ツイッター、ロシアでのサービス完全復旧を目指す

今回は「ツイッター、ロシアでのサービス完全復旧を目指す」についてご紹介します。

関連ワード (反戦、可決、西側等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Twitter(ツイッター)のサービスは引き続きロシアで部分的にアクセス可能だが、同社は米国時間3月7日、同国のユーザーが同社のサービスに「ますますアクセスしにくくなっている」という報道を認識していることを認め、現在調査中で完全なアクセス回復に取り組んでいると明らかにした。

「ロシアでTwitterにアクセスしにくくなっているという報道を承知しています。調査を行っており、サービスへのアクセスを完全に回復するために取り組んでいます」とTwitterの広報担当者はTechCrunchに語った。

ロシア国内のある情報筋は、3月5日からTwitterのウェブサイトにアクセスできなくなったと語ったが、モバイルアプリはまだ使えるとも述べた。

プーチン政権がウクライナ侵攻をきっかけに情報の自由な流れを締め付け続けていて、Twitterのサービスがロシアの通信規制当局Roskomnadzorによってブロックされたとの報道が3月4日にあった。

しかしTwitterはその際、ウクライナ侵攻が始まって以来、そして一部のロシア人が街頭で戦争に抗議した後、同社のサービスに影響を与えているスロットルに対する大きな変化は見られないと述べた。

Twitterのラインは現在、部分的なブロックの暗黙の確認に発展している。

ロシアがウクライナでの戦争に関して情報空間の掌握を強化しようとしているのは間違いない。

また3月4日にはロシア議会が、軍に関する「フェイク」情報を報道すると最高で15年の禁固刑に処するという、フリーのジャーナリストを標的にした強硬な新法を可決した。

同日、ロシア政府はFacebook(フェイスブック)へのアクセスを遮断すると発表した。これに対しFacebook / Metaの社長であるNick Clegg(ニック・クレッグ)氏は、自社のソーシャルネットワークはむしろ「信頼できる情報」のプロバイダーだという考えを示した。

しかし、クレッグ氏の皮肉な主張は、Metaがプラットフォーム上で広がるロシアのプロパガンダを発見したと発表してわずか数日後に行われた。同社は2月28日、偽情報でウクライナの人々を狙うロシアから操作されるFacebookとInstagramの約40のアカウントページグループのネットワークを取り締まったと発表したが、まさに国家が支援する「協調的な不正な行動」(別名:偽情報)がFacebookでホストされた最新の事例だった。もちろん、白黒はっきりさせることはできない。

(特に悪名高い例として、2016年の米国の選挙を標的としたロシア政府による選挙干渉の大規模な拡散を可能にしたFacebookの広告ターゲットプラットフォームの役割も参照して欲しい)

ウクライナ侵攻後、Facebookはロシア国内で平和を求める人々の声を増幅するためにも利用されてきた。例えば、地元のITワーカーがFacebookを使って反戦の請願書を広め、同国のテックコミュニティから数千の署名を集めることに成功した。

ロシア国内の情報筋によると、ロシアでは3月7日現在、Facebookにまだアクセスすることができる。しかし、Facebookアプリ経由ではアクセスできるが、ウェブではできない。

ロシアのインターネットを世界のインターネットから技術的に切り離し、VPNなどへのアクセスをブロックする(あるいは、ロシア人が.ruドメイン以外にアクセスすることを違法とする)など、より思い切った措置を取らない限り、ロシアが欧米のソーシャルメディアへのアクセスを完全にブロックするというのは疑わしいように思われる。モバイルアプリやVPN、あるいはTorを使用するなど、ウェブドメイン上のブロックに対する回避策があるからだ。

数年前、ロシアのTelegram(テレグラム)アプリをブロックする試みはほとんど失敗に終わったが、これは、モバイルアプリをブロックすることの技術的な難しさの一端を示すものだ。

しかし、ロシア人が外部の情報源に容易にアクセスできる能力を低下させ、一方で電波を国家統制のプロパガンダで溢れさせることは、あまりにも多くの市民に同じような効果をもたらすかもしれない。

