FRAIMと第一法規、行政文書の作成ツールを提供–AIによる条文検索も

今回は「FRAIMと第一法規、行政文書の作成ツールを提供–AIによる条文検索も」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 FRAIMと第一法規は10月5日、行政文書のDX推進ツール「D1-LAWGUE(ディーワンローグ)」の提供を発表した。同ツールはインターネットに加えて、総合行政ネットワーク(LGWAN)環境にも対応している。

 D1-LAWGUEは、例規/要綱/契約書などの行政文書の作成や、審査業務の課題を解決するサービス。公用文に適した用字用語チェック機能や表記揺れの自動検知機能を備えるほか、どのような文書でも数クリックで新旧対照表の作成ができるという。

 また、 AI機能を搭載しており、自庁の過去事例を容易にデータベース化し、必要な情報を自庁やほかの自治体事例のデータベースから検索できる。同ツールでは行政文書の起案から審査過程を含めて各担当者のナレッジを蓄積できるため、異動の際も前任者からの引き継ぎを容易にするという。

 D1-LAWGUEの提供に当たっては、汎用(はんよう)的な機能ではカバーできない行政特有の業務の改善を実現するため、経済産業省においてFRAIMが提供するクラウドドキュメントワークスペース「LAWGUE」を用いた実証実験やユーザーフィードバックの取得を行った。

 FRAIMによると、ユーザーフィードバックからは「体裁の手直しや新旧対照表の作成など、人力頼みの作業が多く時間がかかる」「自庁の過去事例や他自治体の事例を参考にしたいが、探すのが難しい」「担当者の異動が頻繁で、組織・部署としての知見や経験を蓄積しにくい」といった行政文書における課題が見えてきたという。

 これらの課題はこれまで、人海戦術による対応の常態化や、LGWAN対応などの障壁により、テクノロジーを用いた解決が先送りにされていた。FRAIMと第一法規はこのような課題を解消するツールとしてD1-LAWGUEの提供に至ったとしている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
今最も必要とされるデジタルスキル–トップは「ソーシャルメディア」
IT関連
2022-09-10 02:47
アスクル、最短15分以内の「即配」実験 出前館スタッフが配送
ネットトピック
2021-07-07 16:45
中央大とfondi、メタバース空間での英語学習を実証–参加者同士の学び合いに期待
IT関連
2024-02-08 18:42
タニタが「アイドルマスター」コラボ計量器 歌詞の“空耳”きっかけで「5年の時を経て」実現
ネットトピック
2021-08-11 19:48
顔写真が30秒で似顔絵に AIが自動生成、画風は5種類
イラスト・デザイン
2021-05-27 11:45
NEC森田社長は2023年に向けて「最も改善したい点」について何を語ったか
IT関連
2022-12-10 13:55
国会議員と国家公務員の打ち合わせ、今後はオンラインに 与野党が“対面自粛”で合意
企業・業界動向
2021-01-22 20:23
グーグル、「Android」アプリのアカウント削除を容易に–開発者に対応要請
IT関連
2023-04-08 18:42
ロボティクスキットとZoom授業による自宅学習で子どもたちにSTEMスキルを教えるThimble
EdTech
2021-01-16 11:41
処⽅箋⼊⼒⽀援クラウドなど手がける東大発「mediLab」が調剤薬局向け販売で三菱電機ITソリューションズと提携
ヘルステック
2021-05-12 09:10
無料で読めるITまんが 2021年版
おもしろ
2021-08-11 09:55
Kore.ai、対話型AI基盤とCCaaSソリューションの最新版を提供
IT関連
2022-05-18 10:23
データミックス、オンライン試験における不正をAIで検知
IT関連
2022-12-30 05:02
読売新聞子会社でクレカ情報流出 すでに767万円の金銭的被害も確認
セキュリティ
2021-07-15 04:15