Meta、企業が広告の掲載場所をコントロールできる新ツールのテストを2022年後半から開始

今回は「Meta、企業が広告の掲載場所をコントロールできる新ツールのテストを2022年後半から開始」についてご紹介します。

関連ワード (年初頭、責任、透明化等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、TechCrunch様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


Facebook(フェイスブック)から社名を変更したMeta(メタ)は、FacebookとInstagram(インスタグラム)のフィードに表示される広告の位置を、広告主がコントロールできるようにする新しいコンテンツツールのテストを開始すると発表した。このツールを使うことで、企業は自社の広告が、政治、悲劇、暴力に関する投稿など、不適切なコンテンツの隣に表示されるのを防ぐことができるようになる。

同社は2022年後半から、この新しいコンテンツコントロールのテストを開始し、2023年初頭より正式に展開を計画している。Metaによると、テスト段階では主に英語圏の市場に注力するとのこと。2023年中に、ストーリー、ビデオフィード、Instagramのエクスプローラーページなどに設置される広告のコントロールを拡大していき、最終的には他の言語にも展開する予定だ。

「広告主が広告を表示する場所をコントロールできるように、Meta全体で適合性コントロール機能を開発しています」と、Metaはこの発表に関するブログ記事に書いている。「私たちは以前、広告がブランドの好みに合わないコンテンツに隣接して表示されるという広告主の懸念に対処するため、コンテンツベースの適合性コントロールを構築するという取り組みを発表しました。我々はGARM(Global Alliance for Responsible Media、責任あるメディアのための世界的同盟)と緊密に協力しながら、GARM Suitability Framework(GARM適合性フレームワーク)に沿ったこれらのコントロールを開発しています」。

Metaは、企業がブランドの適合性を測定できるプラットフォームのZefr(ゼファー)と提携し、Facebookに表示される広告のコンテクストを監視・報告することも発表。広告が適切なコンテンツの隣にのみ表示されるように検証していく。MetaとZefrは、2022年の第3四半期に小規模なテストの開始を予定している。

この新ツールは、広告が好ましくないコンテンツに隣接して表示されないように、広告掲載の管理強化を繰り返し求めてきた広告主からの高まる要望に応えるものだ。

同社はこれまでも、こうした懸念に対応するための取り組みを進めてきた。

2021年11月、Metaは英語で広告を掲載している広告主に対して、ニュースフィードのコントロールを拡大し「トピック除外コントロール」を利用できるようにすると発表した。このトピックとは「ニュースと政治」「社会問題」「犯罪と悲劇」の3つで、広告主がこれらのトピックのいずれかを選択すると、最近これらのトピックに関わった人には広告が表示されないようになる。Metaは当時、このツールでは広告主の抱えるすべての懸念に対応できない可能性があることは認識していると述べ、将来的にはコンテンツベースのコントロールを開発すると約束していた。

Facebookのアルゴリズムは、扇動的なコンテンツや危険な誤報を助長することで悪評が高い。そのため、Metaにはプラットフォームを浄化し、その方法をより透明化するように求める規制当局からの圧力が強まっている。現代のニュースサイクルやオンライン広告の状況では、ブランドが不適切なコンテンツの隣に広告を表示されてしまうことを避けるのは難しい。ほとんどの企業は、広告を作成してMetaの広告オークションに送信するというやり方で広告を購入しているため、広告の配置をコントロールする手段がなかった。これから導入される新しいツールは、そんな状況を変えてくれるはずだ。

画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch


【原文】

Meta, formerly known as Facebook, says it will begin testing new content tools designed to give advertisers control over where their ads are shown on Facebook and Instagram feeds, the company announced on Thursday. The tools will allow companies to prevent their ads from being placed next to unsuitable content, such as posts about politics, tragedy or violence.

The company will begin testing the new content controls in the second half of this year and plans to officially roll them out in early 2023. Meta says it will primarily focus on English-speaking markets for the testing phase. Over the course of the next year, Meta will expand the controls to include ads placed within stories, video feeds, Instagram’s explore page and more. Meta also plans to eventually expand the controls to additional languages.

“Across Meta, we are designing suitability controls to give advertisers control over where their ads are shown,” Meta said in a blog post about the announcement. “We previously announced our commitment to build content-based suitability controls to address concerns that advertisers have of their ads appearing adjacent to content that is not suitable for their brand preferences. We have been working closely with GARM (Global Alliance for Responsible Media) as we develop these controls, which will be aligned with the GARM Suitability Framework.”

Meta also announced that it’s partnering with Zefr, a platform that enables companies to measure brand suitability, to monitor and report the context in which ads appear on Facebook. The company will work to verify that ads only appear next to suitable content. Meta and Zefr will begin small-scale testing in the third quarter of this year.

The new tools will be Meta’s response to growing demands from advertisers who have repeatedly asked for more control over their ad placements online in order to ensure they aren’t displayed next to unfavorable content.

The company has worked to address these concerns in the past.

In November, Meta said it would expand News Feed controls for advertisers that run ads in English and give them access to “Topic Exclusion Controls.” The three topics are news and politics, social issues, and crime and tragedy. When an advertiser selects one of these topics, their ad will not be shown to people who have recently engaged with these topics. At the time, Meta had said it’s aware that this tool may not address all of the concerns that advertisers have and promised to develop content-based controls in the future.

Facebook’s algorithms are notorious for promoting inflammatory content and dangerous misinformation. Given that, Meta is under mounting regulatory pressure to clean up the platform and make its practices more transparent. The modern news cycle and online advertising landscape has made it difficult for brands to avoid having their ads placed next to unsuitable content. Since most companies purchase ads by creating an ad and submitting it to Meta’s ad auction, they don’t have control over ad placement, but these upcoming tools should change that.

(文:Aisha Malik、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
第2回:エンジニアの新たな働き方を支える(前編:製造業編)
IT関連
2021-07-01 03:02
医師が処方する保険適用「ニコチン依存症治療アプリ」など研究開発のCureAppが21億円調達
ヘルステック
2021-03-13 16:06
平井大臣、COCOAに苦言 「出来のいいアプリではなかった」「発注にも問題あった」
企業・業界動向
2021-02-11 14:30
NFTマーケットプレイスを手がける暗号資産取引所コインチェックがCyberZとエンタメ領域で協業
ブロックチェーン
2021-06-17 07:05
AIを利用したリアルタイム音声文字起こしサービスOtter.aiがGoogle Meetでも利用可能に
ネットサービス
2021-01-23 18:40
【コラム】21世紀型の搾取となっている「ギグエコノミー」
パブリック / ダイバーシティ
2021-07-02 20:01
「Gmail」がメールロゴ認証の「BIMI」に対応–受信トレイでロゴを表示
IT関連
2021-07-14 04:54
あらゆるアプリを「スーパーアプリ」に変えるAppboxoが約8億円を調達
IT関連
2022-02-17 10:02
ウェルネスとデジタルサイケデリックのXRプラットフォームTrippが世界最大のVR瞑想コミュニティEvolVRを買収
IT関連
2022-02-23 09:31
米国の中小起業や地方自治体にも中国ハッカーによるゼロデイ攻撃の被害
セキュリティ
2021-03-16 05:20
使用済み電子製品を簡単に現金化できるBackflip
ハードウェア
2021-04-04 04:23
ヤマト運輸、利用者に配達順を通知 ECサイトの商品で
IT関連
2021-05-12 03:27
ダッジが電動マッスルカーの発売を予告、それはどんなクルマになるのか?
モビリティ
2021-07-11 00:40
米当局、企業合併の指針を改定へ–IT大手の買収にも影響
IT関連
2022-01-21 21:27