デスクワーカーを分類する5つの働き方タイプ–Slackが1.5万人超を調査

今回は「デスクワーカーを分類する5つの働き方タイプ–Slackが1.5万人超を調査」についてご紹介します。

関連ワード (CIO/経営等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 誰かと協力しながら働く環境にいたことがある人なら、仕事のチームを構成するメンバーは、それぞれが違った強みや、アプローチや、個性を持っていることを知っているはずだ。Slackが新たに実施した調査では、職場で働く人々が5つのペルソナに分類できることが明らかになった。

 SlackがYouGovと協力して、オフィスで働く従業員1万5000人以上を対象に実施したこの調査では、職場にいる人々の個性について調べた。

 その結果、職場にいる人々は「探偵型」(30%)、「出張戦士型」(22%)、「ネットワーカー型」(22%)、「問題解決者型」(16%)、「表現者型」(10%)の5つペルソナに分類できることが明らかになった。ぜひ、自分がどれに当てはまるか考えながら、続きを読んでほしい。

 最も数が多かったのは、調べ回ることが好きで事情に通じている探偵型だ。このタイプの人たちは、できる限り多くの知識を集め、自分が見出した解決策を他の人と共有しようとする。

 探偵型の人たちは、自分のことをきちんとした性格だと考えており(93%)、自分で物事を解明することを好んでいた(91%)。

 一方、出張戦士型の人々は、場所や時間を問わずに働くことができ、柔軟性が成功の鍵だとだと考えている。

 柔軟性を重視していることを反映してか、出張戦士型の人々の89%は、自分のデスク以外の場所で働いている(従業員全体の平均は60%)。またこのグループは、自分は順応性が高いと考えており(81%)、どこにいても同僚とのつながりを作ることを得意している(28%)。

 Slackによれば、ネットワーカー型の人々は、協調性が高く、常にメモや記録を取り、それをみんなと共有することで、チームが仕事をスピードアップし、成功のために必要な情報を把握できるようにしようとする。

 このグループの過半数(67%)は、自分は外向的であると考えていた(従業員全体では44%)。またネットワーカーの78%は、同僚と友人になれると考えている。

 反復作業を非常に嫌う問題解決者型は、何にでもノウハウやコツを持っていて、自分や同僚が仕事を効率的にこなすのに役立つツールに魅力を感じる人々だ。

 このグループの人々は、時間を節約することや、新しいツールを見つけることに熱心で、92%が自分はテクノロジーをいち早く採用するタイプだと考えており、77%がAIに期待を寄せていた。さらに、問題解決者の43%は、将来的にAIを利用するチャンスを見つけたいと考えていた。

 最後の表現者型の人々は、堅苦しくない人間関係を好み、楽しく視覚的なコミュニケーションを求めるタイプであり、仕事のコミュニケーションでも絵文字やGIF画像を多用する。

 表現者型の人々の多く(46%)は、職場でのコミュニケーションは楽しく、気軽なものであるべきだと考えており、72%がコミュニケーションに絵文字やGIF画像を使っていた。

 Slackによれば、多くのチームは異なるペルソナのメンバーから構成されており、お互いのペルソナについて理解すれば、自分たちのニーズに合ったコミュニケーションスタイルを見つけるのに役立つという。

 Slackの調査およびアナリティクス担当シニアバイスプレジデントを務めるChristina Janzer氏は、「今回の調査から、どの業種や国・地域にも、1 人として同じ働き方をする人はいないことがわかりました。つまり、従業員一人ひとりの強みを発揮できるような環境を用意することが重要になります。そこに役立つのが、例えば Slack のような柔軟なプロダクティビティプラットフォームです」と述べている。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
富士通、CPU/GPUの計算処理をリアルタイムに切り替える新技術–世界的なGPU不足に対応
IT関連
2023-11-11 02:39
IoTシステム構築・デバイス開発・通信回線をまとめたIoTプラットフォーム「さくらのモノプラットフォーム」提供開始
IT関連
2022-03-25 19:59
マイクロソフトのAI研究者、独自開発の軽量型言語モデルや医療のAI活用を語る
IT関連
2023-11-18 19:37
DXを成功へと導く秘訣–6人のリーダーが示す戦略策定のヒント
IT関連
2022-08-27 04:24
海洋研究開発機構と鹿児島大、デジカメ撮影による海岸の写真からAIで漂着ごみの被覆面積を高精度に推定する新手法を開発
IT関連
2022-02-08 08:54
オラクルとRed Hatが戦略的提携。Red Hat Enterprise LinuxをOracle Cloudが正式にサポート。ハイブリッドクラウド構築など容易に
Linux
2023-02-02 23:06
PythonやR対応の統合開発環境「JupyterLab 4.0」正式リリース。 より効率的なレンダリング、リアルタイムコラボレーション機能が分離など
Python
2023-06-15 04:27
DXYZとxIDが連携–京都府鶴岡市で顔認証受付の実証を開始
IT関連
2024-01-26 11:31
NTTデータとテラスカイの資本業務提携–CX事業の着実な成長が目的
IT関連
2024-04-16 15:29
AIをDevSecOpsプラットフォームに“編み込む”–GitLabのCSOが語るビジネス戦略
IT関連
2024-02-17 17:14
サイバー攻撃者が新たな収益源とみなす製造業–IBM X-Forceレポート
IT関連
2022-03-12 07:04
中国語の文字入力で「ピンイン」が最終的に普及した理由
IT関連
2023-07-27 11:49
DMM英会話、OSSパスワード管理ツールを導入–社内IDとパスワードを一括管理
IT関連
2022-08-06 05:08
静的サイトジェネレータ「Astro 2.0」正式リリース。新機能「Content Collections」で大量Markdown対応、「Hybrid Rendering」で静的と動的ページの混在可能に
HTML/CSS
2023-01-27 02:35