ロシア議会が3月4日に採択した強硬なコンテンツ法案は、別のソーシャルネットワークTikTok(ティクトック)が従業員とユーザーに対する懸念を理由に、同国のユーザーが新しいコンテンツを投稿する機能を迅速に停止させるきっかけにもなった。つまり、プーチン政権は、ネット上の物語をよりコントロールするために、複数の手段を用いている。

また、2015年以降、ロシアは国家的なインターネットを構築するプロジェクトに取り組んでいて、まだそれを実現できていないとしても、デジタル情報空間を完全にコントロールできるようにしたいという野心を持っていることがうかがえる。

ウクライナでの戦争は、ロシアが自立したデジタル「セグメント」を作る取り組みを強力に推し進める可能性がある。2019年にプーチン大統領が示したように、西側がロシアのグローバルインターネットへのアクセスを否定するリスクを議論している(ただし、内部の技術開発も西側の制裁で大きな打撃を受ける可能性がある)。

2022年になってプーチン大統領は、ロシア人が完全にコントロールできない西側のウェブセグメントにアクセスすることを否定しようとし、検閲の取り組みが強化され、戦争態勢に入った。

ここ数日、欧州もプーチン大統領のウクライナでの侵略戦争を受け、ロシアのプロパガンダに対する独自の対応策を強化している。EUの議員たちは、ロシア政府の支援を受けた国営メディア、Russia Today (RT)とSputnikを前例のない禁止措置とすることに同意した。

この禁止令は、TwitterやFacebookなどのオンラインプラットフォームと、従来の放送メディア(衛星放送など)を対象としている。

EUは、RTとSputnikの禁止令はロシアがウクライナ戦争を続ける限り続くとし、プーチン大統領がEUとその加盟国に対するプロパガンダをやめるまで解除しないとも明記している。

画像クレジット:Bryce Durbin/TechCrunch


【原文】

Twitter’s service continues to be partially accessible in Russia, although the social networking platform confirmed today that it is aware of reports of users in the country having “increasing difficulty” accessing its service, adding that it is investigating and working to restore full access.

“We’re aware of reports that people are increasingly having difficulty accessing Twitter in Russia. We’re investigating and working to fully restore access to our service,” a Twitter spokesperson told us.

A source inside Russia told us they’ve been unable to access Twitter’s website since Saturday — but they also said that its mobile app still works.

On Friday reports suggested Twitter’s service had been blocked by Russia’s communications regulator, Roskomnadzor, as Putin’s regime continues to clamp down on the free flow of information in the wake of the invasion of Ukraine.

Although, at the time, Twitter said it has not seen any significant change vs the throttling that’s been affecting its service since the invasion of Ukraine began, and after some Russians took to the streets to protest the war.

Twitter’s line has evolved to a tacit confirm of a partial block now.

There’s no doubt Russia is trying to tighten its grip on the information sphere around the war in Ukraine.

Also Friday, Russia’s parliament passed a draconian new law targeting independent journalists, with the threat of up to 15 years in jail for reporting ‘fake’ information about the military.

The same day the Russian government announced that it would block access to Facebook — a move that was seized upon by Facebook/Meta president, Nick Clegg, to couch the social network as a provider of contrastingly “reliable information”.

Yet Clegg’s irony-free claim came just a few days after Meta disclosed discovery of Russian propaganda spreading on its platform, saying last Monday that it had taken down a network of circa 40 accounts/Pages/Groups on Facebook and Instagram being run out of Russia which had been targeting people in Ukraine with disinformation — just the latest example of state-backed “coordinated inauthentic behavior” (aka disinformation) being hosted on Facebook. So of course it’s never so black & white.

(See also: The role Facebook’s ad targeting platform played in enabling the massive spread of Kremlin-funded election interference targeted at the US 2016 election, for an especially notorious example.)

Following the invasion of Ukraine, Facebook has also been used to amplify public calls for peace within Russia — such as the local IT workers who used the platform to spread an anti-war petition which went on to garner thousands of signatures from the country’s tech community.

Our source inside Russia told us they are still able to access Facebook as of today — but again via its app, not the web.

