「Windows 11 2023 Update」(23H2)リリース–Teamsがタスクバーに固定

今回は「「Windows 11 2023 Update」(23H2)リリース–Teamsがタスクバーに固定」についてご紹介します。

関連ワード (ソフトウェア等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 Microsoftは米国時間10月31日、同社の主力製品である「Windows 11」の最新版となる年次アップデートをリリースした。このアップデートは「Windows」の30年以上にわたる歴史の中で、最も新味のないものと言えるかもしれない。だからといって、何の問題もない。

 今回のリリースは、形の上ではWindows 11の年次アップデート、すなわち「Windows 11 2023 Update」(Windows 11のバージョン23H2としても知られている)の一般提供開始にあたるものだ。Windowsのアップデートを計画通りに進める役割を担っているJohn Cable氏(Windowsのサービスおよびデリバリー担当バイスプレジデント兼プログラム管理責任者)はこの新バージョンについて、「われわれは、新たな機能や特長を絞り込んだ上で、それらを見慣れた、そして高速かつ信頼性の高いアップデートエクスペリエンスを通じて提供していく」と同社ブログに記している。

 今回の新たなアップデートで有効化されている新機能のほとんどは、既にリリース済みであり、「Windows 11 2022 Update」(バージョン22H2)の最新コンポーネントで利用可能となっているものだ。同社が今回最も推しているのは「Windows Copilot」。同機能により、Windowsの画面右端に配置されたサイドバーに人工知能(AI)プロンプトが追加される。既にリリースされている機能の一覧は、Microsoftのブログで確認してほしい。

 「チャット」アプリの名前は「Microsoft Teams」(無料版)に変更され、デフォルトでタスクバーに固定されるようになった。同社はこれにより「1〜2回クリックするだけで、チャットや通話、ビデオ会議が可能になるとともに、コミュニティーグループが集まり、アイデアを整理、共有できるスペースを作り出せる、ミニコミュニケーションという体験がもたらされるようになる」と約束している。

 さらに、Windows 11に標準搭載されているいくつかのアプリについて、スタートメニューの「すべてのアプリ」で「システム」ラベルが付加されるようになった。また、「設定」>「システム」>「システムコンポーネント」内にも独自のページが追加されている。これらのアプリには「Microsoft Store」や「Game Bar」、「Phone Link」が含まれている。

 同社は、自動アップデートを数カ月かけて徐々に展開していくとしている。既にWindows 11のバージョン22H2が稼働していれば、「設定」>「Windows Update」からすぐにアップデートできる。「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」を有効化した後、「更新プログラムのチェック」をクリックしてほしい。ただし、アプリの互換性などに懸念があると判断されたデバイスのアップグレードはブロック(Microsoftは「セーフガードホールド」と呼んでいる)される可能性がある。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
アマゾンが労働組合結成をめぐる投票で勝利確定、RWDSUは結果に異議
パブリック / ダイバーシティ
2021-04-11 04:44
セキュリティが強化されたエンタープライズ向けブラウザのIslandが約140億円調達
IT関連
2022-03-26 20:42
テクノロジーが農業を変革する、AIによる実証実験など最新動向
IT関連
2023-03-21 01:56
写真で見る、3年ぶりにリアル開催のSAPイベント
IT関連
2022-05-17 12:28
全115冊+別冊4冊の「藤子・F・不二雄大全集」を電子書籍化 小学館、9月から順次配信
くらテク
2021-08-12 10:24
国内通信サービス、5G通信や在宅勤務の拡大などにより成長–IDC Japan
IT関連
2022-06-09 01:23
OSSサプライチェーンのセキュリティ向上へ–OpenSSFの「Alpha-Omega」プロジェクト
IT関連
2022-02-22 11:16
EUのAI規制案を批判する公開書簡、150以上の企業幹部らが署名
IT関連
2023-07-04 04:55
Terraform、生成AIによるモジュールテストの自動生成を搭載、VSCodeでインフラコードの自動エラー検出機能も。HashiConf 2023
DevOps
2023-10-16 06:03
ゲッティの「iStock AI生成ツール」を試す–面白みは「DALL・E」に軍配
IT関連
2024-01-18 15:14
「景気敏感バリュー株」買い増し好機と判断する理由–2021年はオールド産業復活?
IT関連
2021-04-19 17:03
パーソルP&T、DX・デジタル人材育成の傾向を発表–「実践的な学び」が不可欠
IT関連
2022-12-15 01:50
長いポッドキャストを60秒のパーソナライズされた「音声ニュースフィード」に変えるPodz
ソフトウェア
2021-02-12 05:06
「昭和」な方法が残る債権管理・督促業務のDXを進めるLectoが総額1.1億円調達
フィンテック
2021-03-23 11:59