NECら、協調搬送ロボットの導入で実証実験–入出荷作業の生産性向上を検証

今回は「NECら、協調搬送ロボットの導入で実証実験–入出荷作業の生産性向上を検証」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 SGシステム、佐川グローバルロジスティクス、NECの3社は、SGホールディングスグループの大規模物流センター「Xフロンティア」内での協調搬送ロボットの導入に向けて実証実験を実施する。NECの協調搬送ロボットを活用したソリューションによる入出荷作業の生産性向上を検証するもので、実証実験に基づき本格導入を目指す。

 今回の実証実験では、通販専用のプラットフォーム「EC Logi Tokyo」内に設定された約50メートルのルートを使用し、協調搬送ロボットを用いて20種類以上の大きさや形状の異なる荷物の搬送を行う。多様な形状の荷物を作業員のサポートなしに、所定のルートを自動搬送する作業を行い、搬送方式の有用性を検証する。また、実際の入出荷作業を想定し、作業員の事務作業などと連携した搬送を行うことで、本格導入時の生産性の向上も検証する。

 実証実験で活用する協調搬送ロボットは、2台のロボットで荷物搬送機器を挟み込む形で搬送を行う。これにより、荷物搬送機器の大きさや形状にかかわらず、搬送時にロボットに固定する治具などが不要となり、作業員のサポートなしに自動搬送することが可能になる。加えて、倉庫に設置したカメラから得られる情報を集約して複数のロボットを一括制御するため、搬送ルートの指定やレイアウト変更への対応なども容易だという。

 物流業界では慢性的な人手不足が続く一方で、旺盛な電子商取引(EC)需要に伴う荷物の増加により、生産性の向上が求められている。特に近年では多様な荷姿への対応、物量の増減や新設備導入に伴う倉庫内スペースのレイアウト変更、深夜時間帯の作業員の確保などが喫緊の課題になっているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
Electronの代替を目指す軽量なRust製フレームワーク「Tauri」、リリース候補版に到達
JavaScript
2022-03-02 17:28
ワークフロー管理のServiceNowがLightstep買収でアプリケーションパフォーマンス管理に参入
ソフトウェア
2021-05-12 08:42
「Gmail」の新デザイン、順次展開中–「Meet」など複数アプリを簡単に切り替え
IT関連
2022-02-19 10:39
スパコン「富岳」完成 共用開始 研究課題も募集中
社会とIT
2021-03-10 23:42
SAP、テクノロジーによる人材活用策を紹介–KDDIのジョブ型人事構築の事例も
IT関連
2021-06-30 07:55
今週の記事ランキング(2021.2.28〜3.4)
IT関連
2021-03-06 23:37
SaaS市場とセールスフォース、オラクル、SAPなど–主要クラウド動向2021年版(3)
IT関連
2021-04-05 06:49
Apple、現行iMacのストレージオプションを縮小
IT関連
2021-03-23 20:51
AIで声質を“美少女”化 音声変換サービス「七声ニーナ」、DeNAが試験提供
ロボット・AI
2021-05-13 01:48
ムーンショット型研究開発制度として本格始動、量子コンピューターへの期待
IT関連
2021-01-29 20:43
SailPoint、国内にサービス提供基盤を構築–AWSの東京リージョンを活用
IT関連
2022-02-01 20:33
生徒の習熟度に合わせ難易度を調整するAI学習システム「Monoxer」を中国語教室「waysChinese」が本格導入
EdTech
2021-05-25 21:31
Disney+がNetflixのMarvelシリーズを米国などで配信開始、日本では2022年後半の予定
IT関連
2022-03-03 18:25
五輪会場のガンダムを「トランスフォーマー」と紹介した英BBCにツッコミ殺到 :東京五輪とネット
ネットトピック
2021-08-08 16:14