日本企業の半数が「3〜5年のうちに自社が後れを取る恐れ」と懸念–デル調査

今回は「日本企業の半数が「3〜5年のうちに自社が後れを取る恐れ」と懸念–デル調査」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 デル・テクノロジーズは、企業の変革に関する意識について調査した「Innovation Index」の結果を発表した。これによると、全体の57%(日本50%)が、イノベーションのパイプラインおよび企業/組織文化の健全性を鑑みたところ、「3~5年のうちに自社/自組織が他に後れを取る恐れがある」と懸念していることが分かった。

 「Innovation Index」は、ある時点における企業や組織の状態を反映したもので、デルでは、イノベーションのための「人材」「プロセス」「テクノロジー」の準備を整えることで、各企業や組織が改善を図ることができると説明する。

 今回の調査は、世界45カ国以上で6600人の従業員(日本300人)を対象に実施された。イノベーションがビジネスに不可欠な理由、また企業や組織が効果的なイノベーションを実現するために「人材」「プロセス」「テクノロジー」をどのように活用すべきかを解き明かそうとしている。

 回答者は、「イノベーションリーダー」から「イノベーションラガード」(後進企業・組織)までの5段階のイノベーション成熟度ベンチマークに位置付けられ、今回の分析で「イノベーションリーダー」および「イノベーションアダプター」(導入企業・組織)の上位2グループに分類されたのは18%(日本5%)だった。

 デルによれば、この上位2つのグループが不況時にイノベーションを促進させる可能性は、下位グループの「イノベーションフォロワー」および「イノベーションラガード」に比べて2.2倍(日本4倍)も高い。

 また、上位グループが下位グループよりも高いレベルの売り上げ成長を経験する可能性では1.9倍(日本2.9倍、2022年の年間売上成長予測が15%以上)とされた。同社は、これらの要因として困難な時期にもイノベーションを実行する決断力と能力を擁する「イノベーションレジリエンス」がポイントになっているという。

 さらに同社は、ビジネスには「革新的なアイデア+テクノロジー=インパクト」という強力な公式があるとし、「人材」「プロセス」「テクノロジー」の3つ全てがそろって初めて、アイデアの価値が生み出されると解説する。

 「人材に基点を置いたイノベーション」における調査結果では、59%(日本49%)が、「人材が辞めていくのは期待したほどのイノベーションを起こせなかったためである」と考えていた。また、64%(日本54%)が、「自社・自組織の企業文化のさまざまな側面が、自分たちの求める(できるはずの)革新性の実現を妨げている」と回答。さらに71%(日本65%)が、「自分のリーダーは自らのアイデアを優先する傾向がある」と回答していることも分かった。

 「プロセスに基点を置いたイノベーション」では、「全てのイノベーションの取り組みをデータに基づいて行っている」とするIT意思決定者が26%(日本17%)だった。また、「イノベーションプロジェクトを自社の目標と一致させている企業・組織」は52%(日本42%)だった。

 世界全体では、チームにインパクトを与えるイノベーションへの最大の障壁として「圧倒的なワークロードによるイノベーションのための時間不足」が挙げられた。日本では、この点を最大の障壁とは捉えておらず(45カ国中27位)、最大の障壁として挙げられたのは「失敗を恐れる/アイデアが失敗したときの反響を恐れる」(45カ国中7位)だった。

 「テクノロジーを基点にしたイノベーション」では、「マルチクラウド」「エッジ」「モダンデータインフラストラクチャー」「Anywhere-Work(場所を問わない働き方)」「サイバーセキュリティー」の5つのテクノロジーについて質問した。/p>

 回答者の86%(日本62%)は、イノベーションの目標実現を支援するテクノロジーを積極的に求めているが、逆に57%(日本55%)は、自社・自組織のテク「ノロジーが最先端のものではなく、競合に後れを取ることになるのではないか」と懸念していることが分かった。

 また世界規模での技術面におけるイノベーションの障壁として、回答者全体が「クラウドコストの増加」「ビジネスアーキテクチャー全体とITインフラストラクチャーアーキテクチャーの統合の難しさ」「新しいクラウド環境へのアプリケーション移行に要する時間とコスト」「サイバーセキュリティの脅威」などを挙げた。さらに、「エッジでデータを取得して処理するためのITインフラストラクチャーがない」との回答もあった。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
「DeepL翻訳」、韓国語とノルウェー語に対応
IT関連
2023-02-02 14:28
登大遊氏、日本は「超正統派」のICT人材を育成すべき。そのために、自由な試行錯誤を許容するインチキネットワークの普及に取り組む(中編)。JaSST'22 Tokyo
働き方 / 給与 / 学び
2022-03-17 21:39
スリーシェイク、ゲーム要素の脆弱性検査サービスをリリース
IT関連
2022-05-27 13:48
対面で6月開催のMWCバルセロナ、エリクソンは不参加を表明
IT関連
2021-03-10 08:43
Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期
アプリ・Web
2021-06-26 22:15
AI防災・危機管理ソリューションのSpecteeが水害発生時浸水範囲のリアルタイム3Dマップ化に成功
人工知能・AI
2021-05-18 07:02
【レビュー】レーダーで睡眠をトラッキングする7インチの第2世代Google Nest Hub、やっとSoliの良い使い道が見つかった
ハードウェア
2021-04-09 04:58
英EU離脱でEUからのデータ移動はどうなる?
IT関連
2021-01-15 19:47
NTTドコモ、入退ゲートにAI顔認証プラットホームを導入–マスク着用時の認証も可能
IT関連
2022-07-07 01:20
3Dプリント、ロボッティクス、自動化で手頃な価格の家を建てるMighty Buildingsが約42億円調達
ハードウェア
2021-02-16 11:07
「ゆるキャン△」が厚労省とコラボ 「蚊・ダニにはゆるくない対策を」
くらテク
2021-07-03 07:01
北朝鮮のハッカーがソーシャルメディアを介してセキュリティ研究者を攻撃–グーグルが警告
IT関連
2021-01-26 21:05
2画面スマホ「LG VELVET」は画面が曲がる先進性より、折り畳める実益を重視する方にお勧め
ハードウェア
2021-02-01 17:05
日立、大規模システム向けに2種類のマイクロサービス開発基盤を提供
IT関連
2022-10-25 16:46