ログラス、煩雑なIT投資の予実管理を支援する「Loglass IT投資管理」を提供

今回は「ログラス、煩雑なIT投資の予実管理を支援する「Loglass IT投資管理」を提供」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 経営管理クラウドを提供するログラスは6月27日、煩雑なIT投資を集計・分析できる「Loglass IT投資管理」の提供を開始した。

 同ソリューションは、商材に関わるシステムの原価コストなど煩雑なITコストを集計・分析できる機能に特化している。システムやインフラ、設備などの原価費用を科目だけではなく、管理の粒度に応じ、商品・プロジェクト・取引先・予算(りん議)番号・ 品目など、多様な軸で集計・分析を行うことを可能にする。

 またワークフローシステムから、りん議などの将来の費用実行情報を取り込むことが可能。これにより予算計画との突合をシステム内で行うことで、より精度の高い見込み管理が可能となる。

 実績・予算・見込み、それぞれの情報を明細の単位から取り込み、システム内のデータベースで履歴管理ができ、それぞれの時期・時点で生じた予算・実績の差分要因を容易に特定できる。

 これまでのIT投資コストの管理業務では、システムやインフラ、設備などの原価コストについて、把握すべき対象件数が膨大となり、情報の把握に時間がかかっていた。また、さまざまな変動的要因から投資のタイミングや投資コストの総額も常に変動するという事情があり、全体像を部署や商材の単位で把握し、適切な管理を行うことが難しかった。

 さらに「経理での会計処理の粒度」と「事業部での管理・予算計上の粒度」の定義が異なっているため、投資コストの予実を突合し差分を算出する際に、膨大な工数が生じていた。

 ログラスでは、同ソリューションを活用することで、こうしたこれまでの課題を解決し、全社横断的に情報の取得・分析・加工を効率化できるようになるとしている。例えば、3月決算の企業における「2023年1〜3月時点でのIT投資予算の消化状況を把握し、投資可能な残り予算枠を確認する」といったニーズをワンクリックで解決できるという。

 今後、取り込み可能なデータ属性の拡充や分析機能の強化など、順次アップデートを行っていく予定だ。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
NASAはいかにしてデータサイエンス人材のスキルギャップ解消に取り組んでいるのか
IT関連
2021-07-16 03:20
テクノロジーを活用した新たな価値共創を多様な人材で推進する年–日本IBM・山口社長
IT関連
2023-01-07 13:07
Instagramで見つけたグッズのショップを検索できるビジュアル検索機能
アプリ・Web
2021-06-24 03:04
ASUS、Chromebookを10万台増産 “子供1人にPC1台”施策での需要見込む
企業・業界動向
2021-01-17 03:30
独Wingcopterが米国に進出し新世代配送用ドローンを展開、4年間の自己資金運営を経て22.8億円調達
ドローン
2021-01-26 06:21
BigQueryがDocument AIを統合。請求書など画像データの内容をSQLで検索可能に、AIが画像から項目や数値を自動抽出
Google
2024-01-10 08:13
「バクラク申請」「バクラク経費精算」、承認の自動リマインダー機能を追加
IT関連
2022-07-06 23:22
デジカメ黎明期をけん引したオリンパス 浮いたり沈んだりの25年史 (1/3)
くらテク
2021-01-21 21:58
カプコン、クラウド型決算基盤を導入–月次決算業務を15営業日から7営業日に短縮
IT関連
2022-03-24 19:21
アドバンスト・メディア、LGWAN対応のAI音声認識文字起こしを開始
IT関連
2022-12-08 09:08
SpaceX、バックパックに収まるモバイルアンテナ「Starlink Mini」を発売
IT関連
2024-06-25 03:25
企業規模の違いで懸念される「働き方改革の格差」とは
IT関連
2022-03-25 12:14
「生ジョッキ缶」出荷再開、スーパーで20日から販売 コンビニは今後
くらテク
2021-04-21 04:00
コロナ禍でも堅調な日本のスタートアップ–VCなどのトレンド
IT関連
2021-03-30 05:41