「Ubuntu Server」をインストールするには

今回は「「Ubuntu Server」をインストールするには」についてご紹介します。

関連ワード (Linuxノウハウ、特集・解説等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 筆者は何年も前から、「Ubuntu Server」をメインのサーバーOSとして使用している。Ubuntu Serverは、地球上で最も広く使用されているサーバーOSの1つであるだけでなく(特にクラウド環境が混在している場合)、最もユーザーフレンドリーなサーバープラットフォームの1つでもある。さらに素晴らしいことに、Ubuntu Serverは無料でダウンロードして、好きなだけ多くのマシンにインストールすることが可能だ。

 Ubuntu Serverは、ベアメタル(つまり、物理マシン)にインストールできるほか、仮想マシン、またはサードパーティーのクラウドホスト(「AWS」「Microsoft Azure」「Google Cloud」など)の仮想環境としてインストールすることも可能だ。Ubuntu Serverでは、極めて豊富なアプリケーションやサービス(「WordPress」「Nextcloud」「Invoice Plane」、電子メールサーバー、ウェブサーバー、データベースサーバーなど)を利用できる。

 本記事では、Ubuntu Serverをインストールする手順を紹介する。このプロセスは、驚くほど簡単だ。「Linux」「macOS」、および「Windows」にインストール可能な「VirtualBox」仮想マシンツールを使って説明を進める。仮想マシンを作成するプロセスを除けば、Ubuntu Serverのインストール手順は、使用するハードウェアの種類に関係なく全く同じである。

 それでは、具体的な説明に移ろう。

 Ubuntu Serverをインストールするマシンを用意することに加えて、ISOイメージを公式のUbuntu Serverダウンロードページからダウンロードする必要がある。ISOイメージを保存した後にやるべきことは、どのような種類のハードウェアを使用するかによって異なる。Ubuntu Serverを仮想マシンとしてインストールする場合は、好みのツール(「VirtualBox」や「VMware」など)を使用して仮想マシンを作成するだけでいい。Ubuntu Serverを物理マシンにインストールする場合は、ISOイメージをUSBフラッシュドライブに書き込む必要がある。

 ISOイメージを「書き込む」ことと単純にコピーすることは、同じではない。前者の場合は、「UNetbootin」「Popsicle」「Rufus」「Windows USB/DVD Download Tool」「RMPrepUSB」「Yumi」「UUByte ISO Burner」「WinToFlash」などのツールを使用して、起動可能なイメージを作成する必要がある。これらのツールはそれぞれ挙動が異なるため、自分の好みのデスクトップOS用のツールを見つけてほしい。ツールをインストールして、ダウンロードしたUbuntu ServerのISOイメージから起動可能なUSBドライブを作成するのは、かなり簡単である。

 それでは、Ubuntu Serverのインストールに進もう。

 仮想マシンを起動するか、あるいは、USBドライブをマシンに挿入して起動する。最初のウィンドウ(図1)で、(キーボードの上下の矢印を使用して)「Try or Install Ubuntu Server」(Ubuntu Serverを試用、またはインストールする)を選択し、キーボードのEnterキーを押す。

 次のウィンドウ(図2)で、使用する言語を選択する。

 矢印キーを使用して、好みの言語を選択し、キーボードのEnterキーを押す。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「DevSecOps成熟度モデル」でDevOpsにセキュリティ管理を組み込む
IT関連
2022-04-14 02:03
ラックとヴイエムウェア、仮想環境への不正通信に対応するセキュリティサービスを開始
IT関連
2022-01-19 11:16
Twitterがサブスクリプションやチップなど有料機能の検討を認める
ネットサービス
2021-02-10 10:57
英国の競争・市場庁がアマゾンとグーグルのフェイクレビュー対応の調査を開始
IT関連
2021-06-27 08:25
フォークを刺した音で食材が分かる 高精度な食事記録システムを立命館大が開発 :Innovative Tech
トップニュース
2021-04-06 02:14
DeNA、AWSを優先クラウドプロバイダーとして活用–ゲームやスポーツ事業の変革加速
IT関連
2021-06-22 21:44
【コラム】SEO担当者はGoogleアルゴリズムアップデートに慌てる必要はない
ネットサービス
2021-06-22 20:08
インフルエンサーによる独自製品開発やブランド構築を支援するGenflowは英BGFから11.4億円調達
ネットサービス
2021-01-22 21:03
日立造船、IoT基盤と連動するデータ分析/機械学習システムの運用を効率化
IT関連
2021-04-30 06:56
シヤチハタが日本初の「NFT印鑑」を共同開発、API連携サービスを提供予定
IT関連
2021-08-21 15:14
ゼロトラストセキュリティへの移行には約3年–ラックとマイクロソフト
IT関連
2021-03-18 02:27
デルCEOが「マルチクラウド時代の到来」を強調する理由
IT関連
2022-05-14 11:57
AWSやAzure、GCPでよく見られる設定ミス–トレンドマイクロが集計
IT関連
2022-04-08 20:11
【コラム】米国の低所得者ブロードバンド支援はLifeline Programの再構築で改革せよ
パブリック / ダイバーシティ
2021-04-20 06:23