アップル新端末「iPhone 14」–買うべきモデルをユーザー別に考える

今回は「アップル新端末「iPhone 14」–買うべきモデルをユーザー別に考える」についてご紹介します。

関連ワード (クライアント等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Appleが4種類の新型「iPhone」を発表した。まもなく、皆さんのお近くの「Apple Store」で「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」が発売される。アップグレードを検討している人にとって、これらは非常に充実したiPhoneラインアップであり、投資価値を高める新機能が多数搭載されている。

 最新のiPhoneラインアップについて詳しく説明し、皆さんが2022年秋、購入に関して最適な判断を下せるように支援するため、本記事では、それぞれのiPhone 14モデルを選択すべき重要な理由を紹介する。最初は最高級モデルのiPhone 14 Pro Maxだ。

 Appleの秋のイベントで発表されたすべてのiPhoneの中で、バッテリーが最も長時間持続するのはiPhone 14 Pro Maxだ。Appleによると、iPhone 14 Pro Maxでは、最大29時間の動画再生が可能なはずだという。前モデルの「iPhone 13 Pro Max」は、バッテリーテストで優秀な成績を収めた。iPhone 14 Pro Maxが前モデルから順調に進化しているのであれば、バッテリー持続時間も優れているはずだ。

 技術的には、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxはいずれもこれまでで最高のiPhoneカメラシステムを備えているため、どちらを選択しても問題ない。iPhone 14 Pro Maxはより大型のディスプレイを搭載しているので、写真や動画の撮影時に、大きなビューファインダーとして機能するという利点がある。6.7インチのディスプレイは、外出先での動画編集にも非常に役立つだろう。

 iPhone 14 Pro Maxの価格は128GBモデルの1099ドルからとなっており、最も高価な1TBモデルは1599ドルだ。これらの価格に税金やケース、充電器は含まれていない。iPhone 14 Pro Maxの大画面の利点を享受したければ、大金を払う必要がある。

 iPhone 14 Pro Maxよりも小型のiPhone 14 Proを購入すべき理由は、サイズの好みだけだ。安全性と使用時の快適さに関しては、通常のiPhone 14 Proの方が、ほぼ間違いなくiPhone 14 Pro Maxよりも優れているはずだ。6.1インチのディスプレイはより快適に手に収まる。古いiPhoneから乗り換えるユーザーは、手のひらに収まるサイズに安心感を覚えるだろう。小型版とはいえ、iPhone 14 Proには、iPhone 14 Pro Maxと同じマルチカメラシステムや刺激的で新しい安全機能、「Dynamic Island」機能がすべて搭載されている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
あらゆる顧客がアクセスできる世界最大のプラットフォーム–TD SYNNEXのマルホトラ氏
IT関連
2022-06-25 22:05
パナソニックとマカフィー、自動車のセキュリティ監視や対応を事業化
IT関連
2021-03-24 05:55
NVIDIA社員のパスワード数千件がネットに流出、ハッカー集団から奇妙な要求
IT関連
2022-03-07 07:56
連邦政府はSpaceXがNASAの月着陸船建造を受注したことに対するBlue OriginとDyneticsの異議を退ける
宇宙
2021-08-18 23:33
Google Cloud FunctionsがRubyのサポートを発表 ローカル環境での開発やテストを可能にするフレームワークも
クラウドユーザー
2021-01-21 03:04
「シン・仮面ライダー」発表で“伏線回収” 庵野監督、東映生田スタジオ跡地をお参り
くらテク
2021-04-06 07:49
Denoの作者ライアン・ダール氏らが「Deno Company」を立ち上げ。Denoの開発推進と商用サービスの実現へ
Deno
2021-04-05 03:07
東海カーボン、ノーコード/ローコード開発基盤でシステムを内製化
IT関連
2021-05-27 15:32
トーバルズ氏が考える、LinuxにおけるRustの居場所とは
IT関連
2021-03-31 09:31
凸版印刷、農産物の需給マッチングプラットフォームを活用した実証実験を開始
IT関連
2022-07-15 07:12
マイクロソフトとNECの協業拡大は何が新しいのか、どんな意味があるのか
IT関連
2021-07-15 20:49
日本企業にとってAPIは重要でもセキュリティに懸念
IT関連
2022-07-30 23:39
経産省、オンライン名刺の「Sansan」を地方支部にも導入
DX
2021-07-21 01:51
NECと東京医科歯科大学、ヘルスケアサービスの実証事業を開始
IT関連
2021-06-03 04:59