日本テラデータ、AI特化の新たなコンサルサービスを提供

今回は「日本テラデータ、AI特化の新たなコンサルサービスを提供」についてご紹介します。

関連ワード (ビッグデータ等) についても参考にしながら、ぜひ本記事について議論していってくださいね。

本記事は、ZDNet Japan様で掲載されている内容を参考にしておりますので、より詳しく内容を知りたい方は、ページ下の元記事リンクより参照ください。


 日本テラデータは2月5日、AIを活用して日本企業の新規事業創生・業務拡張を推進するためのコンサルティングサービス「AI/MLイノベーションサービス」の提供を開始すると発表した。業界コンサルタント、ITアーキテクト、データサイエンティストで構成される専門チームが、業務課題の抽出からAIを活用するロードマップの策定までを短期間で実施する。

 同サービスは、生成AIをはじめとする最新のAI技術を活用して企業のデータを分析・活用することで、業務の効率化や新規事業の創出など、デジタル変革(DX)によるビジネス価値の向上を実現するためのコンサルティングサービスになる。各業界のトレンドや課題を熟知したコンサルタント、最適なシステムを企画・立案するITアーキテクト、AIなど最先端の高度なアナリティクスの活用とその実装を実現するデータサイエンティストなど、データ活用の上流・下流の全行程に精通した各領域の専門家らが企業のAIプロジェクトの推進を包括的に支援する。

 ビジネス課題の選定から、その課題を解決するために必要となるデータ、AIなどの分析技術、現状のテクノロジースタックの洗い出し、あるべきアーキテクチャーの策定と導入ロードマップ、費用対効果の概算算出などを10週間で実施する。

 ビジネス課題の選定には、企業特有のビジネス戦略、財務、業務プロセスなどを重視しつつ、同社が40年以上にわたり世界の企業に提供してきたデータ活用の事例、ユースケースを参考とすることで選定にかかる時間を短縮する。また、クラウド型データ基盤「Teradata VantageCloud」を活用し、全社レベルでDXやAI、データ活用を推進できる統合型のデータ分析基盤アーキテクチャーを設計・提案する。

 加えて、費用対効果の概算を算出・提示することで、企業は成果物として提案されるAI/ML、データ活用プロジェクトのロードマップと、その優先順位を投資対効果(ROI)ベースで検討・判断できるという。

COMMENTS


Recommended

TITLE
CATEGORY
DATE
P&G、宇宙での洗濯を可能にする洗剤開発でNASAと提携
企業・業界動向
2021-06-24 06:20
「XZ Utils」のバックドア問題–オープンソースのセキュリティを考える
IT関連
2024-04-13 20:15
グーグル、フルマネージドのKubernetesを「GKE Autopilot」で提供
IT関連
2021-02-25 07:39
グーグル、自己回帰による超リアルな画像生成モデル「Parti」を発表
IT関連
2022-06-25 22:25
メルぺイ、一部加盟店での決済を停止 フィッシングメール急増で不正ログインが発生
セキュリティ
2021-06-09 17:40
NTT東日本がMicrosoft Teams利用しオフィスの電話番号で発着信が行えるサービスを4月26日提供開始
ネットサービス
2021-03-26 05:15
トンボ、学校制服の採寸サービスにBodygramのAI技術を採用–スマホで瞬時に採寸
IT関連
2021-05-19 15:50
「Dart 3」が来年登場。完全Nullセーフな言語となり、Nullセーフティなしの実行はサポート外に
Dart
2022-12-27 00:56
AWS、スケーラブルなNFS「Amazon EFS」で、長期保存データ用の「Amazon EFS Archive」提供開始
AWS
2023-11-28 01:07
金融業界でもクラウド移行が本格化–マイクロソフトが動向紹介
IT関連
2021-06-23 18:21
Publickeyの年間記事ランキングを見ながら、2023年のIT業界の出来事を振り返る
編集後記
2023-12-26 07:02
「Googleドライブ」、一部ユーザーの半年分のファイルが消失–原因は調査中
IT関連
2023-11-29 16:14
ごみ拾いSNS「ピリカ」やマイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」運営元が1億円調達
EnviroTech
2021-03-17 11:06
富士フイルムシステムサービス、「証明書キャッシュレス申請サービス」の実証実験を開始
IT関連
2022-09-07 20:12