Russia’s ability to fully block access to Western social media platforms looks doubtful, short of more drastic action to technically disconnect the Internet in Russia from the global Internet and block access to VPNs etc (or else by making it illegal for Russians to access anything other than .ru domains) — given the availability of workarounds to blocks on web domains, such as mobile apps and the use of VPNs or even using Tor.

Russia’s largely unsuccessful attempts a few years ago to block the Telegram app underline some of the technical challenges of trying to block mobile apps.

However degrading the ability of Russians to easily access outside sources of information — while flooding the airwaves with state-controlled propaganda — may have much the same effect for all too many citizens. 

The draconian content legislation Russia’s parliament agreed Friday also led another social network — TikTok — to quickly suspend the ability of users in the country to post new content, citing concerns for its employees and users. So Putin’s regime is using multiple levers in a bid to control more of the narrative online.

It’s also worth noting that, since 2015, Russia has been working on a project to build a national internet, suggesting it has an ambition to be able to fully control the digital information sphere, even if it has not been able to pull that off yet.

The war in Ukraine could supercharge Russia’s effort to create self sufficient digital “segments” — as Putin put it back in 2019, discussing the risk of the West denying Russia’s access to the global Internet (although internal tech development is also likely to be hit hard by Western sanctions).

Fast forward to 2022 and it’s Putin that wants to deny Russians’ access to Western segments of the web which he cannot completely control, as local censorship efforts are dialled up and put on a war footing.

In recent days, Europe has also responded to Putin’s war of aggression in Ukraine by evolving its own response to Russian propaganda — with EU lawmakers agreeing an unprecedented ban on the distribution of Kremlin-backed state media outlets Russia Today (RT) and Sputnik last week.

The ban covers online platforms, like Twitter and Facebook, as well as traditional broadcast media (such as satellite).

The EU has said the prohibition on RT and Sputnik will last as long as Russia continues the war in Ukraine — also stipulating that it will not be lifted until Putin stops spreading propaganda against the EU and its Member States.

 

(文:Natasha Lomas、翻訳:Nariko Mizoguchi)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Boston Dynamics、ピッキングフォークリフトを不要にする倉庫ロボット「Stretch」を披露
ロボット・AI
2021-03-31 17:20
画面と時間の争奪戦……動画配信サービス、独自色で国内勢攻勢
IT関連
2021-02-15 04:18
読み取りが最大33%高速化したドキュメントスキャナー「ScanSnap iX1600 / iX1400」実力チェック
ハードウェア
2021-02-15 22:55
Visaが送金や為替のAPIデベロッパーCurrencyCloudを約1060億円で買収
フィンテック
2021-07-24 09:42
アドビと専修大、デザイン思考を取り入れた大学カリキュラムを開発
IT関連
2022-04-05 00:43
米証券取引委員会「誰かがイーロン・マスク氏のツイートを監視しなくてはならない」
IT関連
2022-03-24 07:12
HTTP/3が5月末までにFirefoxでデフォルトで有効になる予定、Mozillaが明らかに。QUICの実装はRustによる独自実装の「Neqo」(たぶん「ネコ」)
Firefox
2021-04-27 05:15
ライカ初のスマホ「Leitz Phone 1」、ソフトバンクが発売 1インチセンサー搭載
ネットトピック
2021-06-18 09:10
Amazon、アレクサのウェイクワードや声、機能などカスタマイズできる「Alexa Custom Assistant」発表
クラウドユーザー
2021-01-19 08:49
ユーザーが課題をクリアすることで請求書の支払額を減らせるPlay2Payのサービスとは?
フィンテック
2021-07-20 17:25
金属3Dプリント構造物では世界最大級、センサーで痛み具合・交通量が計測可能なステンレス製3Dプリント橋が登場
パブリック / ダイバーシティ
2021-07-20 16:56
リモートワーク下のコミュニケーションにどう取り組む?–朝日インタラクティブの社内事例
IT関連
2021-07-22 16:20
ニッセンのカタログを「絵の練習」に使う人多数 コーデ確認できるページに注目
ネットトピック
2021-01-17 19:50
「長いタイトル」「リターンは10個以上」──成功しやすいクラファンの傾向、CAMPFIREがデータ公開
企業・業界動向
2021-06-25 16:50