八十二銀行、融資先の支援タイミングをAIで早期検知–予測モデルの構築/運用を内製化

今回は「八十二銀行、融資先の支援タイミングをAIで早期検知–予測モデルの構築/運用を内製化」についてご紹介します。

関連ワード (経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 八十二銀行(長野市)は、人工知能/機械学習(AI/ML)を自動化するクラウド基盤「DataRobot AI Cloud」を導入し、7月8日に本格稼働を開始する「業況変化予測AI」のモデル構築と運用を内製化した。同プラットホームを提供したDataRobotが7月7日に発表した。

 業況変化予測AIは、融資先企業へ支援するタイミングを早期に検知するAI。このAI構築により、属人化したルールベースによる審査などの膨大な工数を省き、財務諸表の公開時期などのタイミングで行っていた顧客支援を、顧客が必要とするタイミングに合わせて迅速に対応することが可能になるという。

 今回の構築/運用では、最適な予測モデルを自動で生成する「DataRobot AutoML」を用いて、信頼性の高いAIモデルを作成。さらに、継続性のあるAI運用を実現する「DataRobot MLOps」を導入し、稼働しているモデルを全て一元的に運用、監視、管理できる体制を整えた。これにより、データの経年変化や精度劣化などによる異常時にはアラートを発出するなど、常に最新の経済環境の変化に対応したAIモデルの運用をしていくという。

 また、今回のAIモデル構築には、同行の顧客における口座や出入金記録、財務諸表など700項目のデータを匿名化して活用しており、県内企業の特徴を的確に捉え、予測精度の向上につなげている。

 八十二銀行では、業況変化予測AIモデルの構築/運用を担当するメンバーを中心に、7月1日付でシステム部内にAI推進チームを新発足している。他の業務におけるAIの導入や活用を見据えたAI推進の体制強化も進めているという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
全脅威の53%はウェブ以外のプロトコルから–パロアルトネットワークス
IT関連
2021-04-13 05:50
自社開発のウェアラブルセンサーによる体温の研究・解析を目指すHERBIOが1.2億円を調達
ヘルステック
2021-01-21 05:53
電通が炎上覚悟で「アマビエ」を商標出願した理由 弁理士が分析
くわしく
2021-07-15 04:54
Rapid7、脅威インテリジェンス分野のIntSights Cyber Intelligenceを買収
IT関連
2021-07-20 07:05
開発者の男女格差是正に向けて–業界の女性を支援する非営利団体の取り組み
IT関連
2022-03-26 17:44
治験の大量文書をクラウド管理 医療業務を健やかに速やかに
IT関連
2021-04-17 22:37
虹色に輝くG-SHOCK登場 モチーフは「鳳凰」
くらテク
2021-03-02 20:46
透明性を高めたサービスで安全なデジタル社会に貢献–カスペルスキー・藤岡社長
IT関連
2022-01-19 19:09
「Windows 10 21H1」は大型アップデートにはならない見込み
IT関連
2021-02-17 12:54
MWC 2022、一部ロシア企業の出展を禁止へ、ロシアパビリオンはなし
IT関連
2022-02-27 12:36
コロナ禍で変わるマルチクラウド時代のデジタル衛生管理–その現状と展望
IT関連
2021-06-25 19:54
ニチレイロジグループ、IoT活用した冷凍設備の運用・保全効率化ソリューションを実用化
IT関連
2021-04-26 01:10
英政府、NVIDIAのArm買収に介入–安全保障上の影響を調査へ
IT関連
2021-04-20 14:29
農作物監視の分野に新しいロボットが参入
IT関連
2022-03-24 14:25