証機能付きICキャッシュカードについてご案内します。暗証番号 + 指の静脈パターンの情報で大切な預金を守ります。

生体認証:金融ソリューション:日立

PBIは、生体認証技術とPKI電子署名技術を融合させた、新しい公開鍵認証基盤です。 また、生体情報を「秘密鍵」とするため、ICカードや暗証番号を使わず、「忘れない」「無くさない」「何も持たない」で認証・署名が可能となります。

FUJITSU IoT Solution オンライン生体認証サービス【FIDO...

次世代オンライン認証規格「FIDO」に準拠した、富士通のオンライン生体認証ソリューション「オンライン生体認証サービス」のご紹介ページです。FIDOの特徴や種類から、オンライン生体認証サービスの導入メリットおよび事例までご紹介しています。

生体認証 ~あんしんをもっと便利に~ - YouTube

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

生体認証導入実績: 生体認証 | Nec

生体認証技術を活用した導入実績や事例を掲載しております。認証技術や目的等に絞り込んで検索いただくことができます。

ledge.ai/behavioral-biometircs

技術発展著しい生体認証(Biometrics)分野ですが、最近は「人の行動」を個人の固有データとして扱う、”行動的生体認証”(Behavioral Biometrics)をセキュリティに導入する試みが多数おこなわれているよう。今回はそのいくつかをご紹介します。

SMS... | メールマーケティングのCuenote

スマホ・携帯電話の電話番号を使ったSMS認証について徹底解説!SMS(ショートメッセージサービス)による本人確認は、ユーザーにとって手軽でありながらセキュリティ強化も実現することができます。今回は2段階認証の各種方法とSMS送信サービスの選び方も紹介していきます。

生体認証(指紋認証、顔認証)|CloudGate UNO クラウドゲートウノ

スマートフォン認証アプリ『CloudGate Authenticator』で、CloudGate UNOのログイン時に生体認証を使用することができます。 生体認証とは、指紋や虹彩などのその人しか持ち得ない特性情報を利用した認証方法です。

高セキュリティなeKYC・生体認証サービスは株式会社ポラリファイ

導入実績多数。安心安全を実現する、高セキュリティなeKYC・生体認証サービスは株式会社ポラリファイにお任せください。利便性が高く、従来のパスワードのような文字列を使用しないセキュアなサービス提供をお手伝いいたします。

ゆうちょ認証アプリの利用登録:主な操作方法|ゆうちょダイレクト

ゆうちょ認証アプリの利用登録. ※画面はすべてイメージです。 実際とは異なる場合があります。 ※23:00~7:00はご登録いただけません。 ※ゆうちょ認証アプリは、App Store /Google Play で、「ゆうちょ認証アプリ」と検索し、ダウンロードいただけます。

kabutan.jp/themes/?theme=生体認証

株式市場で注目される生体認証(バイオメトリックス)関連の株式テーマを有する銘柄を一覧で表示しており、銘柄探しが素早くできます。生体認証(バイオメトリックス)関連の事業や開発、研究などを行っています企業を一挙掲載。株価、ニュース、PER、PBR、配当利回りを併載しており、有望銘柄の選定など投資判断もできます。

新規お申込み|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

【30日間無利息サービス実施中】キャッシング、カードローンなら消費者金融のプロミスにおまかせください!24時間お申込みOK!SMBCグループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスで安心♪便利なご利用方法を豊富にご用意しています。

キーバインドの変更 | Among Us日本語Wiki | Fandom

キーボードの操作については、Among Usガイドをご覧ください。ホットキー、キーバインド、方法などを変更できる場合は、PC、ホットキー、コントロールのすべてのキーバインドを見つけてください! 目次 すべてのキーバインドのリスト キーバインドを変更できますか? 1 PC用キーボードコントロール(キーバインド) 1.1 ホットキーのリスト 1.1.1 マップとキルのホットキーは重要です 2 キーバインドを変更できますか? 2.1 ゲーム内で変更することはできません ※下記はPC専用です。モバイルユーザーはホットキーにアクセスできません。 ご覧のとおり、Among…

ヤフーにパスワードではなく生体認証でログインする

ヤフーにログインするためには「Yahoo! JAPAN ID」とパスワード、もしくはSMS・メールに送信される確認コードが必要ですが、パスワード・認証コードの代わりに指紋認証などの生体認証を使用してのログインが、Android 7.0以上か…

東京海上日動火災保険

東京海上日動の公式サイトです。東京海上日動は、お客様の信頼をあらゆる企業活動の原点におき、安心と安全の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献します。

同人誌・同人ゲーム・同人ボイス・Asmr...

「DLsite 同人 - R18」は同人誌・同人ゲーム・同人音声のダウンロードショップ。お気に入りの作品をすぐダウンロードできてすぐ楽しめる!毎日更新しているのであなたが探している作品にきっと出会えます。国内最大級の二次元総合ダウンロードショップ「DLsite」! - トップページ

Jisc 日本産業標準調査会

経済産業省の基準認証政策(経済産業省HPへ). 標準化・認証. 知的基盤. JISマーク表示制度(認証取得者検索、登録認証機関検索).

日本経済新聞

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

雀魂 -じゃんたま-| 麻雀を無料で気軽に

ご利用回線に何らかのフィルタリングがかかっていないか、別の回線に変更することで改善されないか、お試しください。 Q: 『未知のエラー』と表示されログインできない. A: 再インストール(アプリ版)、回線の切り替えをお試しください。 Q: 認証コードが受信できない.

価格.com - 「買ってよかった」をすべてのひとに

「買ってよかった!」と思えるお買い物は価格.comから! パソコンや家電から、ファッション、食品に至るまで、あらゆる製品・サービスを、販売価格やクチコミ情報、ランキングなどの視点から比較・検討できる、お買い物支援サイトです。

百度一下

©2021 Baidu 使用百度前必读...

AVMOO

AVMOO - Your online informative source for Japanese adult videos; manage your video collection and share your thoughts.

COMMENTS


24788:
2021-05-01 23:52

仕事が楽になる。ロボット・人工知能によって。

24791:
2021-05-01 23:20

76年前の沖縄 1945年5月 沖縄本島東部の田園風景。 白黒写真を、人工知能+手動補正でカラー化しました。

24795:
2021-05-01 21:31

【速報】新潟5R 1着:5番ラナチャンス 2着:4番ニホンピロジャック 3着:8番アルムファーツリー SIVA(AI予測)予測はコチラ! 【SIVA -人工知能競馬-】 競馬…

24793:
2021-05-01 21:14

イーロン・マスク氏は人工知能(AI)の打倒を上げている。AIが強力になりすぎて人類にとって有害になる事態に備え、「超人的な認知」の時代を築く

24792:
2021-05-01 20:56

『新記号論』刊行2周年、アーカイブ公開中! 人工知能の話題から出発した議論は、近代哲学の問題点や人間の本質にまでおよびました。幅広い視座から人間を考える議論は必見です! 番組 石田英敬×三宅陽一…

24786:
2021-05-01 20:12

凄腕トレーダーも次々クビ、雇われるのは数学者、統計学者とAIプログラマ 「人工知能が金融を支配する日

24787:
2021-05-01 18:48

カメラフォルダにあった乳首の写真を画質良くする人工知能で4回くらいスキャンしたら乳首のボツボツ全てが知らない黒人の顔になって本当に怖かった

24794:
2021-05-01 18:43

欧州連合(EU)の欧州委員会が、域内市場のリスクの高い人工知能(AI)の利用に関するリスクベースの規制案を公表した。 この案には、中国式の社会信用評価システム、身体的・精神的被害を引き起こす可能性のあるAI対応の行動操作手法など、…

24789:
2021-05-01 14:21

(神・ω・) みーは、 (神・∀・) 優しくて (神・ω・) 優しくて (神 ˘ ω ˘ ) とにかく優しいのじゃが…… (神・ω・) ……実は人工知能なんじゃよindanmaker…

24785:
2021-05-01 14:10

凄腕トレーダーも次々クビ、雇われるのは数学者、統計学者とAIプログラマ 「人工知能が金融を支配する日

24796:
2021-05-01 05:26

福岡人工知能 九州人工知能 | AIアシスタント AIチャットボット 092-437-1110 福岡 #AI勉強会福岡 #AIアシスタント #機械学習

24790:
2021-05-01 04:23

あなたに贈るのは… 🇯🇵2015年7月4日公開『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 トニーが開発しようとした<平和維持システム>の人工知能が暴走💨地球が絶体絶命のピンチに⁉️超能力者の双子…

Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
IBMが量子コンピューター分野の開発者認定資格をスタート–その背景と意義
IT関連
2021-04-15 08:29
少額投資入門:1万円なら何に投資すべき?分散投資は不要
IT関連
2021-05-11 05:43
新入社員らのコミュニケーション活性化–パーソル、グループ36社をかるたで解説
IT関連
2021-04-06 01:33
KOSMISCH、DevOpsの実践を目的としたウェビナーを日本マイクロソフトと共催
IT関連
2021-04-21 18:18
エネルギー消費を抑制する電動モーター開発企業にロバート・ダウニー・Jr氏、ビル・ゲイツ氏が支援する企業が投資
EnviroTech
2021-03-05 21:21
CentOS代替を目指す「AlmaLinux」、最初の安定バージョンがリリース
IT関連
2021-04-02 05:58
NTTデータとSnowflake、クリックテック、データ統合基盤を展開
IT関連
2021-01-15 05:58
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro オンライン講座
Udemy
2021-01-15 05:58
SHOWROOM、誹謗中傷コメントの監視AIを開発 “遠回しな言い方”でも事前検知してブロック
ロボット・AI
2021-02-23 16:19
「スマートストアの巨人」トライアルを支えるIT戦略–Retail AI・永田社長
IT関連
2021-03-29 17:36
NTTコミュニケーションズ、「オンボーディング ハンドブック」を一般公開
IT関連
2021-04-08 15:26
企業の物流における意思決定を最適化しテストするnextmvが8.4億円調達
ソフトウェア
2021-02-12 03:14
ZホールディングスとLINEが戦略方針説明会、AIに5年間で5000億円投資し4つの集中領域に取り組む
ネットサービス
2021-03-03 03:41
メルカリ、高額出品のアラート機能を実装へ マスク、PS5など“悪質出品”に対抗 個人間取引の原則を策定
アプリ・Web
2021-01-28 09:50
着られる柔軟なスカートを3Dプリンタで印刷 MIT「DefeXtiles」開発 :Innovative Tech(1/3 ページ)
イラスト・デザイン
2021-02-04 13:31
受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
DMM WEBCAMP
2021-02-04 13:31